キュウソネコカミ先生が来校!!
「これで白飯何杯でも食べれます逆電!」

生放送 2018.12.5 水曜日

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 364日ぶりの登校 』

今夜は、2017年の12月6日に我が校の音楽室から生演奏LIVEを届けてくれたゲスト講師が、364日ぶりに我が校に来校してくれる!

とーやま校長「あのときはセットリストでいったら13曲くらいやってくれたんだけど、
そのうちの5曲同じ曲をやってくれるというね。放送後記のオンエアリストにも5軒の『家』が建ってるから」

あしざわ教頭「突然建ったからビックリしたけどね(笑)」

とーやま校長「あれから1年も経っているんだね」

そして、もうすでに生放送教室には5人全員が揃っている!


わっしょい!わっしょい!
朝から「推しのいる生活」聴いて今日も頑張ってきたぞーーー!
リアル推しであるソゴウ先生の声が聴けるーーー!
キュウソ先生大好きーーー!
green swan
女性/14歳/栃木県
2018-12-05 15:43


<拍手>

あしざわ教頭「拍手が起きてます!」

とーやま校長「無言の拍手(笑)」

ということで、SCHOOL OF LOCK、今夜のゲスト講師は…!!!
キュウソネコカミ先生ーーーーーーー!!!!

SCHOOL OF LOCK!


ヤマサキ セイヤ先生(V/G)
ヨコタ シンノスケ先生(K/V)
ソゴウ タイスケ先生(D)
カワクボ タクロウ先生(B)
オカザワ カズマ先生(G)



キュウソネコカミ先生「キュウソネコカミでーーーーす!!!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長・あしざわ教頭「よろしくお願いします!」

とーやま校長「ソゴウ先生、(生徒からの書き込みに『推し』と書かれて)いかがですか?」

セイヤ先生「やっぱり嬉しいですね!」

ソゴウ先生「ソゴウは俺や!(笑) お前はヤマサキ セイヤやろ!」

セイヤ先生「やっぱり、推しって言われることは嬉しいです。
女の子から”好きだよ、カッコイイね”って言われることって小学校中学校高校の頃はあまりなかったんですよ。
でも、バンドやって、ソゴウっていうキャラクターを手に入れた今、リスナーの皆さんから『ソゴウ タイスケさんがリアル推しです!』って言ってくれるなんてやっていて良かったなって思います!」

ソゴウ先生「俺の気持ちスラスラでるやん…」

とーやま校長「メンバーがこう言っていることに対して、セイヤ先生はどう思いますか?」

ソゴウ先生「……俺的にも、ソゴウがそういう風に人気があるっていうのは結構嬉しいし、俺もソゴウのことすごい好きやから、取り合いかな、みたいな(笑)」

あしざわ教頭「ソゴウ先生、否定しないと本当になっちゃうよ!(笑)」

とーやま校長「序盤で否定していたんだけど、全員がスルーしちゃったから(笑)」

一同笑い

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「364日ぶりですよ!」

セイヤ先生「もう1年ですか! ヤバイですね!」

とーやま校長「『にゅ〜うぇいぶ』が発売された時ですからね」

ヨコタ先生「音楽室のライブめちゃめちゃ覚えてますもん! 楽しかった〜!」

セイヤ先生「家5軒建てて364日経ってますからね」

とーやま校長「1年で5軒って相当腕の良い棟梁だよね(笑)」

セイヤ先生「最近、ワーーー!!! って言ってもこの曲始まりますからね。うちのソゴウがパブロフの犬状態になっちゃってるんです(笑)」

ソゴウ先生「反応しちゃうんですよ(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「とんだ弊害が生まれてしまったんですね(笑)。
そして、そこから1年経った今日、ニューアルバム『ギリ平成』がリリースされたと! スパンとしては早いですよね?」

セイヤ先生「もっと言って欲しいです。みんな気づいた方がいい。”早すぎる!”って!!」

ヨコタ先生「だって、新曲10曲入っているんですよ?」

セイヤ先生「コンスタントどころじゃないんですよ」


今夜は12月5日にリリースされた
ニューアルバム『ギリ平成』についてのお話や年明けのツアーについても
聞かせてもらいつつ、一緒に授業もやっていきたいと思います!

SCHOOL OF LOCK!



そして、本日の授業テーマは…!
「これで白飯何杯でも食べれます逆電!」

日本人の主食でもあるお米!
しかし年々、その消費量は減っています…。
今夜は授業を通して白飯を食べまくっていく!

生放送教室には炊飯器がもう用意されていて、
みんなの前にお茶碗と箸がそれぞれ用意されています!

SCHOOL OF LOCK!


今夜は、キミがオススメしてくれたご飯のお供の話を聞いて、
校長、教頭、キュウソ先生が実際に白飯を食べていくぞ!

生徒のみんなは
「これがあれば白飯何杯でも食べれます!」
というそんなご飯のお供を教えてほしい!

例えば、
「唐揚げにマヨネーズをつけて食べたら永遠に白飯食べれます!」
「納豆にキムチと卵黄を混ぜて食べたら、無限に白飯食べれます!」
「肉野菜炒めの食べ終わった後に残る肉の旨みと野菜の旨みが凝縮されたあの汁で無限に白飯食べられます!」


など、白飯がすすむようなキミが思う最高のご飯のお供を学校掲示板もしくはメールで教えてほしい!

白飯が何杯でも食べられる”キミの好きなものの話”でもオッケーだぞ!

とーやま校長「キュウソ先生の中だと誰が一番ご飯が食べられるんですか?」

セイヤ先生「量やったら、本気出したら俺ですね

あしざわ教頭「えっ! 一番痩せられてるのに!」

セイヤ先生「わんこそばとか、えぐい量入るんですよ」

とーやま校長「最高何杯食べたんですか?」

セイヤ先生170杯やったかな?」

あしざわ教頭「これは期待しちゃいますね!」

SCHOOL OF LOCK!



<♪ 米米米米 / キュウソネコカミ>


とーやま校長「そして今、BGMで流れている楽曲『米米米米(べいまいべいべー)』。タイトル最高ですね!」

セイヤ先生「最高ですよね! 漢字4文字流行ってるな〜、いったろ! と思って、『前前前世』からとりました

あしざわ教頭「そこから取ってたんですね(笑)」

とーやま校長「来週、RADWIMPS先生がゲストに来るので伝えておきます」

セイヤ先生「インスピレーションを受けた!」

とーやま校長「とったって言いましたから。しかも、盗むの方の盗ったね」

キュウソネコカミ先生「いやいや!(笑)」


ニューアルバム「ギリ平成」にも収録されているこの曲は、
日本の農業を技術で応援する企業「クボタ」が実施するお米への愛を伝えるプロジェクト
クボタLOVE米(ラブコメ)プロジェクト 】のテーマソングにもなっています!

とーやま校長「さらに、この曲を使った特別映像もあるんですよね?」

キュウソネコカミ先生「そうなんです!」



クボタは、『人間が生きていくために不可欠な食料・水・環境の分野の問題解決』を目指している企業!

今回は『食料』をテーマに取り上げ、
「日本の農業を応援したい!」
「生徒のみんなにも、日本の農業を、食べて応援してもらいたい…。」
そんなアツ〜イ思いから始まったのが『クボタLOVE米プロジェクト』!!!

あしざわ教頭「古くから日本の食を支えてきたお米。
そんな大切なお米に改めて光を当てたいという思いから、この特別映像『米米米米(べいまいべいべー)』の企画が生まれたそうなんです!

とーやま校長「この楽曲を作るときはどんな感じでした?」

セイヤ先生「正直に話すと、米の曲は打首獄門同好会がすごいんです!
日本の米は世界一』っていう曲があるので。そこと離すのに苦労しましたね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「少しでも似た香りがしないように…」

セイヤ先生「そうですね。自分たちはラブソングもあまり歌ったことがないんですよ。
ラブソングはあまり歌ったことがないけど、お米に対する愛を歌うことによって、ちょっと視点をずらしたラブソングが歌えるんじゃないか、と思って、
”米への愛を歌いまくろうぜ!”ってことで作ったのがこの曲なんです」

とーやま校長「実際、お米を食べたことない人なんていないじゃないですか。だから、みんなのあるあるでもあるわけですよね」

生徒のみんなもこの特別映像を見て、お米のことを知って、
お米のことを考えて、お米を一杯食べていってほしい!

SCHOOL OF LOCK!


改めて、今夜の授業テーマは「これで白飯何杯でも食べれます逆電」!
君がオススメするご飯のお供を教えてほしい!

さらに今夜はご飯のお供を書き込んでくれた生徒の中から抽選で5名
クボタさんから米俵3キロのプレゼントもあるぞ!


SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!



とーやま校長「そして、アルバム『ギリ平成』は全部で12曲が収録されているんですけど、とんでもない速度で駆け抜けないですか?」

セイヤ先生「ヤバイですね! 3分台の楽曲が多いので聴きやすくはなっていると思います」

とーやま校長「今回、1曲1曲にこもっている熱量がよりすごいなって思って。
楽しさとか”行ってやれ!”みたいな雰囲気が『ギリ平成』の中に充満しているなって思ったんです

セイヤ先生吹っ切れ倒した感じはありますね。『にゅ〜うぇいぶ』の時もわりと吹っ切れていたんですけど、2年間の間に作った曲をアルバムに入れているので吹っ切れてない曲ももちろんあるわけです。
で、『にゅ〜うぇいぶ』でストックがゼロになったんですね」

とーやま校長「手持ちがなくなったと」

セイヤ先生そこから完全吹っ切れたキュウソの5人が吹っ切れソングだけ作ったのが『ギリ平成』なんです!

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「確かに、言葉がガンガン頭に入ってくるし、”これ、俺のことかもしれない…”っていう瞬間が結構あって」

カワクボ先生「それ、めっちゃ思いました!
レコーディングの時にセイヤが初めて俺らに詩を発表する曲があったんですけど、”これ、俺!?”ってなりましたもん」

SCHOOL OF LOCK!


セイヤ先生「聴いてる人、みんな言ってるから(笑)」

カワクボ先生「こんな攻撃を受けると思ってなかった! 怖い! ってなりました(笑)」

オカザワ先生「それぞれ刺さる曲があるというか。これは俺の曲かも…って思う曲が多いですよね

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「ヨコタ先生はこの12曲たちどうですか?」

ヨコタ先生「今回、レコーディングがひたすらに楽しかったんですよね。
5日間ぐらいで2〜3曲録って…っていう感じで僕らはいつもやるんですけど、レコーディングの前日まで出来上がってない曲があって。
それでも2〜3曲を録らなきゃいけないんですけど、むしろ時間余っちゃうんですよ。それくらい、やっていく最中にどんどんやっていこうって気持ちになって」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「めちゃくちゃ前のめりだったんですね!」

セイヤ先生「時間あまりすぎて、最後の3日間ソゴウはずっとNintendo Switchやってたからね

ソゴウ先生「ドラムは最初に録り終わっちゃうので…」

あしざわ教頭「なんでみんなの前でやっちゃうんですか(笑)」

とーやま校長「今回のアルバム、好きな曲もいっぱいあって、『ピクピク』すごく面白くないですか?
”ドン!”っていかないじゃないですか。この引きの強さというか…」

SCHOOL OF LOCK!


セイヤ先生キュウソちゃんね、それができるようになったの!

とーやま校長「おめでとう!!!」

セイヤ先生「ありがとう!!」

とーやま校長「もちろん曲はカッコイイし、勢いがあるけれど、そこだけじゃないというか」

ヨコタ先生「僕ら、今までやりすぎるところがあったんですよ。
どんどん足して足して…って感じだったのが、だんだんちょうどイイところで止めておくっていう技術が生まれたんですよ!

セイヤ先生「今までだったらBメロにめちゃくちゃ言葉を入れてたと思うんです」

ヨコタ先生「最近あったイラつくこととかね」

ソゴウ先生「すごい攻撃力高いのに頭は冷めてるラスボス的な、強いキュウソになりました!」

とーやま校長「メラメラというよりも、青白い炎だ!」

あしざわ教頭「”こいつ、隙が無い!”みたいな状態ね」

SCHOOL OF LOCK!


ヨコタ先生無双状態でした!」

セイヤ先生そうじゃないと1年でアルバム作れないですよ!


♪ ピクピク / キュウソネコカミ


とーやま校長「『ピクピク』の前の曲、『KENKO不KENKO』のイントロを聴いて、”あれ?”って思ってめっちゃ興奮しちゃったんですけど、あのイントロはそうですか?」

SCHOOL OF LOCK!


オカザワ先生「あのイントロは、そうです!」

あしざわ教頭「どういうことですか?」

とーやま校長レイジ『バトル・オブ・ロサンゼルス』じゃない? って…」

あしざわ教頭「レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン!?」

セイヤ先生オカザワ『バトル・オブ・ささやま』です(笑)」

とーやま校長「(笑) そういう隠れた遊び心とかもあるっていいですよね」

ヨコタ先生「もともとはイントロがなくて、イントロをつけようってことでみんなで相談して、結構ミクスチャーっぽい曲だったんで、”レイジのああいう感じにしよう!”ってなって」

オカザワ先生「最初、まんまやって会社の人に怒られるっていう(笑)」

あしざわ教頭「まんまやっちゃダメ(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


そして、キュウソ先生と一緒に送る授業テーマは…!
「これで白飯何杯でも食べれます逆電!」

とーやま校長「もしもし!」

おそろ同盟副会長のゆーけ 岐阜県 15歳 女性 高校1年生

おそろ同盟副会長のゆーけ「もしもし!」

とーやま校長「ゆーけは、白飯好き?」

おそろ同盟副会長のゆーけ「好きです!」

とーやま校長「イイね! それじゃあ、ゆーけが白飯を何杯でも食べられるもの、俺たちに教えてくれ!」

おそろ同盟副会長のゆーけ「私が白飯何杯でもいけるのはワサビ昆布です!」

あしざわ教頭「あまり聞いたことがないですね! 皆さんご存知でしたか?」

ヨコタ先生「初めて聞いた!」

SCHOOL OF LOCK!


セイヤ先生「なので今、昆布とわさびが別々に頭に浮かんでます」

とーやま校長「ワサビ昆布はいつから好きなの?」

おそろ同盟副会長のゆーけ「3ヶ月前から好きになったんです!」

お母さんが作ってくれたお弁当のご飯にワサビ昆布が乗っていて、
それがめちゃくちゃ美味しかったので、好きになったのだそう。
RN おそろ同盟副会長のゆーけにとって、今までで一番美味しいご飯のお供なのだとか!

セイヤ先生「ワサビって聞くと、鼻にツーン来そうで高1女子が好んで食べなさそうなイメージですけど…」

とーやま校長「どれくらいのペースで食べてるの?」

おそろ同盟副会長のゆーけ2日に1回くらいです!」

セイヤ先生「めちゃくちゃ食ってる!」

とーやま校長「ワサビ昆布ってあんまり見たことないし、味の想像つかないですよね? …あっ! あるわ〜

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「なんで持ってるの!?」

とーやま校長「ただこれはワサビ昆布じゃなくて、ワサビのチューブと昆布なんですよ。でも、これを混ぜればワサビ昆布ってことで!」

あしざわ教頭「そういうものだっけ?(笑)」

ということで、RN おそろ同盟副会長のゆーけがオススメする
ワサビ昆布とはちょっと違うけれど、実際に食べてみることに!

とーやま校長「ん! めっちゃ美味い!!

おそろ同盟副会長のゆーけ「ですよね!」

セイヤ先生「混ぜただけなのにこんな美味いんですか!」

とーやま校長「確かになんぼでもいける!」

ソゴウ先生「めっちゃ美味いよ!」

ヨコタ先生「ソゴウ、めっちゃご飯進んでる!」

セイヤ先生昆布のぬるっと感と旨味をワサビのピリッと感で閉じ込めたような、ツン旨ですね

あしざわ教頭「高菜が入っているやつも美味いです!」

SCHOOL OF LOCK!


最終的に、校長とキュウソ先生で4杯完食!

とーやま校長「いいご飯のお供を教えてもらったね! 簡単に出来るしオススメだね」

あしざわ教頭「一人暮らししてる生徒とかいたらめっちゃいいんじゃない?」

おそろ同盟副会長のゆーけ「ぜひ食べてください!」

とーやま校長「それじゃあ、ゆーけがオススメしてくれた『ワサビ昆布』は白飯が何杯でも進むご飯のお供に認定させていただきます!
クボタさんから米俵3キロもプレゼントするから、これからもお米たくさん食べてね!」

おそろ同盟副会長のゆーけ「はい! ありがとうございます!」

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!



さあ、毎週水曜日23時8分頃は、松田LOCKS!をお届け!
今日は、LAMP IN TERREN松本大先生が生徒の悩みを曲で解決してくれたぞ!!




松田部長「こんばんは!
SCHOOL OF LOCK!のダイナマイトカリスマ営業部長、松田です!
さあ、JASRAC日本音楽著作権協会がおくる松田LOCKS!
今夜も生徒の悩みをアーティスト講師の方が音楽で解決してくれます!
今回の悩みはコチラ!」

----------------------------------------------------------------------------

聞いてください。
私は本音が言えません。。
本音を話そうとすると急にシャボン玉が割れるみたいに声が出なくなります。
そのせいで断りたいことも、言いたいことも言えません。
本当に伝えたい人に本音が伝えられません。
どうすればいいですか?

はるかなかわ 女の子 17歳 栃木県
--------------------------------------------------------------------------

松田部長「さあ、今回このお悩みを解決してくれるのは…!」

???LAMP IN TERRENの松本大(Vocal & Guitar)です!

松本先生「今回、RN はるかなかわのために選曲した曲は、
僕たちLAMP IN TERRENで『花と詩人』という曲です!」


M 花と詩人 / LAMP IN TERREN


松本先生「RN はるかなかわ!聴いてますか?
本音が怖いのは、たぶん自分が愛されたいからだと、僕は思っています。
愛されたい時は、どうしても周りと比べてしまうから…。
“どうせ自分なんか”とか“自分なんか、しょうもない”とか思っていることでしょう。
そういう時があると思います。けど、自分がしょうもないと思っている事が
時に誰かを変えたりする。誰かにとっての大切になり得ると僕は思っています。
自分の中にあるモノを疑わない事。信じる事。
自分の事を好きになる事。
たぶんそれが新しいきっかけになるんじゃないかな。

あなたにとっても、そのまた誰かにとっても…。
生活の中、学校、これからするであろう仕事。
自分の人生と向き合わなければいけないモノがたくさんあると思います。
あなたがいつまでも綺麗に花を咲かせていられるように、
僕もそういう歌を歌っていけたらなと思います


松田部長「LAMP IN TERREN先生、ありがとうございました!
松田LOCKS!では引き続き、アーティスト講師の皆さんに解決してほしい悩みを募集中!
また、松田LOCKS!のサイトで出題している著作権クイズに正解した生徒の中から毎週1人に、
オリジナルの著作権カレンダーをプレゼント!
全ては【コチラ】からお願いします!今夜の松田LOCKS!は以上!」


今夜の著作権名言

「約 374 万。何の数かわかるか?何?
『JASRAC がホームページで公開している管理楽曲』だって?…やるじゃないか。」





とーやま校長「LAMP IN TERRENの松本先生の言葉を聞いて、”なるほどな”って思った。
本音が言えないって悩みに対して、自分の中にあるものを疑わないこと。
つまり、まっさらになってみるということなのかなと俺は解釈したんだけど、
寝て起きた時の感情って余計なこととかを一切考えずにいろんなものが排除されている状態だと思っているから、
その時に自分のことを思えるかどうかとか、そのための毎日を過ごすとか。
そうすると、松本先生が言うようなきっかけが現れるんじゃないかな、って思ったな」

あしざわ教頭「自分の思っている感情を忘れないように、文字にして書き留めておくとかもいいのかもな、と思いましたね」

とーやま校長「ちなみにLAMP IN TERRENの松本先生は先月電話で話をさせてもらって、
『BABY STEP』を生徒のみんなと一緒に聴かせてもらいました。
そして、本日12月5日がLAMP IN TERREN先生のニューアルバム『The Naked Blues』の発売日です! おめでとうございます!」

あしざわ教頭「おめでとうございます!」

とーやま校長「ぜひまた、生放送教室にも遊びに来てください! 
松本先生、生徒に向けて気持ちと曲を届けてくれてありがとうございました!」

松田部長! 来週水曜日もよろしくお願いいたします!


SCHOOL OF LOCK!



さあ、10時台に引き続き、生放送教室にはキュウソネコカミ先生が登場!!!

とーやま校長「本日、アルバム『ギリ平成』が発売ですけれど、
2019年1月22日から全国ツアーが始まるんですよね!

『DMCC REAL ONEMAN TOUR 2019 -Despair Makes Cowards Courageous- 〜ギリ平成〜』
1月22日千葉を皮切りに、4月13日沖縄まで全国33カ所で開催!


ヨコタ先生「今回、ついにアルバムを出してツアーをするという、ロックバンドの普通のやり方が初めて出来るんです!

あしざわ教頭「今までは違ったんですか?」

ヨコタ先生「そうなんです!」

セイヤ先生キュウソ、バカなんです!

とーやま校長「(笑) 逆になぜ、このルーティンが初めてなんですか?」

ヨコタ先生「今まではツアーを組む人とCDを出す人が違ったんですよ。そこの話し合いがうまいこと連携取れてなくて。なので、ツアー中にCDが出ちゃうんです」

とーやま校長「それが一本化したってことですか?」

ヨコタ先生「いや、今回たまたま…(笑)」

セイヤ先生「ファンも、予習できるって思ってると思います!」

とーやま校長「(CD発売前と後では)ライブの中身も変わって来ちゃいますもんね」

ヨコタ先生「そうなんですよ! 発売前と後で2つセットリストを用意しないといけなくて」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「これからは一本化した方がいいんじゃないですか?」

セイヤ先生「とりあえず、LINEグループ作ったらいいんですかね(笑)」

詳しいスケジュールは、[ キュウソネコカミオフィシャルサイト ]をチェックだ!

とーやま校長「アルバムにはツアー先行申し込みの紙も封入されているんですよね?」

ヨコタ先生「実は、この先行予約ができるのは、その次のツアー(『試練のTAIMAN TOUR 2019』)なんですよ!
恐ろしいことに、今のツアーが始まってもないのに、もう次のツアーが決まってるんです!

あしざわ教頭「一本化しようって〜(笑)」

セイヤ先生「僕ら、毎年100本近くライブやっていて。
30歳超えたしちょっと減らした方がいいんじゃない? って言ってたのに、すでに2019年47本決まってるんです!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「ウソでしょ!?(笑)」


そしてキュウソ先生と一緒にお届けしている今夜の授業テーマは…!
「これで白飯何杯でも食べれます逆電!」

今夜は生徒のみんなに「これがあれば白飯何杯でも無限に一生食べ続けられるわ!」
という、そんなご飯のお供の話を聞いていくぞ!


白ご飯のお供
僕のお気に入りの白ご飯のお供は焼肉のタレとうなぎのタレです!あの誰もが唸る逸品!誰の染み込んだご飯!!焼肉のタレなら焼肉の肉汁も染み込んでいてめっちゃ上手くないですか?うなぎのタレご飯はもうタレの甘みの中に奥深さがあるもうご飯何杯も行けちゃいます!ぜひやって見てください!
生徒会執行部の吾輩だ
男性/18歳/大阪府
2018-12-05 13:37


カワクボ先生「これ、焼肉とかうなぎ食べれるってことですか?」

とーやま校長「書き込みにはなんて書いてあります?」

あしざわ教頭焼肉のタレうなぎのタレですね」

とーやま校長「それじゃあ、タレだけです」

セイヤ先生「本体なし!?」

とーやま校長「うなぎと焼肉どっちがいいですか?」

ヨコタ先生「俺、かば焼きもらっていいですか?」

あしざわ教頭「ヨコタ先生、結構かけましたね!」

とーやま校長「……焼肉のタレむちゃくちゃ美味い!」

ヨコタ先生「不思議なことに、タレをかけるとご飯がちょっと甘く感じるというか、ご飯の味が立ちますね!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「タクロウ先生はどちらをかけました?」

カワクボ先生「焼肉のタレ! 焼肉のタレっていろんな料理に使えるんですよね。万能調味料として使えるから、その良さが出てるね」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「料理研究家みたい(笑)」

セイヤ先生「僕らいつも何を食べてるんですかね? タレだけでもめっちゃ美味い!」

とーやま校長「これだけでも十分!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「焼肉の味も想像できちゃいますよね。それじゃあ、生徒会執行部の吾輩だにも、お米3キロプレゼントだーーー!


とーやま校長「まだまだお供が欲しいな…もしもし!」

あゆみ店長 兵庫県 18歳 女性 高校3年生

あゆみ店長「もしもし!」

とーやま校長「店長は白飯好きですか?」

あゆみ店長「大好きです!」

とーやま校長「それじゃあ早速だけど、あゆみ店長が白飯を何杯でもいけちゃうもの、教えてくれ!」

あゆみ店長ピカチュウです!!!

あしざわ教頭「…え?」

セイヤ先生「ピカチュウのふりかけ?」

SCHOOL OF LOCK!


ソゴウ先生「俺たちが知らない食べ物ですか?」

とーやま校長「ピカチュウっていうのは…?」

あゆみ店長ポケモンですよ!

なぜ、RN あゆみ店長がそこまでピカチュウを好きになったのかというと…。
RN あゆみ店長のお兄ちゃんがポケモンを好きで、アニメも一緒に見ていたのだそう。

あゆみ店長「で、私が3人目の子供やったこともあって、お母さんが言葉をそんなに教えてくれなくて(笑)」

そのため、言葉を教えてくれるピカチュウのおもちゃでずっと勉強していたというRN あゆみ店長!

あゆみ店長「ピカチュウに囲まれていたというより、ピカチュウに育てられたんですよ!

SCHOOL OF LOCK!

RN あゆみ店長が送って来てくれたピカチュウグッズの画像!


そんなRN あゆみ店長の、ピカチュウ美味しいポイントとは……。

あゆみ店長「アニメのピカチュウってすごい表情豊かなんですよ!
特にカントー編の41話でピカチュウはケチャップが好きってわかった話があるんですけど、そのときのピカチュウがヤバイんです! 
ストライクっていうポケモンにケチャップを切られて泣いているシーンが可愛すぎて、ご飯何杯でもいけます!」

とーやま校長「……(モグモグ)」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「校長、ご飯進んでる!」

とーやま校長「ピカチュウって黄色でしょ? ケチャップって聞いてオムライス想像したのよ」

SCHOOL OF LOCK!


ヨコタ先生「イマジネーション能力すごいな!」

あしざわ教頭「1杯食べきったよ!」

あゆみ店長「もうひとつポイントがあって、ダイヤモンド・パールの3話で、
『なぜピカチュウがモンスターボールに入らないか』っていう話の中で、いつもと違う鳴き方をするんですよ! その鳴き声、今から流しますね!」

とーやま校長「マジで!」

あゆみ店長「サトシが喋って、ヒカリが相づちを打った後にピカチュウが『チャ〜』って鳴くんです!」

とーやま校長「これはみんなで聴こう!」

<ピカチュウの鳴き声>

あゆみ店長「聴こえました?」

とーやま校長「タクロウ先生がご飯をかきこんだ!」

あしざわ教頭「ヨコタ先生もカズマ先生もいった!!!」

SCHOOL OF LOCK!


セイヤ先生「なんで食えるの!? 俺がおかしいんか?」

ヨコタ先生「塩かけて食べたから、塩ネズミ味!」

セイヤ先生「それはただの塩味や!(笑)」

ヨコタ先生「塩ネズミ声かわいい味がしました(笑)」

とーやま校長「タクロウ先生もご飯進んでましたね」

カワクボ先生「キュンってしたから恋心でいけました!」

SCHOOL OF LOCK!


セイヤ先生「焼肉のたれが残っとるだけやないか!」

とーやま校長「オカザワ先生もいけましたね」

オカザワ先生「いけました! 確かに、初めて聴く声でしたね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「あれ? ソゴウ先生は…」

ソゴウ先生「いや、ラジオで電話を通してDVDの音を聴くってなんなんですか?(笑)

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「冷静になるのやめてください(笑)」

最終的に、ピカチュウで4杯のご飯を完食!

ヨコタ先生「推しがいるからご飯がうまい!」

とーやま校長「あゆみ店長、ご飯のお供を教えてくれてありがとう!
お前にもクボタさんから米俵3キロをプレゼントさせてもらうぞ! これからもたくさん米食えよ〜!」

あゆみ店長「はい! ピカチュウで食べます!

セイヤ先生ピカチュウで!?

あしざわ教頭「(笑) 米ゲットだぜ〜〜!」

SCHOOL OF LOCK!



♪ 馬乗りマウンティング / キュウソネコカミ


そして、本日も黒板の時間になってしまいました!
今日はセイヤ先生に黒板をお願いしました!

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!



『 米のようなバンドになる!! 』

セイヤ先生「紆余曲折ありつつ、愛される存在になっていけたらな、と。
米ってめちゃめちゃ作るの大変だけど、出来上がったあとは皆にめちゃめちゃ食べてもらえるじゃないですか。
キュウソネコカミにもそういう風になっていきたいな、という…(笑)」

とーやま校長「なんで最後ちょっとヘラヘラしちゃったんですか? すごい良かったのに!」

セイヤ先生「この空気耐えれん!(笑)」

一同笑い

SCHOOL OF LOCK!



♪ The band / キュウソネコカミ


とーやま校長「でも、米のようなバンドってめちゃくちゃ良いですね!」

ソゴウ先生「深いですよね」

とーやま校長「みんな知っているし、色んな人との相性がいいじゃないですか!」

セイヤ先生「そういうことを言いたかった!」

あしざわ教頭「全乗っかり!(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


キュウソ先生、今夜は2時間ありがとうございました!
また生放送教室に遊びに来てください!


【★お米3キロプレゼント当選者★】

鹿児島県 15歳 女の子 RN 夜のどんぶり
栃木県 14歳 女の子 RN green swan
大阪府 20歳 女の子 RN ”misa”
愛知県 18歳 男の子 RN 文學少年
宮崎県 16歳 男の子 RN アイムアストレンジ


おめでとう! お米たくさん食べてね♫


【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN かなな


SCHOOL OF LOCK!

RN あの映画には出てこない



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
おそろ同盟副会長のゆーけ 岐阜県 15歳 女性
あゆみ店長 兵庫県 18歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
メーガン警備員 福島県 18歳

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:06 推しのいる生活 / キュウソネコカミ
22:28 勇気はどこに?君の胸に! / Aqours
22:38 ピクピク / キュウソネコカミ
22:50 米米米米 / キュウソネコカミ
23:09 花と詩人 / LAMP IN TERREN
23:24 soFt-dRink  / Mrs.GREEN APPLE
23:46 馬乗りマウンティング / キュウソネコカミ
23:49 The band / キュウソネコカミ
23:52 ギリ昭和 / キュウソネコカミ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

白飯って、本当に美味しいね。

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

よし、アルバム聞きながら飯食うぞ!※俺はギリ昭和が大好き!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev                 Next -
<   2018年12月   >
MonTueWedThuFriSatSun
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE