Creepy Nuts先生が登場!「カップルvs座禅組 クリスマスイブ何してた逆電」!!

SCHOOL OF LOCK!

SCHOOL OF LOCK!


『 年越しは2人だけじゃない 』

とーやま校長「先週お知らせしたけど、いよいよ来週の月曜日!
12月31日、大晦日はSCHOOL OF LOCK!の年越し授業を行います!」

JFN年末年始特別番組 SCHOOL OF LOCK!
平成最後の年越しスペシャル
叫べ10代! 全国縦断 心の落書き47!!!

あしざわ教頭「普段の生放送授業は夜10時から2時間お届けしていますが、この日は1時間拡大!
生徒のみんなと一緒に年を越して、深夜1時までお届けします!」

とーやま校長「この日は、47都道府県全ての生徒の、今思っていること、誰かに言いたいこと、大声で叫びたいこと、そんな "心の落書き" を紹介していく!

あしざわ教頭「その落書きの一部は、この学校の4週目ガールズ、盒兇劼るちゃんに読み上げてもらいます!」

とーやま校長「そして!
普段の生放送教室は、俺、校長と、あしざわ教頭の2人で届けているんだけど、この日はなんと!
もう1人、一緒に3時間の生放送授業を届けてくれることになった!」

一緒に生放送授業を届けてくれるのは…!
BiSHのアイナ・ジ・エンド先生ーーー!!!

今年、BiSHとして2回生放送教室に来てくれて、アイナ先生は期間限定でBiSH LOCKS!も担当してくれました!
アイナ先生も一緒に3時間、生放送授業を届けてくれるぞ!!

そして、生徒のみんなと同じ10代のアーティストを迎え、スペシャルインタビューもお届けします!
現在16歳、高校1年生のシンガーソングライター、
崎山蒼志ーーー!!!

崎山蒼志くんは、2015年の未確認フェスティバルに、バンド・KIDS Aとして出場し、3次審査のLIVEステージまで進出しています!
当時はまだ12歳、中学1年生でした!

とーやま校長「くるり・岸田先生や、ゲスの極み乙女。・川谷絵音先生とかが絶賛して、一気に注目を集めてたよね!
蒼志には、俺と教頭が直接インタビューして、"心の落書き"を聞かせてもらおうと思っている!」

さらに! 年越しの瞬間には、ゲストアーティストが1曲、LIVEを届けてくれます!
そのゲストアーティストとは…
サカナクション 山口一郎先生ーーー!!!

2019年、SCHOOL OF LOCK!から放たれる一発目の曲が、サカナクション・山口一郎先生のLIVE!
今回は、アコースティックセットで1曲、LIVEを届けてくれます!
どの曲を演奏してくれるかは、当日を楽しみに待っていてくれ!


JFN年末年始特別番組 SCHOOL OF LOCK! 平成最後の年越しスペシャル
叫べ10代! 全国縦断 心の落書き47!
全ての詳細は、この学校の特設サイトに載っているので予習しておいてください!
<⇒特設サイトは【コチラ】!


<生徒が集まって来る音>

あしざわ教頭「それでは、今夜も授業やっていきましょう!」

あしざわ教頭「…起立!」

とーやま校長「さあ、この後! 今夜のゲスト講師、Creepy Nuts先生が登場!

あしざわ教頭「礼‼︎」

とーやま校長・あしざわ教頭「叫べ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!」


♪ よふかしのうた / Creepy Nuts



さて、今日はクリスマスイブ!!

SCHOOL OF LOCK!


そんな今夜の授業テーマは、
「カップル vs 座禅組 クリスマスイブ何してた逆電」!!!

あしざわ教頭「"座禅組"とは、恋人がいない、わが校の生徒のことなんですが、
恋人がいる生徒と、座禅組の生徒、それぞれクリスマスイブをどんな風に過ごしていたかを聞いて、どちらが楽しそうか判定していきます!」


その判定をしてくれる、今夜のゲスト講師は…!
我が校のラップの講師、Creepy Nuts先生ーーー!!!

SCHOOL OF LOCK!


R-指定先生「Creepy Nuts、R-指定です!」

DJ松永先生「DJ松永です!」

とーやま校長Rちゃ〜ん、クリスマスイブだけれども、今日はどうしてたの〜?

R-指定先生「今日はリハーサルして、むちゃくちゃラップしてから来ました♪」

とーやま校長「じゃあ、あんまりクリスマス的な雰囲気は味わえてないってこと〜?」

R-指定先生「はい、そうです♪
…そして、いつものこのノリを松永に聞かれるのが恥ずい…!」

一同笑い

あしざわ教頭「これ、知らない生徒のために説明すると、毎週金曜日の校内放送ラッパーズの授業では、いつもこのやり取りから始まるんですよ」

DJ松永先生「…がっかりだよ! お前、そんなやっすい仕事してたのか?」

SCHOOL OF LOCK!


R-指定先生「ノリってあるやろ!」

DJ松永先生「"ノリ"はない! お前、ラッパーだろ!」

R-指定先生「いやいやいや…」

とーやま校長「松永くん、その『やっすい仕事』っていうの、その矢印、俺にもかかってるから」

DJ松永先生「気付かなかったぜ…!」

R-指定先生「コイツ、つまみだそうぜ!」

あしざわ教頭「クリスマスイブにギスギスしとるのう(笑)」

とーやま校長「あらためて、Creepy Nuts・R-指定先生は、毎週金曜日の校内放送ラッパーズの特別講師を務めてくれている!
松永くんは…」

DJ松永先生「当たり前のように"くん"付け!」

一同笑い

あしざわ教頭「校長先生は、(DJ松永先生のことを)"先生"って呼ばないんですよね」

DJ松永先生「とーやまさん、ほんと、先日はご馳走様でした!」

とーやま校長いいよぉ!!

あしざわ教頭「ここ、癒着があるぞ!」

DJ松永先生「ご馳走していただいて」

とーやま校長「いい、いいって!」

DJ松永先生2週間前に会った時に、『言えよ』って圧があって…

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「パワハラ働いてる!」

DJ松永先生「むちゃくちゃパワハラされて…」

とーやま校長「でも、テーブルの席でも、松永くんにずっと股間をまさぐられていて、そこでセクハラを受けていたので」

SCHOOL OF LOCK!


DJ松永先生「おかしい!」

一同笑い

とーやま校長「Creepy Nuts、お二人で生放送教室に登場してもらうのは、今年の4月以来らしいですよ」

DJ松永先生「久々って言っても、すごい頻度で来てますからね」

あしざわ教頭「特に、今年はね」

今夜は、そんなCreepy Nuts先生と一緒に、カップルと座禅組のクリスマスイブの過ごし方を聞いていく!
恋人がいる生徒、座禅組(=恋人がいない)の生徒、それぞれのクリスマスイブの過ごし方を聞いて、どちらが楽しそうかCreepy Nuts先生に判定してもらいます!!

とーやま校長「教頭先生も、今日はサンタ帽をかぶって、私服のセーターが緑で」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「いや、今日は合わせた方がいいのかなと思って」

DJ松永先生「結婚して落ち着くのかなと思ったら、まだ浮ついてるんですね」

あしざわ教頭「なんてこと言うんだ! ふわふわしてないよ!」

とーやま校長「Creepy Nutsのお二人は、クリスマスはどうですか?」

DJ松永先生「俺は"座禅組"の方だと思うんですけど、感情がゼロなんですよね」

とーやま校長「クリスマスに対して?」

DJ松永先生「なぜなら、クリスマスに対してやんや言う"自称"座禅組の人たちって、『クリスマスに対して期待がある人』だと思うんですよ。
期待があるってことは、過去にクリスマスでいい経験をしているから、その期待値と今の自分との振り幅に対してヘコんでるわけじゃないですか。
本当に、マジで何もクリスマスに良いことがなかった人は、クリスマスに対して特別な日だととらえてないんです。
何も経験したことがないから、全く心が動かない、本当の意味で"座禅組"なんですよ

SCHOOL OF LOCK!


R-指定先生「それが28年続けば、もう"座禅組"」

DJ松永先生「過去に"良い気持ち"になったことのあるヤツが座禅組なんて抜かしていたら、背中に木のヘラで"パァ〜ン!"って」

一同笑い

R-指定先生「10代とかでその経験がなくても、周りがそうなってるのとかを見て"もしかしたら俺もそこに行けるかも"って気持ちがあるから、座禅組になっちゃう。
でも、"もしかしたら俺も行けるかも"っていういくつものチャンスを逃し、28年経ったからこその…(笑)」

DJ松永先生「本当にそうで、"行ける!"って思ってるヤツは…」

R-指定先生「クリスマスの…」

SCHOOL OF LOCK!

<校長・教頭を置き去りにして討論を続けるCreepy Nuts先生>


よほど"クリスマス""座禅組(非リア充)"に思うところがあるのかトークの収集がつかなくなってきたので、この辺で本日の授業について進めちゃいます!

今夜の授業テーマは、「カップル vs 座禅組 クリスマスイブ何してた逆電」!

「彼氏とイルミネーションを見に行って、サプライズでプレゼントをもらいました!」
「好きな人に告白して、今日カップルになりました!」
など、恋人がいる生徒はとことん惚気てもらってOK!

「座禅組の友達をみんな集めて、カラオケでクリスマスソングを歌いまくりました!」
「家で座禅を組みながら、セブンのスイートポテトを10個食べました!」
など、座禅組なりに楽しんだことだったらどんなことでもOK!

「別に何もなかったわ!」
など、座禅組の生徒は楽しくなかったとしても、ありのままに書いてもらってOK!

恋人がいる生徒も、座禅組の生徒も、今日どんな風に過ごしていたか、
学校掲示板もしくはメールまで送って欲しい!

Creepy Nuts先生へのメッセージ、
新曲『よふかしのうた』の感想も待ってます!!

SCHOOL OF LOCK!




ここで告知!
SCHOOL OF LOCK!と秋元康先生がおくるプロジェクト、「きみのこえがききたい。」
来月、1月7日から、SCHOOL OF LOCK!の中で毎週主人公が代わるラジオドラマがスタート!
この主人公になってくれる10代を探している!

今日から、第三話のエントリーもスタートしています!
授業の詳細は、全てSCHOOL OF LOCK!のオフィシャルサイトから予習してください!


さて、今夜はCreepy Nuts先生を迎えてお届け中!
Creepy Nuts先生は、今月、新曲『よふかしのうた』を配信リリースされました!

とーやま校長「あいも変わらず、めちゃくちゃカッコいいっすよ!」

Creepy Nuts先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「"なんでCreepy Nuts先生の曲ってカッコいいんだろう"って思ってたんですけど、『よふかしのうた』を聴いた時に"気持ちいいからだろうな"って思いました」

Creepy Nuts先生「おお〜」

とーやま校長「例えば歌詞とかに設定があって、そこにうまいこと色々な意味をはめ込むわけじゃないですか。
多分、揃わないことの方が多けれども、しっかりと決まった時に"気持ちよさ"を感じますよね。
お笑いとかでもすごく感じるんですけど、"よくこの設定の中にこの設定をぶち込んできたな"とか。
無理なことを入れちゃうと、どうしても設定が崩れてしまって"エゴがいっぱい出ちゃったな"ってなっちゃうんだけど、Creepy Nuts先生は全部そこが気持ちよくハマってるから」

SCHOOL OF LOCK!


DJ松永先生「Rさん、どうですか?」

R-指定先生だいぶ気持ちいいです

SCHOOL OF LOCK!


一同笑い

DJ松永先生「でも、それはすごく思いますね。
俺たちの友人が、『R-指定の詩は全部、"必然"の言葉が並んでる。あらゆる条件をくぐり抜けた言葉だけが連なっていくから、一言一句全て替えがきかない、死ぬほど完成度の高い作品だ』ということを仰っていて。
…Rはその話を聞いた時にもこういう顔をしていました」

R-指定先生「一生褒められ続けたい…」

一同笑い

あしざわ教頭「俺も、自分の思い出とかがめっちゃ蘇ってきちゃって。
"夜更かし"って、すごいロマンがあるんだなと思って。
多分、聴いている人それぞれが持ってる"夜の楽しかった思い出"とか、色んな話がみんなにあるんだろうなと思いました。
聴き方によって、見え方も全然違うだろうなと思いましたね」

SCHOOL OF LOCK!


Creepy Nuts先生「嬉しい!」

とーやま校長「今の、謙遜してるR先生の顔、しっかりカメラに収めさせてもらったんで」

R-指定先生「めっちゃ恥ずい(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


DJ松永先生嫌な顔してますわ

一同笑い


さあ、本日の授業は「カップル vs 座禅組 クリスマスイブ何してた逆電」

とーやま校長「俺は今、彼女がいないんですよ。"座禅組"なんですよ。
そういうのを聞いたら事務所的にNGとかあるんですか?」

R-指定先生「全然余裕です。俺はフラれて1年ぐらい経つんですけど…」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長フゥーーー!!!

あしざわ教頭「『フゥーーー!!!』じゃない!」

とーやま校長「色々あった〜!」

R-指定先生「ありました〜! 部屋が広く感じる〜!」

とーやま校長「フゥーーー!!!」

R-指定先生「"引っ越した直後"にフラれる〜!」

あしざわ教頭「情報を追加するな!」

R-指定先生「大阪の実家から両親がやって来て部屋を掃除する! (笑)」

とーやま校長「フゥーーー!!!」

DJ松永先生「お前、27歳にして…(笑)」

とーやま校長「結構、気持ち的に引きずっていると聞いている!」

Creepy Nuts先生「フゥーーー!!!」

あしざわ教頭「『フゥーーー!!!』じゃないよ!」

とーやま校長「辛いな!」

DJ松永先生「お前は、楽しかった記憶がある分そこの振れ幅で辛いな」

とーやま校長「その理論で松永くんは…」

DJ松永先生「いや、俺、今マジで無敵っすよ」

あしざわ教頭「『マジで無敵っすよ』!?」

DJ松永先生「全部、マジで関係ないですもん」

とーやま校長「だから、"クリスマスなんて"みたいな部分で、2人のベクトルはもしかしたら一緒なのかもしれないけど、くぐり抜けてるところが違ったりするから。
松永くんはそもそも『くぐってない』っていう…

あしざわ教頭「(笑)」

DJ松永先生「関係ない、別の世界のお話をされても、ちょっとわからないんで」

あしざわ教頭「『違う国の話』みたいな話になってますけど(笑)
でも、絶対に恋人と過ごした方が楽しいと思いますけどね」

DJ松永先生……

あしざわ教頭「すげー黙るじゃん! めっちゃ嫌な感じ」

DJ松永先生「1人で浮かれた格好してる人に言われても、説得力がね…」

あしざわ教頭「だって、楽しいですよ!? 恋人と最高の時間を過ごせるんですよ」

R-指定先生でも、終わりは来るんですよ…

あしざわ教頭…なんだよ!

一同笑い

あしざわ教頭「そこで結婚したりすれば、幸せはずっと続きますよ」

SCHOOL OF LOCK!


R-指定先生「…ホンマに続くんですかね」

<チ〜ン>

あしざわ教頭「続くよ!」


本日1人目の逆電は…。

まろふぁ 福岡県 15歳 女性

とーやま校長「まず、これを聞いておかないと!
まろふぁは、"座禅組"なのか、そうじゃないのか、どっちだ?」

まろふぁ恋人がいます

Creepy Nuts先生「フゥーー!!」

とーやま校長「何、電話してくれてんの?」

あしざわ教頭「俺らがかけてるんだよ! 無茶苦茶だよ!」

RN まろふぁは、2ヶ月ぐらい前から現在の彼氏と付き合っているのだそう。
彼氏はもともと部活の先輩で、2ヶ月前にLINEで告白されたんだとか。

とーやま校長「今日はどうしてたわけ?」

まろふぁカラオケでふざけまくってました

あしざわ教頭「楽しそう!」

とーやま校長「楽しかったポイントを教えてくれ」

まろふぁ「3時間ぐらいずっと歌ってたんですけど、back numberの『クリスマスソング』を2人で歌いました」

とーやま校長「う〜わ!」

あしざわ教頭「楽しそうだね〜」

DJ松永先生「でも3時間って仰いましたけど、back numberの1曲分だと3時間は埋まらないですけど、その他には何をしてたんですか?
例えば…(ゴニョゴニョ)」

あしざわ教頭やめろ!

R-指定先生「マジか!」

あしざわ教頭「おい、松永! 懲りない男だな、お前は!」

R-指定先生「相手は15!」

とーやま校長「…まろふぁ、プレゼントとかは!?」

あしざわ教頭「そうだ! そういう話をしよう!」

まろふぁ「(笑) 渡すつもりだったんですけど、(プレゼントを)家に忘れて行っちゃって…」

Creepy Nuts先生「おいおいおい!」

とーやま校長「ちなみに、何を買ったの?」

まろふぁ「手袋とラッシュの石鹸を買って」

とーやま校長「それで、忘れちゃってどうしたの?」

まろふぁ「正直に、『忘れました』って言ったら、笑って許してくれて。"優しいな〜"みたいな」

あしざわ教頭「失敗も受け止めてくれる」

とーやま校長「R先生、どうですか?」

R-指定先生「いや〜、もう(笑) ホンマにもう……羨ましい

SCHOOL OF LOCK!


一同笑い

あしざわ教頭「心の底からの"羨ましい"!」

R-指定先生「何て言うか、すごい綺麗。汚れがない!」

とーやま校長「まろふぁの今日の過ごし方はわかった。
…ちょっとまろふぁ、一回待っててくれ!」

まろふぁ「はい!」

とーやま校長「おそらく、ここで座禅組の生徒が出てくれるはずなんだ。頼むぞ! 
…もしもし!」

Bass Boy 長崎県 17歳 男性 高校2年生

RN Bass Boyは、12月17日の生放送教室にも登場してくれていたぞ!
<⇒その日の放送後記はコチラ!>

とーやま校長「今、高校何年生?」

Bass Boy「2年生です」

あしざわ教頭「中2、高2は…フリーダーーーム!!!

SCHOOL OF LOCK!


Bass Boyフリーダーーーム!!!

あしざわ教頭「ナイスフリーダム!」

DJ松永先生「怖〜〜!! 発作がまた…」

あしざわ教頭「発作じゃねーんだよ!」

DJ松永先生「もう治らない…?」

あしざわ教頭「病気みたいに言うな!」

とーやま校長「Bass Boy、まず、座禅組かそうじゃないかを教えてくれ!」

Bass Boy座禅組です

とーやま校長「ウェルカム、座禅組・ザ・ワールド!」

RN Bass Boyは、クリスマスイブの本日、年末にやる予定だった大掃除をしていたんだそう。
でも、前回逆電時に「クリスマスイブは気になっている女子と焼肉デート&人生初告白します!」と話してくれていたはず…!?

Bass Boy「相手の家族の事情で、急に遊べなくなったんで…」

とーやま校長「うわ〜! これはしょうがないね」

あしざわ教頭「なるほど!」

とーやま校長「それはどのタイミングでわかったの?」

Bass Boy「昨日ですね」

とーやま校長「夜?」

Bass Boy「はい」

あしざわ教頭「ギリギリに…!」

Creepy Nuts先生「しかもそういう時に、家族を出されるとね…」

とーやま校長「どうしようもない」

Bass Boy「はい、仕方ないです」

とーやま校長「プレゼントは買ってたの?」

Bass Boy「はい」

とーやま校長「何を買ったの?」

Bass Boy「校長が言った通りの…」

とーやま校長「出た! 教えてちょうだい!」

Bass Boyハンドクリームを…

とーやま校長「出ました! 結局ね、ハンドクリームが最高のプレゼントなんですよ!」

SCHOOL OF LOCK!


DJ松永先生座禅組がのたうち回ったところで、説得力がね…

一同笑い

あしざわ教頭「結果的に、全部そう言われちゃうから!」

とーやま校長「今日、隙が見せられないから!」

あしざわ教頭「しかも、座禅組のヤツ同士が殴り合ってどうするの(笑)」

今日は大掃除を昼過ぎから2〜3時間ほどやったというRN Bass Boy。
掃除をしたのは自分の部屋だけだそう。

とーやま校長「クリスマスイブに大掃除をしてみて、どう?」

Bass Boy「部屋も綺麗になりましたし、失くしていたベースのピックがベッドの下にあったんで、"良かった〜!"と思って」

とーやま校長「サイコーのプレゼントだね!」

あしざわ教頭「ちょっと待って、悲しすぎない?」

R-指定先生「ピック見つかったんでしょ? これ以上のプレゼントないっすよ」

あしざわ教頭「"自分で隠したプレゼント"みたいなものだから」

DJ松永先生「自分で失くしたものが帰ってきただけだしね。
あと、価格も安いからなんか、失くしたところで、みたいな」

R-指定先生「そんなことないよな。WANIMAのピックやもんな」

あしざわ教頭「恋人と一緒にいた方が…」

とーやま校長「プレゼントはこのピックだけ?」

Bass Boy「いや、それと、近所の人から3万円ぐらいするスピーカーを"もう使ってないからいいよ"ってもらいました

Creepy Nuts先生「うわ〜!!」

とーやま校長「マジで最高じゃん!」

DJ松永先生「ピック、関係ねーじゃん!」

一同笑い

とーやま校長「これでWANIMAを聴いたら最高だからね!」

というわけで、RN Bass Boyにとって、今日、12月24日とは…?

Bass Boyもう、最高の1日でした

とーやま校長「だね!」

DJ松永先生「収支でいうと3万プラスですからね!」

一同笑い

DJ松永先生「(彼女への)プレゼントの価格は、おいくらぐらい?
正直、3万円のスピーカーに比べて安いですか?」

Bass Boy「安いです」

DJ松永先生「そう考えたら、だいぶプラスというか黒字ですよね」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「クリスマスを黒字化しない(笑)」

とーやま校長「のちのち、WANIMAのピックもメルカリとかで売れたりとか」

あしざわ教頭「売るな! 取っとけよ!」

DJ松永先生「そういう可能性が秘められてますよね」

あしざわ教頭「絶対にまろふぁの方が楽しそうだよな…」

とーやま校長「じゃあ、RN まろふぁと、そしてRN Bass Boy。
どっちが楽しいクリスマスイブを過ごすことができたのか、Creepy Nutsのお二人に判定してもらおうと思います!」

あしざわ教頭「絶対にまろふぁの方が楽しそう。恋人とカラオケ3時間ですよ?」

SCHOOL OF LOCK!

<判定会議中の2人>


とーやま校長「決まった感じですか?」

R-指定先生「それはもう、決まってます!」

DJ松永先生「話し合いとかも必要ないです。両方、同じでした」

とーやま校長「わかりました。では、R先生に発表してもらいましょうか」

R-指定先生「はい!」

とーやま校長さあ、RN まろふぁと、座禅組のRN Bass Boy、どちらがクリスマスイブ楽しそうだったか、判定、お願いします!

R-指定先生ダントツでまろふぁです!

一同笑い


♪ 恋人たちのクリスマス / マライア・キャリー


とーやま校長「そりゃそーだよ!」

DJ松永先生「Bass Boyの上がった黒字で、彼女は買えねーじゃん!」

あしざわ教頭「切ないけどな!」

DJ松永先生「しかも、第一希望は彼女と過ごすことじゃん? それが叶わなかったから(掃除した)じゃないですか」

とーやま校長「まろふぁ! 勝利したけど、今の気持ちを教えてくれ!」

まろふぁ「なんか、嬉しいです!」

とーやま校長「そして、明日もクリスマス本番だから」

DJ松永先生「明日はどうされるんですか?」

まろふぁ「多分、(彼氏と)学校で会えたら会うかなって感じです」

あしざわ教頭「いいね!」

DJ松永先生「可愛い!」

R-指定先生「ただ、Bass Boyですよ」

とーやま校長「Bass Boy、最後に一言、Creepy Nutsの2人に何か言いたいことがあったら言ってくれ!」

Bass Boy…頑張ります

一同笑い

とーやま校長2人とも、メリークリスマス!!!

Creepy Nuts先生メリークリスマス!

SCHOOL OF LOCK!



さて、毎週月曜日は、とーやま校長が顧問を務めるドライ部
動画は、SCHOOL OF LOCK!のYou Tubeチャンネルから観て欲しい!
チャンネル登録もよろしく!


それでは、11時台もCreepy Nuts先生を迎えて「カップル vs 座禅組 クリスマスイブ何してた逆電」を行っていく!



Creepy Nuts‼︎‼︎
夜更かしのお供は、よふかしのうた!
詠み人知ラズ
男性/17歳/茨城県
2018-12-24 22:06



Creepy Nuts先生「ありがとう!」

RN 詠み人知ラズは、まだラップをほとんどやったことがない"ラップDT"の生徒が「高校生RAP選手権」出場を目指すプロジェクト、DTラップクルーにも登場してくれている!
詠み人知ラズをはじめ、DTラップクルーの4人が提出した宿題音源が聴けるので、DTラップクルーの特設サイトもぜひチェックしてみてね!


さあ、続いての逆電は…。

偏差値36 東京都 18歳 男性

とーやま校長「この声は座禅組だな!?」

あしざわ教頭「声だけで判断するのは早いよ(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


偏差値36座禅組です

とーやま校長「ほら、そうだ!」

R-指定先生「(声の)低さがあるんですよ」

あしざわ教頭「そんなバカな!」

RN 偏差値36の座禅歴は半年ぐらいとのこと。意外と短い…!?

DJ松永先生「短っ!」

R-指定先生「"こちとら28年やぞ"って言ったれ!」

DJ松永先生「俺の味方のフリするなよ!」

一同笑い

とーやま校長「偏差値36、今日12月24日はどんな感じだった?」

偏差値36今日は、可愛い女子大生のキスを目の前で見ました

とーやま校長「サイコーだな!」

あしざわ教頭「サイコーか!?」

R-指定先生「しかも、それを前向きに捉えられるメンタルが素晴らしい」

あしざわ教頭「だって、自分じゃないでしょ? 人がやってるんでしょ?」

とーやま校長「お前は、女子大生のキスを見てハアハアしねーのか?」

そして3人の猛攻を受ける教頭…。

あしざわ教頭「攻撃が早い! まだちょっと喋っただけなのに!
なんで俺が怒られなきゃいけないんだよ!」

予備校の帰り、夕方6時頃千代田線に乗っていたRN 偏差値36。
かなりの満員電車の中、目の前にいたカップルが…!?

偏差値36「僕の目の前で、すごい深いキスを…

Creepy Nuts先生「深い…」

とーやま校長「車内でしょ!?」

偏差値36「車内です」

とーやま校長「キスしてる時、彼氏の方はどんな感じだったの?」

偏差値36満更でもない感じでした

R-指定先生「見せつけてる感じなのか、彼女がせがんてきて仕方なく"こんなところで、しょうがないな"みたいな感じなのか」

偏差値36「でも、キスは最初は男の方からしてました」

Creepy Nuts先生「おいおいおいおい…」

あしざわ教頭「それ、お前嫌がらせを受けてるぞ!」

DJ松永先生「偏差値36が、それで喜んでるわけでしょ?」

R-指定先生「これね、嫌がらせを受けてると思うじゃないですか。
で、カップルの方も"見せつけたってるわ"って思うじゃないですか。
違うんですよ! その光景を"ありがとうございます、ごちそうさまです"なんですよ」

SCHOOL OF LOCK!


DJ松永先生「記憶のメモリーカードに保存して、家に帰って引き出すわけですよ」

あしざわ教頭「ええ?」

とーやま校長「偏差値36は、見ていてそのキスはどんな味がしたわけ?」

偏差値36甘党な感じでした

あしざわ教頭「想像だろ? 適当なこと言うなって!」

とーやま校長「甘いよね!」

あしざわ教頭「わかんないから!」

とーやま校長「もう、勝ちでしょ!」

DJ松永先生「ぶっちぎりっすよ」

とーやま校長「1位でしょ!」

あしざわ教頭「自分じゃないのよ? キスしてないから!」

DJ松永先生「ストレートな快感ですからね」

R-指定先生「人の恥ずかしい行為を見てやったっていう感覚もありますからね」

あしざわ教頭「なんだろう、この3人の結託した感じ」

とーやま校長「もう、勝ち!」

あしざわ教頭「一応、もう1人いるから! …もしもし!」

みも! 福島県 17歳 女性 高校2年生

あしざわ教頭「中2、高2は…フリーダーーーム!!!

SCHOOL OF LOCK!


みも!フリーダーーーム!!!

あしざわ教頭「ナイスフリーダム!」

DJ松永先生「…治そうね!」

あしざわ教頭「治ってこの状態なんだよ!」

DJ松永先生「一緒に頑張ろうね!」

あしざわ教頭「みも!は、リア充なのか、座禅組なのか教えてくれ!」

みも!リア充です

あしざわ教頭「来たーーー!!!」

RN みも!は、彼氏と付き合って約4ヶ月。
さて、今日クリスマスイブは何をしていたかというと…。

みも!「東京にいる2歳上の彼氏に会いに来て、お台場の観覧車に乗りました」

あしざわ教頭「東京に来た!」

みも!「はい」

Creepy Nuts先生「うう〜〜〜!!!」

とーやま校長「うーわー!」

あしざわ教頭「うるせーな!
観覧車に乗ってる間はどうだった?」

みも!「…まあ、いい感じ?」

Creepy Nuts先生「なんや、"いい感じ"って!」

あしざわ教頭「その感じは、何かあったな?」

みも!「まあまあまあ…」

DJ松永先生「17歳で匂わすテクニックなんか覚えんなよ!」

とーやま校長「ウウアアアーーー!! 匂わす!!!」

あしざわ教頭「悪魔が出てきてる!」

DJ松永先生「しかも、具体的に言わないってことは1番最後まで想像しますからね」

あしざわ教頭「ここで何が起きたか、言えるか?」

みも!「観覧車で、…キス、しました

あしざわ教頭「来たよ!」

とーやま校長「じゃあ、その1個下の観覧車には偏差値36が乗ってたってこと?」

あしざわ教頭「違う、違う(笑)」

とーやま校長「へばりついて見てたってことでしょ?」

あしざわ教頭「千代田線じゃない!」

R-指定先生「窓にへばりついて見てなかった?」

とーやま校長「みも!、視線感じなかった?」

みも!いや…大丈夫です

一同笑い

DJ松永先生「今、偏差値36のことをかばいましたよ!」

とーやま校長「ちょっと聞いていいですか? 観覧車に乗って、どういう流れで接吻に至るわけですか?」

R-指定先生「向かい合わせで座ったんか、隣同士でセッティングしたのか…」

みも!「私は向かい側に座ったんですけど、彼が隣をすっと空けたので」

とーやま校長「みも!が、自分から行った?」

みも!「はい」

とーやま校長「うわ〜!」

あしざわ教頭「そりゃ、いいムードなんだから」

とーやま校長「話とかしてるの?」

みも!「あ〜(笑)」

とーやま校長「ヘラヘラすんじゃねーよ!」

あしざわ教頭「ヘラヘラしていいんだよ!」

みも!「話は楽しく盛り上がって」

とーやま校長「どういう話で盛り上がったの?」

みも!松永さんの話をしてました

DJ松永先生「え!? 俺の話してくれたの?」

RN みも!の話によると、彼氏がもともとCreepy Nutsのことが大好きで、その影響でみも!も好きになったんだそう。
観覧車の中で、共通の話題としてDJ松永先生の話になったんだとか。

DJ松永先生「そこはR-指定ではなく、DJ松永ということでよろしいでしょうか?」

みも!「(笑) はい」

DJ松永先生「もう、3(ホニャララ)かな!」

SCHOOL OF LOCK!


一同笑い

あしざわ教頭「バカタレ! やめろ!」

R-指定先生「ちょっとみも!さん! こんな野暮な男の話で、キスになります?」

みも!…どんな話だっけ?

とーやま校長「ちょっと待ってくれ! …みも!、お前、1人じゃないな!?

みも!「(笑)」

あしざわ教頭「今、どこにいるの?」

みも!今、隣にいます

あしざわ教頭「彼の家ってこと?」

みも!「そうです!」

一同ええええ〜〜〜〜!!!!

Creepy Nuts先生「おいおいおいおい!」

とーやま校長「最悪じゃん!」

みも!「(笑)」

とーやま校長「ちょっと偏差値36、大丈夫か? 息してるか?」

偏差値36あ、大丈夫です(笑)

とーやま校長「今の話を聞いていてどう思った?」

偏差値36実は、観覧車だと思ってた場所が千代田線だったんじゃないかなって

一同笑い

とーやま校長「繋がってた!」

あしざわ教頭「なんで繋がりだしちゃうの?」

とーやま校長「今の話で、みも!と彼氏、めっちゃ笑ってるでしょ」

DJ松永先生「みも!と彼氏は余裕があるから!」

とーやま校長「じゃあ、みも!と偏差値36、どっちが楽しいのかという判定をCreepy Nutsのお二人にしてもらわないといけないわけですよ」

DJ松永先生「でも、偏差値36はさ、自分で楽しむ術を知ってるよね」

SCHOOL OF LOCK!


R-指定先生「そう。やっぱり、この考え方が強いというか、なんでもね。この先があるやん」

Creepy Nuts先生「話し合う余地もないよね。もう決まってます!」

とーやま校長「よし、じゃあ判定に行こう!」

あしざわ教頭「恋人がいるみも!、そして座禅組の偏差値36、どちらが楽しそうだったか、判定をお願いします!」

R-指定先生みも!です!

一同笑い

Creepy Nuts先生「当たり前だ!」

DJ松永先生「偏差値36、『お前は寂しい』!

R-指定先生「いや、そんなことない! 『この負けは、明日に繋がる負けや』!

とーやま校長「えー、メリークリスマーース!!!


♪ ぬえの鳴く夜は / Creepy Nuts


さあ、ここで黒板の時間になってしまいました!

あしざわ教頭「今日はもちろんCreepy Nuts先生にお願いしたいと思いますが、松永先生、よろしいですか?」

DJ松永先生「今、書いてます!」




あれ、松永さん…
何か勘違いしてませんか?
28年間で悟りを開いたみたいなことを言ってますけど、それ「こじらせてる」って言うんですよ
微糖の果実
男性/17歳/熊本県



R-指定先生「よっしゃ、言ったれ! その通りだ!」

DJ松永先生「あの……傷つくよ?

一同笑い

それでは、松永先生に黒板を読み上げていただきましょう!

SCHOOL OF LOCK!


『 無理すんなよ 』

R-指定先生お前がな

DJ松永先生「ウウッ! それ言うの早いって!」

とーやま校長「(笑) どういうことですか?」

DJ松永先生「まず、"自分が一歩遅れてる"と認めることが、前進の始まりなので。
何が"座禅組"かは知りませんけれども、一旦、自分が弱者だとみなさん認めて、そこでようやくリア充に一歩近付けるわけです。
ぜひ、自分が"遅れてる"ということをぜひ自覚してください」

R-指定先生「"一歩近付ける"って、リア充目線で言ってる?

……無理すんなよ!

DJ松永先生…傷付くよ?

一同笑い


♪ よふかしのうた / Creepy Nuts


とーやま校長「座禅組にとっては辛い2時間になってしまった感じがするけど」

あしざわ教頭「そもそもリア充と戦った時点で、そりゃあリア充が勝つでしょ」

SCHOOL OF LOCK!


DJ松永先生「逆電の結果も散々ですからね(笑)」

とーやま校長「奇跡に賭けたいね! だってまだクリスマスイブはあと8分残ってるわけだし、明日が本チャンだからね」

あしざわ教頭「まあ、それはそうですけど」

とーやま校長「座禅組としては賭けたいよ!」

DJ松永先生とーやまさん、あなたは寂しい!

とーやま校長「さっきから言ってるけど、一緒だからな!」

R-指定先生「3人とも負けてるんですけどね」

とーやま校長「一番ダサいよね、勝ってる感じ出してさ。…終わりだ!」

一同笑い

あしざわ教頭「起立!」

あしざわ教頭「礼!」

とーやま校長・あしざわ教頭・Creepy Nuts先生また明日〜〜〜〜!!!

SCHOOL OF LOCK!



【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN あの映画には出てこない


SCHOOL OF LOCK!

RN 希望のネコ丸


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
まろふぁ 福岡県 15歳 女性
Bass Boy 長崎県 17歳 男性
偏差値36 東京都 18歳 男性
みも! 福島県 17歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
MARK46 長野県 17歳 男性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:07 よふかしのうた / Creepy Nuts
22:27 恋人たちのクリスマス / マライア・キャリー
22:51 恋人たちのクリスマス / マライア・キャリー
23:11 Twinkle Snow Powdery Snow / Perfume
23:19 STAR TRAIN / Perfume
23:45 ぬえの鳴く夜は / Creepy Nuts
23:48 よふかしのうた / Creepy Nuts
23:52 阿婆擦れ / Creepy Nuts

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

俺、無理してんのかな…。

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

キスってめっちゃいいからな。

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

生放送教室 放送後記一覧

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る