Da-iCEの工藤大輝先生、花村想太先生が来校!!「FAKE診断逆電」!

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 みんなの教室 』

SCHOOL OF LOCK!にある、誰でも自由に入ることができるみんなの教室!
学校掲示板

今日もいろいろと書き込みが届いています!


身長
今日学校の健康診断で身長を測ったらなんと168cm…
今まで周りの人に172くらいあるんじゃない?と言われ続けて来たのでその気になって生きてきたのに168…
久しぶりにショック(泣)

でもFukase先生と星野源先生と一緒の身長らしい!
これならまぁ168でもいいか…?笑
テレビの前の招き猫
男性/17歳/宮城県
2019-04-24 16:32


とーやま校長「Fukase先生と星野源先生、168cmなんだね!」

あしざわ教頭「確かに、めちゃくちゃ大きいっていうイメージはないですけどね」

とーやま校長「でも、まだ17歳だから、ここから大きくなることもあるだろうし、突然足の付け根が痛くなることもあると思うよ」

あしざわ教頭「成長痛が来るかもしれないですよね」



今日、席替えで彼女と隣の席になった!!(すごく久しぶりの書き込み!)
校長、教頭、今日席替えで彼女と隣の席になりました!嬉しすぎてトイレで鼻血でました。
鳥あたま
男性/13歳/北海道
2019-04-24 21:12


とーやま校長大丈夫か!

あしざわ教頭「漫画でしか見たことないよ!(笑)」

とーやま校長「でも、めっちゃいいじゃん! 他のみんなは2人が付き合ってるって知ってるのかな?」

あしざわ教頭「分かってないのもまたいいけどね」

とーやま校長「気づかれないようにこっそり付き合うのが?」

あしざわ教頭「そうそう。一番楽しいじゃん!」

とーやま校長「教頭はそういうことしてたの?」

あしざわ教頭「嫌な角度だねえ」

とーやま校長「嫌な角度? ちょっと待ってよ。疑いすぎだよ! 普通に聞いただけだから(笑)」



誰か教えて!
お父さんから、「5/5のユニコーンのライブに行く?」と聞かれ、僕は行ってみようと思うのですが、ユニコーンのことを全く知りません…

ユニコーンさんのことを教えてください!
黒歴史コアラ
男性/15歳/福岡県
2019-04-24 20:08


とーやま校長「任せてよ!」

あしざわ教頭「校長はユニコーン先生が大好きだからね!」

とーやま校長「黒歴史コアラと同じ年のときには、俺はユニコーンが大好きになっていて。今も大好き!
まずは、お父さんはユニコーンのアルバムを持っているはずだから『服部』というアルバムを聴いて!
なぜならユニコーンは今、新しいアルバム『UC100V』を引っさげて、100周年のツアーを行なっているわけ!」

あしざわ教頭「でも、実際は100周年ではないですよね?」

とーやま校長「100周年ではない。これは、『服部』という曲が入っているアルバムが発売してから30年経っていて、他にもいろんなものを足して100周年とうたっているんだけども、
まず『服部』という曲と『おかしな2人』という曲さえ聴けば、一撃で虜になるはず!
さらに新しいアルバム『UC100V』を聴けば、ライブは楽しめると思う!」


そして、今夜のSCHOOL OF LOCK!は、本日4月24日に
16枚目のシングル「FAKE ME FAKE ME OUT」をリリースした……

Da-iCEから 工藤大輝先生、花村想太先生が来校ーーーーーーー!!!!

SCHOOL OF LOCK!


工藤大輝先生(パフォーマー、リーダー)
花村想太先生(ボーカル兼パフォーマー)



大輝先生「Da-iCEの工藤大輝です!」

想太先生「花村想太です!」

大輝先生・想太先生「よろしくお願いします!」

とーやま校長「お願いします! お久しぶりですね!」 

想太先生「いやー、お久しぶりです!」

とーやま校長「想太先生とは1年以上経ちますかね?」

あしざわ教頭「去年の5月以来ですね」

とーやま校長「覚えてらっしゃいますか?」

想太先生「もちろんですよ! ココ(大輝先生が座っていた場所)に座ってました! ラジオなのにココとか言っちゃった(笑)

大輝先生「もうちょっとラジオ慣れしたコメントをお願いします(笑)」

とーやま校長「お元気そうで何よりです(笑) 大輝先生は何度か遊びに来てくださってますよね」

大輝先生「そうですね。Da-iCEでは最多だと思います」

そんなDa-iCE先生は、4月24日水曜日に16枚目のシングル「FAKE ME FAKE ME OUT」リリースされました!

想太先生「16枚目っていうのはあんまり言わないでください…」

とーやま校長「えっ? なんで!?」

大輝先生「枚数出してるのにそんなに売れてないって?」

想太先生オオーーイ!

大輝先生「ごめんなさい(笑) 頑張ろうね!」

とーやま校長「違う違う! キャリアを積み重ねている結果がこの数字に表れているんだなって思って言わせてもらったんですよ!」

大輝先生「ありがたいですね!」

想太先生「でも、もう16枚も出てるんですね」

大輝先生「怒涛でした」

とーやま校長「何年で16枚ですか?」

大輝先生「メジャーデビューして5年なので…」

とーやま校長「結構なハイペースですね!」

大輝先生ワンシーズンに1枚出していたからね

想太先生ワンシーズンに1枚出してました!

大輝先生「同じこと言わないで(笑)」

一同笑い

とーやま校長「でも、この『FAKE ME FAKE ME OUT』、曲だけを聴くとすごくゴージャスで!」

あしざわ教頭「セクシーな感じもありますよね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「Official髭男dismの藤原先生が作詞作曲をされているんですよね。僕らも、Official髭男dism先生とは一緒にライブをやらせてもらったりと、めちゃくちゃお世話になっているんですけど、
どういうつながりから曲を提供してもらうことになったんですか?」

大輝先生もともと、僕ら全員がOfficial髭男dismの大ファンで! 僕ら聴く音楽もバラバラなので、ここまでガッツリ5人の好みが一致することがあまりなかったんです。
5人でライブに行かせてもらったりとか、ラジオに出ていただいたりとかで少しづつ仲良くなって…。
Official髭男dismさんはバンドで、僕たちはダンスボーカルグループなので、難しいかなと思いつつダメ元でお願いしたら、快諾していただいたんです! 奇跡でしたね!」

とーやま校長「藤原先生もTwitterで呟いたりされていましたね」

大輝先生大感謝でございます!


そして、今夜の授業テーマは
「FAKE診断逆電」をお届け!

今夜は、キミがやってしまった”FAKE”(嘘や秘密)が良いFAKEなのか、悪いFAKEなのかを工藤先生と花村先生が診断していってくれるぞ!

例えば…
「本当の自分じゃない自分をとりつくろってしまっているけど、これって良いことなんですか?悪いことですか?」
「本当は友達のことあまり好きじゃないけど、その気持ちを秘密にして仲良いフリをしています。これって良くないことですよね?」
「友達に遊びに誘われたんですが、乗り気じゃなくて嘘をついて断ってしまいました、これってやっぱりダメなことですか?」


など、キミが過去にやってしまったFAKE、今まさにやってしまっているFAKEを学校掲示板もしくはメールで教えてほしい!

Da-iCE先生へのメッセージや新曲をGETしたという生徒はその感想も待っているぞ!

SCHOOL OF LOCK!



とーやま校長「『FAKE ME FAKE ME OUT』のMVがYouTubeにあがっていますけど、めっちゃカッコよくないですか!

想太先生「ありがとうございます! やった!」

とーやま校長「歌う踊るはずじゃない5人が、突然光を浴びてステージに上がって…っていうようなストーリーじゃないですか」

あしざわ教頭「どうなるの!? って感じの空気になってね」

とーやま校長「あの瞬間、”なぜ俺は、ああなれなかったのかな。”って思って…」

SCHOOL OF LOCK!


大輝先生・想太先生「(笑)」

あしざわ教頭「はい!? どういうことですか?」

とーやま校長「めちゃめちゃカッコいい瞬間じゃないですか。スイッチがバチッと入ってて」

あしざわ教頭「踊り出す瞬間のところね」

大輝先生「俺らからしたら、なんで振り付け知ってんねん! っていうツッコミ待ちですからね(笑)」

想太先生「俺ら自身も、何回観ても”なんでやねん!”って思います(笑)」

大輝先生「いつもつっこんでる! バイトだぞ? っていうね」

とーやま校長「バーというか、ショーレストランみたいなところで働いている5人っていう設定ですよね」

想太先生「本来ショーをやる人がステージに現れなかったのでブーイングが起きている中、お姉さんが何を思ったのか、僕らに踊れと」

大輝先生「とりあえず、お前らで場をつなげ! って言われて、出来ねぇよ〜とか思いながら、曲が始まったら全部踊れちゃった〜テヘペロ! みたいな。寸劇っぽい感じでやっていますね」

とーやま校長「あの瞬間がめちゃめちゃカッコよくて!」

大輝先生「嬉しいです! 僕らとしては笑うところっていう感覚で観ていたので…」

あしざわ教頭「全然そんな感じしませんでしたよ! 笑うというよりも”めっちゃ揃っててカッコいい!”っていう方に引っ張られました」

大輝先生「それは嬉しい!!」



Da-iCEキ
FMFMOのMVみました!
登場の仕方が えっ、!ってなって、最初からすごくおもしろかったです!
急なのにおどり出すのが笑えるし、歌・ダンス かっこよすぎです!!
これからもずっと応援してます!!
ケロぴー
女性/14歳/北海道
2019-04-24 20:00


大輝先生・想太先生「ありがとうございます!」

想太先生「当初はバシッとカッコよく行けたらと思ってたんですけど、客観視して見たら、”なんで踊れんねん!”が勝ちましたね(笑)」

大輝先生我々、ふざけたがり屋なんですよね

とーやま校長「それは存じ上げております(笑)」

想太先生雄大くんがヤバかったですよ! 僕と雄大くんが最初に光をパッと当てられるんですけど、何回撮るんやっていうね。2、3回なんですけど、めっちゃ細かいんですよ!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「それは監督さんの指示がってことですか?」

想太先生雄大くんが自分の表情をいかにチョけさせるか、ふざけられるか、みたいなのに挑戦していて。
普段は踊った後とかそこまでかっちりチェックしないんですけど、そのシーンを撮ったあとはわざわざ何回もチェックして『いや、違うな…』って言ってて」

大輝先生「そこのシーンのチェックが一番多かった!」

想太先生「めっちゃ真面目にチェックしてた!」

とーやま校長「そんな雄大先生のことをどう思っていたんですか?」

大輝先生プロ意識高いなあって……

一同笑い

とーやま校長「でも、曲の始まりから最後まで、めちゃめちゃカッコいいですよね」

あしざわ教頭「髭ダン先生との相性が本当にバッチリで! 一つになってる感じがすごくしました」

大輝先生「本当にありがたいですね。髭ダンさんがR&Bだったりヒップホップとかもちゃんと聴いていて知識もあるから、ダンスボーカルでも違和感なく溶け込めるんだなって思います。なので、本当に感謝です!

SCHOOL OF LOCK!



♪ FAKE ME FAKE ME OUT / Da-iCE



FAKE ME FAKE ME OUT
FAKE ME FAKE ME OUT 凄くおしゃれでかっこよかったです!!
FMFMO,WELCOME!,一生のお願いどれも凄く素敵な曲でとても大好きな作品ばかりです!
またCDケース(?)の後ろの写真の仕掛け(?)に気づいてびっくりしましたし、凄いなと思いましたし、凄い凝ってるなと思いました!
幸せな事に最近よく読まれるみか
女性/16歳/栃木県
2019-04-24 20:38


あしざわ教頭「実は、仕掛けがあるんですよね」

想太先生「そうなんですよ。まあ、それは気づいた人だけのお楽しみということで!」

大輝先生「決して、僕らが把握出来ていない訳ではございません(笑)」



さぁ今夜の授業は、大輝先生と想太先生と一緒にお届けする…
「FAKE診断逆電」!!!


とーやま校長「…もしもし!」

めんたいちゃん 広島県 16歳 女性 高校2年生

めんたいちゃん「もしもし!」

とーやま校長「めんたいちゃんは、4月から高校何年生になった?」

めんたいちゃん「高校2年生です!」

あしざわ教頭「中2高2は……フリーーーーーーダーーーーーーム!!!

めんたいちゃん「ふふふふ(笑)」

あしざわ教頭「オッケーーーーイ!」

とーやま校長「ちょっと想太先生がビックリされているんですが…」

想太先生「前回も(フリーダムが)あったんですけど、この瞬間だけ時が止まりますね(笑)」

あしざわ教頭「正しい反応でございます(笑)」

とーやま校長「めんたいちゃん! 今日の授業は『FAKE診断逆電』なんだけど、どういうFAKEがあるのか、教えてもらってもいい?」

めんたいちゃん「はい。友達の好きな人を知っていて、その人を好きになっちゃいました!

とーやま校長「なるほど…」

去年、友達とも好きな人ともクラスが一緒だったRN めんたいちゃん。
もともと男の子とも友達として仲が良かったのだそう。

めんたいちゃん「夏の文化祭をきっかけに友達とその男の子が仲良くなって、友達が(その男の子のことを)好きっていうのを聞いてからずっと相談に乗ってたんです

RN めんたいちゃんも、その男の子に対して恋愛感情を持っていたけれど、それを友達に隠しながら応援し続けてるのだとか。

めんたいちゃん「今はクラスが全員違うので、友達と女の子が連絡を取っているかは分からないんですけど…」

あしざわ教頭「めんたいちゃんは、その男の子に想いを伝えようっていう気持ちはあるの?」

めんたいちゃん「もし伝えて関係が崩れたら嫌なので、なかなか伝えられないです」

とーやま校長「友達からはどういう相談を受けてるの?」

めんたいちゃん「(その男の子とRN めんたいちゃんは)仲が良いから色々知ってるでしょ? って言われたりするので、仲が良いことはもう隠せないから、彼はこういう性格で…とかアドバイスしたりしてます」

とーやま校長「アドバイスしつつも、自分の本当の気持ちを隠していることに対して悪いなあって気持ちもあるんだよね」

SCHOOL OF LOCK!


めんたいちゃん「はい…」

想太先生「絶対友達も知ってるよ!」

大輝先生「若干のお察しはあるかもしれないよね」

想太先生「友達もそうやってカマかけてるんですよ。ほんまは好きなん知ってんねんで? って感じで」

大輝先生「関西弁ではないと思うけどね(笑) でも、これは相手にもよるんじゃないですか? 男の子はどういう感情なんだろう?」

めんたいちゃん「まだ分からないんですけど、LINEとかは毎日しているので…

想太先生「毎日LINEしてるんだ!」

とーやま校長「どういう会話をしてるの?」

めんたいちゃん「どうでもいい話ばっかりですね」

とーやま校長「でも、他愛もない話を毎日できるって、素晴らしいですからね!」

想太先生「彼のどこが好きなんですか?」

めんたいちゃん「その人は関西出身なので、すごく面白くて。いつも場を和ませてくれるところが好きです!」

想太先生俺と一緒や!

大輝先生うちには関西出身だけど、面白くないやつ一人いるんだよね…。その彼は面白くて良かったね〜」

あしざわ教頭「真逆のことを言ってるぞ(笑)」

とーやま校長「大輝先生、想太先生、このFAKEはいかがですか?」

大輝先生「関係が崩れることになっちゃうから、今の選択としてはナイスFAKEなのかもしれないけど、このままでいくのは良くないのかなって思いますね

とーやま校長「3人の関係もだし、めんたいちゃん自身にも良くないってことですか?」

大輝先生「そうですね。めんたいちゃん自身の心の健康にも良くない」

想太先生僕もこのままいくと悪いFAKEやと思いますね。だって、高校2年生ですよ。
あと多くても1年半くらいしか一緒にいられないのに、そこを我慢して過ごすのはもったいないですよね。毎日LINEしているんだったら、男の子も少なからず気があるんじゃないですか?

大輝先生「そう思う!」

想太先生「これは絶対に返ってこおへんだろうなっていうLINEでも返ってきます?」

めんたいちゃん「返ってきます!」

大輝先生「じゃあ、気があるね」

想太先生「絶対好きでしょ! おやすみとかも言う?」

めんたいちゃん「LINEしているときが夜だったりしたら、おやすみって言います」

想太先生「で、次の日は『おはよう』?」

めんたいちゃん「そうですね」

想太先生「フゥ〜〜!! ええなあ!」

とーやま校長「だからこそ、友達に対しては後ろめたさがあるよね」

想太先生「その状況を作ってしまってる時点で悪いFAKEになってしまってるんですよね。きっぱり連絡取ってなかったら良いFAKEかなって思うけど、
裏で連絡取ってしまってる時点で相手の女の子に対して罪悪感があるわけじゃないんですか。罪悪感を一つでも減らしたいなら、その友達に伝えるべきですよね

大輝先生「そうだね」

めんたいちゃん「はい。分かりました!」

想太先生「まあ、すぐに言うのはやめた方がいいかな。実は私も…って感じで」

大輝先生「露骨だねえ(笑)」

とーやま校長「でも、いつか伝えなきゃいけないってなったらそれくらいはっきり言わないとね」

あしざわ教頭「遠回しに言ってもしょうがないですしね」

想太先生「学生の頃って、きっとみんなこういうことで悩んでるんですよね〜」

SCHOOL OF LOCK!


大輝先生「あとは、イレギュラーかもしれないですけど、相手が告白してくる可能性もある!
そうなってくるとマジでこじれるから、その前に言った方がいいね」

想太先生「確かに、先に言われたらもうどうしようもないもんね!」

とーやま校長「めんたいちゃん、やることいっぱいだ!」

めんたいちゃん「(笑)」

大輝先生「ちょっと急ごうか(笑)」

とーやま校長「話聞かせてくれてありがとうね!」

めんたいちゃん「ありがとうございました!」


SCHOOL OF LOCK!




とーやま校長「未だ見ぬきみの“こえ”よ。夜空に届け!」

とーやま校長・あしざわ教頭「きみのこえがききたい!」

SCHOOL OF LOCK!と秋元康先生がタッグを組んで、ラジオドラマをお送りする、
10代限定「声」の甲子園きみのこえがききたい。

このプロジェクトは、次の時代を担う声優の原石を発掘するプロジェクトです!

毎週違うストーリーで、応募してくれた「声」を審査し、
選ばれた2人の生徒の声が、4話完結のラジオドラマの主演になります!

今週は特別編!
声優の花江夏樹先生が主演を演じてくれています!
そして相手役はRN ねむみまる 新潟県 16歳 女性

今日お送りする話は、「<幽霊編 第3話>」!

引き続き、ラジオドラマの主演を務めてくれる生徒を募集しています!
サイトにアップされている脚本に合わせて「Eggs Voice」というアプリから、君の声を送ってきてください!

<⇒特設サイトは【コチラ】!




そして、毎週水曜日23時8分頃は、松田LOCKS!をお届け!
今夜は、ナナヲアカリ先生が生徒の悩みを曲で解決してくれたぞ!!

松田部長「今日も明るいよ!
SCHOOL OF LOCK!のダイナマイトカリスマ営業部長、松田です!
さあ、JASRAC日本音楽著作権協会がおくる松田LOCKS!
今日もまた、生徒の悩みをアーティスト講師の方が音楽で解決してくれます!
さあ、今回のお悩みはコチラ!」

----------------------------------------------------------------------------

僕は中学2年の時に好きな人がいて、告白もしました。
しかし、1年4カ月たってもまだ返事が返ってこないです。
でも、まだその子のことを好きだという気持ちは変わっていません。

告白してからはしばらく話さなかったけど、
委員会や席が隣になったおかげでまた少しずつ仲良くなれました。
そして、もう一度告白のことを聞きましたが、それでも返事は返ってきませんでした。

そして中学3年ではクラスが分かれてしまいましたが、
地域の祭りや委員会の時ではよく話していました。

最近ではラインを交換して楽しく話していますが、
どうしたら返事が返ってくるか、アドバイスをお願いします。

僕の考えとしては、もう一度告白したいと思っていますが、
タイミングがよく分からないし、
関係が悪くなってしまうのではないかと思ったりして不安です。

のやま 男の子 15歳 兵庫県
--------------------------------------------------------------------------

松田部長「さあ、今回このお悩みを解決してくれるのは…!」

???ナナヲアカリです!

ナナヲアカリ先生「今回、RN のやまくんのために選曲した曲は『シアワセシンドローム』です!」

M シアワセシンドローム / ナナヲアカリ

ナナヲアカリ先生「この『シアワセシンドローム』は、幸せ疲れとかSNS疲れといった、
‘幸せ’というモノにフォーカスをして作られた曲なんですけど、
実はこの‘幸せ’という部分を
RN のやまくんが好きな女の子に抱いている気持ちに置き換える時に
落ちサビで‘シアワセになりたいな’って…。
‘怖くなるくらいに求められるなら もう贅沢したっていいじゃないか!’
って背中を押してくれる曲になるんじゃないかなって思って
選ばさせて頂きました!
LINEしてたりとかね、仲良いなら一緒の帰る道になる時とかに
“ちょっとまだ好きなんだけど〜”とか言ってみたら
進展するのかもな〜と思います!RN のやまくん、頑張って!

松田部長「ナナヲアカリ先生、ありがとうございました!
松田LOCKS!では引き続き、
アーティスト講師の皆さんに解決してほしい悩みを募集中!
また、松田LOCKS!のサイトで出題している
著作権クイズに正解した生徒の中から毎週1人に
オリジナルの著作権カレンダーをプレゼント!
全ては【コチラ】からお願いします!今夜の松田LOCKS!は以上!」


今夜の著作権名言

「年4回。これが、作家などへ JASRAC が使用料を分配する回数さ。」





さあ、11時台も引き続き、Da-iCEの工藤大輝先生、花村想太先生と一緒に授業を行なっていきます!

とーやま校長「今日は『FAKE ME FAKE ME OUT』のお話を色々と聞かせていただいているんですけど、Da-iCE先生は、6月に初のベストアルバムリリースされるんですよね!

想太先生「そうなんです!」

そして同じく、6月からはベストツアーを開催!
25都市、31公演が行われる予定で、Da-iCE史上最大級です!


とーやま校長「6月9日新潟を皮切りに、10月22日仙台サンプラザホールまで!」

あしざわ教頭約4カ月間!

大輝先生「駆け抜けます!」

とーやま校長「ベストツアーは初めてですよね。どんなツアーにしたいとかってありますか?」

大輝先生「前回のツアーはオリジナルアルバムを引っさげてのツアーだったんですけど、
今回はベストアルバムなので、もちろん選曲にもこだわっていかなければいけないなと思っております!

とーやま校長「想太先生にとって、ツアーというものはどういうものですか?」

想太先生「僕たちは昔からお客さんが一人か二人とかいないところでもライブやってましたし、ライブを観てもらうことがDa-iCEのことを一番知ってもらえるなって実感してるので、
ツアーは毎年やらないと始まらないというか。ライブをやるからこそ、僕たちがいるというぐらいの思いですね」

とーやま校長「本当に今回のツアーは全国に行きますもんね!」

大輝先生「今回は前回行けなかった場所だったり、昔は全都道府県回ってたんですけど、それに近いレベルで今回はいろんなところに行く予定です!」

想太先生「半分以上行きますから! 新しいことに手をつけていたりとかもしますし、打ち合わせをするたびにめっちゃ楽しみになるくらい、すごいツアーになってます!!


ライブスケジュールなど、詳しくは、[ Da-iCEオフィシャルサイト ]をチェック!



ここからは再び、「FAKE診断逆電」を行っていきます!

まずは、学校掲示板に届いた書き込みをチェック!

SCHOOL OF LOCK!



ちゃっかりFAKE
友達との集合時間に遅れてしまった時
電話口であたかも走っているかのように
ハーハー言いながら 本当は5分で着くものを
「ごめん10分くらいかかりそう!!」
とサバを読みます。ついでに集合場所に近づいたら走り出します。

これよくやっちゃうんですけど悪いFAKEですか?笑
ゆかざわだ
女性/17歳/神奈川県
2019-04-24 19:37


大輝先生「悪いFAKEだよ!」

想太先生「わるい!」

とーやま校長「即答だ(笑)」

あしざわ教頭「じゃあ、お二人はやられたことはないということですね?」

大輝先生いや、あります(笑) あった上で言います。これは悪いFAKEです!」

想太先生「あるんや! むしろ、遅刻してたらめっちゃ走りますよ! ガチ走りするタイプです」

とーやま校長「5分くらい遅れるってときでも?」

想太先生「すぐ連絡します! 1分でも遅れるって思ったら連絡しますね」

大輝先生「想太は確かにそうなんですよ」



FAKE
私のFAKEは・・・
お姉ちゃんとお兄ちゃんに
彼氏いるって言ってることかな(笑)
2人ともリア充だからっていう理由です・・・
はやく本当のことになりたい
漆黒ティアラ
女性/13歳/広島県
2019-04-24 21:08


あしざわ教頭「お姉ちゃんとお兄ちゃんは恋人がいるから、自分もいるっていうことにしてしまってると」

とーやま校長「背伸びしちゃってるわけだね」

大輝先生「これは、かわナイスFAKEじゃないですか? 可愛いナイスFAKEです!

想太先生かわナイスFAKE!

大輝先生「これぐらいのFAKEだったらいいでしょう。誰にも迷惑かけてないですからね」



Da-iCE先生こんばんは!
先日妹から、"さっき広告で流れてきたんだけどこれが花村くん?"とスマホを差し出されたので見てみると、ワクワクさんの写真でした。冗談で、そうだよと言ったら、本当に信じて、未だにワクワクさんのことを想太くんだと思っています(笑)
これは悪いFAKEですか?(笑)
そたごん
女性/16歳/山口県
2019-04-24 20:33


大輝先生ナイスFAKE!!!

とーやま校長「大輝先生からナイスFAKEいただきました(笑)」

想太先生「ナイスですよ! 僕、誰もが知ってる有名人だと思われてるってことですよね!」

あしざわ教頭「すごくポジティブ!」

SCHOOL OF LOCK!


大輝先生「あなたはめちゃくちゃ工作がうまいと思われています!」

想太先生「やばいやばい! 俺、鶴も折られへんぞ!

大輝先生「正直に教えてあげてください〜(笑)」



とーやま校長「からの〜もしもし!」

yuriyuri 福岡県 16歳 女性 高校2年生

yuriyuri「もしもし!」

RN yuriyuriも、4月から高校2年生!!

あしざわ教頭「中2高2は……フリーーーーーーダーーーーーーム!!!

SCHOOL OF LOCK!


yuriyuriフリーダーーム!

あしざわ教頭「ナイスフリーダム!」

とーやま校長「教頭先生、想太先生の顔を見てもらっていいですか?」

想太先生「いや、自分も高2やったら言えたなぁって思って…

あしざわ教頭「すごくポジティブに考えてくださってるじゃないですか!」

とーやま校長「時が止まった中でそういうことを考えていたんですか?」

想太先生「そうです!」

大輝先生「時は止まったんだね(笑)」

とーやま校長「それじゃあ早速だけど、yuriyuriの中にあるFAKE、どんなものなのか聞かせてもらえる?」

yuriyuri自分が大丈夫じゃない状態のときに周りの人に対して『大丈夫!』って言ってしまうことがあるんです…

とーやま校長「例えば、どういうときに大丈夫って言ってしまう?」

yuriyuri「一番多いのは、学校で体調を崩してしまって、友達は心配してくれるけど『大丈夫だよ〜』って言っちゃいます」

RN yuriyuriは、周りの人に心配をかけたくないという気持ちから「大丈夫」と言ってしまうのだそう。
他にも「大丈夫じゃない」と言うことで周りに迷惑がかかるかな、と考えてしまうのだとか。

とーやま校長「でも、きちんと『大丈夫じゃない』って言わないと、助けてあげようっていう手すらも伸びてこないし、困ることもあるでしょ」

yuriyuri「はい。少なからずあります」

とーやま校長「yuriyuriはすごく優しい子なんだけどねぇ」

SCHOOL OF LOCK!


想太先生「これは、悪いFAKEですね。
僕も昔そういうタイプだったんですけど、周りから『大丈夫?』って聞かれてる時点でダメなんですよ。しんどいのが隠せてないわけじゃないですか。
しんどいのが出ちゃってて、そこで『大丈夫』って言ってもその時点で周りに心配をかけてしまってるので、そこで『大丈夫じゃないから家に帰るわ』って言う勇気ですよ!

大輝先生「うん!」

想太先生「人に感染るかもしれないし、友達の中には”感染るから早く帰ってほしいな。”と思ってる人ももしかしたらいるかもしれん。
すぐ帰れとは言わないですけど、『大丈夫?』って聞かれたときに本当は大丈夫じゃないんだったら、『大丈夫だよ』っていうよりは『ちょっとしんどいから保健室行ってくるわ』の方がいいのかなって思いますね」

SCHOOL OF LOCK!


大輝先生「間違いないね」

想太先生「僕もよく『大丈夫って言うけど、しんどそうにしてるから聞いてるねんで?』って言われました。
そう言われたらぐうの音も出ないじゃないですか」

とーやま校長「あえて強く言ってくれるという優しさですね。大輝先生もずっとうなづいてらっしゃいますけど…」

大輝先生「僕も想太と同じですね。隠し通すならば、友達が察しないくらいに隠し通さないとね。それなら良いFAKEになるのかな。
だから、正直に言った方がいいよ! 体の強い弱いとかって人それぞれだから。自分の体調を周りに分かってもらうっていうのも、友達関係を続けていく上で大事なことだと思う!

SCHOOL OF LOCK!


想太先生「そうだよ! 僕たちもグループでやってるとき、しんどい時はすぐしんどいって言います!」

大輝先生「俺らはすぐ言い過ぎです(笑)」

とーやま校長「もうちょっと頑張ってもらっていいですか(笑)」

大輝先生僕らも頑張るから、yuriyuriも頑張ろう!

yuriyuri「はい! 頑張ります!」


♪ WELCOME! / Da-iCE


とーやま校長「この曲は、ニューシングル『FAKE ME FAKE ME OUT』の2曲目に入ってる『WELCOME!』
この時期に聴いたら、良いスタートを切りそこねたやつもまだまだ大丈夫だって思える曲で、すごい素敵な曲ですね! この曲の作詞は想太先生がされてるとか?」

想太先生「そうなんですよ! 作詞させていただいたんですけど、Da-iCEって新生活の背中を押すソングを結構出してるんですけど、
初めて歌詞を書かせていただいて、新入生を迎え入れる在校生というか、迎えいれる側の気持ちを書いてみたら面白いのかなって思ったのと、
Da-iCEの新規ファンウェルカムソングになったらいいなって思って、ダブルミーニングで書かせていただきました!

とーやま校長「このラジオで初めてこの曲を聴いた人も、気軽に飛び込んで来て良いよ! ってことですね」

想太先生「そうです! Da-iCEのファンの人はみんな優しいので、ウェルカムしてくれると思いますし……はい!

あしざわ教頭「ええっ!?(笑)」

大輝先生「ぶん投げやがった(笑)」

とーやま校長「あと一言でゴールって感じだったのに!」

想太先生「すみません。頭真っ白になったもんで…(笑)」


そして、11台に逆電したRN yuriyuriの話を聞いて、こんな書き込みも届きました!


バレにくそう。
「大丈夫じゃないわ〜笑」って言うのが一番大丈夫って思われる気がする。
333と書いてささみ
女性/17歳/神奈川県
2019-04-24 23:41


想太先生「それイイですね!」

あしざわ教頭「笑いにもなるし、仲良くなれそう!」

想太先生「1年に何回もしんどくなることってないじゃないですか。だから、しんどくなったときは助け合いましょう!」


さあ、本日も黒板の時間になってしまいました。
今日は、Da-iCEの工藤大輝先生に黒板をお願いしました!

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!



『 つくFAKEより 見抜けFAKE 』

大輝先生「さっき電話したyuriyuriちゃんもそうなんだけど、どうウソをつくかではなく、ウソを見抜いてくれる友達が横にいるかということが大事だと俺は思っていて。
そういう気持ちになれるような自分になっていこう。そんな気持ちを持ちましょう!」

想太先生「……良かった〜。俺が黒板書かんで」

一同笑い


とーやま校長「もし想太先生が黒板書くことになっていたら、なんて書くつもりだったんですか?」

想太先生世界平和です!」

あしざわ教頭「広い〜〜(笑)」

大輝先生「ペラッペラやな!(笑)」

とーやま校長「ちなみに、どういう意味を込めての『世界平和』なんですか?」

想太先生いやもう、まんまです!

一同笑い

あしざわ教頭「まんまってことある!?」

大輝先生「せめて、今日の授業テーマに絡めろ! いつ出ても使えるやつを用意するなよ(笑)」

想太先生「そういう奴なんですよ〜(笑)」

大輝先生「ダメ!(笑)」

とーやま校長「でも、Da-iCE先生は本当にSCHOOL OF LOCK!のことをすごく好きでいてくださっているのが話していても伝わってくるので、また遊びに来てくださいね!」

想太先生「めちゃくちゃ楽しかったです! 一人でも来ますよ!」

大輝先生「ダメだよ。一人だとそんな喋れないんだから」

想太先生「一人になった瞬間、全然喋らない可能性あります(笑)」


SCHOOL OF LOCK!



【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
めんたいちゃん 広島県 16歳 女性
yuriyuri 福岡県 16歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:06 TOKYO MERRY GO ROUND / Da-iCE
22:28 ケチャップケチャップ / 杏沙子
22:39 FAKE ME FAKE ME OUT / Da-iCE
22:50 一生のお願い / Da-iCE
23:10 シアワセシンドローム / ナナヲアカリ
23:24 TEENAGER / Mrs. GREEN APPLE
23:42 WELCOME! / Da-iCE
23:49 FAKE ME FAKE ME OUT / Da-iCE
23:53 Live goes on / Da-iCE

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Da-iCE先生楽しいから好き。ほんと好き。

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

Da-iCE先生とは定期的にきゃっきゃっしたいです!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

生放送教室 放送後記一覧

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る