今年の夏も暑い!今夜の授業は「エアコンがない!」

生放送 2019.8.6 火曜日

SCHOOL OF LOCK!


『 暑い! 』

とーやま校長暑い! 今、わたしは、とても、普通のことを言っています。
今年の夏も暑い!

あしざわ教頭「そうですね」

とーやま校長「みんなも聞き飽きたと思うけどね」

あしざわ教頭「なんなら、校長は一番言いたくない言葉でしょ?」

とーやま校長「そうだね、"暑い"と言ったところで何も変わりはないから、俺は言わないようにしてるけれども…。
でもね、やっぱり、今日は我慢できない。暑い!
これはどうなってんだ!?」

あしざわ教頭「ちょっとヤバイですよね。
毎年"今年が一番暑い"とか言ってるけど、本当に今年は暑いと思う!
生徒のみんなもフェスとか行ってるじゃないですか」

とーやま校長「ROCK IN JAPANも週末にあって、今週末もまたあるのか」

あしざわ教頭「マジで心配になるもん。
本当に倒れちゃわないかなってすごい心配しちゃう」

とーやま校長「運動系の部活なんてね。
今日から高校野球の夏の甲子園も始まってるしね。
これも、お昼の時間帯を避けるとか、もうちょっとナイターとか本格的にやってかないとさ」

あしざわ教頭「暑さが風物詩的なとこがあるけど、それにしてもね」

とーやま校長「俺らだけじゃなくて、みんな暑いよね?
10代のみんなも暑いよね?」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「どういう発想? 本当にみんな暑いと思うよ(笑)
ちなみに、校長は北海道出身じゃないですか。東京の暑さはどれぐらいで慣れました?」

とーやま校長「そう。18歳までいたよ。
18歳に出てきて、それが1998年だから…東京に来て21年経つんだよ。
恐ろしいな、北海道で生きてたよりも東京の方が長いわ」

あしざわ教頭「そうね(笑) もうそうなっちゃいましたね」

とーやま校長「今は北海道でも33度とか34度とか。どっかの街では37度とかいったりしてね。
でも俺の時は、北海道は、7月8月で30度超える日が5日とか6日とかしかなかったから。
だから、プールに遊びに行っても、プールの中にいた方がまだあったかい。外の方が寒いから。
なるべく水の中であったまろう、みたいな発想だったからね。21年前は」

あしざわ教頭「その現象はよく覚えてる」

とーやま校長「だから、初めて東京に来た時は、"夏って、部屋の中でこんなに汗が出るんだ"とか」

あしざわ教頭「そうだよ(笑)」

とーやま校長「俺の部屋はエアコンなかったから。
東京で暮らしてて北海道に嫁いだうちの母親は、俺が東京に出て来たら、"とりあえず桶に氷を張って、それを水に入れてベッドの枕元に置いておきなさい"と。
で、"もうダメだ、と思ったら、足を冷やしたりとか、それに顔を突っ込んだりして、何とか過ごしなさい"って(言ってくれた)(笑)」

あしざわ教頭「それいつの話?(笑)」

とーやま校長「1998年(笑)」

あしざわ教頭「嘘だ(笑)」

とーやま校長「でも、本当にそうしてた。
タオルを凍らせて、首元に巻いたりとか」

あしざわ教頭「そもそも北海道の人は、あんまりクーラーがないのか」

とーやま校長「今はだいぶ時代が変わったと思うけど、基本的には、"一家に一台エアコン"っていう発想はない。
暖房、ストーブは、冬に過ごせないから絶対ついてるけど」

あしざわ教頭「窓が二重になってるとかね」

とーやま校長「基本、扇風機だけで過ごせるけども…。
今北海道とか東北とか、平均で30度とか余裕で越えちゃう。
北海道の部屋は冬用にできてるから、熱を逃がさない造りになってるわけ。
でも、今の夏は、33・34度の熱が逃げないから、室温がガンガン上がっちゃって、エアコンを取り付けないといけなくなってるって話は聞いた」

あしざわ教頭「そうなると、やらないとダメなレベルだね」

とーやま校長「対策を練らないとまずいよ!
地球規模の話だからね」


<生徒が集まってくる音>

あしざわ教頭「みんな足取りが重いけど大丈夫か! SCHOOL OF LOCK!、今夜も開校です!
…起立!」

とーやま校長「はい、立って」

あしざわ教頭「…礼!」

とーやま校長・あしざわ教頭叫べ〜〜〜〜〜!!!


♪ SUMMER BREEZE / go!go!vanillas


とーやま校長「音楽だけでも、こうやって"青"、"清涼"を感じるもので、少し、体感涼しくなる感じあるよね」

あしざわ教頭「そう。気持ちいい風吹いた、みたいな感じになるね」

とーやま校長「そうだな、そういうきょきゅをきょうかけさ…○×△□※」

あしざわ教頭「大丈夫?(笑) 熱にやられちゃってるじゃん(笑)」

SCHOOL OF LOCK!



とーやま校長「で、やっぱり暑い!」

あしざわ教頭「そうね」


我が部屋のエアコン
エアコンの温度計が37度までしか測れないらしく、ここ最近Loと表示されます。。。最初はなんだろって思ってたけど測定不能らしく…
ここ最近の自分の部屋の温度は38度以上らしいです笑笑
ラスカルハッピー
女性/16歳/千葉県
2019-08-06 19:20



とーやま校長「千葉か〜…!」

あしざわ教頭「38度以上って…マジでお風呂ぐらいになってきてるじゃん。
ホントにヤバイ!」

とーやま校長「そうだね。危ないよね。命にかかわる」

あしざわ教頭「ちょっと気を付けないといかんよ」


ということで、今夜の授業は、今年の夏の暑さを受けてこちらの授業!
「エアコンがない!」

あしざわ教頭「そこなの?」

とーやま校長「今年の夏も暑い! いや暑すぎる!
それなのに自分の家に、自分の部屋にエアコンがない!
そんな生徒は"どういう風にこの夏を過ごしているのか?"
"どうやって暑さを凌いでいるのか?"
それを教えて欲しいと思っている!」

あしざわ教頭「エアコンがない生徒にいくのね」

とーやま校長「エアコンがない。"この夏どうしてるの?"っていうこと」

あしざわ教頭「これは、『和室を洋室にリフォームした生徒』ぐらい、狭い授業になるかもしれませんね(笑)」

とーやま校長「過去にあったね。
あと、『雪スゴいぞ!! 逆電』もあったけど」

あしざわ教頭「あったあった(笑)
あれもすごい授業だったよね(笑)」

とーやま校長「それぐらい、ピンポイントのピンポイントでいく授業になるかもしれないね」

エアコンがないという生徒は
学校掲示板もしくはメールに書き込んで欲しい!

SCHOOL OF LOCK!



♪ 夏なんだな / THE HIGH-LOWS


とーやま校長「逆に、夏に飛び込んで行く!」

あしざわ教頭「そうだね(笑) セミの音が止まらんね」

とーやま校長「これで夏を忘れるという手法もあるんじゃない?
ただ、今の日本だと本当に危ないかもしれないけれども(笑)」

あしざわ教頭「あえて飛び込むことによってね(笑)
ヤバイかもしれないね(笑)」

とーやま校長「でも、ここは気持ちいいな」

あしざわ教頭「そうだね。セミの音も気持ちいいしな。
そう言う意味では、夏はやっぱりいいね!」


ここでゲスト講師情報!

とーやま校長「明日は、今年のマイナビ未確認フェスティバル2019のゲストアーティスト、CHiCO with HoneyWorks先生が登場!」

あしざわ教頭来週火曜日の生放送教室にネクライトーキー先生が登場!」


さあ、今夜のSCHOOL OF LOCK!は…!
「エアコンがない!」

この暑さの中、エアコンがなくても乗り切っている生徒に電話をするぞ!

あの達人 愛知県 17歳 男性 高校3年生

RN あの達人は、マイナビ未確認フェスティバル2019ライブステージ名古屋大会で
『ドレミソラシド』を一緒に踊ってくれた生徒!

あしざわ教頭「おお、久しぶりだね!」

とーやま校長「あの達人、東京(大会)もいたよね?」

あの達人「いましたね」

あしざわ教頭「今のところ、ほぼ来てくれてるんだよね」

あの達人「はい」

あしざわ教頭「ありがとう!」

そんなRN あの達人の部屋にはエアコンがないそうで…。
今日も35度ほどあったという愛知県で、一体どう過ごしていたのか?

とーやま校長「(エアコンは)いつぐらいからない?」

あの達人「小学校3年生ぐらいの時から、自分の部屋にはないです。
それまでは、夏はリビングとかで過ごしてました」

とーやま校長「じゃあ今は自分の部屋になって、そこにはエアコンが設置されてないんだ?」

あの達人「はい」

とーやま校長「(親と)"ちょっともうムリだわ。部屋にエアコンつけてよ"、みたいな話とかはしてないの?」

あの達人「一回しましたね。
中学校2〜3年の時だったんですけど、"エアコン買って欲しい"って言ってみたんですよ」

とーやま校長「正面きって直訴! 大事よ!」

あの達人「そしたら、"別にリビングに来たりして過ごせばいいんじゃないか"って言われちゃったんです」

とーやま校長「まあな、お家の事情もあるから。
そこで何とか凌げるんじゃない、と。で、もう交渉決裂?」

あの達人「その後に、親に"そこまでして欲しいんだったら、バイトして溜めて買え"みたいに言われたんですよ」

あしざわ教頭「中学生がエアコン買うの、あんまり聞かないぞ(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「そうだね。あの達人からしたら"なんで?"って思っちゃうかもしれないな」

そうして、RN あの達人は高校2年生になってからバイトを始めたそう。
しかしうまくいかず、今年のゴールデン・ウィークに辞めてしまったとのこと…。

とーやま校長「じゃあ、エアコン代は溜まらなかったの?」

あの達人「エアコン代は溜まったんですけど…来年に就職することになってるんですけど、家から通うのに難しい環境になるので…」

とーやま校長「なるほどね(笑)」

あしざわ教頭「絶妙な…そうか…!」

とーやま校長エアコンを今買ったとしても、あと半年ぐらい(しか使えない)
そうなると、ちょっともったいないって気持ちになったってこと?」

あの達人「はい」

あしざわ教頭「そうだよな。親が"しめしめ…"ってなって終わるだけだもんな(笑)」

とーやま校長「だから、エアコンがない状態か。これはキツイぞ」

あしざわ教頭「このまま、この夏を乗り越えなきゃいけないってことだよな」

そんなエアコンなし生活のRN あの達人が、
どうやって夏を乗り切っているかと言うと…?

あの達人「この夏は、今、家族の中でお風呂に最後に入ってるんですよ。
そこで、水風呂に7分ぐらい浸かるんです」

とーやま校長「あの達人だけ水風呂に入るってこと?」

あの達人「はい、そうです」

とーやま校長「入って"冷たい"って感じるなら、たぶん20度代だね。
俺水風呂好きだからよく行くけど、20度だと"わーっ"ってなる。
18度だと、1分2分ぐらで出ちゃう。
7分ぐらいいるなら、22〜23度とかかな。
7分浸かったら全然違う?」

あの達人「はい」

とーやま校長「7分浸かってどんな感じ?」

あの達人「大体足がちょっと震えて来て…」

とーやま校長「震えて…!?(笑)」

あしざわ教頭「それはちょっと浸かり過ぎじゃない!?(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「追い込み過ぎだ(笑) やっぱり部屋が辛いから(笑)」

あしざわ教頭「一回震わせないといけないの? しんどいな!」

とーやま校長「これ、苦行だよ(笑)」

あの達人「(足が震えて)体がちょうどよく冷えてくるんですよ」

あしざわ教頭「それちょうどいいのかなぁ?(笑)」

とーやま校長「唇とかも紫になってるんじゃないの? これ大丈夫かな?(笑)
なかなか推奨できかねるけど…」

あの達人「それで、風呂出て、(体を)拭くんですよ。
そうすると、ちょうど眠たくなるんです」

あしざわ教頭「そうなのかな? そう言う効果あるのかな?(笑)」

とーやま校長「そうよ(笑) 人間って、体の水分拭いたら眠くなるから。大概そうでしょ?」

あしざわ教頭「聞いたことないけどな(笑)」

あの達人「(笑) それで、眠くなって、そのまますぐ寝れちゃうって言うか」

あしざわ教頭「でも、寝てる間は部屋は暑いわけでしょ? 暑さで起きたりしないの?」

あの達人「たまに目が覚める時がありますね。
そういう時は、水分補給などをして、またすぐ寝るって感じですかね」

あしざわ教頭「水風呂に入る意外は、他に別の対策はしてないんだ?」

あの達人「さらに暑いときは、アイス枕っていうのを使ってます

あしざわ教頭「他は? それぐらい?」

あの達人「はい、それぐらいです」

とーやま校長「やっぱり寝るまでが大事だから」

あしざわ教頭「一回寝ちゃえばOKなんだね」

とーやま校長「あの達人は、相当リスキーな作戦で挑んでるけど(笑)」

あしざわ教頭「一回震えてるんだもん(笑) それがビックリだわ!」

あの達人「(笑)」

とーやま校長「あの達人、あんまりムリし過ぎちゃダメよ」

あの達人「はい!」

今夜も、これから水風呂に入ると言うRN あの達人。
くれぐれも冷えすぎには気を付けて、入って来てね。
最後に、あの達人に向けて、とーやま校長から一言!

とーやま校長「あの達人!
エアコンって、便利だぞぉ…! じゃあな!」

あの達人「(笑)
したっけねー!

とーやま校長・あしざわ教頭したっけね〜!!(北海道の"バイバイ"の挨拶)」


♪ YURAMEKI SUMMER / KEYTALK


あしざわ教頭「エアコンない生徒、やっぱりいるんですね」

とーやま校長「そりゃいるでしょ! 色んな事情もあるからさ」

あしざわ教頭「聞いてても、乗り切るのマジで大変だと思う!」

とーやま校長水風呂は本当にいいと思う」

あしざわ教頭「そうね、確かに体がグっと冷えるからね」

とーやま校長「血行とかもよくなるかもしれないから。
水風呂→サウナ→水風呂→サウナの状態でいくとね」

あしざわ教頭「体を壊しそうで、不安でしょうがないよ(笑)」

とーやま校長「あの達人。それだけ気を付けてな!」

SCHOOL OF LOCK!



さあ、続いてのエアコンなし生徒は…?

ぴよはん 静岡県 17歳 女性 高校3年生

静岡は今日も暑かったと話すRN ぴよはん。
それなのに中学3年生の頃から使っている勉強部屋には
エアコンがないのだそう。

ぴよはん「リビングにはあるんですけど、たぶん電気代とかの問題で、お母さんとかがあんまりつけたくない感じです」

あしざわ教頭「やっぱりそこら辺を気にしてんだね」

とーやま校長「ぴよはんからしたらつけたいし、つけるとしたら涼しくしたいし。
でも、俺らもひとり暮らしするようになって、"こんだけ電気代がかかるんだ"って(わかった)。
俺もなるべく温度を上げるようにしちゃうから、親の気持ちもすごいわかるね。
勉強部屋にエアコンをつけて欲しい交渉はしてるの?」

ぴよはん「交渉はしてるんですけど、やっぱりお母さんが"う〜ん…"って感じで曖昧にして終わっちゃうので(笑)、それでもう諦めてる感じです」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「そこでお母さんとかも"これこれこうで…"って言うと、体温も上がって来ちゃうから、なるべく労力を使わない方法としての"う〜ん"じゃない? これはしょうがないよね」

そんなRN ぴよはんが実践している暑さ対策とは…?

ぴよはんスースーする制汗剤とか汗ふきシートとかを使ってます

とーやま校長「汗ふきシートは、体を拭いたら結構持続もしてくれるしね」

あしざわ教頭「あと、コンビニとかで安くたくさん売ってたりするもんね」

ぴよはん「そうですね」

とーやま校長「スースーする汗ふきシートってこと?」

ぴよはん「はい。
一回弟のものを借りた時があるんですけど、メンズのやつが女性用のやつよりもすごいスースーすることがわかって(笑)」

とーやま校長「そうなんだ!」

あしざわ教頭「確かに、メンズのやつは強いって聞きますよ。
汗ふきシートとかも、メンズの方が強いって」

とーやま校長「あ、そう! 何でなんだろう?」

あしざわ教頭「もしかしたら、男子の方が肌が強いのかな?
で、弟の(汗ふきシート)をやって、"あ!"ってなったんだ?」

ぴよはん「そうです。たまに借りちゃってます(笑)
あと、虫刺され用のムヒってあるじゃないですか。
それが制汗剤とかよりも長めにスースーすることがわかって(笑)」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

あしざわ教頭「え? それは、虫に刺されてるの?(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


ぴよはん「一回刺された時に試してみたら、"あっ"ってなって、それからは、刺されてなくても使ってます(笑)」

とーやま校長「それさ、正常な皮膚に対して大丈夫なのかな?(笑)
それ、やっぱり涼しいの?」

ぴよはん「涼しいですね」

とーやま校長「へー! それ、どこに塗るの?」

ぴよはん「虫刺され用だから薬のにおいとかがするので、顔の近くは避けて、手首とか足とかにつけてます

とーやま校長「(笑)」

あしざわ教頭「謎の使い方ルールとかができてるんだね(笑)」

とーやま校長「でも気持ちいいんだね。
あんまりつけ過ぎたらね…。今のところは大丈夫なの?」

ぴよはん「涼む用じゃないから、あんまりつけない方がいいかなって思って、ちょっと控えめにしています(笑)」

RN ぴよはんによると、"今日はもう制汗剤だけではムリだ"と
思った時に、ムヒをつけて凌ぐのだそう。

とーやま校長「さっきのあの達人もぴよはんもだけど、わりとリスキーはリスキーなんだよな」

ぴよはん「(笑)」

あしざわ教頭「お前も体震えたらやめろよ」

ぴよはん「はい(笑)」

とーやま校長「でも、それぐらいの状態になってるってことだからね」

あしざわ教頭「そうですね、必要っちゃ必要なことなのかもしれないけどね」

とーやま校長「そして、"みんなもムヒ塗ろうな"って言えないんだよな…」

あしざわ教頭・ぴよはん「(笑)」

RN ぴよはんは特別な訓練を受けているらしい…!?

とーやま校長「早く涼しい感じになればいいね、ぴよはん」

ぴよはん「そうですね」

そんなRN ぴよはんへ、とーやま校長から一言!

とーやま校長「ぴよはん!
エアコンって…便利だぞぉ〜。じゃあな〜

ぴよはん「(笑)」

あしざわ教頭「戸惑ってるじゃないかよ(笑)」


♪ BREEEEZE GIRL / Base Ball Bear


とーやま校長「これ、Base Ball Bear先生の『BREEEEZE GIRL』でしょ?
あのシーブリーズの曲だけどさ、ぴよはんは"ムヒガール"になっちゃってて、何て言うか、ベボベ先生も歌いにくいと思うんだよな」

あしざわ教頭「(笑) "ムヒガーール♪"になっちゃうと、語呂も悪いしちょっと言いづらいかもしれないですね(笑)
でもこれ、"どの曲が一番冷えるかバトル"も勃発してますね」

とーやま校長「あれ!  今のところある?」

あしざわ教頭「今のとこ、『BREEEEZE GIRL』がかかって、 色んな消える曲バトルがここで始まってるなって感じがしますけどね」


気持ちいいよね
部屋にエアコンがある勢ですが、エアコンつけるともう部屋から出れなくなりますよ笑笑
エアコンがない人は、今すぐにエアコンを買うべきです!笑
筋トレバカの坂道オタク
男性/18歳/神奈川県
2019-08-06 22:43



とーやま校長「真っ当なこと!(笑)」

あしざわ教頭「そうだね、正しいことを真っすぐ言ってるね(笑)」

とーやま校長「ただ、色々みんな事情があるんだよ」



すごい悔しいぃぃぃいいいいいい!!!
わたしの部屋に、エアコンはあります。
しかし、見当たらないものが一つ。
そう、エアコンのリモコンです。
わたしの部屋のエアコンのリモコンだけないんです!!!!
エアコンは目の前にあるのに!!!!
これ、すごい悔しいんです!!!!!!
りんごドロっぷす
女性/13歳/静岡県
2019-08-06 22:15



とーやま校長「わかるわ!」

あしざわ教頭「これは中々の生き地獄!」

とーやま校長「本体に見やすいボタンとか付けといてくれたらいいのにね」

あしざわ教頭「電源ないんだっけ?」

とーやま校長「メーカーによるのかな?
俺は一緒、リモコン失くしたら終わり」

SCHOOL OF LOCK!




今考えると
今考えると、エアコン作った人すげぇな!
ポンケン
男性/17歳/石川県
2019-08-06 22:49



とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

あしざわ教頭「そうだね! それあるよね。たまに立ち返る時あるよね!」

とーやま校長「だって、何十年前とか、日本にも恐らく世界にもなかったわけだから。
扇風機、そしてその前はうちわとか、打ち水だったりとかそういうのでやってたわけだからね」

あしざわ教頭「まあ温度とかも違ったんでしょうけどね」

とーやま校長「みんなで感謝しとこう! エアコン作ってくださった方、ありがとう!

あしざわ教頭本当にありがとうございます!





とーやま校長「未だ見ぬきみの“こえ”よ。夜空に届け!」

とーやま校長・あしざわ教頭「きみのこえがききたい!」

ここからは、次の時代を担う声優の原石を発掘するプロジェクト。
SCHOOL OF LOCK!と秋元康先生がタッグを組んで、ラジオドラマをお送りする、
10代限定「声」の甲子園きみのこえがききたい。

毎週違うストーリーで、応募してくれた「声」を審査し、
選ばれた2人の生徒の声が、4話完結のラジオドラマの主演になります!

今週の主演を務めてくれるのは、
RN 座布団 千葉県 15歳 男性
RN あやと 兵庫県 14歳 女性

今日お送りする話は、「<西部劇編 第2話>」!

引き続き、ラジオドラマの主演を務めてくれる生徒を募集しています!
サイトにアップされている脚本に合わせて「Eggs Voice」というアプリから、君の声を送ってきてください!

<⇒特設サイトは【コチラ】!





さあ、今夜の授業は「エアコンがない!」

あしざわ教頭「この授業、最後に、とーやま校長がエアコン1台プレゼントした方が絶対いいですよ」

とーやま校長「すごい唐突だね」

あしざわ教頭「この流れ的にそうなりますよ」

とーやま校長「生徒みんなに?」

あしざわ教頭「みんなに」

とーやま校長「もう、考えなくてもわかる。そんな金はねぇ

あしざわ教頭「(笑)」


さあ、校長からのエアコンのプレゼントはあるのか!?
待っている生徒がいるぞ!

サウスウェーブ兄弟 岩手県 18歳 男性 大学1年生

RN サウスウェーブ兄弟は、エアコンどころか
うちわも扇子も扇風機もないのだそう!

とーやま校長「岩手だってもちろん暑いでしょ?」

サウスウェーブ兄弟「大学は北海道(札幌)の大学に来てるんです」

とーやま校長「でも、札幌でも、俺が天気予報を見る限りでも33度とか平気でいってるもんね」

サウスウェーブ兄弟「そうですね。めちゃくちゃ暑いです」

今、エアコンなしの賃貸に一人暮らしだと話すRN サウスウェーブ兄弟。
冒頭でとーやま校長が言ったように、もちろんストーブはあるとのこと。

とーやま校長「でも、今年の夏は札幌でもヤバイでしょ」

サウスウェーブ兄弟「そうですね、めちゃくちゃ暑いです」

そんなRN サウスウェーブ兄弟の暑さ対策は…?

サウスウェーブ兄弟「まず、パンツ一丁で、大量に買い込んだガリガリ君を食べながら、うちわ代わりの下敷きで仰いで涼んでます」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

あしざわ教頭「ポップな原始人じゃん(笑)」

とーやま校長「たぶん、ガリガリ君を何本か我慢したら、うちわとかもしかしたら扇風機も買えるかもしれない。
今安いやつあるから」

あしざわ教頭「確かに! 小っちゃいやつでもあるしね。手持ちのやつとかね」

とーやま校長「だから12〜13本我慢すればいいけど…でも、今日をまず過ごさないといけないから」

RN サウスウェーブ兄弟は、この夏、合計すると40本ものガリガリ君を食べてるそう!
多い時、1日6本も食べることもあるのだそう!

とーやま校長「下敷きは、今のところ何とかうちわ代わりになれてるの?」

サウスウェーブ兄弟「たぶん、校長も教頭も、学生時代に下敷きをうちわ代わりに使ったことがあると思うんですけど、あれ結構涼しいんですよ」

とーやま校長・あしざわ教頭「あるある」

あしざわ教頭「授業中とかよくやってたよ」

サウスウェーブ兄弟「だから結構耐えれます

とーやま校長「あれじゃないの? ガリガリ君を一発かますとか」

あしざわ教頭「ああ、間に?」

とーやま校長冷凍庫から出してすぐのガリガリ君を、顔の前に置いて、そこを下敷きで扇ぐ、とかだったら、より清涼感が出るんじゃない?」

サウスウェーブ兄弟「そうですね」

あしざわ教頭「食べる前に一回その涼しさを味わうとかね」

とーやま校長「食べて口の中に入れた時もまだ、煙出るぐらい冷たいじゃん。その煙を、また下敷きで扇いで、体にその冷風を当てる」

あしざわ教頭「今、令和だよね?(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「(笑) サウスウェーブ兄弟はこっからだから、そういうこともあるよ(笑)
親とかは連絡取ってるの?」

サウスウェーブ兄弟「連絡は取ってますね」

とーやま校長「親もサウスウェーブ兄弟のこと心配してるでしょ?」

サウスウェーブ兄弟「でも、やっぱりエアコンはお金かかっちゃうんで。
で、"北海道だから涼しいよ"って演技をして、心配かけないように頑張ってます」

あしざわ教頭「お前、優しいな」

サウスウェーブ兄弟「(笑)」

とーやま校長「でも、なかなか今年の夏は特に大変だから、親のためかもしれないけど、あんまりムリし過ぎても、もしかしたらサウスウェーブ兄弟の体が壊れてしまうかもしれないから。
もしも正直に言える時があったら、そこはちゃんと言った方がいいと思うけどな」

あしざわ教頭「サウスウェーブ兄弟さ。もし校長がエアコンくれるって言ったら、どうだ? 欲しいか?

サウスウェーブ兄弟「いや、もう…欲しいに決まってるじゃないですか

とーやま校長「(笑)」

あしざわ教頭「すいません、校長先生」

とーやま校長「教頭。もう1択しかない質問やめて? みんなそう言うに決まってんだから」

あしざわ教頭「一応、生徒の声を聞かせたいなっていうので」

とーやま校長「いや、サウスウェーブ兄弟、大体、エアコンいくらか知ってる?」

サウスウェーブ兄弟ガリガリ君…40本以上ぐらいかな」

とーやま校長「いや、余裕でもっとするよ(笑)」

あしざわ教頭「今、頭がガリガリ君計算になってるから(笑)」

とーやま校長「サウスウェーブ兄弟には、もちろん体調しっかりして欲しいけど、やっぱりこの…エアコンがない18〜19歳を過ごして欲しいっていうか(笑)」

あしざわ教頭「なんだ?(笑)」

とーやま校長「サウスウェーブ兄弟、俺もやっぱり18〜19歳の時(エアコンが)なかったわけよ。
でもね、その時に学んだことたくさんあった!」

サウスウェーブ兄弟「ああ、はい」

あしざわ教頭「これ、気持ちでいけるか?(笑)」

とーやま校長「もちろん、ボタン一個で涼しくなるというこの状態、大事!
だけども、そうじゃないことによって、サウスウェーブ兄弟はガリガリ君の美味しさを、今身に沁みてるでしょ?」

サウスウェーブ兄弟「まぁまぁまぁ、そうですね…」

とーやま校長「お前は身に染みてんだよ。
エアコンあったら、もしかしたら気づけなかったかもしれない。
エアコンがないことによって、抱く感情とかがあるわけよ。
それを学んで欲しいなっていうのはある。
どうだ? サウスウェーブ兄弟」

サウスウェーブ兄弟「でも、エアコン+ガリガリ君の良さもあるんで」

とーやま校長「いや、もうそんなガリガリ君美味しくない!」

あしざわ教頭「何てこと言うんだよ(笑)」

サウスウェーブ兄弟「(笑)」

とーやま校長「エアコンあったらずっと冷えたままだから、ガッチガチで噛めないよ!
だから、エアコンは買いません!

あしざわ教頭「じゃあ、今回はいつもの言葉を言わなくていいですね?」

とーやま校長「サウスウェーブ兄弟には、頑張ってもうちょっと凌いでもらって。
まずは親を頼るっていうのがあるから。
そんな中、俺も北海道で18年過ごしたし、同じ札幌だから、サウスウェーブ兄弟に最後に言っておきたい言葉がある」

サウスウェーブ兄弟「はい」

とーやま校長「サウスウェーブ兄弟。エアコンって便利だからな。めちゃめちゃ便利!
18度めちゃめちゃ涼しい!

…じゃあな!」

あしざわ教頭「ただのやなヤツじゃねーかよ!」

サウスウェーブ兄弟「ありがとうございます!」


♪ 君が扇いでくれた / 乃木坂46


とーやま校長「乃木坂46のこの『君が扇いでくれた』。すごい涼しくなる」

あしざわ教頭「そうだね。
あの…すいません、校長先生」

とーやま校長「え?」

あしざわ教頭「さっきね、生徒のためにエアコン1台買うのに、6万とか7万とかするんじゃないかって言ってたじゃないですか」

とーやま校長「俺が電気屋で見る限り、6〜7万の気がする」

あしざわ教頭「今ね、ちょっとAmazonで調べましたところ…」

とーやま校長「調べなくていいんだよ」

あしざわ教頭39,800円でした。やりました! 校長先生!

とーやま校長「いやいや、だから…!(笑) 何かスマホ見てるなとは思ったけどさ」

あしざわ教頭「4万切りました!」

とーやま校長「ただね、そうなんだけどさ…。
サウスウェーブ兄弟? 文明の利器も大事だけどさ、どうせなら7万とか8万のちゃんとしたやつ買ってあげたいなと思うし。
だけども! それはちょっとやり過ぎだなってところがあるから、エアコン自体もあんまりよくないんじゃない?
リモコンがないとか…」

あしざわ教頭「でもなぁ…うーんとねー…」

とーやま校長「だから探さなくていいのよ」

あしざわ教頭「じゃああの、ちょうどいいのがありました。
コロナ冷暖房エアコン、Nシリーズ、99,000円! 10万を切りました!」

<イェーーーイ!>

とーやま校長「逆に高過ぎなんだって!
全員にあげちゃうと今3人で×3だから、あの、俺の月給いくらかおわかり?」

あしざわ教頭「え? 校長先生ですよね?」

とーやま校長「エアコンはさすがにムリなんで、サウスウェーブ兄弟は下敷きで扇いでるわけじゃん?」

あしざわ教頭「はい」

とーやま校長クリアするファイルあげるわ!

あしざわ教頭「(笑) いや、ふにゃふにゃだよ!」

とーやま校長「クリアするファイルで、更に下敷きを強化して、強い風を当ててやってくれ!」

SCHOOL OF LOCK!


ということらしいので、待っててくれ!


さあ、まだまだエアコンがない生徒はいるぞ!

Σとパスカルの仲介者 富山県 16歳 男性 高校1年生

富山も暑いと言うRN Σとパスカルの仲介者。
山の方に行けば涼しいけれど、下はやはり暑いのだそう。
そして、自分の部屋にはエアコンがないとのことで…。

とーやま校長「エアコン交渉はしてるの?」

Σとパスカルの仲介者「毎年このシーズンになると何度も話題に上がるんですけど、まだ実現してないです」

とーやま校長「ダメかぁ。まぁ色々厳しいもんね。
この夏はどうしてる?」

Σとパスカルの仲介者「うちに1台はエアコンがあるんですけど、それがいつも父が使ってる部屋で、僕がいつも使ってる部屋はエアコンが使えないんですよ。
だから、僕は1台あるエアコンをどうにか有効活用できないかと考えて、その1台あるエアコンの冷気を、扇風機を使って、自分の部屋まで運ぶっていう(笑)」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「お父さんの部屋と自分の部屋は、距離どれぐらいあるの?」

Σとパスカルの仲介者「距離は、廊下で大体5〜6mくらいですかね」

とーやま校長「結構あるね!
1台の扇風機だったら、たぶん2mぐらいで冷気が死んじゃいそうな気がするけど」

Σとパスカルの仲介者「はい。
なので、家にある扇風機2台もしくは3台を連結させて、繋いで…」

とーやま校長「(笑) で、なんとか自分の部屋に(冷気を)持ってきてるの?」

Σとパスカルの仲介者「はい」

とーやま校長「まず、それで自分の部屋は涼しいの?」

Σとパスカルの仲介者涼しいです。結構効果てきめんです」

とーやま校長「マジで!?」

あしざわ教頭「ちゃんとパスできてるんだ!」

お父さんがいる時もいない時も、
朝からその状態にしていると話すRN Σとパスカルの仲介者。

とーやま校長「それはそれですごい電気代かかりそうだけどな」

あしざわ教頭「そうだな。 結果、2台あった方がいいんじゃないかって(笑)」

とーやま校長「でも、やりようによってはちゃんと冷気が運ばれてくるんだね」

Σとパスカルの仲介者「廊下も結構細いので、それもあってうまくいってるのかなって」

とーやま校長「なるほどね。風が逃げないような造りになってるんだ」

Σとパスカルの仲介者「はい」

あしざわ教頭「それは、結果、お父さんのところが暑くなったりはしないの? 大丈夫?」

Σとパスカルの仲介者「それは大丈夫です。お父さんの部屋は出来る限り温度を下げて、(冷気を)運んでも涼しくしてあります」

あしざわ教頭「お父さんの部屋はキンキンに冷えてるんだね(笑)」

とーやま校長「ちなみに、お父さんの部屋のエアコンは何度に設定してあるの?」

Σとパスカルの仲介者「最初は22度からで、涼しくなったなって思ったら、24度に上げてみたりします」

とーやま校長「でも、それ絶対に電気代がすごいことになってると思う(笑)
"これどうなってんの?"って怒られたりしてないの?」

Σとパスカルの仲介者「大丈夫です。家族でそれを(推奨してる)」

とーやま校長「ああ、そうなんだ!」

あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「これやってみようかな?」

あしざわ教頭「自分ちで? 自分ちにはエアコンあるでしょ?」

とーやま校長「あるけど、キッチン側まで届かなかったりする時があるから、それを扇風機みたいのがあるから、ちょっとうまいこと角度作ってやってみたら、いけるのかもしれない。
これはみんなもオススメだな!」

あしざわ教頭「そうだね」

でも、電気代には注意しよう!
そんなRN Σとパスカルの仲介者が他に何かやっているか聞いてみると…。

Σとパスカルの仲介者「よくあるやり方かもしれないんですけど、保冷剤をタオルに包んで首に巻く、とか」

とーやま校長「いいね!」

あしざわ教頭「気持ちよさそう!」

Σとパスカルの仲介者「あと、最近はそれを組み合わせて、保冷剤を扇風機の羽の後ろに置いて、それで持ってくる空気を保冷材で冷やすっていう、エアコンを使わなくても保冷材で風が冷たくなるっていうのをやっています」

とーやま校長「なんか、Σとパスカルの仲介者は、冷気についてのとんでもない発明をいつかしそうだね」

あしざわ教頭「そうだね(笑)」

とーやま校長「実際、俺もこの間ニュースで観たけど、みんな今、手持ちの小さい扇風機持ってるじゃん。
でもあれは暑すぎると、逆に熱風を送っちゃうことになっちゃって、それはそれで体調がおかしくなっちゃったりするらしいからね。
だから今Σとパスカルの仲介者が言ってた、保冷材とかを後ろに当てて冷気を送った方が、より効果的だって言ってた」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「じゃあ、ガリガリ君かます、みたいな、そういうことだね(笑)」

とーやま校長「でも本当にそうなの。
でもすごいわ。ちゃんと努力が実っているしね。
で、今のところ体調は大丈夫か?」

Σとパスカルの仲介者「大丈夫です」

とーやま校長「良かった!
でも、自分の部屋にエアコンがつけられたらいいね」

Σとパスカルの仲介者「そうですね」

とーやま校長「ありがとう! これは参考になった!
これからも体調に気を付けてね!」

Σとパスカルの仲介者「はい! ありがとうございます!」


♪ いいんだよ、きっと / 菅田将暉


あしざわ教頭「菅田将暉先生も言ってますけど、本当にクーラーって最高だよね」

とーやま校長「うん」

あしざわ教頭「"そのままでいいんだよ"って、クーラーがあった方がいいのかどうなのかって気になるところですけど(笑)」


さあ、黒板の時間!
もしかしたら、1人がエアコン当選しているかもしれない…!?

とーやま校長「1人とかね、みんなに、クーラーをあげられたらあげたいですよ。
でもさすがにSCHOOL OF LOCK!の全校生徒…今40万人ぐらいいるのかな?
クーラー40万台差し入れって、俺はどこぞの国の富豪になるんだ、って話になるんで…」

あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「ただ! 気持ちとしてはあげたい。
少しでも涼んでもらおうと思って、エアコン代わりと言ってはなんだけど、みんなに曲を届けたいと思ってね。
その曲のタイトルをここに書かせてもらったので、みんな、目をつぶって涼んでいただきたい」

果たして、黒板に書いた曲のタイトルとは…!

SCHOOL OF LOCK!


『 粉雪 』


♪ 粉雪 / レミオロメン


SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「どうだ? みんな涼しくなったでしょ?」

あしざわ教頭涼しくはなんねーよ!

とーやま校長「はやや?」

あしざわ教頭「"はやや"じゃねーよ!(笑)
なるわけねーだろ。何なら暑いよ!」

とーやま校長「温度計見たら下がってるんじゃない?」

あしざわ教頭「下がってねーよ!」

とーやま校長レミオロメン先生! ありがとうっした!

あしざわ教頭「挨拶が軽いよ!(笑)」

SCHOOL OF LOCK!は、明日夜10時に再び開校!
起立! 礼!
また明日ーーーー!!



【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN 愛音


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳


SCHOOL OF LOCK!

RN けいトロ


SCHOOL OF LOCK!

RN すいた


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
あの達人 愛知県 17歳 男性
ぴよはん 静岡県 17歳 女性
サウスウェーブ兄弟 岩手県 18歳 男性
Σとパスカルの仲介者 富山県 16歳 男性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:05 SUMMER BREEZE / go!go!vanillas
22:12 夏なんだな / THE HIGH-LOWS
22:27 夏への扉 Never end ver. / 桜内梨子(CV.逢田梨香子)、国木田花丸(CV.高槻かなこ)、小原鞠莉 (CV.鈴木愛奈)
22:39 YURAMEKI SUMMER / KEYTALK
22:47 BREEEEZE GIRL / Base Ball Bear
23:09 月色ホライズン(chill out ver.) / [ALEXANDROS]
23:21 Apna Time Aayega / Ranveer Singh & Dub Sharma
23:37 君が扇いでくれた / 乃木坂46
23:47 いいんだよ、きっと / 菅田将暉
23:50 粉雪 / レミオロメン

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ほんとみんな暑さ対策して気をつけてね…。

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

もうひと押しで1台買ってくれそうだったな…

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

- Prev                 Next -
<   2019年8月   >
MonTueWedThuFriSatSun
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE