今夜の授業は、我が校のスタンダード授業「掲示板逆電」!

生放送 2019.8.19 月曜日

SCHOOL OF LOCK!


『 来週の授業予定 』

とーやま校長「…を、まずは発表したいと思います!」

あしざわ教頭来週は毎日スペシャル授業でございますから」

とーやま校長「…ほら〜!」

あしざわ教頭「なんだよ?」

とーやま校長「冷めるわ」

あしざわ教頭「待ってよ、この問題解決しなかったっけ?」

とーやま校長「何回言ったらわかるの? だったら今日の1日はスペシャルじゃないのかってことを言ってる」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「まあまあ、いいじゃん!」

とーやま校長「あなたいつも『来週はスペシャル授業』って言うけど、俺は今日だって先週だって先月だってずっとスペシャルでやってるんだから!」

あしざわ教頭「だから、お祭りのようなものだと」

とーやま校長「"お祭りのようなもの"がアバウトすぎるんだよ!」

やっぱり勃発した"毎日がスペシャル"問題!
<BGM 毎日がスペシャル / 竹内まりや>


校長
校長さぁ・・・このくだり何度も見たしうるさいから正直やめてほしい。
マジのトーンで言っています。
ゾンビ社長のぽんたまん
男性/16歳/東京都
2019-08-19 22:03


とーやま校長「(笑)」

あしざわ教頭「苦情です」

とーやま校長「なるほどね。確かに、生徒あってのこのSCHOOL OF LOCK!だから。
…ただ、これだけは譲れねーから! ごめんな!

あしざわ教頭「ちょっとがっかりさせたかもしれないけど、ごめん!」


イェイ
校長のその考えなんかすごい好きなんですよねww
[んづく]
女性/14歳/神奈川県
2019-08-19 22:04


あしざわ教頭「意見、割れてんのかよ!」

とーやま校長「背中を押してくれてる!」

あしざわ教頭「とにかく、来週の予定を知りたいんだよ、俺は!」

とーやま校長今日や明日、そしてこれまでやってきた全ての授業と同じようにスペシャルで大事な来週の授業内容をここで発表したいと思う!

あしざわ教頭「そしたらいつもと同じになっちゃう!」

とーやま校長「だから、いつもと一緒だよ!」

埒が明かないので、来週の予定を発表しちゃうぞ!


まず、来週月曜日の生放送教室には…!
GENERATIONS from EXILE TRIBEのメンバーにしてSCHOOL OF LOCK!の生徒!
小森隼先生が登場ーーー!!!

あしざわ教頭「2度目の来校でございます!」

とーやま校長「生徒でもある小森先生は、SCHOOL OF LOCK!のことをけっこう熟知されている」

あしざわ教頭「ダンガリー先生がよく使っている『ふにゅう』と言う言葉も知ってましたね」

とーやま校長「この時間では、SCHOOL OF LOCK!のスタンダード授業、『掲示板逆電』をやっていきたいと思います。
みんなは、小森先生に相談したいこと、話したいこと、何でもいいので学校掲示板に書き込んで待っていてほしい!」

あしざわ教頭「小森隼先生、来週月曜日、来校です!」


来週火曜日、そして水曜日の授業は2日間ブチ抜き!
マイナビ未確認フェスティバル2019 スペシャル!!!

とーやま校長「いよいよ週末、日曜日に開催!
マイナビ未確認フェスティバル2019! ファイナルステージ!

あしざわ教頭「会場は東京 新木場スタジオコースト!」

とーやま校長「当日のメインステージに登場するのは、3101組の中から選ばれた10代のミュージシャン8組だ!

当日はこの8組に加えて、ゲストLIVEアクト、CHiCO with HoneyWorks先生が登場!

野外ステージ K-ON A GO GOには、7組の10代ミュージシャンに加えて、ザ・コインロッカーズ!
プールサイドにはSO-SO!
さらに、今年はマイナビスペシャルLIVE!
当日発表されるミュージシャンのLIVEステージもあります!

とーやま校長「この1日を、来週火・水の2日間かけて振り返っていきます!
そして、来週水曜日は、ゲストLIVEアクトとして登場してくれる、CHiCO先生が生放送教室に来てくれます!

あしざわ教頭「ありがとうございます! CHiCO先生と一緒に振り返っていきます!」

とーやま校長「とにかく今年1年でもっとも熱い日が8月25日ということは、確定しているので、遊びに来てほしい!
教頭先生は、退任前、最後の大きなイベントにもなるわけで」

あしざわ教頭「そうですね。みんなとはしゃぐ最後のイベントになると思うので、ぜひぜひ会いに来てください!」

SCHOOL OF LOCK!



そして、来週木曜日のSCHOOL OF LOCK!は…!
Eve先生が生放送教室に登場ーーー!!!

あしざわ教頭「この学校の"異文化の講師"として 毎週木曜日に授業を届けてくれているEve先生が来てくれます!」

とーやま校長6月に一緒に授業をした時、Eve先生が『次は夏休みにまた来ます』言ってくれていたけれども」

あしざわ教頭「その約束を守ってくれていたってことですね!」

とーやま校長「しかも今回はほぼ2時間まるまる、一緒に授業をしてくれる!」

さらに! 23時8分過ぎのEve LOCKS!の時間は、ゲーム実況グループ「最終兵器俺達」のメンバー、キヨ先生がゲスト講師として初登場!

あしざわ教頭「これ、発表した時、Twitterのタイムライン、とんでもないことになってましたからね…!」

とーやま校長「ざわついてた!」

あしざわ教頭「Eve先生、どんどん回を重ねるごとに笑顔の瞬間がたくさん見れますから、生徒もそうやってEve先生のことを笑顔にさせたりとか、一緒に楽しい時間を過ごしたいと思っております」

とーやま校長「なんかEve先生が、『校長って僕のことが好きですよね』とか言ってくるけど、別にそんなんじゃないから(笑)」

あしざわ教頭「いつからこういう関係になったの?」

とーやま校長「そんなこと、問い詰めないでよね!」

Eve先生来校、来週木曜日です!


そして、来週金曜日は…
"クリアするファイル"を100枚プレゼント!!

あしざわ教頭「来週のスペシャル授業の内容、詳しくは特設サイトを見てください!」

とーやま校長「いやだから、来週だけじゃなくて今週もスペシャル!」

あしざわ教頭「いいよ、もう! すっと行けたじゃない!」


毎日がスペシャル…
あぁ…このスペシャル云々のくだりが聞けるのも9月までなんだなって…

思ったり思わなかったり。
隣町のさぼさん
男性/14歳/京都府
2019-08-19 22:08


とーやま校長「…実際、最後だからね…」

あしざわ教頭「だからさ、なんなの!? あんなにさっきまで楽しくやってたのにさ!」

とーやま校長「もうこれ、最後だから」

あしざわ教頭「すごい足取り重いじゃん!」

とーやま校長「挨拶行こうか」


<生徒が集まって来る音>

あしざわ教頭「SCHOOL OF LOCK! 今日も開校です‼︎」

あしざわ教頭「…起立!」

とーやま校長RN かのん猫は、もしかしたら初めて聴いてくれてるってことかな?
いつもこういう感じでやってる!」

あしざわ教頭「違う! なんかややこしくてごめんね。今日、渋滞してるわ!」

あしざわ教頭「礼‼︎」

とーやま校長・あしざわ教頭「叫べ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!」


♪ インフェルノ / Mrs. GREEN APPLE


とーやま校長「来週水曜日、23時8分過ぎはMrs. GREEN APPLE先生が登場してくれている、ミセスLOCS!!」

あしざわ教頭「ミセス先生の授業はこの日でちょうど100回目!
これにちなんで当日は、100人の生徒にミセス先生からプレゼントがあるそうです!」

とーやま校長「別に、今週99回目なわけだから、99人の生徒に何かあげてもいいんじゃないの?」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「どうしたの? どんな偏屈な人なの?」

とーやま校長「再来週は101人の生徒にとか…」

あしざわ教頭「やめてよ!」

とーやま校長「区切りがいい100回目っていうのはわかるよ。でも、毎日だって何かあげてもいい…」

あしざわ教頭「ちょっと長く居すぎたね、この人は!」

<BGM 毎日がスペシャル / 竹内まりや>

とーやま校長「ホラ、竹内まりや先生も」

あしざわ教頭「どういう存在なの!? この一瞬出てくる竹内まりや先生は」

とーやま校長「ミセス先生、今週も、来週も、そして再来週も、来月も、いつまでもよろしくお願いいたします!」



校長!
それを言うなら今週金曜もクリアファイルくれ!
ハイスピード☆ノロマ
男性/18歳/三重県
2019-08-19 22:15


あしざわ教頭「そうなっちゃうじゃん」

とーやま校長「金曜でいいの? なんなら、今日あげるよ?」

あしざわ教頭「あれ? いいんですか?」

とーやま校長「でも金曜だよね?」

あしざわ教頭「金曜ですね」

とーやま校長「じゃあ、ダメだ! あげない!」

あしざわ教頭「なんでよ!」

とーやま校長「"今日欲しい"って言うんだったらあげるつもりだったけど、ごめんねノロマ!」

あしざわ教頭「なんなの、この人」


さあ、今日の授業はSCHOOL OF LOCK!のスタンダード授業
「掲示板逆電」!!

学校掲示板の書き込みの中から、とーやま校長 & あしざわ教頭が気になった生徒に電話をしていきます。

もうすぐ夏休みも終わり。
住んでいる地域によっては、もう終わってしまった生徒もいるかもしれない。

「新学期が始まってほしくない」
「学校へ行きたくない」ーー。

今、君はどんなことを考えていますか?
不安なこと、悩んでいること、誰にも言えないこと、誰かに言いたいこと。
もしよかったら聞かせてください。

みんなからのメッセージは
学校掲示板もしくはメールまで送ってほしい!

SCHOOL OF LOCK!


さて、先ほどの校長の「今日、クリアファイルが欲しいと言ったらあげる」発言に反応した生徒が多数!


毎日が記念日
じゃあとりあえず、校長、プレゼントください笑
青RINGOがーる
女性/15歳/埼玉県
2019-08-19 22:15


クリアファイル
校長!
今日言えば、もらえるですよねークリアファイル欲しいです!
KeeeeN
男性/18歳/三重県
2019-08-19 22:22


校長!
クリアするファイル、今日 欲しいです!
鯖。
女性/15歳/石川県
2019-08-19 22:19


マジですか!校長!
クリアするファイル今日貰えるんですか!
それって本当ですか!!!
毎日大放出ですね!!!!!
毎日がスペシャルですね!!!!!
ふわころくん
女性/16歳/大阪府
2019-08-19 22:23


とーやま校長「…でも、『来週金曜日』って言ったから

あしざわ教頭「うわーーー… 大人、怖!」

とーやま校長「じゃあ、みんなどうしたいわけ?」

あしざわ教頭「逆ギレだよ」

とーやま校長「みんな、俺をどうしたいのよ!」

あしざわ教頭「だから、"来週がスペシャル授業"って言うと、あなたが」

とーやま校長「毎日がスペシャル授業です!」

あしざわ教頭「って言うから、"毎日クリアするファイルをちょうだいよ"って話になってるんじゃないですか」

とーやま校長「……ダメ!

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「大人を信じるな! 無茶苦茶だよ、この人」

とーやま校長「じゃあ、いい! そしたら、今の4人にはあげるよ!」

あしざわ教頭「それやっちゃうと、また"ずるくないですか?"ってなりません?」

とーやま校長「いいよ。だってクリアするファイルいっぱいあるんだから。あげる! 持ってけ!

あしざわ教頭「いいんですか?」

とーやま校長「いいよ!」


便乗
毎日がスペシャルかつみんな欲しいって言ってるし便乗します。

クリアするファイルください!!!!!!!!!!!
そっち〜
女性/16歳/東京都
2019-08-19 22:35


とーやま校長…ダメ!

あしざわ教頭「大人を信じるな、みんな!」

とーやま校長「じゃあ、そしたらあげるよ、そっち〜! クリアするファイル、飛んでけよ!」

あしざわ教頭「(笑) 大量発生するぞ〜! 大変だぞ、校長先生!」

とーやま校長「いっぱいあるからいいよ」

あしざわ教頭「大丈夫? 来週金曜日にないのが一番ダメだから(笑)」

とーやま校長「来週金曜日に100ないって言う可能性もあるから(笑) その時はごめんな!」

あしざわ教頭「来週なくなっちゃうから、1回ここで止めておこう!」

SCHOOL OF LOCK!



それでは本日の授業、「掲示板逆電」!
掲示板の気になる書き込みに逆電していく!


恐怖
夏休みが18日までともうそろそろで終わってしまいます。学校が原因で精神が今とても不安定で周りの大人が全て信じられないので相談できる相手もいなくてとても辛いです。
夏期課題をしようとしたら学校を連想させて息苦しくなって動悸がして未だ怖くて手がつけられません。
夏休み明けほんとに学校に行きたくないです。だからと言って先生に相談なんてする気は全くないです。
じぶんでもどうしていいか分からず悩んでます。助けてください。
Sky-Dolphin
女性/15歳/長崎県
2019-08-15 22:02


とーやま校長「…もしもし!」

Sky-Dolphin 長崎県 15歳 女性 高校1年生

Sky-Dolphin「もしもし」

とーやま校長「今日、どんな一日だった?」

Sky-Dolphin「今日は学校に行ってきました」

とーやま校長「なかなか大変だったでしょ?」

Sky-Dolphin「はい」

とーやま校長「今日はどうだった?」

Sky-Dolphin「テストがあったんです」

電波の状況があまり良くなく、ここで一度電話を切って仕切り直しをさせてもらいました。
ごめんね、Sky-Dolphin!

とーやま校長「まず、今日はテストがあったってこと?」

Sky-Dolphin「はい」

あしざわ教頭「実力テストか…」

とーやま校長「学校に行ってどうだった?」

Sky-Dolphin「久々だったからちょっとキツかったですけど、1日なんとか…」

とーやま校長「なんとか乗り切った感じ?」

Sky-Dolphin「はい」

とーやま校長「そもそも、なんで今の学校に行きたくなくなったか、聞いてもいい?」

Sky-Dolphin「友達関係でちょっとあって…。
あんまり自分の意見とか言うのが苦手で、だからちょっと友達にからかわれるようになって

とーやま校長「それは高校に入って出来た友達だよね?」

Sky-Dolphin「はい」

とーやま校長「何人ぐらいの友達なの?」

Sky-Dolphin「3人です」

とーやま校長「どういうところで、自分の意見をなかなか言えないの?
それで、それに対して何か言われたの?」

Sky-Dolphin自分が何も言わないから、無視されるみたいな」

とーやま校長「じゃあ、その3人からしたら、みんなで盛り上がってる時もSky-Dolphinは参加していないように見えたのかな」

Sky-Dolphin「…そうなのかもしれませんね」

とーやま校長「それをどこかのタイミングで言われたの?」

Sky-Dolphin「私が喋っても、『えー』みたいな、ちょっと無視される感じ」

とーやま校長「そしたら、その3人と一緒にいるのはしんどいと思うよな」

Sky-Dolphin「はい」

とーやま校長「それからはどうしたの?」

Sky-Dolphin「部活の友達と、今は一緒にいます」

あしざわ教頭「そういう人はいるんだね」

Sky-Dolphin「はい」

とーやま校長「その3人とは、そのことがあって以降はほとんど話をしてないの?」

Sky-Dolphin「けっこう(会話は)減ったと思います」

とーやま校長「じゃあ、その3人との仲のことが、今学校に行きたくないって気持ちに繋がってるってことか」

Sky-Dolphin「はい」

あしざわ教頭「その3人とは、こうなる前は普通に話せてたの? それとも、前からちょっとギクシャクしてる感じはあったの?」

Sky-Dolphin「いや、普通に楽しく、わいわいとしてたような気はします」

あしざわ教頭「じゃあ、ある時期から突然?」

Sky-Dolphin「はい」

あしざわ教頭「自分が意見を言えないっていうのは、何か理由があるの?」

Sky-Dolphin「あんまり人前で喋れなくなっちゃって…」

あしざわ教頭「それは何かがあったの?」

Sky-Dolphin「はい。ちょっと中学校の時にあって、それからちょっと話すのが苦手になったって感じです」

あしざわ教頭「じゃあ、その中学の時のことが、何か言おうとした時にフラッシュバックしちゃうのか」

Sky-Dolphin「はい」

とーやま校長「ずっと(Sky-Dolphinを含めて)4人でいたわけだけど、今、Sky-Dolphinが1人離れてる状態のことに対して、その3人はどう思っているかっていうのはわからない?」

Sky-Dolphin「まあ、今は3人でやってるので、何とも思ってないのかなとは思います」

とーやま校長「じゃあ、このことについて4人での話し合いとかもないんだ?」

Sky-Dolphin「はい」

とーやま校長「Sky-Dolphinとしては、例えば"別の友達と2学期は過ごしたい"とか、それとも"やっぱりその3人といるのが楽しかったから、前のように戻りたい"とか、ある?」

Sky-Dolphin「やっぱり3人とは、前の状態というか、元には戻りたいですし、自分も(意見を)言えないことが原因だったから、言えるようになりたいなというのはあります」

とーやま校長「鍵はここかもしれないよね」

Sky-Dolphin「はい」

とーやま校長「その3人が、このことに対して謝ってくれたりとかは、今までないんだもんね?」

Sky-Dolphin「…あ、ありました

とーやま校長「どんなタイミングで?」

Sky-Dolphin「そういうこと(からかわれたり無視されたり)がエスカレートしていって、私がちょっと泣いちゃって、それで、"あ、冗談だよ"みたいな。その時に謝ってくれました」

とーやま校長「その時、どんな気持ちだった?」

Sky-Dolphin「"あ、冗談だったんだな"みたいな、ちょっと安心した感じはありましたけど」

とーやま校長「3人がここで謝ってくれてるでしょ? それは1学期の話でしょ?」

Sky-Dolphin「はい」

とーやま校長「高校で出来た友達だよね。
多分、言ってもまだ距離とか計れているようで計れてなかったりするし、"どこまで言っていいか"とかも、まだけっこう探ってる時間だったりするじゃん」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「そうですね」

とーやま校長「そこで、"あ、これ以上やっちゃたらSky-Dolphinには悪いんだ"ってことを、もしかしたら3人はそこで気付いているのかもしれない。
3人は3人で、今1人Sky-Dolphinがいない状態ってバツが悪いと思わない?」

あしざわ教頭「しかも泣かせちゃったって思ってるから、もしかしたら、こっちから言い出せないとかっていうのはあるかもしれないよね」

Sky-Dolphin「ああ…」

とーやま校長「"ごめん"ってその場では謝ってくれたけど、それに対してのSky-Dolphinからの言葉というのは、まだないんだよね?」

Sky-Dolphin「はい」

とーやま校長「勇気をふり絞らないといけないけど、でも、一言で済むかもしれない。
2秒とかで、わだかまりが全て溶ける可能性がすごくあると思う」

Sky-Dolphin「はい」

とーやま校長「何より、Sky-Dolphinが、その3人とまた仲良くしたいという気持ちがあるのであれば、(また仲良くしたいと)一言伝えることによって、友達にSky-Dolphinの気持ちを言えるようになるし」

Sky-Dolphin「はい」

あしざわ教頭「でも、俺らには言えたじゃん!
今、そういう風に思っていることを言えばいいと思うよ。自分が今、どういう風に感じているとか」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「緊張するけどね」


分かる
スカイドラフィン、すごい分かる。意見が言えないってことあるよね。それでからかわれるのも分かる。行きたくなるもん。けど行ったことがすごいから、勇気もらえた!ありがとう!
Mrs.けやきの中のしろくま
女性/13歳/東京都
2019-08-19 22:46


とーやま校長「確かに! まず、(学校に)ちゃんと行ってるのがすごいな」

Sky-Dolphin「はい」

とーやま校長「Sky-Dolphin的にはどう?」

Sky-Dolphinちょっと元気が出ました

あしざわ教頭「おお!」

とーやま校長「ほんと?」

Sky-Dolphin「はい」

とーやま校長「じゃあ、さらに勇気が出せるのであれば、Sky-Dolphinにクリアするファイルをプレゼントするけど…

あしざわ教頭「出た! まさかの!」

とーやま校長「どうする? 欲しい?」

Sky-Dolphin「欲しいです」

とーやま校長……ダメ

あしざわ教頭「何でだよ!!!」

とーやま校長「もらったら、ちゃんと自分の気持ちを言えるか?」

Sky-Dolphin「…はい!」

とーやま校長じゃあ、長崎まで、あげる!

あしざわ教頭「よっしゃー! そして気持ちを言ってこい!」

とーやま校長「焦らず、素直に気持ちを伝えればいいから」

Sky-Dolphin「はい」

とーやま校長「良い2学期になるように!」

Sky-Dolphin「はい!」

RN Sky-Dolphin、ありがとう! 友達とまた仲良くなれますように!




とーやま校長「未だ見ぬきみの“こえ”よ。夜空に届け!」

とーやま校長・あしざわ教頭「きみのこえがききたい!」

10時55分過ぎからは、SCHOOL OF LOCK!と秋元康先生がおくる、10代限定! 声の甲子園!
ラジオドラマの主人公発掘プロジェクトきみのこえがききたい。

月、火、水、木の4話で完結するラジオドラマの主演をこの学校から選ばれた男女1組が、週替わりで務めます!

今日お送りする話は、「<怪談編 第1話>」!

今週の主演を務めてくれるのは、
RN 夏が嫌い。 佐賀県 18歳 男性
RN piyokoヘクタール 埼玉県 18歳 女性
の2人!!

引き続き、ラジオドラマの主演を務めてくれる生徒を募集しています!
サイトにアップされている脚本に合わせて「Eggs Voice」というアプリから、君の声を送ってきてください!

とーやま校長「不器用でも、下手でも構わない! とにかくオレたちは…!」

とーやま校長・あしざわ教頭きみのこえがききたい!

<⇒特設サイトは【コチラ】!





毎週月曜日は、とーやま校長が顧問を務めるドライ部の動画更新日!
動画は、SCHOOL OF LOCK!のYou Tubeチャンネルから見てほしい!
チャンネル登録もよろしく!

とーやま校長「ちなみに、ドライ部では、今年のマイナビ未確認フェスティバル2019でも撮影をする予定
もし、カッコいいサングラスをかけてカメラを持ってウロチョロしているおじさんがいたら、それがダンガリー先生です!
みんな協力してあげて、よろしくね!」

あしざわ教頭「そうだね、みんなで見ようね(笑)」

SCHOOL OF LOCK!



さて、『クリアするファイル』の校長の独断放出について、掲示板の書き込みが収集つかなくなっている…!


クリアするファイル
欲しい!欲しい!欲しい!
毎日がスペシャルなんですよね?校長?
オキさん
女性/16歳/岡山県
2019-08-19 23:00


あしざわ教頭「ホラ、来ちゃってるんだよ!」


便乗
みんな言っちゃっているんでいいます。
校長、クリアするファイル下さい!
毎日がスペシャルと言うのなら、もちろんですが、くれますよね?
クラハル
男性/13歳/滋賀県
2019-08-19 22:40


クリアするファイル!
校長!僕にもクリアするファイルください!今日に書き込めばもらえるって聞いたし実際にもらってる人もいるじゃないですか!!笑
まなぶしゃん
男性/18歳/静岡県
2019-08-19 22:37


SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「他にもたくさん来てます! ホラ、聞いてください、このたくさんの紙の音!」

とーやま校長「いや、見てるよ。掲示板も」

あしざわ教頭「どうするんですか?」

とーやま校長…ダメ!

あしざわ教頭「なんでだよ(笑)」

とーやま校長「来週の金曜日に100人にクリアするファイルをプレゼントって言ったのに、ホントに在庫がなくなる可能性があるから

あしざわ教頭「それ、自分が蒔いた種だよ?」

とーやま校長「じゃあ、オキさんとクラハルとまなぶしゃん、ここまでね。あげる!

あしざわ教頭「え、だって、今、(たくさんの書き込みの)紙の音を鳴らしたのに…。
この子達はどうしたらいいんでしょうか?」

とーやま校長「えー、四文字でまとめますけど、きりない!

一同笑い

あしざわ教頭「何をエコーかけて言ってるんだよ!」

とーやま校長「なので、今の3人までとさせていただけないでしょうか。
生徒のみなさん、すみません! 来週の金曜日に足りなくなっちゃうんですよ(笑)」

あしざわ教頭「なんでしたっけ、最後の四文字」

とーやま校長きりない!

あしざわ教頭「(笑) エコーかかるのなんで(笑)」

とーやま校長「だから、またちょっと書き込みをよろしく頼むわ(笑)」

SCHOOL OF LOCK!



それでは23時台も気になる書き込みに逆電をしていく!


また始まる。
来週から学校が始まってしまう。夏休み明けから学校に行きづらくなって2年。今年はどのくらい夏休み明け学校に行けるんだろう。
もう学校に行きたくない。ただでさえ、学校に行くことが辛いのに受験が、今年ある。いじめも受けている。欠席日数が多くて、休みたいのに休めない。
一度も「高校に行きたい」なんて言ったことないのに、自然と行く流れになってる。高校もしっかり行けるかわからないのに。
塾の合宿が明日からある。辛いなぁ。やめたいなぁ。死ぬしかないのかなぁ。
おかんのやーさん
男性/14歳/埼玉県
2019-08-19 14:51


とーやま校長「…もしもし!」

おかんのやーさん 埼玉県 14歳 男性 中学3年生

とーやま校長「今日は一日どうしてたの?」

おかんのやーさん「今日は1日、ほぼ、塾と家で勉強してました」

とーやま校長「全部で何時間ぐらい勉強してたの?」

おかんのやーさん「塾を入れて10時間近くは…」

とーやま校長「偉いね!」

あしざわ教頭「お前、すごいな…!」

とーやま校長「体調は大丈夫か?」

おかんのやーさん「でもまあ、ずっと家にいるので」

RN おかんのやーさんは来週から新学期。
当然、気分は上がっていないとのこと。

とーやま校長「中1の頃から、あんまり学校に行けていない感じ?」

おかんのやーさん「そうですね。中1の時から、行ったり行かなかったりをずっと繰り返してます」

とーやま校長「それはなんでそういう生活になってしまったのか、聞いてもいい?」

おかんのやーさん「中1の1学期まではしっかり学校に行けてたんですけど、夏休みが終わっていざ2学期が始まるぞ、ってなった時に、中学校と自分の相性がいまいち合わなくて、そこから"いくのが嫌だな、めんどくさいな"って思うようになって、行きづらくなりました」

とーやま校長「でも、ちょくちょくどこかのタイミングで(学校に)行ってるから、中3にんなれてるってことだよね?」

おかんのやーさん「そうですね。1週間5日間全部行けてる時もあれば全部休んでいる日もあるんですけど、トータルとして行けてはいるので、まあ、今の所は大丈夫です」

とーやま校長「明日から塾の合宿?」

おかんのやーさん「はい」

とーやま校長「これはどうなの?」

おかんのやーさん「一応、"参加は自由"ってことになってるんですけど、自分が通ってる塾の中3生は強制というか、99%行くみたいな」

とーやま校長「おかんのやーさんとしては、2学期もこのままの調子で学校とは向き合っていければいいかなって感じ?」

おかんのやーさん「うーん…。今よりも1日でも2日でもいいので、なるべく学校には行きたいです

とーやま校長「そこに対しての、乗り越えなきゃいけない"自分の中の壁"って、どんなものがある?」

おかんのやーさん「今までずっと、行けたり行けなかったりしたその積み重ねがあるので、そこをどう乗り越えていくかが…ですね」

あしざわ教頭「学校は、一番何が嫌なの?」

おかんのやーさん「授業とか、あと、学校に行っても、友達とか話しかけてくれる人が1人もいないので、そこがやっぱり行ってもあまり楽しくないですね」

あしざわ教頭「友達は、クラス替えのタイミングで出来たりとかはしなかったんだ」

おかんのやーさん「作ろうと思ったんですけど、そういう空気というか感じでもなくて」

あしざわ教頭「自分から一応話しかけたりもしたけど?」

おかんのやーさん「したけど、あんまり作れなかった感じです」

とーやま校長「学校に行く時もあるわけじゃん? その時は、周りのみんなとかは別に普通の感じなの?」

おかんのやーさん「そうですね。話しかけても来ないし、"どうしたの?"とかも聞かないですし、まあ、普通に自分は気にせず…っていう感じですね」

とーやま校長「学校には今まで以上に行きたいじゃん?」

おかんのやーさん「はい」

とーやま校長「できたら、気軽に話をする友達とか、一緒に飯を食う友達とか、いた方がいいよね」

おかんのやーさん「そうですね。喋りたいときに何か喋れる友達がいてくれたらな、とは思います」

とーやま校長「そしたら、そこを考えるか。どうやって話せる友達が作れるか」

おかんのやーさん「はい」

とーやま校長「何か好きなものとかないの?」

おかんのやーさんMrs. GREEN APPLE先生とかは好きです」

とーやま校長「ミセス先生のグッズとか、何か持ってない?」

おかんのやーさん「グッズは…CDを買った時に付いていたポスターぐらいですね」

とーやま校長「俺も、今この歳になっても、例えば初めて仕事で会う人とかもいっぱいいるのね。
相手の人がどういう人かわからないから、いまだに緊張する。
…って時に、やっぱり、同じものが好きな人。
例えばTシャツとかで"この人、Mrs. GREEN APPLE好きなんだ"ってわかったら一気に距離が縮まったりするし、そういうのを出していきたいね」

おかんのやーさん「そうですね」

あしざわ教頭「おかんのやーさんは、誰かに話しかけるとか、自分からはもういかなくなってる?」

おかんのやーさん自分から話しかけても話を返してくれる人がいないかなと思ってたんで、そこでもう、自分からいかないようになってました」

あしざわ教頭「そこで"返ってこない"と思ってる時点で、自分で1個(行動しない)理由を作っちゃってる気がする」

おかんのやーさん「ああ…」

あしざわ教頭「だって、実際はそこで行動してないわけでしょ? 
ちょっとでも"誰かと関わりたい"とか"友達を増やしたい"とかあるんだったら、そこはちょっと勇気を出さなきゃいけない所かなと思うし、そこで何か好きなものを1個持っているっていうのも大事だと思う。
ちなみに、何か将来にやりたいこととかないの?」

おかんのやーさん「将来は、一応、大学まで行って、芸能マネージャーになりたいと思っています」

とーやま校長「え!? タレントさんのマネージャー?」

あしざわ教頭「おお、なんで?」

とーやま校長「なんでなりたいと思った?」

おかんのやーさん「こういうSCHOOL OF LOCK!とか、アーティストの方とか、校長教頭の話とかを聞いていて、"明日学校行きたくないけど、もう一度頑張ってみようかな"っていう勇気とかをもらったので、自分の中でですけど、マネージャーとして働いて、そういう人たちに自分なりの恩返しをしたいなと思ってます」

あしざわ教頭「そうなんだ…!」

とーやま校長「すごい! めちゃめちゃ良い心構えだよ」

あしざわ教頭「とても素敵だと思う。
ただ、マネージャーとか、たくさん人と関わる仕事じゃん?」

おかんのやーさん「そうですね」

あしざわ教頭「誰かと話したりとか、誰かが"どう思ってるんだろう"とか"あの人はどういう気持ちで仕事をしてるんだろう"とかっていうのを、たくさん知らなきゃいけない仕事だと思うんだよ」

おかんのやーさん「はい」

あしざわ教頭「だったら、大変かもしれないけど、おかんのやーさんなりに"あの子気になるから話してみよう"とか、"その子とどう接したらいいんだろう"とか行動したり考えたりするのは、すごく大事なことだと思う」

SCHOOL OF LOCK!


おかんのやーさん「はい」

あしざわ教頭「勉強よりも、実はそこに大事なものがあるような気がする」

おかんのやーさん「ああ…」

あしざわ教頭「だって、人の気持ちがわからないとマネージャーって出来ないと思うからさ。
そこは怖いけど、"どう思ってるんだろう"とか、怖いけど、"あの人の好きなものはなんだろう"とか、思い切って聞くはすっごく大事だと思うよ」

おかんのやーさん「はい」

とーやま校長「やっぱり、今までの自分と明日からの自分とでは、"気持ちが変わりたいな"っていうのはあるんだよね?」

おかんのやーさん「そうですね。1ミリでも2ミリでもいいので、今日と明日の自分は違ってるなってところは見せたいですね」

とーやま校長「素晴らしい! その心意気、めっちゃ大事!」

おかんのやーさん「はい」

とーやま校長「学校って、たまたま同じ年代に生まれてたまたま同じ地域に住んでる人たちが集まってるじゃん?」

おかんのやーさん「はい」

とーやま校長「学校ってものは、そりゃやっぱり気の合わない人もいるし、うまくいかなくて当然だと思っていて。
でも、これからは色んな人と接していかなきゃいけない。俺たち人間は1人でなんか生きていけないんだから。
学校というものは、大人になる前に、色んな人と会うことによって"この人は人の気持ちがわかる人なんだな"とか"この人は思ったことをズバズバ言う人なんだな"とか、そういうことを見たり感じたりする場でもあると思う。
そこを、ちゃんとおかんのやーさんの今の気持ちを持って、毎日を過ごすことが、今の、そして未来のおかんのやーさんにとってとても大事なことになるはず。
そうしていれば、クラスにもそんなおかんのやーさんの気持ちを感じ取ってくれる人は1人はいると思うんだよな」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「そうだね」

とーやま校長「…っていう風に、おかんのやーさんが動くことによって周りも動いていくもの」

おかんのやーさん「ああ…」

とーやま校長「おかんのやーさんはわかっているはずだから。あとはちゃんと、ちょっとでいいから、動いていくのみよ」

おかんのやーさん「はい」

とーやま校長「どうだ?」

おかんのやーさん「来週から2学期が始まるので、そこからちょっと自分を変えていきたいなと思います」

とーやま校長「いいね!」

あしざわ教頭「よし! ちょっとずつでいいからね」

とーやま校長「変わることが出来ないなんて、ない!」

おかんのやーさん「はい」

とーやま校長「おかんのやーさん、クリアするファイル、欲しいか?

あしざわ教頭「お?」

おかんのやーさん「欲しいです」

とーやま校長「なんで欲しい?」

おかんのやーさん明日でもいいので、明日から、自分を変えてみたいです

とーやま校長「よし! …ダメ!

あしざわ教頭「ダメなんかい! おい、大人を信じるな!」

SCHOOL OF LOCK!


おかんのやーさん「(笑)」

とーやま校長「さっき締め切ったからな(笑)」

あしざわ教頭「その締めたやつ、自分で開いただろ!」

とーやま校長「特別な! 埼玉のおかんのやーさんの元にも、クリアするファイルあげるわ!

おかんのやーさん「ありがとうございます!」


♪ 生きて行く / Hump Back


さあ、そろそろ黒板の時間ですが…。


は?
校長、ふざけるな!!!!
クリアするファイルが欲しい思いは、書き込みを読まれた人たちも読まれなかった人たちも同じでしょう!!
何が「キリない」じゃあオラァ(怒)
優気の櫻
男性/16歳/東京都
2019-08-19 23:35


あしざわ教頭「…と来てますよ?」


ずるいずるいずるいずるいずるいずるいずるいずるい
教頭 校長!
こんなにみんなコメントしてるのに全員のこめんとを見捨てるのですか?
それはひどくないですか?
ぼくはダメだと思いますよー!
そこんところどうなんですか?
よろしくお願いします(圧
MEGANE
男性/15歳/熊本県
2019-08-19 23:37


みんなみんな
クリアするファイルは来週無くなったら困るから今日は我慢しよ!
待ち望んで手に入った方がご利益あるから!






(偉いこと言ったんでクリアするファイル下さいm(*_ _)m)
リング@受験生
男性/15歳/千葉県
2019-08-19 23:19


一同笑い

あしざわ教頭「ホラ、大変なことになってます」

とーやま校長「正直、掲示板を見たけどそういった声が多数上がっていて、僕は今、頭が真っ白な状態で、みんなの内容が頭に入ってこなかった!」

あしざわ教頭「いや、シンプルな内容ですよ。『クリアするファイルくれ』って言ってるだけです」

とーやま校長「思いのほか動揺してるから、ごめんな! みんなの書き込みの内容、入って来なかった!」

あしざわ教頭「同じことしか言ってないですよ!」

とーやま校長「ホントに何を言ってるかわからない状態で…」

あしざわ教頭「ずるいぞ、この人!」

とーやま校長「ずるい?」

あしざわ教頭「だから、クリアするファイルをみんなが…」

とーやま校長ああ、もうわからない!

あしざわ教頭「(笑) ちゃんと読み取ってるじゃん!」

とーやま校長「そのワードが入った瞬間に急に靄がかっちゃうんだよ。ごめんね」

というわけで今日の黒板はこちら!

SCHOOL OF LOCK!


『 2、3ヶ月で人って細胞入れ変わるらしいよ 』

とーやま校長「そうなんだって。
2、3ヶ月ぐらいで全ての身体の細胞が入れ替わるってことは、ちょっと前に思っていたこととかも変えていくことができると思っている。
でも、全てが変わっちゃダメ。
人間としての芯さえしっかりしていれば、どんどん変わっていくべきだと思うし、変わることは何も恐れることはない。
だからこそ、"変わりたい"と思っているのであれば、"新しい自分に会いたい"と思っているのであれば、この黒板をたまに見返してもらって。
君はしっかりと変わることが出来ます!


♪ 飛行艇 / King Gnu



校長
ファイルください
在庫なかったらふやしてください
ワッショイワッショイ
男性/16歳/富山県
2019-08-19 23:50


あしざわ教頭「オーダーが来てます」

とーやま校長ああーー! 頭が割れそうだああああ!!!

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「ずるいよ!」

とーやま校長「ああああああ!!!!」


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
Sky-Dolphin 長崎県 15歳 女性
おかんのやーさん 埼玉県 14歳 男性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:12 インフェルノ / Mrs. GREEN APPLE
22:27 アンビバレント / 欅坂46
23:14 未来のミュージアム / Perfume
23:21 シークレットシークレット / Perfume
23:46 生きて行く / Hump Back
23:51 飛行艇 / King Gnu

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ん? ク、クリアするファイ、ル…?

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

掲示板が、良くない盛り上がり方してるな。

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

- Prev                 Next -
<   2019年8月   >
MonTueWedThuFriSatSun
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE