物足りない誕生日を過ごした生徒をお祝い!『今夜、再びBirthday!!!』

20200513_sol13.jpg

今夜の授業の聴きどころを職員 にせシゲが解説!

今夜のオープニングには…Sano ibuki先生がオンラインゲスト講師として登場!!
本日5/13に1st EP『SYMBOL』をリリースしたということで、是非チェックしてみて欲しい!
今夜の授業テーマは…『今夜、再びBirthday!!!』
「友達に会えず、あっさり誕生日が終わってしまった」「学校が休みでおめでとうを言ってもらえなかった」…そんな物足りない誕生日を過ごした生徒たちを、さかた校長&こもり教頭&生徒みんなで改めてお祝いしていった!

1人目は…4/16が誕生日のRN:まゆぞう!「去年は教室でサプライズ!けれど今年はずっと家にいて誰にも会えず、LINEすらならなかった」という!
そんな彼女を一緒にお祝いしたのは、RN:萌え男先輩!“モノマネ歴1週間の小梅太夫”で全力でお祝い!

2人目は…4/22が誕生日のRN:かとせん!「一昨年の誕生日は日曜日、去年は振り替え休日、今年は前日から休校になり、3年間祝われなかった」という!
そんな彼女を一緒にお祝いしたのは、RN:ハンバーグ師匠の弟子!“ハンバーグ師匠”のネタで全力でお祝い!

20200513_sol02.jpg

他にも校長&教頭によるお祝いギャグ、そして職員・はんすけ先生によるオリジナル誕生日ソングなど、盛りだくさんだった授業!

気になる生徒のみんな! 1週間以内ならradikoで出席が可能だ(再出席も大歓迎だ)

出席期限は、2020年5月20日(水)22時まで!お早めに!!

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年5月20日(水)PM 10:00 まで

物足りない誕生日を過ごした生徒をお祝い!『今夜、再び Birthday!!!』


『 ひろしゅま 』

もーーーね
見た目えげつなく怖い、吐く息も凍りそうなくらい怖い先生に社会のオンライン授業をしてもらっているんですが
今日中国四国地方の単元で「広島」が言えないっぽくて
ずっと「ひろしゅま」て言ってて萌えました
でもこれわざとだとしたらあざとすぎんだろ
どちらにせよ萌えです、推していこうと思います
こんぶのおかゆ
女性/13歳/兵庫県
2020-05-13 19:09


こもり教頭「“萌える”ってやばいですね(笑)」

さかた校長「オンライン授業だから、逆にすげーシュールになっちゃうんだ『ひろしゅま』って。
これ、どういうこと? この先生いつもちょっと“しゃくれてる”ってこと?」

<『ひろしゅま…』>

さかた校長「(笑) すごい技術を今ね、すっちゃん先生が手にしましたよ」

こもり教頭「すっちゃん先生、今日新しい技術を手に入れたらしく、放送が始まる前からワクワクしてんだよ(笑)」

<『ひろしゅま…』『ひろしゅま…』>

さかた校長「喋った言葉をすぐ出せるっていう(笑)
(RN こんぶのおかゆの先生は)その“ギャップ萌え”が良いという。まあまあ、それで授業を楽しく聞いてくれるならいいですよね」

こもり教頭「こういう時だからこそ、“少しでも和らげる何か”みたいなのがいいのかもしれない」

さかた校長「絶対、オンライン授業中ふざけてる男子いるだろ」

こもり教頭「いると思いますよ〜」

さかた校長「俺、フジムラ先生っていう高校時代の恩師から、ラジオが決まった時に連絡が来たんですよ。
『俺より先に出世しやがって』みたいな連絡が来て、すげー粋(いき)な“おめでとう”をしてくれたなと」

SCHOOL OF LOCK!


こもり教頭「(笑)」

さかた校長「まあ、いろんな先生がいますからね。オンライン授業、みんな楽しんで受けてください!」


こもり教頭「さあ、生徒が集まってきました! SCHOOL OF LOCK!今夜も開校です。起立!」

こもり教頭「礼!」

さかた校長・こもり教頭「叫べ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!」


♪ 何なんw / 藤井風


誕生日です!
今日誕生日なんですけど
誰か祝って〜(´;ω;`)
夜空の一匹狼
女性/13歳/埼玉県
2020-05-04 09:17


今日が誕生日!
今日が誕生日だったけど、コロナで全然外にも出られなくていつもよりひまでなんか寂しい誕生日でした。でも、美味しい豆腐ハンバーグ食べられたんでよかったです!こんな誕生日もありかな?笑
ピンクの子ブタちゃん
女性/16歳/滋賀県
2020-04-28 22:45


さかた校長「やっぱり、書き込みで『今日、誕生日なんです』って生徒が多いんですよね」

こもり教頭「多いですね〜。見ますよね、掲示板で」

さかた校長「毎日、誰かの誕生日だからな」

こもり教頭「なんかちょっと“名言風”なこと言うじゃないですか」

<「毎日、誰かの誕生日だからな」>

こもり教頭「すっちゃん先生(笑)」

さかた校長「なんなん!? (笑)」

こもり教頭「(笑) まあでも、確かにそういうことですからね。
そうなってくると、今の時期、学校も休みだってことになると、ちょっと盛り上がりに欠けるところはあるかもしれませんね」

さかた校長「いつもだったら友達とかいろんな人が祝ってくれるけど、そういうこともなく家で過ごしたという生徒がたくさんいるだろうから。
改めて、夜空の一匹狼も、ピンクの子ブタちゃんも、誕生日…」

さかた校長・こもり教頭「おめでとうーーーーーーー!!!

さかた校長「2人には、俺たちからのお祝いの気持ちを込めて、『クリアするファイル』をプレゼントさせてもらう!」

こもり教頭「おお(笑) ここで『クリアするファイル』プレゼントね。いいですね」

さかた校長「そして、先代のとーやま元校長、41歳の誕生日…」

さかた校長・こもり教頭「おめでとうございますーーーーーーー!!!

さかた校長「5月10日がとーやま元校長の誕生日でございました」

こもり教頭「そうですね。なんか、ご本人がツイッターでちょっと若くしてましたよね」

さかた校長「そうなの。それに(グランジ)大さんも絡んで、何歳かマジわかんない状態に」

こもり教頭「(笑) あしざわ元教頭のコメントも見えましたけど、僕も“本当に何歳だったっけな?”思っちゃうってところがありました。
掲示板にも先代のとーやま校長をお祝いする書き込みが溢れてたってことで、やっぱりすごいなって思いましたね。とーやま元校長の偉大さというか」

さかた校長「だからやっぱり、“おめでとう”という意味も込めて、とーやま元校長にも『クリアするファイル』をプレゼントさせてもらいます!」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「多めに!」

こもり教頭「いやいやいや(笑)」

さかた校長「郵送でポストをパンパンにさせていただきます」

こもり教頭「まあ、大事に使っていただければ嬉しいですけど」

さかた校長「まあ今夜は、あっさり過ぎてしまった生徒たちの誕生日を改めてお祝いしてあげたいと思う!」

ということで授業テーマは…!

『今夜、再び Birthday』!!!

さかた校長「“家で地味な誕生日を過ごすことになってしまった“という生徒!
いますぐ学校掲示板に書き込んでこい!」

こもり教頭「今夜は僕たちと生徒のみんなで君の誕生日をお祝いしていきます!」

さかた校長「そして! 今日の授業で欠かせないのが、誕生日をお祝いしてくれる生徒!
特技や長所を活かして盛り上げてくれる生徒を募集するぞ!」

例えば…
「モノマネが得意なのであの芸能人でお祝いします!」
「即興で俳句が作れるのでお祝いの一句を詠みあげます!」
「褒めるのが上手って言われているので、褒めまくります!」
などなど。

こもり教頭「“お祝いしたい”という気持ちがあればどんなことでもOKです!」

さかた校長「今日は俺だけじゃなく教頭もやってくれるから」

こもり教頭「やり…ましょう!」

さかた校長「“お祝いバク転”!」

こもり教頭「俺、これを見た時に“そういう手もあったか”って思ったんですけど、あのね、自粛の影響っていうのがモロに出てて、2ヶ月ぐらい(バク転)回ってないんですよ。だから、今日は回らない」

さかた校長「確かに、大ケガして明日から出れないとか、最悪な結末になるわ(笑)」

こもり教頭「いつの日か、準備をした上でやりたい!
それか、どこか途中で1個ギャグをくださいよ。そしたらそれを、どこかで僕もやります」

さかた校長「今夜はBirthdayパーティだから、みんなで誕生日だった生徒をお祝いしていこう!」


さて、本日は“オンラインゲスト講師”もお呼びしています!

さかた校長「さあ、オンラインでのゲスト講師はこれまでに何回かありましたけど、これ、本当に繋がっているか心配になるんですよね」

こもり教頭「オンラインは不安ですよね。声を聴くまではどうなるか本当にわからないですからね」

さかた校長「まあでも、ちゃんと“繋がってる”と思います!」

ということで、今夜のオンラインゲスト講師は…!

Sano ibuki先生ーーーーーー!!!

Sano先生「こんばんは、Sano ibukiです。よろしくお願いします」

さかた校長「繋がってたーーー!!! よろしくお願いします!」

こもり教頭「お願いします!」

さかた校長「SCHOOL OF LOCK!は初登場ということなんですけど、“オンラインゲスト講師”として、なかなかちょっと大変だと思うんですけど」

こもり教頭「モニター越しにSano先生の顔が映ってるんですけど、“Sano先生”って…なんかちょっと恥ずかしくない? 呼ぶの(笑)」

Sano先生「(笑) こもり教頭と…」

さかた校長「なんですか?」

こもり教頭「Sano先生とはここが“初めまして”じゃないから。これまでに何度も連絡も取らせていただいてますし、お会いしたこともありますし。
だから、Sano先生からしたら“知らない間に小森が教頭になった”という(笑)」

さかた校長「“出世したな、友達が”」

こもり教頭「今夜は“先生”ですから、“Sano先生”でいきたいと思いますけど(笑)」

Sano先生「よろしくお願いします!」

こもり教頭「どう? 先生って呼ばれるのは」

Sano先生「僕、昔、先生になりたいと思ってたことがあったので、“先生”になってるとなんか不思議な気分ですね」

さかた校長「立派な“先生”です(笑)
ちなみに担当教科とかは、“何をやりたい”とかあったんですか?」

Sano先生「国語か美術の先生をやりたいと思ってましたね」

こもり教頭「国語はいいと思うんですよね。すげー良い歌詞を書くんで」

さかた校長「そうそう。だから現国の先生としていろいろ読み解いてほしいですよね」

こもり教頭「1個先を言われそうですもんね。“この主人公の気持ちは〜”みたいなので、『もうちょっと言い回しあると思うんで考えてください』みたいな(笑)」

Sano先生「めちゃめちゃ性格悪いじゃないですか(笑)」

さかた校長「スパルタやし(笑)」

Sano先生は、昨年12月公開されたアニメ映画「ぼくらの7日間戦争」や今年1月に公開された映画「his」の主題歌を担当されています!

こもり教頭「楽曲がイイんですよ!」

さかた校長「めちゃめちゃイイんですよ!」

こもり教頭「もともと、僕は(Sano先生と)出会ってから楽曲、ではなくて、最初に楽曲と出会ってからSano先生と出会ってるんで。だから僕は『曲先行』なんですよ。
だからすごい曲が好きで、『ぼくらの7日間戦争』の『決戦前夜』もそうですし、『his』の『マリアロード』も」

SCHOOL OF LOCK!


さかた校長「『マリアロード』ね! サイコー!」

こもり教頭「僕とSano先生が“親交あります”みたいな空気を出してますけど、僕、ゴリゴリのファンでしたからね!」

Sano先生・さかた校長「(笑)」

Sano先生「嬉しかったですけどね。SCHOOL OF LOCK!を聴いていて、(教頭が)『友達なんだよ』ってことを言ってくれた時、すごい嬉しくて」

こもり教頭「ちょっとマウント取りに行ってるもん(笑)」

さかた校長「やめてくれよ(笑)
だって、Sano先生はSCHOOL OF LOCK!を聴いてくれていて」

こもり教頭「そうですよ。もともと生徒でした」

さかた校長「しかもこうやって“先生”としてまた出てもらって、しかも友人の小森さんが教頭としてね」

こもり教頭「今日、楽しみでしょうがなかったですもん」

Sano先生「自分が生徒だったので、生徒と先生になれて、友達が教頭で出てて(笑)、なんだろう、不思議な感じだなって」

こもり教頭「不思議な感じですよね〜」

さかた校長「こもこも(教頭)から、『Sano先生の曲良いっすよ』って教えてもらって、俺、めちゃめちゃ聴いてる!
マジで何回も言いますが、『マリアロード』サイコー!」

こもり教頭「サイコーですよね! ホントにね…ダメ! 俺が喋ったらたぶん1時間ぐらい喋っちゃうから(笑)
ちょっとね、Sano先生は特殊なんですよ。音楽を作る時に、最初にストーリーを立ててから作るんですよね?」

Sano先生「そうですね。物語を作ってから曲を書きますね」

こもり教頭「だから最初に主人公を描いて、物語があった上で曲を作るっていう」

さかた校長「すごいな!」

こもり教頭「これはマジで、どんだけ距離を縮めても、いまだにどんなストーリーか教えてくれない」

Sano先生「(笑)」

さかた校長「Sano先生は小説とか書かれるんですか?」

Sano先生「そうですね。自分の表現方法として“どれが良いんだろう?”っていろいろ探している時に、本を書いたりとかしてましたね」

さかた校長「うわー!」

こもり教頭「今の時期はヤバいんじゃないですか? 本をめっちゃ読むんですよ」

Sano先生「めちゃくちゃ読みますね」

こもり教頭「この時期、めちゃくちゃ読んだんじゃないですか?」

Sano先生「もう、家の中の本を全部読み尽くしました」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「ちょっとSano先生、僕も本を書いてるんで、郵送させてください(笑)」

こもり教頭「そうだそうだ! 良い本なんで、ぜひ読んでください」

Sano先生「待ってます」

さかた校長「ありがとうございます!
そして、Sano ibuki先生は、本日5月13日に1st EP『SYMBOL』をリリース!!!
おめでとうございます!」

Sano先生「ありがとうございます」

こもり教頭「これが良いのよ!」

さかた校長「7曲入りで7曲目がインスト曲ですけども。
『emerald city』は番組でもかけさせてもらいました」

Sano先生「ありがとうございます」

こもり教頭「校長は、聴いてみてどうでした?」

さかた校長「俺は本を読むからか、Sano先生の歌詞がめちゃめちゃ好きなんよ」

こもり教頭「わかります!」

さかた校長「それこそ、『決戦前夜』の“ひとりぼっちで 透明な道で迷ってる”って言葉が“ああ、良いな〜”って。俺、歌詞が刺さっちゃうんだよな」

SCHOOL OF LOCK!


Sano先生のアルバムには、毎回、小説で言うと同じジャンル、同じようなテイストの曲が入っていて、教頭的に一番好きな曲(「魔法」)に、今回の「SYMBOL」だと「ファーストトイ」が近い…ととにかく熱く語るこもり教頭!

SCHOOL OF LOCK!


さかた校長「ちょっとSano先生、教頭の愛が溢れすぎてて」

こもり教頭「そうですね、僕しか喋ってないですね(笑) ゲストを呼んでおいてゲストより喋るという」

Sano先生「ほぼほぼ解説終わったなと思って聞いてました(笑)」

さかた校長「まあでも、どんな感じか、改めて…」

Sano先生「そうですね。『SYMBOL』というEPは『STORY TELLER』というアルバムの物語と一緒に作ったような感じで。
それのスピンオフじゃないですけど、そういうストーリー的なものを作ろうかな、というところもありつつ、インスト曲を2曲作らせてもらった感じですね」

さかた校長「制作時間はどれくらいかかったんですか?」

Sano先生「そうですね…。『STORY TELLER』と前々作の『EMBLEM』と3つ、アルバムとEPとミニアルバムを同時期に作っていたので、全部でだいたい2年弱ぐらい、こもって作ってた感じです」

さかた校長「すごいな!」

こもり教頭「だから“3作”なんですよね」

Sano先生「そうですね。3作で、一つの物語という形で出させてもらってますね」

さかた校長「それの元となるお話もたくさんあって、すごいな〜」

こもり教頭「言うならば、『ロード・オブ・ザ・リング』みたいなものですよ! 3部作で」

さかた校長・Sano先生「(笑)」

こもり教頭「7曲中3曲以外はぜんぶ新曲なんですもんね?」

Sano先生「そうですね」

こもり教頭「やっぱ、新譜が入ってるってワクワクしますよね」

さかた校長「そうなんですよ。新曲がいいですよね。
曲を作る時って、いつ思い浮かぶものなんですか?」

Sano先生「僕は、題名を作ってから物語を作って、そこから歌詞とかメロディを作ったりするので、物語を書いている時に“ここでこういう音が鳴っててほしいな”とか、“こういう主題歌になってほしい”とか、そういう想像の時に曲が出てくることが多いですね」

こもり教頭「いろんな所でいろんな人に聴いてほしいとは思うんですが、ここはSCHOOL OF LOCK!ということもあって、10代の生徒のみんなに聴いてもらいたいなという思いがあります。
どんな時に、どんな生徒に聴いてもらいたいですか?」

Sano先生「本当に感情豊かなEPになっているので、どんな瞬間にも立ち会えるんじゃないかな、と。
例えば、勇ましい気持ちになったら『emerald city』を聴いてもらいたいですし、踊りたい時は『Jewelry』を聴いてもらいたいですし、泣きたい時は『ファーストトイ』を聴いてもらえばいいですし。
その他も『DECOY』とか『記念碑』も、それぞれ感情に寄り添えるような、そばにいられるような曲になっているので、“何か音楽が聴きたいな”って時には、どれを聴いてもらっても大丈夫です(笑)」


♪  emerald city / Sano ibuki


SYMBOL
SYMBOL発売おめでとうございます!
まだCDは届いていませんが、昨日からずっと鬼リピしています!
emerald cityの「行こうぜ 怖いね でもね 行こうぜ」という歌詞が、僕の背中を押してくれます。
ibuki先生の曲は全部歌詞が深くて、心に染み渡ります。
これからもずっと応援しています!
微力ながらも力になりたいです!
ライブはまだ行ったことが無いけど、いつか、絶対にその声を聞きにいきます!
ネズヲ
男性/16歳/鹿児島県
2020-05-13 22:30


Sano先生嬉しいですね」

こもり教頭「どうですか! 昔ならば"届けられる側”がついには“届ける側”になったということで」

Sano先生「僕も(SCHOOL OF LOCK!に)メールを書いてましたからね。こういう風に届けてもらえるのは嬉しいですね」

さかた校長「感慨深いなあ〜。だって今、Sano先生が満面の笑顔を見せてくれてますからね」

こもり教頭「Sano先生ね、笑顔が可愛いのよ!」

さかた校長「可愛い!」

こもり教頭「普段は絶対に見せないんだけどね」

さかた校長「みんな、満面の笑顔だぞ!」

Sano先生「生徒のみんなの気持ちがすごく伝わってくるメッセージ、すごく嬉しいですね。ホントに届けられて嬉しいです」

SCHOOL OF LOCK!


さかた校長「しかも、『emerald city』は、オフィシャル・オーディオ・ムービーって言うんですか? 普通のMVと違って、“想像させるような作り”なんですかね?」

Sano先生「そうですね。その場所の時間経過が分かるような面白い映像なので、観てもらえると嬉しいですね」

さかた校長「だから、本当に小説を読んでる感じの、自分でもっと深く深く想像できる」

こもり教頭「“その世界観に浸れる”っていうのがSano先生の良い所なので。
このままいくと、僕、1曲ずつ7曲、ぜんぶ語る時間になりますけど、大丈夫ですか?」

さかた校長「もう、もう、それはね(笑) Sano先生、次回、生放送教室に来た時にまた熱くたっぷりお話させていただければ…」

Sano先生「そうですね(笑) またお話させてもらえれば」

さかた校長「Sano先生、今日は本当にありがとうございました!」

Sano先生「ありがとうございました!」

さかた校長「…ちょっと教頭、溢れすぎ!」

こもり教頭「申し訳ない。ゲストに呼んでおいてゲストより喋るという(笑)」

Sano先生、また遊びに来てください! ありがとうございました!!!


それでは本日の授業、『今夜、再び Birthday』!

最初の“誕生日を祝ってほしい生徒”は…

まゆぞう 三重県 16歳 女性

さかた校長「今は休校中だもんな。誕生日はいつだったの?」

まゆぞう「4月16日です」

さかた校長「うわ〜! じゃあ、誕生日は家だった?」

まゆぞう「はい」

こもり教頭「ゴリゴリの家だね〜」

さかた校長「学校だったら友達とかもいるからね」

こもり教頭「あのソワソワ感ね。“俺、今日、誕生日だけどワンチャンあるんじゃねーの?”っていうソワソワ感が」

まゆぞう「(笑)」

さかた校長「改めて、まゆぞう。誕生日…」

さかた校長・こもり教頭「おめでとうーーー!!!

まゆぞう「ありがとうございます!」

さかた校長「家で家族の人にお祝いはされたの?」

まゆぞう「されました」

さかた校長「それは良かった。
じゃあ今日は、まゆぞうの誕生日を開催していこう!」

こもり教頭「これ、なんて言うんだろう? ドンガリ帽子みたいな」

さかた校長「誕生日の時にみんなかぶるやつ」

こもり教頭「用意してるから、かぶるわ。コレ、どうやったら伝えられるんだろう? 職員の方、もし良ければ写真を撮ってもらって(笑)」

さかた校長「ちょっと、あとでこの写真を見せるな。
イメージしてほしいんだけど、俺は今、ヘッドフォンを着けて喋ってるから、(帽子は)後頭部に載せてるだけの状態」

SCHOOL OF LOCK!


こもり教頭「教頭はイヤホンだから、ちゃんと紐も付けて、たぶん動いても取れないようになってる」

SCHOOL OF LOCK!


こもり教頭「軽く料理も用意させてもらいました! チキン、あります!」

さかた校長「ステーキもあります! まゆぞうは何が好き?」

まゆぞう「ポテト」

こもり教頭「ポテト……用意してます!」

さかた校長「今揚がりました!」

まゆぞう「ありがとうございます(笑)」

さかた校長「においがすごいわ!」

こもり教頭「8kgぐらいあるわ」

さかた校長「勘弁してくれよ、まゆぞう」

こもり教頭「誕生日だからな、しょうがないよな」

まゆぞう「(笑)」

こもり教頭「ちなみに、どんなお祝いをされたいとかある?」

まゆぞう「なんか、楽しく」

こもり教頭「今、この状況だけ見たらけっこう浮かれた3人よ(笑)
はんすけ先生も隣にいるんだけど、はんすけ先生がなぜか一番目立つ色の三角帽をかぶってるんだよな」

さかた校長「なぜかね」

SCHOOL OF LOCK!


こもり教頭「今けっこう楽しい感じになってるから、これからどんどん上げていこうと思う!」

さかた校長「そんなまゆぞうをお祝いするために、生徒も駆けつけたみたいだから。…もしもし!」

???「もしもし」

萌え男先輩 東京都 14歳 男性

萌え男先輩「まゆぞうさん、お誕生日おめでとうございまーーーす!!!

まゆぞう「ありがとうございます!」

RN 萌え男先輩は現在中学2年生! ということで…!

こもり教頭「中2高2は…当たって!」

萌え男先輩「砕けろ!」

こもり教頭「突っ走れ!」

萌え男先輩「おーー!」

こもり教頭「よし!」

さかた校長「もう、お祝いしたくてお祝いしたくてたまんねーって感じだろ?」

萌え男先輩「はい、そうです」

さかた校長@「(笑) 萌え男先輩は、まゆぞうにどんなことをしてくれるの?」

萌え男先輩「“モノマネ歴1週間のコウメ太夫”をやりたいと思います」

さかた校長・こもり教頭「(笑) ちょっと待って(笑)」

さかた校長「まゆぞう、今の聞いてどう?」

まゆぞう「(笑) 面白そうだと思います」

こもり教頭「教頭的にはものすごくワクワクしてるよ!
モノマネ歴1週間だからね(笑)」

さかた校長「萌え男先輩、じゃあ、さっそくやってもらってもいいか?」

萌え男先輩「はい。
アタクシ、コウメ太夫と申します。つれ〜づれ〜なるままに書き散らした、コウメ日記、お聞きくだされーーー!
チャンチャカチャンチャンチャチャンチャチャンチャン♪
チャンチャカチャンチャンチャチャンチャチャンチャン♪
お風呂〜で〜ゆ〜っく〜り歌ってい〜た〜ら〜
TOKYO FMから電話が来てました〜♪

チックショーー!!!

さかた校長「…萌え男先輩」

萌え男先輩「はい」

さかた校長「お祝いだっつってんのに、なんで『チックショー』で終わっちゃうんだよ!」

こもり教頭「(笑)」

RN 萌え男先輩はここで終わらない! 誕生日を祝ってもらえなかったまゆぞうの気持ちになって、もう1本捨身のネタを披露してくれたぞ!
萌え男先輩、ありがとう!

さかた校長「だから『チックショー!』じゃないんだよ!」

こもり教頭「(笑) まあ、まゆぞうの“祝われなかった”という気持ちを代弁したっていうのもわかるんですけど、萌え男先輩、入りしなに1回“ゴホン!“ってなったからね(笑)」

さかた校長「俺、コウメ太夫さんに会ったことあるけど、たぶん、本家よりメンタル強いわ(笑)」

萌え男先輩「(笑)」

さかた校長「まゆぞう、どう?」

まゆぞう「面白かったです(笑)」

こもり教頭「ここまでやり切ってくれたら面白い!」

さかた校長「だってさ、世界でお前だけだよ。コウメ太夫でお祝いされたの」

まゆぞう「(笑)」

一方の萌え男先輩は、誕生日が4月5日で春休みなので、いつもほとんど祝ってもらえないんだそう。

さかた校長「そうか。じゃあ、そんな萌え男先輩にもな。

チャンチャカチャンチャンチャチャンチャチャンチャン♪
チャンチャカチャンチャンチャチャンチャチャンチャン♪
いきな〜り〜全国放送で〜萌え男先輩が〜
すごい〜メンタルで〜し〜た〜♪

おめでとーー!!!

萌え男先輩「ありがとーーー!!!」

こもり教頭「(笑) まゆぞう、どうよ! 誕生日アガってきた?」

まゆぞう「はい(笑)」

さかた校長「まあ、カオスなパーティになったよな(笑)」

こもり教頭「基本高い声しか聞こえてこないですよね(笑)」

さかた校長「改めて、記憶に残る誕生日になった?」

まゆぞう「なりました! 1番の思い出です」

RN まゆぞうと萌え男先輩には、校長と教頭から『クリアするファイル』を送らせてもらいます!
2人とも、ありがとう! そして誕生日おめでとうーーー!!!


♪  Jewelry / Sano ibuki


チクショー!!!
チクショー2本立てとは思ってなかったww
前奏(でいいのかなw)から笑いが止まらなかった笑
そして、ごろりからの小梅太夫は振り幅おおきすぎ笑
きゅっsun
女性/17歳/福岡県
2020-05-13 22:46


さかた校長「ありがとうございます!」

こもり教頭「まゆぞうが素敵な年になるように願いを込めてということで、改めておめでとう!」

さかた校長「おめでとう!」

誕生日
私は先月の4月7日が誕生日でした
ちょうど緊急事態宣言が発令された日です…

誕生日が春休みなので友達と直接会って祝ってもらうことはほぼないのですが、今年こそは中学生になったので友達と遊びに行ったりしたいと思っていたけど、、、
こんな事態になってしまったので一歩も外に出ない誕生日を過ごしました

誕生日という実感が全くないままただ1日がすぎていき、正直もうちょっとぐらい誕生日を盛り上げたかったな、という気持ちがあります笑
パイタン
女性/14歳/東京都
2020-05-13 10:30


さかた校長「なるほどな」

こもり教頭「改めてですけど、誕生日…」

さかた校長・こもり教頭「おめでとうーーー!!!

こもり教頭「では校長、お祝いのギャグをお願いいたします! 3、2、1!」

さかた校長「え〜…。
パパパパ〜ン、パパパパ〜ン、パパパパンパパパパンパパパパンパパパパン、パン…パースがないから今日はムーニーマン!

おめでとう!!!

SCHOOL OF LOCK!


こもり教頭「(笑) しかも、結婚式!?」

さかた校長「結婚式の方だったな。結婚してるんじゃなかったっけ?」

こもり教頭「してない(笑) 14歳だから(笑)」

<「パパパパ〜ン、パパパパ〜ン♪」>

さかた校長「やめろ! やめてくれ! すっちゃん先生!」

<「パン…パースがないから今日はムーニーマン!」>

さかた校長「きちぃ!」

こもり教頭「パイタンにも『クリアするファイル』をプレゼントさせてもらうから!」

誕生日
僕は先月の4/10が誕生日でした。
ただでさえ4月初めはクラス替えだの何だので友達に祝ってもらえる回数が少ないのに、今年はコロナで、さらに祝ってもらえる機会がなくなりました。友達からお祝いのメールは貰ってうれしかったけど、正直直接祝ってほしかったところがあります。なので校長、教頭、祝ってください!
ウルかず
男性/16歳/福岡県
2020-05-13 15:49


さかた校長「これは俺たちが祝うしかないでしょ!
ということで、ウルかず、誕生日…」

さかた校長・こもり教頭「おめでとうーーー!!!

さかた校長「ではね、教頭!」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「お祝いの、ギャグを、お願いします!!!」

こもり教頭「あ、おめでトールサイズ1つ、いや、ここはスタバちゃいまんねん!

…。

さかた校長「(笑) 教頭もね、コウメンタルの持ち主ですね」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「この強靭なメンタルのことを“コウメンタル”と呼んでおりますけれど」

<「あ、おめでトールサイズ1つ、いや、ここはスタバちゃいまんねん!」>

こもり教頭「あ、いいんじゃない?」

さかた校長「漫才師みたいな感じで」

こもり教頭「(笑)」

誕生日、、、。
私の誕生日は3月15日でした。休校の関係もありあまり祝って貰えず、少し寂しかったです、、、。校長、教頭!!祝ってくださーい!!
Mrs. おひさま
女性/15歳/青森県
2020-05-13 20:40


こもり教頭「とりあえず、Mrs. おひさま、誕生日…」

さかた校長・こもり教頭「おめでとうーーー!!!

こもり教頭「ということで、校長! お祝いダンス!」

さかた校長「(笑)」

こもり教頭「職員、動画間に合わない!?」

さかた校長「誕生日、おめでとーーー! 中居くんです!」

さかた校長の中居くんダンスはTwitterに上がっているぞ! ぜひクオリティの微妙さを楽しんでほしい!

さかた校長「これ、まずいって! 大丈夫か、今日?」

こもり教頭「大丈夫か大丈夫じゃないかで言ったら、限りなく“大丈夫じゃない”方に近いですけどね」

誕生日
4月8日がたんじょうびでしたっっ!

まぁ祝われないのは毎年なんですけどね(泣)
OFFICIALイマリアルっ子
男性/13歳/北海道
2020-05-13 19:11


さかた校長「そんなお前に、はんすけ先生から、お祝いソング! お願いします!」

はんすけ先生「おーめーでとう〜♪ お誕生日おめでと〜う〜♪
明日か〜ら〜も〜 お〜めで〜とう おめでとう♪ ジャジャン!!!

SCHOOL OF LOCK!


さかた校長「(笑)」

こもり教頭「しかもけっこうな尺だった(笑)」

さかた校長「CDにしようや!」

逆電
逆電ありがとうごさいました!
緊張したけど、すっごく楽しかったです!
一生の思い出に残る誕生日になりました!
本当にありがとうございました!!
まゆぞう
女性/16歳/三重県
2020-05-13 23:00


さかた校長「よかったな〜、まゆぞう!」

笑笑笑笑
一発芸にダンスに職員の方々の歌に、最高すぎる誕プレやん!笑いが止まらない!
そんで全員見事に永久保存版!www
y.m 46
女性/16歳/群馬県
2020-05-13 23:09


今日のくだり
今日の校長と教頭って、お互いに大ケガをおわせていくスタイルなの??笑笑
めっちゃ面白いんだけど笑笑
腐ったパンダのカップケーキ
女性/17歳/愛知県
2020-05-13 23:09


さかた校長「俺たちは怪我をしてどんどん強くなっていくから!」

こもり教頭「まあでも、削りあってますよね」

スティービーワンダー、、笑
待って髭男LOCKS聞いてるけど今日スティービーワンダーの誕生日だよ笑
今日私と誕生日同じ人調べたら出てきた笑笑
上村みなみ
女性/15歳/東京都
2020-05-13 23:29


こもり教頭「上村みなみとスティービー・ワンダー、今日誕生日だそうです(笑)」

さかた校長「おいおいおい、みなみとスティービー・ワンダー先生、誕生日…」

さかた校長・こもり教頭「おめでとうーーー!!!

こもり教頭「(笑) スティービー先生は今日、70歳の誕生日だそうです」

さかた校長「マジかよ! じゃあスティービー先生、今もどこかで誰かに祝われてるのかな。地球の裏側で俺たちも祝ってますよ!」

こもり教頭「だから、上村みなみとスティービー・ワンダー先生に『クリアするファイル』をプレゼントしたいと」

さかた校長「(笑) みなみはわかるけどさ、スティービー先生にも俺たちのクリアファイル送るの?」

こもり教頭「そうです! 誕生日ですから」

SCHOOL OF LOCK!


さあ、それでは次の“誕生日を祝ってもらいたい生徒”は…!

かとせん 宮崎県 18歳 女性

RN かとせんが電話に出るまでの間、はんすけ先生の誕生日ソングがエンドレスで流れていたので、みんなしんどかったと思う! ごめんね!

さかた校長「大変な中、よく生まれてきてくれたよ!」

かとせん「ありがとうございます(笑)」

さかた校長「ちょっと遅くなったけど、誕生日…」

さかた校長・こもり教頭「おめでとうーーー!!!

かとせん「ありがとうございます!」

かとせんの誕生日は4月22日だったそう。

さかた校長「普通だったら友達からお祝いしてもらうもんな〜」

かとせん「でも、1年生の時は知られてなくて、そのまま日曜日だったんですよ。
2年生の時は、参観日の振替休日で平日なのに休みになって、お祝いがなかったんですよ。
で、やっと今年、と思ったら…休校」

さかた校長「そうか〜。しょうがないよな。今日、盛大にお祝いするから!」

かとせん「ありがとうございます!」

こもり教頭「とりあえずは食べ物の用意をしないとなんで。次は大きめのケーキを用意します。そして飲み物もたくさん用意してます。
メインを作らなきゃなんだけど、かとせんは食べ物は何が好き?」

かとせん「ラーメンが好きです」

こもり教頭「校長、どう? ラーメンは今日…」

さかた校長「寸胴を持ってきております。スープを今」

こもり教頭「もう作ってる?」

さかた校長「とんこつだよな?」

かとせん「とんこつです!」

こもり教頭「さすがです!」

さかた校長「しかも今日は、かとせんをお祝いするために生徒が駆けつけてくれているから。…もしもし!」

ハンバーグ師匠の弟子 神奈川県 14歳 男性

さかた校長・こもり教頭「(笑) きた〜〜(笑)」

こもり教頭「いいところで来るな!」

さかた校長「なんかね、今夜の授業の感じお前が来そうな気がしたんだよ」

ハンバーグ師匠の弟子「ありがとうございます!」

さかた校長「(笑) ハンバーグ師匠の弟子は、何でお祝いしれくれるんだ?」

ハンバーグ師匠の弟子「ハンバーグのネタ3連発で

こもり教頭「だろうな(笑)」

さかた校長「信頼してるから、お前のメンタルの強さ」

こもり教頭「かとせん、どうよ?」

かとせん「はい。ハンバーグ大好きです(笑)」

さかた校長「どんなハンバーグになるのかはお楽しみ、ということでね(笑)
じゃあさっそく、お願いしていいか?」

ハンバーグ師匠の弟子「はい。
先日、ハンバーグが実家の周りをフラフラフラフラしていたら、お母さんに言われました。『あなたいつまでフラフラしてるの? 早く仕事に就いたらどうだい。アンタ、ハンバーグだろ』
…そう。定食(定職)にね。
ハンバーーーーーグ!!!

さかた校長・こもり教頭「(笑)」

ハンバーグ師匠の弟子「先日、ハンバーグの友達が失恋してね。ものすごく落ち込んでいたよ。
でも俺は優しいからな。かけてやったぜ、デミグラス。
ハンバーーーーーグ!!!

さかた校長・こもり教頭・かとせん「(笑)」

ハンバーグ師匠の弟子「ハンバーグ、子供がいるんだけど、息子は今掛け算の勉強をしているんだ。
2×8=16 まではできるんだが、どうしても2×9が10になってしまう。
俺は息子に聞いた。『なんでそうなってしまうんだい?』『だって、2×9=10…にく・じゅう(肉汁)』
ハンバーーーーーグ!!!

さかた校長「(笑) おめでとう、かとせん!」

かとせん「ありがとうございます(笑)」

ハンバーグ師匠の弟子「おめでとうございます」

さかた校長「ハンバーグが今、目の前に3枚!」

こもり教頭「(笑)」

さかた校長「どうだった? かとせん」

かとせん「今から美味しくいただきます(笑)」

こもり教頭「これは忘れられんな〜!」

さかた校長「これは素晴らしい誕生日になったよ。おめでとう!
かとせんには、俺と教頭から『クリアするファイル』を送らせてもらうから」

かとせん「ありがとうございます!」

さかた校長「ハンバーグ師匠の弟子もありがとな! お前にも『クリアするファイル』プレゼントさせてもらうわ(笑)」

こもり教頭「ありがとう!」

ハンバーグ師匠の弟子「ありがとうございます!」

さかた校長「改めて、誕生日…」

さかた校長・こもり教頭「おめでとうーーー!!!

かとせん「ありがとうございま〜す!」



今日の黒板


20200513_sol12.jpg


『おめでとうを君に』

さかた校長「本当にね、今日が誕生日の君も、今日が誕生日じゃない君も、本当に生まれてきてくれてありがとう!こうやって出会えたことも本当に嬉しいし、俺も生まれてきてくれてありがとうだし、教頭も生まれてきてくれてありがとう、職員さんも生まれてきてくれてありがとう。本当に「ありがとう」と「おめでとう」で今夜はいっぱいにしたいと思う!」


さかた校長「だから、今日、誕生日を迎えた君も迎えてない君にも、僕ら、教頭とはんすけ先生と3人から最後、『おめでとうソング』を歌いたいと思います!」

さかた校長・こもり教頭・はんすけ先生「おーめーでとう〜♪ おめでと〜う〜♪
明日か〜ら〜も〜 お〜めで〜とう〜〜♪ 

ジャカジャン!!!


♪  HAPPY BIRTHDAY / Al


さかた校長「最後ね、『おめでとうソング』」

こもり教頭「俺、SCHOOL OF LOCK!の中で受け継がれていく曲になるんじゃないかなっていう」

さかた校長「もっと歌詞を、1番、2番ってつけたりしてね」

こもり教頭「“これを聴かなきゃと誕生日を迎えられねーわ!“みたいな生徒が出てきてほしいもん」

さかた校長「もう、いるかもな。すでにもうギターとかやってる子たちもいるから」

こもり教頭「募集する? (笑)」

さかた校長「そうね(笑) こもり教頭は1ヶ月後ぐらいでしょ?」

こもり教頭「あ! そうだそうだ! 俺、1ヵ月後誕生日だ!」

さかた校長「それまでにこの『おめでとうソング』を仕上げたいな!」

こもり教頭「はんすけ先生、じゃあ1ヵ月後お願いしますね」

さかた校長「楽しみ増えましたわ。じゃあみんな、アイディア随時募集中だ!」

こもり教頭「それでは、起立! 礼!」

さかた校長・こもり教頭「また明日〜〜〜〜〜〜!!!!」



さかた校長の放送後記

今日も誰かが生まれている


こもり教頭の放送後記

笑えば勝ち!!

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年5月20日(水)PM 10:00 まで

Music 2020.05.13 PLAYLIST


LINE MUSIC

Sano ibuki 1st e.p.『SYMBOL』は“感情豊かな”作品

シンガーソングライターのSano ibukiさんが、5月13日(水)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にリモート出演。この日発売されたファーストe.p.『SYMBOL』について、パーソナリティのさかた校長とこもり教頭の質問に答えました。

生放送教室 放送後記一覧

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る