遥香先生と聖来先生が来校!!! あの時の自分になんて声をかけますか?

SOL!

今夜の授業を職員のいとかんが振り返り!


今夜のSCHOOL OF LOCK!には、わが校の"4組の副担任"乃木坂46賀喜遥香先生と早川聖来先生が来校!!
2人と送っていった今夜の授業は『あの時の自分へ』!!
自分の10年間を振り返った時に、何年前の自分にどんな声をかけてあげたいか、年代とその理由、かけたい言葉を生徒のみんなから教えてもらった。


電話を繋いだのは、3年前の小5の自分に伝えたいことがある【大阪府、14歳、女の子、ラジオネーム『ブルーなアップルマン』
小5のとき、いじめられて味方がいないと感じていたというRN:ブルーなアップルマン
親にも先生にも見捨てられた結果、自分の存在に対して意味がないのかなと思い始めたそうで、何度も命を落とそうかと考えていた中、乃木坂46先生の『シンクロニシティ』と出会い、何度も聴いて泣いて励まされたそう。
そんな『RN.ブルーなアップルマン』は、3年前の小5の自分へ、乃木坂46先生とシンクロニシティに出会ってくれてありがとう、生きていてありがとう。と伝えました。
今では友だちも出来て、学級委員長も務めているそうで、毎日充実しているとのこと。
これには聖来先生、遥香先生も涙が止まらなくなり、今、乃木坂46として活動していることに対して何かを感じているようでした。

そんな今夜の授業はradikoのタイムフリーで聴きなおすことができます。ぜひ再出席してみて聞いてみてください

この後記の放送を聴く

聴取期限 2021年12月23日(木)PM 10:00 まで

遥香先生と聖来先生が来校!!! あの時の自分になんて声をかけますか?


遥香先生と聖来先生が来校!!! あの時の自分になんて声をかけますか?


今日がずっと楽しみでした。
学校でずっとフワフワしてました。
LOCKS!に与田ちゃん、そして、せーらちゃんとかっきー、豪華過ぎる!
乃木坂46が大好きです!
今日の10時、しっかり準備して待ってます!
イタズラリンゴ
女性/15歳/福岡県



賀喜遥香先生、早川聖来先生、こんばんは。
いつも応援してます!
Time flies最高でした!
いつも元気をありがとうございます!
今日はすごく楽しみにしてます!
モッチャン
13歳/東京都


こもり校長「もう楽しみでしょうがないよね!」

ぺえ教頭「ワクワクしてるわね」

こもり校長「RN ラティ、RN 乃木坂好きのバネ、もうここにいるのよ!」

ぺえ教頭「ということで、今日の生放送教室には、我が校の4組の副担任…」

遥香先生「乃木坂46の賀喜遥香と…

聖来先生「早川聖来です

こもり校長「嬉しい!!! 今日は4組の副担任2人が、さっそく生放送教室に来てくれたぞ〜!!!」

ぺえ教頭「校長はこの日を待ち侘びて」

聖来先生「嬉しいです〜」

こもり校長「今週1週間、今日のために頑張ったと言っても過言ではない」

遥香先生「ありがとうございます」

ぺえ教頭「もう今日で癒されて」

こもり校長「それがあるから頑張れたみたいなものだから。お2人は僕と会うのは9月ぶりということで。その時はリモートだったんで、対面は6ヶ月ぶりぐらいですかね」

遥香先生「半年の間に校長になられて」

こもり校長「そうなんです、校長になりました」

遥香先生・聖来先生「(笑)」

ぺえ教頭「ちょっとニヤニヤしてるんじゃないわよ(笑)」

こもり校長「先に黒板発表してもいい?」

SOL!


『 超絶カワイイ!! 』

ぺえ教頭「ここまでの校長は3ヶ月やってきたけど、ここまではっちゃけてるのは初めて見たわ」

遥香先生・聖来先生「嬉しい〜」

ぺえ教頭「私じゃ満たされてないみたい」

遥香先生・聖来先生「(笑)」

こもり校長「そりゃそうよ」

ぺえ教頭「そりゃそうよ? 素直だな(笑)」

こもり校長「教頭は2人と初めてじゃないですか。どう?」

ぺえ教頭「すっごいムカつきますよ。カワイ過ぎちゃって。透明感があり過ぎるわね。もう水みたい」

遥香先生・聖来先生「(笑)」

ぺえ教頭「でも私も一応いつもより女らしくして来たのよ」

こもり校長「思った。カチューシャとか付けちゃって」

遥香先生「爪もカワイイですね」

ぺえ教頭「ホント? 顔は?」

遥香先生「顔、カワイイです」

こもり校長「カワイイ〜」

ぺえ教頭「なんでだよ! カワイイって言われたの私だよ(笑)」

こもり校長「ごめん。聖来先生と遥香先生がカワイ過ぎて(笑)」

ぺえ教頭「山崎怜奈ちゃんを意識して来たのよ」

遥香先生「分かります」

ぺえ教頭「言わされてるわね(笑)」

こもり校長「そんなお2人は昨日、乃木坂46初となるベストアルバム『Time flies』をリリースしたばかり! おめでとうございます! 今日、このバスを渋谷で見たよ! 俺もテンション上がっちゃった!」

遥香先生「街で見てくれた方も、もしかしたら聴いてる方でいらっしゃるかもしれないですね」

こもり校長「ベストアルバムの話はこの後の授業でたっぷり聞かせてもらいます」

ぺえ教頭「そして今日は木曜日ということで、乃木坂LOCKS!もあります」

こもり校長「こちらには2人の先輩、3期生の与田祐希先生がサプライズで登場ということで」

ぺえ教頭「サプライズなのにもう言ってるのよ(笑)」

遥香先生・聖来先生「(笑)」

こもり校長「“サプライズの概念はどこ?”ってのはありますけど、それすらもうカワイイ。あと今日は、2人のサイン入りポスターがいただけると」

遥香先生「そうなんですよ。持ってまいりました、3枚」

こもり校長「3枚もくれるの?」

聖来先生「3枚〜 1枚じゃないよ〜」

ぺえ教頭「合コンじゃないんだから(笑)」

SOL!



♪ ぐるぐるカーテン / 乃木坂46


こもり校長「2012年2月22日にリリースされた、乃木坂46先生のデビューシングルですね。もう8〜9年前になるけど、2人は当時、何歳?」

聖来先生「小学生ぐらいですね」

こもり校長「何やってたの?」

遥香先生「私は小学4年生だったんですけど、ちょうどこれぐらいの時に引っ越しました。大阪に住んでたんですけど、栃木に」

こもり校長「ターニングポイントだね」

遥香先生「そうですね。感慨深い」

こもり校長「人生の中で、その当時に聴いてた曲って、その時は分からないけど、振り返って見てみると、そういう聴き方もありますよね」

ぺえ教頭「こんなに前なんだね。何年経っても色褪せないわね。私、カラオケで歌うのよ。『ぐるぐるカーテン』と『ガールズルール』」

遥香先生・聖来先生「え〜、嬉しい〜」

ぺえ教頭「ギリギリガールズなんだけどさ(笑)」

こもり校長「上手く言ったみたいに言ってるんじゃないよ(笑)」

一同笑い


こもり校長「乃木坂46といえば、昨日デビュー10周年を記念した初のベストアルバム 『Time flies』をリリースしたばかり! …ということで今夜の授業テーマは…
『あの時の自分へ』

ぺえ教頭「今年で10周年を迎えた乃木坂46! 今日は生徒のみんなにも、これまでに自分が過ごしてきた10年間を振り返ってもらい、当時の自分に声をかけるとしたら、いつの自分にどんな言葉をかけたいか? を聞いていきたいと思います!」

こもり校長「例えば“3年前、中3だった自分へ。あの時は第一志望に行けなくて落ち込んでいたけど、今の高校で大親友に出会うことが出来たから今は楽しいよ!”とか。“7年前、10歳だった自分へ。習い事がきつくて辞めかけていたけど諦めずに頑張っていたら、全国大会で優勝しました!”とか! 今年から数えて10年間の中なら、何年前でもOKです! 当時の自分にかけたい言葉を教えてください。ちなみに、教頭は?」

ぺえ教頭「私は上京した7年前ぐらいかな。そもそもやりたいことを3年だけやって、すぐ山形に帰る予定だったから。こんな仕事するつもりなかったから、3年で帰れなくなるよってことを伝えたい。あと、妖怪になり、教頭と呼ばれるようになったよって」

聖来先生「妖怪なんですか?」

ぺえ教頭「そうなのよ」

こもり校長「俺やっぱ好きだわ! かつてピュアにその質問した人はいなかったね」

ぺえ教頭「聖来ちゃんはすごく私に興味を持ってくれてるわね」

聖来先生「はい。すごく気になります」

ぺえ教頭「すごく真っ直ぐな目で私を見てきてくれてるというか」

こもり校長「だから、今、校長から見えてる、教頭と聖来先生が隣り合って座ってるんだけど、すごく相反してるから、色も対な感じなの。緑の淡いキレイなセーターを聖来先生が着てて、もう毒みたいなピンクを教頭が着てて」

ぺえ教頭「誰が毒よ(笑)」

SOL!


遥香先生・聖来先生「(笑)」

こもり校長「今日はコントラストがすごくいい」

ぺえ教頭「分かりやすくね。校長は?」

こもり校長「俺は10年前は16歳。高校1年ぐらいの自分に言ってあげたいかな。ちょっと悩んでた時期なんだよね。実家に帰るか、ダンスし続けるか。その後、何も決まらないんだけど、通信(通信制高校)に行ったりとかして。結構悩んだ時期ではあったから、あの頃の自分に“そのままダンスし続けなさい。そしたら、いろんな人に出会えるよ”って伝えたいかな」

ぺえ教頭「10年で相当人生って変わるよね」

こもり校長「変わる!」

ぺえ教頭「私も8年前、介護施設で働こうとしてたから。こう見えて、介護福祉士の免許を持ってるのよ」

遥香先生「すごいですね〜」

ぺえ教頭「ありがとう。優しいね」

こもり校長「お2人は、この10年間で、乃木坂に加入したりしてるから、自分にかけたい言葉はいろいろありそうですね」

ぺえ教頭「悩んだこともいっぱい聞きたいわ」

遥香先生・聖来先生「(笑)」

聖来先生「聞いてもらいたいですね」

遥香先生「聞いてもらいたい〜」

こもり校長「ホントに? 聞くよ!」

遥香先生・聖来先生「(笑)」


こもり校長「さて今日もオープニングから何度も言っていますけど、乃木坂46は今年10周年を迎えて、それを記念したベストアルバム『Time flies』がリリースされました! おめでとうございます! アルバムは過去に4枚出していますけど、ベストアルバムは初ということで。アルバムには2012年の1stシングルから今年2021年の28枚目シングルまで、表題、カップリング、新曲を含む全40曲を収録されていると。ベストなので、かなりボリューミーですけど、完全生産限定盤、初回仕様限定盤、通常版、10周年記念メンバーカスタムジャケット盤という特別なジャケットのアルバムもあるそうです」

聖来先生「こんな感じで(見せて)」

こもり校長「そんな感じになってるの!? 好きなメンバーを選んで入れられるように」

聖来先生「そうなんです。ファンの方が選んで変えらえるように」

こもり校長「いいね。衣装もカワイイ。カッキー先生のはエンジのスカートに」

遥香先生「そうですね。『サヨナラの意味』って楽曲の衣装なんですけど、これも自分の好きな衣装を選べて。これを選びました」

SOL!


ぺえ教頭「似合ってるわね」

遥香先生「嬉しい!」

聖来先生「カワイイ〜」

ぺえ教頭「聖来ちゃんは?」

聖来先生「私は『シンクロニシティ』の紅白で着た衣装を着させていただきました。全部レースで出来てて。初めての紅白で来た衣装打たので、すごく特別で好きな衣装だったので」

こもり校長「アルバムやシングルを制作する時は、もちろんメンバーみんなの想いもこもってるし、その今日が出来た経緯とか、リリースされてからも想いは募りますけど、ベストアルバムになって、今までを振り返って、自分の想いを込めてジャケット写真に出来るって結構嬉しくないですか?」

遥香先生・聖来先生「嬉しいです〜」

遥香先生「私たちの想いもたくさん詰め込んだものになってるので」

こもり校長「それを共有できるのも、今回の企画としていいなと思いますが、リリースに伴い、メンバーが選曲した『#わたしの乃木坂ベスト』とか『#乃木坂ダンスプレイリスト』など他にも様々な企画を行っていますが、乃木坂グループとしては10周年ですけど、2人が加入したのはいつですか?」

聖来先生「私たちは2018年の12月3日に加入しましたね」

こもり校長「じゃ、加入して3ヶ月…」

遥香先生・聖来先生「3年ですね」

こもり校長「間違えた」

遥香先生・聖来先生「(笑)」

ぺえ教頭「3ヶ月ではないんじゃない(笑)」

遥香先生・聖来先生「もうちょっといる(笑)」

こもり校長「すべての生徒に向けて、ごめんなさい」

遥香先生・聖来先生「(笑)」

ぺえ教頭「3ヶ月は度肝を抜かれる売れ方よ(笑)」

遥香先生・聖来先生「(笑)」

こもり校長「丸3年経ちましたけど、2人にとっての3年間はどうでした?」

SOL!


聖来先生「加入した当初は乃木坂が7周年で、もう入ったばかりだけど、7年、先輩たちが築き上げてきたものに追いつかなきゃいけない状況が3年間、未だに追いつけてないんですけど、そういう葛藤が結構ある3年間でしたね」

遥香先生「4期生全体がそういう意識だったというか。憧れて入ってきた子がほとんどで、ああなりたいけど、どうしても追いつけないっていうもどかしさがずっとあってって感じでした」

ぺえ教頭「4期生同士でぶつかったこともあるの?」

聖来先生「…そこまでない…」

ぺえ教頭「ホントに?(笑)」

こもり校長「結束の方が大きいのかもね。入った時に7年目を迎えてる先輩たちがいて、自分たちは0からのスタートなのに、グループはもう集大成って形になってるから」

聖来先生「うん。協力してなんとか追いつかなきゃってお互い補い合ったりすることが多いですね」

ぺえ教頭「違う方向を向いてる場合じゃないのか」

こもり校長「他からもいろいろ言われることあったんじゃない?」

遥香先生「やっぱり私たちじゃ力不足なところも多いので」

ぺえ教頭「そんなことないわよ」

遥香先生「ありがとうございます(笑)」

こもり校長「最初から今日に至るまで全速力の3年だったんじゃないですか?」

遥香先生・聖来先生「そうですね」

聖来先生「だから、あっという間です」


♪ 君に叱られた / 乃木坂46


ぺえ教頭「この曲いいのよ。好きよ」

こもり校長「28枚目の最新シングルで、遥香先生がセンターを勤めてる楽曲で」

遥香先生「そうなんです」

こもり校長「SCHOOL OF LOCK!的にも思い入れのある楽曲になったというか、乃木坂LOCKS!で想いを語ってくれたりとか」

遥香先生「そうですね。1人でずっと喋ってて、あの時の記憶がないです」

聖来先生「(笑)」

こもり校長「あの時は僕らも頑張れって思ったし」

聖来先生「本当にそう」

遥香先生「ありがとう」

こもり校長「そうだよね。聖来先生も選抜メンバーとして参加してるから、同じ空気で戦ってるし」

聖来先生「そうなんですよ。でも、先陣を切って頑張ってくれてる姿を見てると、本当に私たちも何度も救われたし、格好良かった」

SOL!


遥香先生「こちらこそ〜」

聖来先生「ありがとう(笑)」


昨日のライブについて
遥香先生、聖来先生、ライブお疲れ様でした。
特に生田絵梨花さんとのI see…のパフォーマンスは胸が震えました。
今後の活動も頑張ってください!
応援しています!
とっとと飛んだ郎
男性/20歳/埼玉県
2021-12-16 17:01


遥香先生・聖来先生「嬉しい。ありがとうございます」

こもり校長「昨日、一昨日と横浜アリーナで、生田先生の卒業ライブでしたけど、どうでした?」

聖来先生「ピアノを生演奏される曲もたくさんあって、毎回感動しましたし。『君の名は希望』は、何度かテレビで生演奏で歌ってるのを見てたんですけど、それを自分たちがピアノで歌うのは初めてだったので、すごく嬉しかったですし、思い出にもなりましたし、感動もしました」

こもり校長「お2人の中で、生田先生はすごく先輩だと思いますし、越えられない大きな壁だと思うんですけど、その先輩が大きな一歩を踏み出していく姿を見ていて、率直にどうでした?」

遥香先生「私たちはまだ想像できない世界だけど、皆さんすごく希望を持って卒業されていく先輩が多いので、単純に将来の自分も楽しみになる希望になってくださる方だなって、いつも思いますね」


♪ 君の名は希望 / 乃木坂46


こもり校長「そして乃木坂46と言えば、先日行われた“真夏の全国ツアー2021 FINAL!”の中で発表がありましたけど 来年2022年5月には日産スタジアムにて “10th YEAR BIRTHDAY LIVE”を開催するということで、おめでとうございます。乃木坂46の誕生日をお祝いするバースデーライブ、通称バスラ! 来年は10歳をお祝いするライブ、ドキドキですか?」

遥香先生「ドキドキです。やっぱり規模が」

聖来先生「規模がね」

こもり校長「日産スタジアムから見える景色ってどんな感じなんでしょうね」

ぺえ教頭「校長も見てない?」

SOL!


こもり校長「俺はサポートダンサーとしてとかはあるけど、それはやっぱり全然違うじゃん。メインのステージは立ってないから。でも、あと5ヶ月ですよ」

遥香先生「ドキドキ〜(笑)」

聖来先生「頑張ります〜(笑)」

こもり校長「輝いてください」

遥香先生「はい」


こもり校長「そして、ここからはこんな授業をお届け!
あの時の自分へ

3年前の自分へ
かなりの人見知りで、受験して入った私立中学になかなか馴染めなかったけど、3年後の私は、高校で友達と仲良く楽しく過ごしてるよ!無理しない程度に頑張って!嫌なこともたくさんあると思うけど、ちゃんと3年後に報われるよ!
夕立ちと虹。
ー/16歳/埼玉県
2021-12-16 19:17


聖来先生「素敵だ〜」

ぺえ教頭「いいメッセージだね。そして、よかったね」

こもり校長「人見知りっていうのも1つの自分の特徴でもあると思うから、否定することでもないけど、そこから変われた自分をこういう風に伝えられるのはいいことだよ」


あの頃の自分へ
1年前の自分へ
メガネだと野球がやりにくいと悩んでいてコンタクトにすると決心したね。でもつけ始めてから1ヶ月は怖くて付けるのに30分かかって遅刻した事を今でも覚えています。でも今では1分もかからずに付けられるから遅くまで寝てられるよ!怖いと思うけど頑張れ!!
Mrs.アッキー
男性/15歳/新潟県
2021-12-16 19:21


遥香先生「カワイイ〜」

ぺえ教頭「コンタクトの初めはね」

聖来先生「私もそうでした」

ぺえ教頭「私も大学の学食でカラコン入れるの練習した。3時間くらいかかって」

遥香先生・聖来先生「(笑)」

ぺえ教頭「外すのも怖いんだよね。この気持ち分かるわ」

こもり校長「分かるわ〜 遥香先生は裸眼?」

遥香先生「コンタクトです。でも私は最初からスンって」

ぺえ教頭「賀喜ちゃんはきっと度胸があるのよ。迷いがないのよね」

遥香先生「なんでも適当なんだと思います(笑)」

SOL!


ぺえ教頭「見てて思わない? ドシっと座ってるわよ」

遥香先生「(笑) ここで皆さんを見渡せるので」

ぺえ教頭「そういうことじゃないわよ。人間的な強さよ」

こもり校長「さっきからちょっとだけズレたところで話すの、僕は好き」

ぺえ教頭「それも魅力よ。あと、山崎怜奈ちゃんからLINEきました」

こもり校長「なんで直でLINEしてるのよ(笑)」

一同笑い



さて、ここからは…『農業部 supported by JA全農』!!!

こもり校長「生徒のみんなに農業の魅力を知ってもらうための部活動! それが、SCHOOL OF LOCK!農業部!」

的場部長「農業部部長、虹のコンキスタドールの的場華鈴です!>

明桜先輩「農業部部員、大和明桜です!

SOL!


こもり校長「今日はぶん回していくぞ!」

的場部長「この席、さっきまで賀喜さんが座られたと聞いて、手汗が止まらないんですけど。本当にすいません! すごくいい匂いがします!」

こもり校長「何の匂いって言ってたっけ?」

明桜先輩「あ、グレープフルーツジュースの匂い」

こもり校長「爽やかだな〜」

ぺえ教頭「いいじゃない、2人も土の匂いがするわよ」

SOL!


的場部長・明桜先輩「(笑)」

こもり校長「今日も耕していこう! 今週の活動内容は、農業あるある
全国の農業高校に通う生徒や実家が農業をやっている生徒から届いた“農業あるある”を的場部長と明桜あーおパイセンに紹介してもらいます!」

農業あるある
秋の土日は休みじゃない
masa-_-
男性/15歳/福岡県
2021-12-09 20:09


的場部長「これは実際に農家さんから結構聞くんですけど、1日も家も明けられないのが大変なところらしくて、家族でお手伝いしてる方もいらっしゃるんですけど、子どもたちの土日は返上してもらったりするって話も聞いたりするので、これはあるあるなんだと思います」

こもり校長「生き物を育てるってことだから、1日でも放置したらってこともあるからね」

的場部長「管理が大変ってことがあるみたいですね」

農業あるある
野菜やお米、フルーツを育てる大変さに気づき、嫌いなものでも頑張って食べるようにになる!
抹茶になりたい
女性/17歳/福岡県


的場部長「私とあーおちゃんは実は嫌いな食べ物がなくて、何でも食べちゃうんですけど、実際に育てる工程をやらせてもらって、さらに食べるようになったのはあります」

明桜先輩「どんどん好きになりますもんね」

的場部長「それこそお米とか植えるところから収穫までやらせてもらうと、いつもより美味しく感じたりとかもあったり」

こもり校長「その工程を知ると、雑にならないのはあるかもね」

的場部長「これはあるあるです」

農業あるある
野菜がたくさん採れた時に、自分の家だけじゃ食べきれないからってお隣さんとかにお裾分けするけど、そのお礼にもらうお返しが野菜で、結局食べる量は変わらない
月とピエロ
女性/16歳/石川県


ぺえ教頭「これは面白い」

こもり校長「(笑)」

的場部長「これは気づかなかったですね。そう言えばそう」

こもり校長「そうね。ギブアンドテイクでテイクされちゃってるから」

明桜先輩「私、おばあちゃんが野菜育ててるんですけど、近所に野菜配ったら、それがケーキになって返ってくるんですよ」

こもり校長「料理になって、返ってくるのね」

明桜先輩「結構、倍になって返ってきて、やったーって思いますね」

こもり校長「あーお先輩は食べるからね。じゃ、これもあるある」

的場部長「ということで、今週の農業あるあるは以上です!」

こもり校長「今日、紹介した生徒全員に、 SCHOOL OF LOCK!特製クリアするファイル農業部バージョンを プレゼント! 完成次第、送るから、ちょっとだけ待っててください。そして、“モスト・バリュアブル・農業あるある=MVN”の発表を、部長、お願いします!」

的場部長「MVNに輝いたのは、ラジオネーム:月とピエロ!」

こもり校長「MVNに輝いた、月とピエロのクリアファイルには的場部長とあーお先輩のサインを入れて送ります」

的場部長「農業あるあるは、引き続き農業部掲示板農業部の専用メールフォームで募集しています!」

明桜先輩「全国の農業高校に通う生徒や実家が農業をやっている生徒からの書き込みを待ってます!」

こもり校長「というわけで、SCHOOL OF LOCK!農業部、今日の部活動は以上!」

SOL!




こもり校長「さぁ、今夜の生放送教室には
乃木坂46賀喜遥香先生と早川聖来先生、来校中!

聖来先生
聖来先生、バイトって言ってましたけど…
本当の正体は学校の偉い人で、今日の校長たちの働きぶりを、上に報告しに行ったわけじゃないですよね?
ありたやき
男性/17歳/群馬県
2021-12-16 23:17


こもり校長「その考え方もあるね。だとしたら、今日はだいぶいい報告が届いてるんじゃないかな」

ぺえ教頭「私たち今日、大丈夫かしら」

聖来先生「ほほほ…そうですね…ま、いい報告してると思いますよ」

こもり校長「聖来先生、僕こういうの、結構粘れるタイプなんで、もっとやっていただいても…」

遥香先生・聖来先生「(笑)」

ぺえ教頭「こわいこわい」

聖来先生「ほほほ…空いてる時間もずっと喋ってくださって、とっても嬉しいので、いい報告しときましたよ…ほほほ」

SOL!


こもり校長「(笑)」

ぺえ教頭「限界なら限界って言いなさいよ(笑)」

聖来先生「限界〜!」

ぺえ教頭「(笑)」


46枚目
はるか先生、せーら先生こんばんは!!!!
昨日発売された乃木坂46のベストアルバム『Time flies』買いましたよー!
僕は完全生産限定盤とはるか先生とせーら先生とさくちゃん先生のカスタムジャケットを買いました。
気づけば僕は音楽が好きになり、CDの所持数の46枚目は『Time flies』でした!
特典映像とフォトブックを見ると乃木坂46が10年かけて登ってきた大きな坂を感じました。
これからも勢いをとどめることなくまだまだ坂を登って行ってください!
応援してます!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
釜飯烈怒
男性/14歳/鳥取県
2021-12-16 18:48


遥香先生・聖来先生「嬉しい。ありがとうございます」

こもり校長「釜飯烈怒の中でも46枚目って記念すべき数字がこのアルバムになったってすごいよね」

聖来先生「ありがたい」

遥香先生「嬉しいね」

こもり校長「やっぱ運命って巡り巡ってくるものなんだね。これが思い出になって、一緒に坂道を登っていってください」


こもり校長「さあそして今日は、遥香先生、聖来先生と共にこんな授業をお届け中!あの時の自分へ

こもり校長「ここからは生徒の直接話を聞いていこう!」

ブルーなアップルマン 大阪府 14歳

こもり校長「学年は?」

ブルーなアップルマン「中2です」

ぺえ教頭「あ。中2、高2は…好きにしなさい」

ブルーなアップルマン「はい」

こもり校長「職員情報なんだけど、家族全員、乃木坂先生が好きって話じゃない」

SOL!


ブルーなアップルマン「はい(笑)」

こもり校長「今2人が目の前にいるぞ」

ブルーなアップルマン「今もう手が震えて、さっき職員の方から電話もらった時、ずっと泣いてました」

こもり校長「じゃ、好きって想い伝えておこうか」

ブルーなアップルマン「毎日、曲も聴いて、番組も必ず観るぐらい大好きです」

遥香先生・聖来先生「ありがとう〜! 嬉しい〜」

こもり校長「いつ頃から好きなの?」

ブルーなアップルマン「小5の4月ぐらいです」

こもり校長「きっかけは何だったの?」

ブルーなアップルマン「きっかけは『シンクロニシティ』が発売された時にミュージックビデオをたまたま見て、すごくいい曲だなと思って、そこからすごく好きになりました」

こもり校長「今日のテーマだけど、何年前の自分にどんな声をかけたい?」

ブルーなアップルマン「3年前の自分に、ありがとうって感謝の気持ちを届けたいと思います。その小5の時にいじめられてて、誰も頼れる人もいなくて、1人ぼっちだった時に乃木坂先生の『シンクロニシティ』に出会って、歌詞に救われて。それで乃木坂先生と『シンクロニシティ』に出会ってくれてありがとうって」

こもり校長「その時、前に進んでくれた自分にもありがとうだし、今大好きな乃木坂先生に出会ってくれてありがとうって想いがあるんだ?」

ブルーなアップルマン「はい」

こもり校長「小5の時は親とか先生とかに頼れたり出来なかったの?」

ブルーなアップルマン「先生も親も結構見て見ぬふりをしてたので、頼れる人がいなくて」

こもり校長「でも、そのタイミングで出会えたんだ?」

ブルーなアップルマン「はい」

こもり校長「歌詞を世界観に救われて今に至るわけだ。今はどうなの?」

ブルーなアップルマン「今はたくさん友達も出来て、友達と喋るのが楽しみになりました」

ぺえ教頭「本当に良かったわ」

こもり校長「明日も学校だから、明日も楽しみだ?」

ブルーなアップルマン「はい」

こもり校長「委員会とかやってるの?」

ブルーなアップルマン「学級委員やってます」

ぺえ教頭「すごいわね」

遥香先生「すごい〜」

SOL!


聖来先生「みんなから頼られる存在になって、すごい」

こもり校長「今の自分の楽しいって気持ちがあるのも、その時の自分がいなきゃないなって思う?」

ブルーなアップルマン「はい」

こもり校長「最後にもう一度、自分に向けて、メッセージ言ってもらっていい?」

ブルーなアップルマン「小5の時の自分へ。乃木坂先生に出会って、『シンクロニシティ』って曲に出会ってくれて、ありがとう。そして、いじめに負けず、生きててくれてありがとう」


♪ シンクロニシティ / 乃木坂46


こもり校長「この『シンクロニシティ』が出来た時、2人は最前線ではなかったかもしれないですけど」

遥香先生・聖来先生「加入前です」

こもり校長「でしょ。で、時を経て、今、その道のなかで最前線にいるわけじゃないですか」

ぺえ教頭「2人とも今、ウルウルよ」

聖来先生「こうやって“出会ってくれて、ありがとう”って、いざ言ってもらえると嬉しいし、自分たちも今いて良かったって思うよね」

遥香先生「ね。いて良かったって」

ぺえ教頭「泣いていいのよ」

遥香先生「嬉しいです〜」

ぺえ教頭「だから、2人も救われてるよね」

こもり校長「本当にギブアンドテイクというか…もうティッシュは使いたい放題使ってください(涙の遥香先生・聖来先生に)」

ぺえ教頭「大丈夫よ〜」

遥香先生・聖来先生「ごめんなさい」

ぺえ教頭「全然謝ることじゃないわよ」

こもり校長「こういうことなんでしょうね。昨日ベストアルバムが出て、振り返るきっかけにもなったでしょうし。言葉にすると薄くなっちゃうかもしれないですけど、きっと2人の中でも思い出す風景が違っていて、おそらく楽しいことも辛いこともあったでしょうし」

ぺえ教頭「頑張ってきたわね」

遥香先生「泣いちゃう…ありがとうございます」


愛を分け合って
乃木坂の歌は寄り添ってくれる歌だと改めて思いました。親も先生も頼れない状況の中耐えたのは本当にすごい!これからはみんなと愛を分け合って負けず頑張れ!!!
タイヒロ
男性/19歳/東京都
2021-12-16 23:41


ぺえ教頭「素敵なメッセージね」

SOL!


こもり校長「ブルーなアップルマンの電話を聴いてくれてる生徒のみんなもこう思ったし、ブルーなアップルマンが5年生の時に思ったことは消えないだろうし、絶対に思い返すことだと思うけど、これから先にあるものではないから、今こうしていろんな楽曲に出会えて、って素晴らしいことじゃないですか。乃木坂先生は新陳代謝を繰り返しながら、当時のキラキラのまま、さらにパワーを増して、お2人のようにキラキラな人が増えていくわけですから」

聖来先生「本当に嬉しいね。今はコロナ禍でライブとかではお会いするけど、ファンの方と会う機会も減って、直接会えないことが多いので、こうやって電話とかでも想いを伝えてもらえると本当に嬉しい! ありがとう〜(涙)」

ぺえ教頭「生の声を聞いて実感できるよね」

こもり校長「言葉ってすごいなって改めて思いました」


こもり校長「さぁ授業の最後は、いつも僕の黒板で締めていますが、今夜はお2人に、黒板の代わりに、『あの時の自分へ』声をかけてもらおうと思います。2人が4期生として、乃木坂46に加入したのはちょうど3年前。今日はその3年前の自分に向けて、今、声をかけてあげるとしたらどんな言葉をかけたいか お話をしていただきます」



今日の黒板



SOL!


聖来先生「3年前、加入した時の自分に声を掛けてあげたいんですけど…。
今まで経験したことない色んなお仕事とかたくさんあって、覚えることもたくさんあって慣れないこともあっていろんな人に見られているのに慣れてなくて…。
比べられることもなくて、最初の方は比べられることが怖くてつらい時期もあって、今も慣れないんですけど…。
こうやって今日みたいに“出会ってくれてありがとう”って言ってくれてる生徒もいるし、ファンの方ももちろんだし、スタッフさんもたくさんいるからそういう人を信じて進んでいれば自分が今いて良かったって思えることがあるから頑張ってね!って言ってあげたいです。」

遥香先生「私は『RN ブルーなアップルマン』と同じで、加入前は普通の女子高生で、部活にも入ってなくて頑張れることもなくてって感じで…。
そんな時にシンクロニシティって曲に出会って、たまたまテレビを付けてた時に『シンクロニシティ』を踊ってる先輩方を見て、見つけてその時に“なんてきれいな人たちなんだ”って思ったのをすごく覚えていたので、あの時あのテレビ番組を観てなかったらここにいなかったかもしれない。
そんなことを思ったらテレビつけてた自分ありがとうって言うのと、オーディションも辞めようかなと思った時もあったけど、不安ながらも突き進んでくれてありがとうって言うのと…。
今考えると右も左も分からなくて先輩にも追いつけなくて、理想はあるのに理想に近づけなくて、乃木坂なのかわからないまま乃木坂としてテレビに出たりとかするのも苦しいなと思った時もあったけど…。
その積み重ねがあるから10周年というタイミングでこうしてアルバムをここに持ってきて、校長、教頭いろんな方に聴いてくださいって乃木坂を代表して出ていけたりするのは3年前、自分が頑張るぞ!と心に決めた時からで。
自分のお陰だし認めないとなと思ったので、伝えたいことはありがとうって。
ありがとうって今の自分が言えるぐらい頑張ったんだよって安心させてあげたいから、ありがとうって言ってあげたいです。」



♪ 4番目の光 / 乃木坂46


こもり校長「SCHOOL OF LOCK! そろそろ下校の時間です! 最初の黒板に『超越カワイイ!!』って書いて、2人はSCHOOL OF LOCK!にも何度も来てくれてるし、4組の副担任ってこともあるから、乃木坂46先生の中でも正直ひいきにしてて、2人が出てくると心が惹かれる部分もあるし、今日も来てくれて嬉しいなと思ったけど、なんでこんなに素晴らしいんだろうと思った時に、今日はTwitterとか掲示板がすごいんだよ。インスタもだけど。すごい数の生徒が感想とか想いを、2人の心の機微に寄り添って書いてくれてて…」

ぺえ教頭「また泣いちゃうわよ」

遥香先生・聖来先生「(笑)」

こもり校長「でも、そんなに愛してくれてる人がこんなにたくさんいるから、こんなに輝いてるんだと思って。応援したい、一緒にいたいなと思える2人なんだなって今日すごく思った」

ぺえ教頭「この時間が終わって欲しくないね」

こもり校長「これから先も長い坂道を登らせてください。よろしくお願いします!」

遥香先生「ぜひ(笑)」

聖来先生「嬉しいです〜」

こもり校長「改めて、乃木坂46先生、10周年おめでとうございます!」

遥香先生・聖来先生「ありがとうございます!」

SOL!



こもり校長「SCHOOL OF LOCK!は明日夜10時に再び開校! そして乃木坂LOCKS!はまた来週!」

ぺえ教頭「起立! 礼!」

こもり校長・ぺえ教頭・遥香先生・聖来先生「また明日〜〜〜〜〜!!!!」


♪ 羽根の記憶 / 乃木坂46



こもり校長の放送後記

2人は俺が全力で贔屓する!!


ぺえ教頭の放送後記

乃木坂に入りたい。 かきちゃんもせいらちゃんも美しい時間をありがとう♡゛

この後記の放送を聴く

聴取期限 2021年12月23日(木)PM 10:00 まで

Music 2021.12.16 PLAYLIST

    22:07
  • 22:26
  • 22:39
  • 22:45
  • 22:58
  • 23:23
  • 23:39
  • 23:50
  • 23:53

乃木坂46・早川聖来 賀喜遥香がセンターの『君に叱られた』に「何度も救われた」

乃木坂46の賀喜遥香さんと早川聖来さんが、12月16日(木)放送のTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」に生出演。15日(水)に発売された初のベストアルバム『Time flies』に収録されているデビュー曲の「ぐるぐるカーテン」と賀喜さんがセンターをつとめた28枚目のシングル「君に叱られた」をオンエアし、パーソナリティのこもり校長とぺえ教頭がそれぞれのエピソード聞きました。

生放送教室 放送後記一覧

もっと見る

LOCKS!SCHOOL OF LOCK!の講師陣

  • ミセスLOCKS!

    Mrs. GREEN APPLE

  • アイナLOCKS!

    アイナ・ジ・エンド

  • LiSA LOCKS!

    LiSA

  • 乃木坂46LOCKS!

    乃木坂46(賀喜 遥香)

  • サカナLOCKS!

    サカナクション

  • 平手友梨奈LOCKS!

    平手友梨奈

  • YAZAWA LOCKS!

    矢沢永吉

  • 豆柴LOCKS!

    豆柴の大群

  • SEVENTEEN LOCKS!

    SEVENTEEN

  • 森七菜LOCKS!

    森七菜

  • adieu LOCKS!

    adieu(上白石萌歌)

  • 景井LOCKS!

    景井ひな

  • INI LOCKS!

    INI

ページトップへ戻る