ほんとは言いたいこと

20130308-sol01_0307_1301_2.jpg

『 毎日開講 』
 
キミのスマートフォン、そしてガラケーから24時間いつでも聴く事ができる『スマホLOCKS!』
 
現在、Galileo Galilei、ねごと、PAGE、さよならポニーテール、片平里菜、そして、The SALOVERSが毎日日替わりで授業してくれています。
 
なんと!本日更新の片平LOCKS!では、3月13日(水)に渋谷duo MUSIC EXCHANGEで行われる、里菜ちゃんのライブイベントに、我が校の生徒10組20名を無料招待!!
里菜ちゃん、ありがとーーーー!
 
行きたい生徒は、今日更新された片平LOCKS!を聴いて応募してくれ!!
 
20130307-sol01_0307_1302.jpg

今日は、まず書き込みを紹介!
 

今めっちゃ関係ないんやけどさ
みんな、言いたいこと言おう。ここが、このKGBが、みんなの想いを残せる場であってほしいから。空気とか、そりゃある程度は読まなきゃだけど、そんな気にしなくて良いじゃん。誰かに聞いて欲しいこと、聞いて欲しい時に言おう。ホントにダメなカキコはさ、チームKGBがどうにかしてくれるんやから。想いの賞味期限が切れたとき、自分の心には要らないものが増えちゃうよ。
 
かっことじる@爆破
女/14/滋賀県
2013/03/06 22:08


とーやま校長「書き込みありがとね!3月に入って、書き込み始めてくれたんだよね」
 
かっことじる@爆破「はい!」
 
とーやま校長「ラジオはいつから聴いてくれてたの?」
 
かっことじる@爆破「小4のときから聴いてます!」
 
よしだ教頭「小4!?」
 
20130308-sol01_0307_1303.jpg

先輩たちに感謝を伝えるために、卒業式で送辞をやりたかったけれど、できなくなってしまった…というRN かっことじる@爆破。
そんな悔しい想いをみんなにはしてほしくないから、言いたい事を言えるうちに言っておいてほしい!という気持ちで、この書き込みをしてくれたんだって。
本当にありがとう。
 
とーやま校長「この書き込みを読んで、改めて、生徒のみんなの“ほんとは言いたいこと”を聴きたいなと…」
 
よしだ教頭「そうですよ。本音でぶつからないとね」
 
ということで今夜は…
オマエの中にある「ほんとは言いたいこと」を、想いの賞味期限が切れるその前に、学校掲示板に刻み込んでほしい。
 
20130308-sol01_0307_1304.jpg

まずは、この生徒から。
 
ドラゴン会長 栃木県 16歳 女
 
バスケ部に所属しているRN ドラゴン会長は、ケガをして、去年の8月から部活ができなくなってしまった…。
最初は15人いた部員も、今は8人。
それでも、毎日部活に行って、マネージャーとして部員たちを支えている、RN ドラゴン会長。
 
ドラゴン会長「去年の12月に手術をして、今はリハビリを頑張ってるんですけど、合併症で椎間板ヘルニアになってしまって…。先輩とか同級生は“頑張って、一緒に試合に出ようね”って言ってくれるんですよ。それで私も“はい!”って笑顔で言うんですけど、病院に行くと“復帰は難しいね”ってことしか言われなくて…。私って本当にバスケ部に居ていいのかな?って思うことがすごくあるんですよ。ツライ練習を見ていて、“私は代わってあげられないのかな…”って思って…。
“本当に私はバスケ部に必要ですか?”ということを、部員のみんなに聞きたいです」
 
とーやま校長「キツイよな…」
 
ドラゴン会長「はい…。みんなに気を遣わせてるんじゃないか?と思って…」
 
とーやま校長「“自分が練習に参加してることによって”ということ?」
 
ドラゴン会長「はい。私はできないので見てるだけなんですけど、頑張ってくれてるのに勝てないとか、ツライ想いをしてるのに…と言われると、どうしていいかわからなくなっちゃうんですよ。私は常に笑っていないと、みんなを不安にさせちゃうのかなって」
 
とーやま校長「お前は優しいやつだな…」
 
ドラゴン会長「いえ…」
 
20130308-sol01_0307_1305.jpg

とーやま校長「“今こう思ってるんだよ”ということは言えてないんだよな?」
 
ドラゴン会長「言えてないです」
 
とーやま校長「でもお前はバスケ部の一員なんだから、“私はこう思ってるんだ”“こうしたいんだ”ということを言う権利はもちろんあるんだから」
 
よしだ教頭「一番は、“チームをよくしたい”ってことでしょ?“自分の居心地をよくしたい”じゃないでしょ?」
 
ドラゴン会長「はい」
 
よしだ教頭「そしたら、言いたいことは言ったほうがいいんじゃない?」
 
ドラゴン会長「はい…。今日も先輩と喋ったんですけど、“これからも頼っちゃうかもしれないけど、頑張ろうね”って言われたんですよ。それって、私のことを必要としてくれてるのかな?と思ったんですけど、同級生同士になると、私の傷を見て“痛いよね?”って言ったり、私のことをすごく気にするんです。ありがたいなと思う反面、申し訳ないなと思うときもあって…。
みんなのほうが練習をやっててツラそうなのに、私は“頑張れ”とかそういう声しかかけられなくて…。もうちょっと苦しい気持ちを共感できたらいいのに…って思います」
 
とーやま校長「“頑張れ”って声しかかけられない…じゃなくて、そんな大切なことがお前にできるじゃん。もう走れない…と思ってる選手が、お前のその一言で走れると思うんだよ」
 
よしだ教頭「それに、もう十分苦しんでるじゃんか。たぶんドラゴン会長は、肉体的な苦しみを味わわないと苦しくないと思っちゃうのかもしれないけど、十分同じくらい苦しんでると思うよ。それはチームメイトにも伝わってるよ」
 
とーやま校長「うん、絶対伝わってるよ。ドラゴン会長は、みんなに“ありがとう”って気持ちも“申し訳ないな”って気持ちもあるでしょ?」
 
ドラゴン会長「はい」
 
とーやま校長「それもちゃんと言っていいと思うよ」
 
ドラゴン会長「はい…。明日、ちゃんと言おうと思います…」
 
とーやま校長「何より、部活を辞めないで、強くしたいからマネージャーとして残って声を出してる、というのがカッコイイよ!」
 
ドラゴン会長「ありがとうございます…」
 
ここで、RN ドラゴン会長が部員のみんなに、自分の想いを伝えてくれます。
 
ドラゴン会長「8月からずっと部活を休んでてごめんなさい。それでも、自分なりにできることを一生懸命やってきたつもりです。
もう一緒にプレイはできないかもしれない、もう一緒に試合には出られないかもしれないけど、私をバスケ部に置いてください。
みんなと一緒にバスケを見たり、楽しんだり、部室でおしゃべりしたいです。バスケ部が大好きです!ありがとうございます」
 
とーやま校長「よし!お前にできることはたくさんあるからね。ちゃんと伝えてらっしゃい!」
 
ドラゴン会長「明日、絶対伝えます…!」
 
よしだ教頭「行ってらっしゃい!」
 
ドラゴン会長「ありがとうございます」
 
20130308-sol01_0307_1306.jpg

続いて、この生徒に話を聴いてみます。
 
北極料理人 栃木県 15歳 女
 
RN 北極料理人の「ほんとは言いたいこと」とは…?
 
北極料理人「すごく不安で仕方がないんですけど、不安って口に出すと深みにはまってしまいそうで言えません…」
 
とーやま校長「じゃあ、今すごく不安に思ってることがあるのか?」
 
北極料理人「はい。今、学校で教室に行けてないんですよ…。でも、高校が決まったので、新生活を始めるにあたって、“ちゃんと学校に通えるかな”とか“授業をちゃんと受けられるかな”と不安になってしまいます…」
 
中学1年生の2学期頃に人間関係で悩み始め、集団の中にいるとおなかが痛くなってしまう、というRN 北極料理人。
2年生のときは我慢していたけれど、3年生になると、授業中もおなかが痛くて耐えられなくなってしまった…とのこと。
 
北極料理人「4月から、ちゃんと高校に通いたいっていう気持ちはもちろんあるんですけど、“通いたい”と思うほど、“ちゃんと通えるかな…”っていう不安がすごく大きくなります…」
 
よしだ教頭「どうしても、中学のときのことを思い出しちゃうのか…?」
 
北極料理人「思い出しちゃいますね…」
 
とーやま校長「周りの人にはあんまり相談できてないのか?」
 
北極料理人「周りの人に、軽く“ちょっと不安なんだ〜”とは言ってるんですけど、本当は全然軽い気持ちじゃなくて、気持ちがすごく重くなっちゃうくらい不安で…。でも、心配をかけたくないので言えないです…」
 
20130308-sol01_0307_1307.jpg

とーやま校長「自分の中から、その不安をなくそうと思ってもなくならないでしょ?」
 
北極料理人「なくならないです」
 
とーやま校長「俺たち人間は、強くできてないんだな。みんなどうしても不安に思ってしまう。そこで、俺が一番強いなって思える人間は、自分が不安だと思ってることを、自分で認められるヤツだと思う。それを認められたとき、言いようのない力を手に入れる気がするんだ。だから北極料理人は、今がチャンスだと思うよ。ここで自分を受け入れられたら、4月からめっちゃ強くなるんじゃないか?“不安に思うな”ということじゃない。“そんな私ですけど?”と思う強さを手に入れてほしいな」
 
よしだ教頭「割とみんな不安だと思うよ。自分以外の周りがみんな強い人ばかりじゃないから」
 
とーやま校長「不安だということは、もっとよくなりたい、楽しい事をしたいと思う証拠だと思うしね」
 
北極料理人「そうですね」
 
とーやま校長「強くなってほしいな。強くなれるよ」
 
北極料理人「頑張ります」
 
とーやま校長「この3年間、お前は一生懸命やってきたし…まずこの時点で強いよ!そして、4月からもっと強くなる!そしたら、新しい高校生活は楽しいことがいっぱいだ!」
 
北極料理人「楽しみたいです」
 
よしだ教頭「楽しめるよ。むしろ逆転の発想で、おなかが痛いことが普通でいいんじゃない?それで、たまにおなかが痛くない日が来るんだよ。そのときのラッキーったらないよ!」
 
北極料理人「あぁ…!」
 
とーやま校長「めっちゃ嬉しいよね!大丈夫だよ。頑張れよ!」
 
北極料理人「頑張ります」
 
 
 
もっとたくさんの生徒の「ほんとは言いたいこと」を聴きたいけれど、そろそろ黒板の時間です。
 
20130308-sol01_0307_13100_2.jpg

『 心の奥にある 』
 
たまたま口をついて出てしまう言葉よりも、
誰かの機嫌をうかがうような愛想笑いよりも、
 
自分の心の奥底にある“ほんとに言いたいこと”は、
よっぽど正直だし、全くウソがない。
 
だから、もしも迷ったら、そいつについていってほしい。
 
“ほんとに言いたいこと”
それがすべて。
 
そいつについていったら、そいつが道を示してくれるはず。
 
自分の気持ちに正直にいってほしい。
 
 
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
かっことじる@爆破 滋賀県 14歳 女
ドラゴン会長 栃木県 16歳 女
北極料理人 栃木県 15歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【FAXイラスト】
fax130307_03.jpg
RN supernova観測 新潟県
 
fax130307_02.jpg
RN チョロネコ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
  
【オンエアリスト】
22:07 床には君のカーディガン / The SALOVERS
22:26 桜color / GReeeeN
22:46 君に春を思う / メレンゲ
23:14 だいじょばない / Perfume
23:44 春に / 泉まくら
23:49 君と羊と青 / RADWIMPS
23:53 希望 / アナログフィッシュ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
俺、今日はうまく言葉にできなかった、すまん!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
照れてんのか?本音、ぶつけてこいよ
 
よしだ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

生放送教室 放送後記一覧

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る