高橋優先生来校!!
「 君が“笑顔になれる”高橋優SONG 」!!

150723_sol01.jpg


『 土日 』

150723_sol02.jpg


今夜の生放送教室は…
高橋優先生が登場!!

今年3月に行った卒業LIVE
[ Whistle Song ]にも出演してくれた優先生!
デビュー5周年を記念した初のBESTアルバム
高橋優BEST 2009-2015『笑う約束』が昨日、7月22日(水)にリリースされました!!!!
なので今夜は優先生の曲の中から
『 君が“笑顔になれる”高橋優SONG 』を教えてくれ!!

落ち込んでいたときにすごく励まされた曲。
どうしようもない悲しみから救ってくれた曲。
とにかくやる気が出るあの曲。

君が笑顔になれる・なれた高橋優先生の曲について、そのときの気持ちや思い出と一緒に学校掲示板メールに書き込んでね!!
優先生の曲に感謝したい生徒はぜひ書き込んでください!

150723_sol03.jpg


生放送教室に高橋優先生が来校!!

優先生「お久しぶりです!!」

とーやま校長「お久しぶりです! 生放送教室は2年ぶりとかなんですけど、今年の3月に行った我が校の卒業LIVE、Whistle Song に出演してくれましたね。その時は初っぱなからライブを披露してくれて、ガンガン盛り上げてくれました!」

あしざわ教頭「すごかったですね!」

優先生「あれは激アツでしたね。あんまりライブに来たことがない方も多い会場だったじゃないですか。だから最初は探り合う空気になるかなって思ったんで、最初からアゲアゲでいきました!」

あしざわ教頭「リハーサルの段階でものすごい熱量で丁寧にやられていて、始まった瞬間に生徒もかなり盛り上がっていましたね」

優先生「でも、僕が出る前のお二人のMCっぷりが最高でしたよ」

とーやま校長「正直、あの時あまり盛り上げられなくって凹んでいたんです…」

優先生「とーやま校長って、いつも反省しているイメージ」

あしざわ教頭「校長はいつも落ち込みがちですよね。優先生は5年前が初登場じゃないですか。その時は凹んでいました?」

優先生「放送終了後に凹まされてましたね」

とーやま校長「それは言わなくていいです…(笑)」

当時の音源があるということで、皆で聴いてみることに!

優先生「声が小さい!(笑) 緊張した声をしていますね〜」

とーやま校長「俺も探っている感じですね(笑) 俺もちょっと恥ずかしいです」

優先生「お互い探り探りだったね」

とーやま校長「じゃあ、引き分けだ!」

優先生「別に勝ち負けとかじゃないんだから」

あしざわ教頭「二人共小さい人たちみたいなので止めてもらっていいですか(笑)」

150723_sol05.jpg


そして、高橋優先生は7月22日にデビュー5周年を記念した、
初のBESTアルバム「高橋優BEST 2009-2015『笑う約束』」をリリースしました!!

とーやま校長「おめでとうございます!!」

優先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「全30曲ですが、全部優先生が選ばれたんですか?」

優先生「1曲だけ、ファンの皆さんから投票していただいて」

とーやま校長「『リーマンズロック』ですね。この曲もめっちゃ良かったですね!」

優先生「ありがとうございます。インディーズ時代にずっと弾き語りで歌っていた曲で、音源化していなかったんですよ。『同じ空の下』というシングルの初回限定版DVDに弾き語りの映像が入っていたので、それを見てくださった方々が投票してくれたんです。音源化してなかったんで、急遽レコーディングしましたね」

とーやま校長「この曲って、社会の中で働いている人の歌じゃないですか。でも、この曲をSCHOOL OF LOCK!で聴こうと思った時に10代の皆の親が一生懸命娘や息子のために働いて、10代の皆がご飯を食べられているんだなっていうことを思って聴いたら、親ってすごいんだなあって思いました」

優先生「僕、メジャーデビューさせてもらった時はもう27歳だったんで、アルバイトとかもいろんな職業のものをやったんですね。今でこそ大好きな音楽をやらせてもらっていますけど、もしかしたら今も自分の得意な事じゃないけどやらないといけないって思っている人たちがいると思うんです。その人たちの人生は絶対否定されて欲しくないし、それでも頑張って生きている人たちに“あなたの人生こそ素晴らしいんだ。”っていう歌を書きたいなって思ったんです」


♪ リーマンズロック / 高橋 優


150723_sol06.jpg



優先生「あしざわ教頭が“優先生の音楽は帰ってきたっていう気持ちになれる”って言ってくれたんですけど、一番泣きそうになりましたね」

あしざわ教頭「あら!」

優先生「いろんな音楽のジャンルがあって、でもその人たちもお家に帰ったらお風呂に入ったり、メイクを落としたりするわけじゃないですか。一番そのままの時に聴いてもらえたら嬉しいなって思いがずっと強かったんで」

あしざわ教頭「全部の曲を聴いた時に“皆の友達になってくれる人だな”って思って」

優先生「友達になりましょうよ!」

あしざわ教頭「ずっと横にいてくれる。ずっと応援してくれる奴がいる。そんな存在に高橋優先生がなっていて……。そりゃ落ち着くよなぁという気持ちになれるアルバムでしたね!」

とーやま校長「『リーマンズロック』だけじゃなく、生徒の皆が大好きな曲いっぱいあるんで、直接聞いていってもいいですか?」

優先生「ぜひ!!」

ということで、ここからは優先生のこの曲が好き! という生徒に逆電!

ゆずもっちゃん 香川県 18歳 女 高校3年生

とーやま校長「早速なんだけど、ゆずもっちゃんが優先生の曲で笑顔になれるのってどんな曲?」

ゆずもっちゃん『同じ空の下』です! 私、今高3で、進路の事とかで悩んでいて、目標とかを立てるのが苦手だったんです。でも、『同じ空の下』を聴いて素直な気持ちになれたんです。自分のやりたいことってなんだろうって考えたときに、初めて夢ができました!」

優先生「ゆずもっちゃんの夢は何なんですか?」

ゆずもっちゃん「私自身、音楽が好きで救われた経験があるので、他の人にも音楽を聴いて元気になれるような、そんな場所を作りたいなと思っています」

優先生「ちょっと俺もうヤバイわ…。泣きそうになっちゃった」

とーやま校長「優先生の目が光始めていますね(笑)」

優先生「ゆずもっちゃんの話聞いて俺が励まされてるもん。歌ってて良かったって思うよね。ゆずもっちゃんが夢を持ってくれたきっかけの一つに高橋優の音楽を言ってくれてすごく嬉しいです。ありがとう!」

ゆずもっちゃん「こちらこそ!」

150723_sol07.jpg



優先生!!感謝です!
優先生 5周年おめでとうございます!今 ホイッスルソング思い出して、テンション上がってます!笑優先生と 優先生の曲に出会う事ができたから、1人だったけど ホイッスルソング行って良かったです!!優先生に出会えて本当に本当に良かったです!つらい時とか、優先生の曲に支えられています!本当にありがとうございます!これからも応援しています
ひょうちゃん@BUMPer
女/15/東京都
2015/07/23 22:45



優先生「こちらこそだよ〜! 一人でライブ行くのって結構緊張するじゃないですか」

あしざわ教頭「一人だと友達もいないから孤独ですしね」

優先生「10代だと只でさえ人目が気になったり、不安に思ったりしただろうに、ライブに来てくれて“出会えてよかったです”って言ってくれるんだよ? 人として出来ているよね!」

あしざわ教頭「さっきからずっと目がウルウルしていますね(笑)」


泣く子はいねが
私は優先生の「泣く子はいねが」を聞くと笑顔になります!この曲は優先生がライブで力強くマイクを握りしめ、ファンのみんなを煽る一曲です!ライブ終盤に汗だくになりながら、全力でお客さんを煽る優先生の姿はとっても印象的で忘れられません!そんなライブでの優先生とお客さんが熱く呼応する姿がこの曲を聞くと必ず思い起こされます!あの光景は圧巻です!楽しかったライブを思い出すと笑顔になれます。そして、また優先生のライブに行ける日まで頑張ろうと思えます!私は何と言っても秋田県民なので、優先生の流暢な秋田弁といい、歌詞といい本当に励まされます!秋田県民の私にとってのソウルソングです!笑
またぞー
女/16/秋田県
2015/07/23 16:07



優先生「嬉しい! 全編秋田弁の曲なので、多分、秋田県民以外の方はなんて言っているか分からないと思うんですよ。でも“泣ぐ子はいねが”なら皆で歌えるかなと思って一緒にライブで歌っていますね」

とーやま校長「Whistle Songの時もやっていましたね!」

優先生「歌ってくれるんですよ。みなさん優しいから」

あしざわ教頭「言葉は分からなくても、思いは入ってくるんですよね!」

150723_sol04.jpg


優先生「とーやま校長、5年経ってすごく面白くなっていますね! 当時も面白いって思っていたんですけど、すごいダメ出しされていたから、厳しい世界なんだなあって思っていたんです」

とーやま校長「やめて(笑)」

5年前のとーやま校長「生徒のみんな!! これが、高橋優先生です!」

とーやま校長「おい、5年前のとーやま、静かにしてくれ。俺はお前には会いたくないんだよ」

150723_sol16.jpg


あしざわ教頭「時を超えてのダメ出し!(笑)」

優先生「いや〜。面白いですよ! 僕ずっと笑わせてもらってますもん」

5年前のとーやま校長「生徒のみんな!!」

とーやま校長「もういいよ!(笑) 優先生は地元、秋田でイベントをやられるんですよね?」

優先生「はい。初のフリーイベントというのを7月25日にやるんです。メジャーデビュー5周年ということでやらせてもらうんですけど……。僕、高校の頃まで秋田に住んでいたんです。でも、何も恩返しみたいなことができていないし、秋田のこと大好きなのでちょっとずつでも秋田を盛り上げられるような事をやりたいなと思っているんです」

あしざわ教頭「へえ〜!」

優先生「当日は僕のライブももちろんやるんですけど、来ていただいた方には秋田の美味しい食べ物とか、催し物とかもたくさん用意されているので、1日通して秋田を楽しんでもらえるようなイベントにしたいなと思っています!」

あしざわ教頭「県外の人も、秋田の良さを感じられるイベントになっているんですね」


更に、10月からは高橋 優 5th ANNIVERSARY LIVE TOUR「笑う約束」がスタート!!

とーやま校長「これが全11公演! 10月4日(日)福岡県を皮切りに11月29日(日)の熊本県。ここまでがホール編。更にアリーナ編では日本武道館で2Daysライブという事ですが…2Daysは初めてですか?」

優先生「初めてですね! 初めての武道館ライブの時には、とーやま校長も観に来てくださいましたね! すごい嬉しかったです」

とーやま校長「今年の武道館もぜひ行きたいです!」

150723_sol08.jpg




優先生!!!
楽しみだー!!今日は遅刻せず、しっかり、2時間聞きます!本当に本当に優先生には何度助けられたかわかんない!!嬉しい時も寂しい時も辛い時もいっつも優さんの曲が一緒でした!!アルバム届いて、「今を駆け抜けて」を初めて一曲ちゃんと聞きました。この曲、大好きです。前に進む勇気、元気もらえます!!!!いつも優先生、ありがとうございます。私、頑張ります!!!前に進みます!!ゆっくり一歩ずつ。優先生に出会えて良かった。本当に感謝しかありません!!!今日はよろしくお願いします\(^o^)/日本武道館も観に行きます!!!
埼玉のぷーさん
女/18/埼玉県
2015/07/23 09:34



優先生「ありがとう! ヤバいね、こういうメッセージは」

とーやま校長「『今を駆け抜けて』こちらは新曲なんでしょうか?」

優先生「はい。今回のアルバムでお披露目させてもらう曲ですね」

とーやま校長「この曲もえぐられる所もあるし、ハッとする所もあるし、でも最後にはちゃんと前を向ける曲だなと思うんです」

優先生「デビュー当時は、曲の中にどれだけメッセージを詰め込めるか。みたいなことを勝負所に置いていたんですけど、ここ最近書かせてもらっている曲って割と同じ言葉を連呼していて。その一言だけでも口ずさんでもらって一緒にライブとかで歌えたらいいなっていう思いで書いていて。いずれこの曲もライブで歌いたいし、最終的に歌を聴いてくれた人が“今を駆け抜ける”っていう事を考えてくれたら嬉しいなと思って書きました」

とーやま校長「実際それで埼玉のぷーさんはグッと力が入ったわけですからね!」

あしざわ教頭「一つの言葉って、最初は意味が分かっていなくても、後々聴いた時に“そういうメッセージだったんだ!”って気が付くこともありますしね」

150723_sol09.jpg


続いて逆電したのは、優先生に感謝の思いを直接伝えたい! という生徒!

もなすけ 福島県 19歳 女 専門学校2年生

とーやま校長「もなすけは、いつくらいから優先生のことが好きなの?」

もなすけ「ずっと好きで、優先生が初めて出られた5年前のも聴いてました!」

校長・教頭「おおーーっ!」

そんなRN もなすけの笑顔になれる曲は、『福笑い』

とーやま校長「これは何で?」

もなすけ「携帯を初めて買ったのが4年前なんですけど、その時にSCHOO OF LOCK!を聴いていたら『福笑い』が流れて優先生のストレートな歌詞にすごい衝撃を受けたの同時に感動したんです。すぐに携帯の着メロにしたんですけど、それもあって受験も上手くいって……」

しかし、その後に東日本大震災があり、RN もなすけは大好きな故郷を離れなければいけなくなるかもしれないという状況だったのだそう。
色んな葛藤が生まれる中、心配してくれて電話をかけてくれる友達がたくさんいて、その度に流れる『福笑い』だったのだそう。

もなすけ「優先生の声で“きっとこの世界の共通言語は英語じゃなくて笑顔だと思う”っていう言葉が毎回流れて、それで私に出来ることはなんなのかな。って色々考えて。大きなことは出来なくても、小さなことを積み重ねていけば誰かの笑顔に繋がるんだなって思ったんです。」

とーやま校長「うん!」

もなすけ「その中で自分が将来目指したいって思ったものが、人の笑顔を見られる医療職で。今も色んなアーティストの方の曲を聴いたりしているんですけど、やっぱり優先生の『福笑い』を聴くと帰ってきたなって気持ちになれます! いつか感謝の気持ちを伝えたいなって思いつつライブには中々行けなかったんですけど、12月6日の武道館に行けることになったんです!」

あしざわ教頭「おお〜!」

とーやま校長「良かった!!」

優先生「良かったね…! ちょっと俺もうダメだ〜(泣) 僕話せないからとーやま校長繋いで…」

5年前のとーやま校長「生徒のみんな!!」

あしざわ教頭「出て来ちゃった(笑)」

とーやま校長「帰ってくれ〜(笑)」

優先生「でもね、『福笑い』を書いている時は震災が起こるなんて想像もしてなかったんだけど、音楽で世界を救うっていう事よりも誰か一人の世界がちょっと明るくなればいいなと思って歌っているんです」

もなすけ「はい」

優先生「もなすけさんが着メロにしてくれたのも嬉しいし、もなすけさんの周りには電話をかけてきてくれて、着メロをたくさん鳴らしてくれた素敵な友達がたくさんいた事も嬉しい! 12月に武道館で会おうね!!」

もなすけ「はい! ありがとうございました!」


♪ 福笑い / 高橋 優


150723_sol11.jpg



とーやま校長「早いもので、授業終了の時間が近づいて来てしまいました」

優先生「マジですか! まだとーやま校長のモノマネし足りないんですけど…」

とーやま校長「モノマネはもういいですよ!」

優先生「生徒のみんな!!  これが、高橋優先生です!」(5年前のとーやま校長のマネ)

5年前のとーやま校長「生徒のみんな!!」

あしざわ教頭「本物だー!」

とーやま校長「帰れって!(笑)」

最後に高橋優先生に黒板を書いていただきました!!

150723_sol12.jpg

150723_sol15.jpg


『 絶対会おう! そして笑おう! 』

悲しいことがあったり、不安に思うこともあると思う。
そういう色んな気持ちを携えながら、“また会える!”っていう楽しみがあると、僕は明日も頑張れる気がするんですね。
だからラジオを聴いてくれている皆さんといつか会えるっていうことを楽しみに、今日も明日も、これからも、頑張って行きたいと思います!

会ったら必ず笑おうね!


150723_sol14.jpg


150723_sol13.jpg


高橋優先生、本日はありがとうございました!!
ぜひまた来てください!!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】
 
150723_fax01.jpg
RN ミステリーLOVE
 
150723_fax02.jpg
RN まかっちょ
 
150723_fax03.jpg
RN 埼玉のぷーさん


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
ゆずもっちゃん 香川県 18歳 女
もなすけ 福島県 19歳 女
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 レインロード / CALDIR
22:12 明日はきっといい日になる / 高橋優
22:28 エイミー / THE ORAL CIGARETTES
22:44 リーマンズロック / 高橋優
22:48 同じ空の下 / 高橋優
22:52 パイオニア / 高橋優
23:44 福笑い / 高橋優
23:50 駱駝 / 高橋優
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
5年前のとーやま、
てめぇのせいで優先生がめんどくさい事になったじゃねぇかよ…。
面白かったから良いけどさ…。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
5年前の校長のマネをする高橋優先生…。
もうほとんど別人でしたが…。
たのしすぎたー!!また生徒に会いに来て下さい!!
 
あしざわ教頭
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

生放送教室 放送後記一覧

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る