ダイナマイトカリスマ営業 松田部長来校!!
松田生でんわ相談室!!

生放送 2016.5.30 月曜日

160530_sol21.jpg


今夜もとーやま校長が黒板を書いて…いない?

160530_sol01.jpg


160530_sol02.jpg


『 松田でんわ相談室 』

今夜の生放送教室には…
SCHOOLOFLOCK!のダイナマイトカリスマ営業松田部長が登場!

160530_sol03.jpg


この度、JASRAC日本音楽著作権協会のご協力により、
松田LOCKS!シーズン5のスタートが決定しました!!!!

松田LOCKS!というのは、
松田部長が定期的に「生徒の悩みを解決するための授業をしたい」ということで、
自らパートナーを見つけてきて、開講している授業です!

シーズン5のテーマはズバリ!
松田でんわ相談室!

今夜から、夏が終わるまでの間、
生徒みんなからの相談を24時間受け付けるでんわ相談室を開室!

みんなの著作権に関する悩み、それ以外の悩み。
これを留守番松田が、24時間直接受け付け!

留守番電話に、みんながメッセージを入れてくれたら、
その声を聞いて“松田LOCKS!”の授業で直接答えてくれます!

160530_sol05.jpg


もちろん、今回も、
メッセージを送ってくれた生徒の中から毎週抽選で1人に、
ほしいCDとJASRACグッズをプレゼント!

松田でんわ相談室の電話番号は
050-3588-6969
こちらの電話の受付は、明日から受け付けます!

松田LOCKS!シーズン5の特設サイトもチェックしてください!

160530_sol04.jpg


そして今夜はこれを記念して、
松田生でんわ相談室をやっていきます!

生徒のみんなは、部長に答えてほしい悩み、
何でもいいので学校掲示板もしくはメールで送ってきてください!

ただし、今回も松田部長が挨拶代わりに、みんなに著作権クイズを出題します!
不正解だった場合は残念ながら、話を聞いてもらえません!

でも正解さえすれば問題なし!
さらに、電話に出てくれた生徒には、ほしいCDとJASRACグッズをプレゼント!

160530_sol06.jpg


さっそく1人目の生徒に逆電!!

松田部長「もしもし!」

Yugo 高知県 15歳 男性 中学3年生

Yugo「もしもし!」

とーやま校長「Yugoいつも書き込みありがとうな!」

Yugo「はい!」

とーやま校長「Yugoはここまでの流れついてこれてるか?」

Yugo「なんとか…はい」

とーやま校長「ほら!こんな感じですよ!」

松田部長「ついてきてるはずだけどなぁ(笑)」

あしざわ教頭「丁寧にやってますしねぇ(笑)」

とーやま校長「とにかくYugoは松田部長に相談したいことがあるんだよね?」

Yugo「あります」

とーやま校長「ただ相談するためには著作権クイズに答えないといけないんだよ」

松田部長「正解しなかったら絶対相談聞かないからね」

とーやま校長「クイズ自信ある?」

Yugo「あります!」

とーやま校長「じゃあさっそくクイズいきますね」

松田部長「今回はね、昨日お寿司を食べて部長の機嫌がいいので、3択のところを2択にします」

あしざわ教頭「優しい!」


問題
5月25日(水)に「2016年JASRAC賞」が発表されました。
JASRAC賞とは、カラオケやCD、テレビなどで多く使われ、
前の年にJASRACからの著作物使用料の分配額が多かった楽曲に贈られる賞です。

国内トップ3の作品には、それぞれ「金賞」「銀賞」「銅賞」が贈られ、
今年の金賞を受賞したのは、三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「R.Y.U.S.E.I.」でした。

それでは、第2位、つまり銀賞に輝いた楽曲は一体何?

1番…中島みゆき『糸』
2番…AKB48『恋するフォーチュンクッキー』


Yugo「2番!」

とーやま校長「さぁ、これは正解なのか…部長!答えをお願いします!」

松田部長「正解は…2番です!すばらしい!」

Yugo「ありがとうございます!」

松田部長「知ってるんだな!」

Yugo「はい!知ってました!」


解説
AKB48の「恋するフォーチュンクッキー」は、自動車メーカーのCMに起用されたりと、
さまざまな分野で利用されて、去年は金賞を受賞しました。

ちなみに、中島みゆきさんの「糸」は銅賞。
発売から20年以上が経っていますが、
ウエディングソングの定番として、結婚披露宴やカラオケなどでたくさん歌われています。

今回の正解は2番のAKB48『恋するフォーチュンクッキー』でした。


松田部長「正解したから、悩みを聞いちゃおう!」

Yugo「今日あったことなんですけど、学校で3時間目の授業のとき、教室に蝶が入ってきて、その蝶が2時間くらいずっと同じところにとまってたんですよ。それで友達に『この蝶ずっと同じところにとまっててアホだね』って言ったんですよ。そしたらその友達から『お前の方がアホだよ』って返ってきて、そのとき笑ってしまって面白い返しができなかったんですけど、松田部長ならどんな返しをしますか?」

松田部長「すごい相談がきた!!」

校長・教頭「(笑)」

松田部長「こういうときは大声で返した方がいいと思うね、例えば…ちょっと教頭、今からやるから、俺に『お前の方がアホだよ』って言ってね」


松田部長『この蝶ずっと同じところにとまっててアホだね』

あしざわ教頭『お前の方がアホだよ』

160530_sol07.jpg


松田部長『ズコーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!』


松田部長「これだよ」

とーやま校長「(笑)」

松田部長「『ズコー』って言葉もあるけど、ほぼ顔だからね(笑)」

とーやま校長「Yugo的にはどうだ?今の返しは?」

Yugo「いや〜そこまでやれる勇気がないです」

松田部長「でも、これから色々な仕事とかもすると思うけど、何も言わない方が悪なんだよ?前に出ることのほうがいいんだよ?」

Yugo「はい」

松田部長「だから思い切って『ズコー』って言ってみな」

Yugo「いや、大丈夫です」

松田部長「(笑)」

あしざわ教頭「頑なだ(笑)」

とーやま校長「何もしないよりはってことだから」

松田部長「そうそう、何かしらのアクションは起こした方がいいぞ」

Yugo「はい!」

とーやま校長「じゃあこれからこういうことがあったら、今の考えを念頭に置いてがんばろう」

Yugo「わかりました!」

松田部長「来週月曜日からの松田LOCKS!も聴いてね」

Yugo「あ、はい(笑)」

松田部長「『あ』がつくと大体ウソだからね(笑)」

校長・教頭「(笑)」

とーやま校長「Yugoありがとうな!」

Yugo「ありがとうございました!」


♪ 恋するフォーチュンクッキー / AKB48



松田部長!
松田部長に電話かけたのですが
きってしまいました!!
面白いことが言えないですっ!!!
小豆猫
女性/13歳/東京都
2016-05-30 22:21



とーやま校長「このおもしろいことってっていうのは…」

松田部長「留守電の最後におもしろいこと言ってねって俺が言うから」

とーやま校長「うわー!圧が強いわ!」

松田部長「そういうプレッシャーと毎日戦ってますから!みなさんも同じ思いをしてください!」

校長・教頭「(笑)」

とーやま校長「生徒のみんなより20歳上じゃないですか!(笑)」

松田部長「そういう体験を今からしておくと大人になったときに楽になるから、そういう授業も兼ねてるから!」

とーやま校長「あ!そういうことなんですね!」

松田部長「別にほんとにおもしろいことなんか言わなくていいから!前に出る勇気ね!」

160530_sol08.jpg


そして松田生でんわ相談室、続いての生徒は…

松田部長「もしもし!」

ソフト☆カツゲン 北海道 15歳 女性 高校1年生

ソフト☆カツゲン「もしもし」

とーやま校長「俺も同じ北海道だけど、“ソフトカツゲン”おいしいよね?」

ソフト☆カツゲン「おいしいです」

松田部長「何それ?」

とーやま校長「北海道にあるおいしい飲み物なんですよ、“ソフトカツゲン”のこと説明できる?」

ソフト☆カツゲン「えっと、乳酸菌がいっぱい入ってる感じの飲み物です」

松田部長「ずいぶんざっくりしてる説明だな(笑)」

ソフト☆カツゲン「でもおいしいです」

とーやま校長「北海道名物なんで、今度いったらぜひ飲んでください!それでソフト☆カツゲンも聞きたいことあるんだよね?」

ソフト☆カツゲン「あります」

とーやま校長「ただ著作権のクイズに答えてもらわないといけないんだけど、自信はある?」

ソフト☆カツゲン「ないです」

とーやま校長「そうだよな、でもがんばろう!」

ソフト☆カツゲン「はい」


問題
吹奏楽部の演奏会で、アメリカの曲を演奏したい場合、
どこに著作権手続きをすればいい?

1番…JASRAC
2番…アメリカの著作権団体ASCAP(アスキャップ)


ソフト☆カツゲン「1番」

とーやま校長「これは勘だよね?」

ソフト☆カツゲン「勘です」

松田部長「これは難しかったかなぁ、正解は……1番です!すばらしい!」

とーやま校長「当たってたよソフト☆カツゲン!」

ソフト☆カツゲン「ありがとうございます」


解説
JASRACは、世界各国の著作権管理団体とも
お互いのレパートリーを管理し合う契約を結んでいます。

なので、JASRACと契約を結んでいる海外の団体の管理作品は、
JASRACに手続きをすることで許諾を得ることができます。

ということで、今回の正解は1番です。


松田部長「じゃあ悩みをちょうだい!」

ソフト☆カツゲン「今日1日ツイてなかった私に、これからうまくやっていける方法を教えてください」

あしざわ教頭「確かにちょっと声に元気がないね」

とーやま校長「今日何があったの?」

ソフト☆カツゲン「5個あるんですけど…まず彼氏を作る気がないって言ってた友達に彼氏ができて…」

松田部長「それはやられたなぁ、マラシンで走れないって言ってるのに後半になったらめっちゃ走るやつみたいなね」

160530_sol11.jpg


ソフト☆カツゲン「2個目が元彼に『もう1回付き合ってほしい』って言われたっていうモテ自慢の話を聞かされました」

とーやま校長「知らなねぇよって感じだよな」

ソフト☆カツゲン「3個目が、体育を色々な事情で見学してたんですけど、明日その見学していた種目のテストがあります」

とーやま校長「それはヤバイね」

ソフト☆カツゲン「ヤバイです。4個目がメガネなんですけど、鼻あての部分が折れてしまいました」

松田部長「鼻あてが壊れたらもうかけることできないもんな」

ソフト☆カツゲン「最後が、私花粉症なんですけど、今日の花粉が手強かったです」

とーやま校長「北海道の花粉はこの時期だからね。これだけ1日であるとテンション上がらないよね」

松田部長「細かいこと気になっちゃうんだろうね。でも俺だって嫌なことはあったから」

とーやま校長「何があったんですか?」

松田部長「今日、ここまで電車で来たんですけど、女の人に足を踏まれて謝らないから、その人と2駅睨み合いで、それでも謝らなかったんだぞ!」

ソフト☆カツゲン「(笑)」

松田部長「そういう大人になってほしくない!ずっと目が合ってるのに!あいついい加減にしろよ!」

とーやま校長「松田部長の嫌なことを発散する場所じゃないですから!(笑)」

160530_sol09.jpg


松田部長「ああ!まぁでも、こうやって毎日みんな嫌なことあるわけだから、校長・教頭も嫌なことあるでしょ?」

とーやま校長「そりゃあもちろん」

あしざわ教頭「ありますよ」

松田部長「俺もバツ1子持ちで、『バツ1子持ちと付き合うリスク高いよ』って面と向かって言われたこともあって、辛いんだぜ…」

とーやま校長「そういうときはどうしてるんですか?」

松田部長「大人になると大声出すとなんとでもいけるんだよね。だからカラオケとか行ったりするとかは?」

ソフト☆カツゲン「ああ」

あしざわ教頭「それはいいですね」

とーやま校長「ソフト☆カツゲンは何歌ったりする?」

ソフト☆カツゲン「flumpool警備員の曲とかです」

とーやま校長「じゃあそれで発散するのはいいかもしれないですね」

松田部長「あとは俺はおじさんだから、サウナかな」

あしざわ教頭「15歳のソフト☆カツゲンがサウナは…(笑)」

とーやま校長「でも好きなことをして発散するっていうのが1番かもしれないですね」

松田部長「趣味とかあるの?」

ソフト☆カツゲン「野球観戦とか好きです」

とーやま校長「日本ハム応援してるの?」

ソフト☆カツゲン「はい」

松田部長「野球観戦いいじゃないか、俺は中日ドラゴンズファンだけど、交流戦負けないからな!!今調子いいんだから!!」

ソフト☆カツゲン「(笑)」

とーやま校長「じゃあ好きなことやって発散していこうな!」

ソフト☆カツゲン「わかりました!」

とーやま校長「電話ありがとうな!」

ソフト☆カツゲン「3人とも大好きです!」

松田部長「ありがとう!ほんとに嬉しいよ!そういうの!」

とーやま校長「したっけね〜!」

ソフト☆カツゲン「したらね〜」


♪ 君に届け / flumpool


続いての生徒は…

松田部長「もしもし!」

たこ焼き部長 千葉県 16歳 男性 高校2年生

たこ焼き部長「もしもし」

とーやま校長「たこ焼き部長も、まずは著作権クイズがんばって答えよう」

たこ焼き部長「はい!」


問題
合唱部のコンサートで、プログラムに歌詞を1曲分載せることになりました。
プログラムを1,000部印刷する場合、著作権の使用料は一体いくら?

1番…税込約2000円
2番…税込約20000円


たこ焼き部長「1番!」

とーやま校長「答えるの早かったけど、知ってた?」

たこ焼き部長「勘です、悩んでもしょうがないと思ったので!」

とーやま校長「そうだよな、ただ松田部長の顔が…」

松田部長「ああ…これは…厳しいかも…」

160530_sol10.jpg


とーやま校長「ちょっとダメそうかもしれないけど」

松田部長「正解は……1番です!」

あしざわ教頭「ギリギリでしたね!」

松田部長「ギリギリの1番でした」

たこ焼き部長「ありがとうございます!(笑)」


解説
JASRACは、音楽の利用方法ごとに使用料を定めていていますが、
今回のプログラムのような「出版利用」については、
出版物の種類や部数で金額が決定します。

また、外国の曲を掲載する場合も金額が異なります。

ということで、今回の正解は1番です。


松田部長「じゃあたこ焼き部長、悩みをちょうだい」

たこ焼き部長「昔からピアノをやってるんですけど、年に1回発表会とコンクールがあって、他に文化祭の出し物とかでもあって、そのときに緊張してしまって、今までがんばってきたものを本番で出すってなるとすごく緊張して崩れてしまうので、松田部長や校長・教頭は生放送で緊張したりしないんですか?」

松田部長「緊張でおかしくなったこともあって、テレビ番組の前説のお仕事をしてたときに、前説はお客さんを盛り上げて出演者を呼び込むんですけど、すごく緊張してしまって“大竹しのぶ”さんを呼ぶときに“大竹まこと”さんですって言ってしまって」

とーやま校長「うわー!全然違いますね!」

160530_sol12.jpg


松田部長「だけどそのときはもう“間違ってません!”っていう顔をして、堂々としてたら、周りが聞き間違えたのかなって感じの顔をしてたよ」

あしざわ教頭「(笑)」

松田部長「だから間違えても“間違ってない”っていう感じでいけると思うんだよね」

たこ焼き部長「なるほど」

とーやま校長「間違った!って思っちゃうとその後もバランス崩していっちゃうから、胸張るくらいの方が自分を助けるんですね」

松田部長「あと、緊張するっていうのは“もっと自分ができる”と思ってるからだと緊張すると思ってて、だから“自分なんか全然できないから”って思ってやれば全然緊張しないから!」

とーやま校長「たこ焼き部長、このマインドを取り入れて、次の発表に挑んでみよう」

たこ焼き部長「はい!文化祭でやることになると思うので、そのときやってみます!」

とーやま校長「よし!がんばれな!」

たこ焼き部長「はい!3人とも大好きです!ありがとうございました!」

校長・教頭・松田部長「ありがとー!」

160530_sol17.jpg



松田部長
松田部長面白すぎ!!!!初めて聴いたけど、アラームにしたいくらい声にはまって、さっきからツボってますwww
こんなお父さんだったらいいのになーー!!!!!!
築5分徒歩3年
女性/13歳/埼玉県
2016-05-30 22:54



松田部長「いやいや、嬉しいなー泣けてくるなー!!」

160530_sol16.jpg


とーやま校長「(笑)」

続いての生徒は…

松田部長「もしもし!」

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ 宮崎県 14歳 男性 中学3年生

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「もしもし!」

とーやま校長「このラジオネームってことは乃木坂46好きなんだよな?」

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「大好きです!」

とーやま校長「特に好きな子はいるのかい?」

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「箱推しなんですけど、ななせまるとか若様とかです」

とーやま校長「西野七瀬ちゃんことなーちゃんや若月佑美ちゃんね」

松田部長「校長も好きなんだ」

とーやま校長「もちろん大好きですよ!じゃあ宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ、まずは著作権クイズ答えてもらうからな」

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「がんばります!」


問題
JASRACは作詞家・作曲家などが持つ音楽の著作権を管理している会社ですが、
現在のJASRACの会長はいったい誰?

1番…作詞家のいではくさん
2番…作曲家の都倉俊一さん


松田部長「これは大事な問題だぞ!」

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「2番!!」

松田部長「ん?何?聞こえないぞ?」

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「2番です!!」

とーやま校長「2番の作曲家の都倉俊一さんだね」

松田部長「いや、1回でいいから1番って発音してみ?」

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「1番!!」

とーやま校長「いやいや!ちょっと待ってくださいよ!(笑)」

松田部長「正解は……1番です!」

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「お〜!」

とーやま校長「だろうね、宮崎の箱推しだけど乃木坂オタも『お〜』じゃないよ!」

あしざわ教頭「いや〜よかった!」


解説
いではくさんは、千昌夫さんの「北国の春」や杉良太郎さんの「すきま風」など、
多くのヒット曲の歌詞を手掛けた作詞家。
今年の4月にJASRACの会長に就任しました。

ちなみに、作曲家の都倉俊一さんは、JASRACの前会長。
今年の3月末をもって退任しました。
ピンクレディーの「UFO」や山本リンダさんの「どうにもとまらない」などを手がけた作曲家です。

ということで、今回の正解は1番です。


松田部長「いや〜ほんとにすばらしい問題だった!」

とーやま校長「ちょっと媚び売ってませんか?」

松田部長「そういう部分も全部見てくれ!」

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「(笑)」

とーやま校長「物凄い堂々とされている!」

松田部長「これが大人だ、シーズン5までやれる力だ!」

160530_sol13.jpg


とーやま校長「この先もずっと見てますね(笑)」

松田部長「じゃあ悩みをちょうだい!」

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「4回目の告白をするかどうかで悩んでます」

とーやま校長「同じ子に告白ってこと?」

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「はい!」

松田部長「そうだな、難しいよなぁ」

とーやま校長「今までどんな感じで断られてるの?」

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「1回目は友達に相談しているところを聞かれて、告白せざるを得ない状況になってしまって、それで告白したんですけど“乃木坂オタ君のことは好きだけど、付き合っていいか決められないからゴメン”って言われました」

とーやま校長「それで2回目はどれくらい間を開けて告白したの?」

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「3ヵ月くらいたってから2回目と3回目は手紙を書いて直接渡したんですけど、ダメでした」

とーやま校長「ここまででお前のこと、俺はめっちゃ好きだけどなぁ、4回目いきたい?」

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「はい」

松田部長「男としていくべきではあると思うぞ」

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「なんですけど、僕の友達が3回目の告白のあとに相談にきて、僕が好きな子のことが好きだって相談されて、その子の手伝いをしてしまて…」

松田部長「優しくて良い奴だなぁ!」

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「それで今付き合ってるんですよ」

校長・教頭・松田部長「えー!!」

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「でも最近その2人が別れるかもしれないって噂を聞いてしまって、そこで迷っている自分がいます。でも自分が手伝ったから、別れてほしくないって気持ちも少しあるんですよ」

松田部長「ほんとに優しい子だねぇ…」

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「だから告白していいか、しないほうがいいか、もし告白するべきならどんなタイミングがいいか、悩んでます」

松田部長「告白するなら、友達と別れた後の方がいいと思うね」

とーやま校長「僕も別れてからの方がいいと思うのと、さらに“伝える”っていうことのみでいいと思うんですよ。好きだって伝えるだけで、見返りを求めないで愛を伝え続ける」

160530_sol14.jpg


宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「はい」

松田部長「すばらしい!伝えるならその子も嬉しいと思うよ。“またいつか会おうよ”とか“来世で付き合おう”とかユーモアもいれてみたりね。そうしたら印象にも残るし、いつかまた会えると思うよ!縁があるわけだから!」

とーやま校長「まずは伝えていこう!」

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「わかりました!」

松田部長「来週月曜日からの松田LOCKS!も聴いてくれよ!」

宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ「はい!」


♪ 急斜面 / 乃木坂46


続いての生徒は…

松田部長「もしもし!」

鹿児島の海 鹿児島県 15歳 男性 高校1年生

鹿児島の海「もしもし」

とーやま校長「鹿児島の海、さっそく著作権クイズに答えてもらうけど、自信はるか?」

鹿児島の海「がんばります!」


問題
「替え歌をつくってLIVEで披露する場合、著作権の手続きは、JASRACなどの著作権管理団体のみにすればよい」
この文章は正しい、それとも間違い?

1番…正しい
2番…間違い


鹿児島の海「2番!」

松田部長「ん〜…」

とーやま校長「何も言わないってことは…正解だな、これは」

松田部長「正解は……2番です!」

鹿児島の海「おお!」

とーやま校長「やっぱり」


解説
JASRACは作品に手を加える権利の委託は受けていないので、
「替え歌をつくること」については許諾を出すことができません。
作品を作った本人に許諾をもらう必要があります。
なお、LIVEで披露することは、別途、著作権団体に許諾を得る必要があります

ということで、答は2番です。


松田部長「すばらしい!じゃあ悩みをどんどん聞きたいよ」

鹿児島の海「高校生活の話なんですけど、周りの友達が女の子と付き合って青春してるんですよ。でも自分は付き合ったこともなくて、ほんとにそれが青春なのかわからなくて…だから松田部長や校長・教頭にとって青春ってどんなものなんですか?」

とーやま校長「なるほど、青春とは何か…」

松田部長「難しい質問だね、じゃあこれは黒板に書かせてもらいます。青春とは…」

160530_sol18.jpg


160530_sol19.jpg


『 何ひとつうまくいかない 』

松田部長「青春っていうのは何もうまくいきません!僕の学生時代もそうでした!彼女を作ることが青春だって友達は言ってるけど、彼女ができないことのほうが青春だと思ってます。そして鹿児島の海は青春の壁にぶち当たってる、そして俺もまだ青春なんだ!」

とーやま校長「部長は今おいくつですか?」

松田部長「39です!」

160530_sol15.jpg


とーやま校長「それでも青春は続いてるんだよ!」

鹿児島の海「はい!」

とーやま校長「そしてその壁を乗り越えるために力をためてジャンプするときがあるんだ、だから乗り越えよう!」

松田部長「乗り越える壁があるだけ幸せだ!」

鹿児島の海「はい!がんばります!」


♪ あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう / 岡村靖幸


160530_sol20.jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
Yugo 高知県 15歳 男性
ソフト☆カツゲン 北海道 15歳 女性
たこ焼き部長 千葉県 16歳 男性
宮崎の箱推しだけど乃木坂オタ 宮崎県 14歳 男性
鹿児島の海 鹿児島県 15歳 男性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:09 Stay Gold / Hi-STANDARD
22:26 恋するフォーチュンクッキー / AKB48
22:43 君に届け / flumpool
23:14 TOKIMEKI LIGHTS (Album-mix) / Perfume
23:45 急斜面 / 乃木坂46
23:50 あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう / 岡村靖幸
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
結局、いつも松田部長かっこよく帰っていくのズルいよ…。
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
シーズン100までいっちゃいましょう!部長!!
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
- Prev                 Next -
<   2016年5月   >
MonTueWedThuFriSatSun
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

RSS

QRコード 画像
MOBILE SITE