大原櫻子先生初来校!!
それでも届けたい…“大好き!”

160602_sol16.jpg


160602_sol01.jpg


160602_sol02.jpg


『 ぼんにいの基地 』


インハイエールの逆電を受けて
今日の10時から県の春季総体が始まります。
今日の走り幅跳び決勝で6位以内になると近畿総体に出られます。今も気分を上げるためにclimbgrowを聴いています。
行ってきます!!!!
ぼんにいの基地
男性/15歳/滋賀県
2016-06-02 06:49



いよいよ、総体がスタート!
掲示板見てると、明日試合って奴も多いです!
落ち着くために、1回深呼吸でもしておく?
まずは、完全な自分をイメージしてみよう!
それが、今の君!安心して、いってこい!

160602_sol03.jpg


今夜はHY先生とBIGMAMA先生のコラボ曲!
HY+BIGMAMA先生の「シンクロニシティ」の初オンエアから!


シンクロニシティ / HY+BIGMAMA


そして今夜の生放送教室には…
大原櫻子先生が初来校!!

大原先生は2012年映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』
全国ヒロインオーディションで5,000人の中から抜擢され、
映画とCDで同時デビュー!
その後、女優として月9ドラマにも出演!
さらに!去年は、紅白歌合戦にも出場しました!

今夜は、そんな「未来の鍵」をつかんだ大原先生に、
どうやって未来の鍵をつかんだのか?
どんな10代だったのか?そんなことを聞いていきます!

そして!大原先生と行う今夜の授業テーマは…
それでも届けたい…“大好き”!!

大原先生が昨日、リリースしたニューシングル
「大好き」

今夜は、みんなが伝えたい、伝えられない「大好き」を届けてもらいたいと思っています!

片思い中のあの人へ…!
けんかしちゃった友達へ…!
いつも頑張ってる両親へ…!

普段なかなか言えない“大好き”を、
今夜は、君の大切な人に、SCHOOL OF LOCK!の電波を使って届けよう!

“大好き”を届けたい相手、“大好き”に込めた想いを学校掲示板もしくはメールに書き込んでくれ!

160602_sol04.jpg


生放送教室には大原櫻子先生が登場!!

櫻子先生「SCHOOL OF LOCK!の生徒の皆さん!はじめまして!大原櫻子です!」

とーやま校長「ようこそ!生徒のみんなも櫻子先生が来てくれるのを楽しみしていましたよ!」

櫻子先生「嬉しいです!ありがとうございます!!」


櫻子先生!
櫻子先生来たーーー!初めまして!とても楽しみにしてました!今日も2時間楽しみます!今日もよろしくお願いします!
ミスタージャック
男性/17歳/鹿児島県
2016-06-02 22:05




櫻子先生「お願いします!」

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!はラジオの中の学校という事で、大原櫻子“先生”という事なんですが、いかがですか?」

櫻子先生「ここのスタジオに入る時にも“大原櫻子先生”って書いてあって、慣れないんですよね!」

とーやま校長「大原先生と櫻子先生どちらがよろしいですか?」

櫻子先生「大原先生は恐そうな感じがするので、櫻子先生でお願いします!」

とーやま校長「確かに、大原先生はすごく服装に厳しそう(笑)」


大原櫻子先生は、現在20歳!映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のヒロイン理子役でデビューされました!

とーやま校長「映画に出演されていたころはおいくつだったんですか?」

櫻子先生「デビューは17歳の時ですね」

とーやま校長「『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の監督は、映画『ちはやふる』の小泉監督!さらに音楽プロデューサーが亀田師匠ですッ!」

あしざわ教頭「言い方(笑)」

とーやま校長「ボッ!パッ!ボッ!パッ!」

あしざわ教頭「タイミングが早いんだよ!」

櫻子先生「音楽を扱っているスタッフさんと息がぴったりですね(笑)」

とーやま校長「フライングボッパなんです」

あしざわ教頭「言いたいだけだろ(笑)」

160602_sol05.jpg


とーやま校長「この映画のオーディションを櫻子先生は自分で受けに行ったんですよね?」

櫻子先生「そうですね。このオーディションは友達がきっかけで知ったんですよ。原作の漫画が好きな友達がいて、友達同士で『漫画の主人公、櫻子にめっちゃ似てない?』って話していたのをたまたま聞いて、そこから漫画を借りて、オーディションの話もその子から聴いたんです。音楽プロデューサーをされていた亀田誠治さんも知っていたので、受けてみようと思って」

とーやま校長「映画に出るのが決まった後、友達とかと話ししました?」

櫻子先生「オーディション受けたっていう話はその当時していなくて、結果が出るまでも内緒だったんです。決まるか分からないっていうのもありましたし、ビックリさせたいっていう気持ちもあって」

とーやま校長「なるほど!5000人以上の中から選ばれたわけですけど、その時の気持ちとか覚えてます?」

櫻子先生「監督を含めて面接があります。っていう風に最初は聞いていたんです。でも、面接自体は何度もしていたので、同じような感じなのかなと思って行ったら、審査員の方10人くらいがいて、いつもと違う雰囲気を感じながら席に着いたら、『小枝理子ちゃん役は大原さんに決定しました!』って言われたんです」

とーやま校長「サプライズがあったわけなんですね!」

櫻子先生「そうなんです。頭の中が真っ白になるってああいう事なんだなって思いましたね」

とーやま校長「そこで演じることが決まって、友達に報告したんですか?」

櫻子先生「決まった直後は教えていなくて、情報が解禁される朝5時に電話して、『ゴメン、黙ってて…!実は今テレビでやっているんだけど…』って言ったらその子も泣いて喜んでくれて、電話の向こうですごい興奮していましたね(笑)」

あしざわ教頭「そりゃしますよ!」

とーやま校長「奇跡みたいな事って日常の中から生まれるんだね。そして、後に大原櫻子としてアーティストデビューして、さらに女優として月9に出たり、紅白歌合戦のトップバッターを務めたり…すごいことになったね!普通の女子高生だったわけでしょ?」

櫻子先生「家に帰ってもずっとテレビとか見てましたね。でも、今でもあまり変わらないですよ?(笑)」

とーやま校長「でも、友達の話を聞いて、自分からやろうと思って行動して、今があるわけじゃないですか。ラジオを聴いている10代のみんなもやりたい事とか夢があるけど、どうしても一歩が踏み出せなくて悶々としている毎日を過ごしている生徒も多いんです。そんな生徒たちに櫻子先生から何か言ってあげられる事とかありますか?」

櫻子先生「姉から言われたんですけど、自分の夢を人に伝えた方が叶うという話を聞きまして。私も友達に女優になりたいっていう夢を伝えていたことできっかけが生まれたので、踏み出せなくても、きっかけに出会う事って人に伝えることから始まると思うんです。夢を色んな人に言ってみるのはアリなんじゃないかな」

160602_sol06.jpg



♪ 大好き / 大原櫻子


とーやま校長「この曲を聴いていると胸が痛い瞬間もあるし、大好きって4文字でしょ。言葉にしたら1秒もかからない言葉なのに、なんでこんなに言えなくなる時があるんですかね」

櫻子先生「ラジオを聴いてくださっている10代の方多いと思うんですけど、恥ずかしいし、一線を越えちゃうというか…。大好きって言えたら進めるのに、進むのが怖い。でも、大好きって言えない関係だからこそ楽しいっていう人も多いと思うんですけど、でも、その瞬間を大好きって言わずに逃しちゃうともったいないなって思います」

とーやま校長「そうだね。そこを頑張って進めたらもっと大きな幸せが待ってるんだけどね」

そして!大原先生は、今月29日にニューアルバム「V(ビバ)」がリリースされます!

櫻子先生「今日は、この「V(ビバ)」に収録されている曲を持ってきました!まだ、どこでもオンエアしてない、新曲です!」

とーやま校長「ありがとうございます!みんな楽しみに待ってて〜!」

160602_sol07.jpg


とーやま校長「櫻子先生はどんな10代を過ごしていたんですか?」

櫻子先生「部活少女でしたね。水泳部で、スタイルフリーといってクロールでした」

とーやま校長「じゃあ、毎日授業の後は部活!って感じで」

櫻子先生「そうですね。朝早く起きて近所の子と走って身体作りをしたりして、部活に色々かけてましたね」

とーやま校長「打ち込むものに全精力を注いでいた10代だったんですね」

櫻子先生「苦しくもあり、楽しかったです!やることが部活しかなかったんですよね(笑)」

とーやま校長「すごいポジティブですよね」

あしざわ教頭「声からしてそれを感じます」

とーやま校長「全部自分の中に取り込んで武器にして生きてきている。そして、これからもそうやって生きていくんだろうなぁって」

櫻子先生「(笑)」

とーやま校長「笑い事じゃないですよ」

櫻子先生「めちゃくちゃ笑ってますね」

とーやま校長「頭抱えて笑っているね。この子はヤバいね」

あしざわ教頭「ヤバいでまとめないで下さいよ(笑)」

櫻子先生「面白いです(笑)。でも、男前って言われますね。ハキハキしているというか、はい次、はい次、前前前…みたいな」

とーやま校長「はい次、はい次、前前前。これは『V(ビバ)』に収録される曲って事かな?」

あしざわ教頭「違いますよ!」

櫻子先生「お腹痛い(笑)」

とーやま校長「それでですね、どうしても大原先生に『大好き』を伝えたい!という我が校の生徒がいまして……」

ここで、SCHOOL OF LOCK!女子クラス2週目担当・広瀬すずちゃんから大原櫻子先生に向けてメッセージが!

驚きと嬉しさで水泳選手の北島康介さんのように「なんも言えねぇ状態」になってしまった櫻子先生!

櫻子先生「ビックリしました!私も大好きなんですよ〜!すずは17歳じゃないですか。でも、あまり年下な感じがしなくて年下で仲が良いのすずくらいなんです。大人っぽいし、会うと私の相談に乗ってくれたりするんです」

とーやま校長「俺たちも何回か会った事あるんだけど、すずちゃんと櫻子先生は雰囲気が似てるよね。波長が合うのがすごく分かる!」

櫻子先生「すずは、私の事は“さくちゃん”って呼んでくれるんですけど、“く”を強調した言い方がすずの特徴で、それをよく声マネをしたりしてますね。一度家に遊びに来てくれたことがあるんですけど、姉に同じのが2人いるって言われました(笑)」

とーやま校長「お姉ちゃんから見てもどこか似ているものを感じてしまうんだね」

櫻子先生「顔や喋り声も似てるって言われますし、身長も全く同じなんですよ!」

160602_sol08.jpg



今夜の生放送教室は…!「それでも伝えたい、大好き」

まず最初に逆電した生徒が「大好き」を伝えたい相手は…

とーやま校長「もしもし!」

フテイヌ信者2 宮城県 15歳 男性 高校1年生

フテイヌ信者2「もしもし!」

とーやま校長「フテイヌ信者2が大好きって伝えたい人は誰?」

フテイヌ信者2「一昨日フラれた大好きな人です」

櫻子先生「ちょっと待って、一昨日って48時間前!?」

フテイヌ信者2「そうです!」

RN フテイヌ信者2の好きな女の子は、中学校の時に同じ陸上部に所属していて、今は違う高校に通っているんだそう。

とーやま校長「一昨日告白したのは、フテイヌ信者2から告白したの?」

フテイヌ信者2「はい。2年前くらいからLINEが切れたことが無くて、ずっとトークしているんですよ」

櫻子先生「えっ!それ、絶対女の子もフテイヌ信者2君のこと好きですよ!

フテイヌ信者2「そう思って、『好きな人いないの?』って聞いてみたら『いないよ』って言われたんでイケる!と思って告白したんです」

とーやま校長「正直な気持ちを伝えて、なんて返って来たの?」

フテイヌ信者2「仲良いままでいたいからゴメンって言われて…」

櫻子先生「でも、好きって男の子から言われたら女の子も考えるじゃないですか。会う機会とか無いんですかね」

フテイヌ信者2「それで、フラれてすぐの時は頭が真っ白になってなんて返せばいいか分からなくなっちゃったんですけど、『諦められないから惚れさせるよ』って言ったんです」

あしざわ教頭「めっちゃイイじゃん!!」

櫻子先生「カッコいい!」

フテイヌ信者2「昨日とかもLINEでべた褒めしたり、愛してるよって言ったりしてるんです」

とーやま校長「気持ちが良いやつだな!」

160602_sol11.jpg


フテイヌ信者2「来週会えるんで、次は直接言おうと思っています!」

櫻子先生「多分、女の子からしたら直接言って欲しいんじゃないですか?それを待つために、この間は濁してて…。来週良い事あるかもしれませんよ!」

フテイヌ信者2「うお〜」

とーやま校長「今も好きっていう気持ちが有り余るくらいあるわけだろ?」

フテイヌ信者2「はい!」

とーやま校長「想いの丈を届けよう!」

フテイヌ信者2「1回フラれてしまったけど、あなたの事が忘れることが出来ません!あなたの全てが大好きだ!!

あしざわ教頭「よっしゃぁ!良いぞーっ!」

櫻子先生「頑張って!!」

とーやま校長「たくさん伝えろよ〜!」


♪ ただ君のことが好きです / 大原櫻子


160602_sol09.jpg



そして大原櫻子先生は、8月5日から全国16箇所を回るツアーが決定しています!
なんと、ラストは…日本武道館!!!

櫻子先生「実は、まだ発表になっていないんですが、このツアーのタイトルが決定しました!…なので、今日この場で発表しても、いいですか?」

とーやま校長「お願いします!」

櫻子先生「8月からはじまる私の全国ツアーのタイトルは…」

『大原櫻子 CONCERT TOUR 〜CARVIVAL〜』

櫻子先生「アルバムタイトルが『V(ビバ)』なのでCARVIVALなんです」

とーやま校長「どういうツアーになりそうですか?」

櫻子先生「とにかく楽しんでほしいですね!ホールツアーなので、聴いていただくような楽曲も沢山あるんですけど、その他にも一緒に踊ったりとか」

とーやま校長「じゃあ、僕はタコダンサーとして全国回らせていただきます!」

櫻子先生「いや、大丈夫です…」


♪ 大好き / 大原櫻子


あしざわ教頭「なにに対しての『大好き』なんだ(笑)」

とーやま校長「『大好き』の雑な使い方に胸が痛いよ(笑)」

櫻子先生「『大好き』のCDの中にシリアルコードが入っていまして、そちらでツアーの先行予約も出来るので、そちらもチェックしていただきたいです!」

ここで、大原櫻子先生の新しいアルバム『V(ビバ)』からの新曲を求める書き込みが!


櫻子先生!
さくちゃん大好き!!!!
早く新曲聴きたいです!!!!
ハイホー
女性/19歳/東京都
2016-06-02 22:39


櫻子ちゃん
新曲悲鳴やばいねえもうやばいねえやばいやばいやばい
もりりんまんろー
女性/17歳/東京都
2016-06-02 22:35




あしざわ教頭「生徒のみんながヤバい状態に入ってます!(笑)」

とーやま校長「そうだ!新しいアルバムから新曲を聞かせてくれると言ってたじゃないですか!」

櫻子先生「かけてもいいですか?」

とーやま校長「もちろん!みんなもずっと待ってましたから!」

櫻子先生「20歳になって初めてのアルバムという事で、少し大人っぽくマイナーな1曲になっています。大原櫻子で、『サイン』聴いてください!」


♪ サイン / 大原櫻子


160602_sol10.jpg


とーやま校長「静かな所から始まって、サビの所でパァっと明るい所に抜けていく。恋している時って自問自答して深く潜る瞬間とかもあるじゃないですか。ちゃんと相手の事を考えた時に光が差し込んでくるし、そういうのが重なる曲だなって思いました」

櫻子先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「素敵な曲ですね!どういう気持ちを込めたんですか?」

櫻子先生「この曲は作詞作曲が亀田さんで、2年前くらいに楽曲自体はいただいていたんです。その時は『カノ嘘』の撮影が終わったくらいで、その時って明るく元気な曲をいただくことが多かったので、こういうマイナーで“愛してる”っていうフレーズを言うくらい大人っぽい曲がすごく新鮮で、いつか歌えるようになった時に歌いたいなと思っていたんです。今回20歳になって初めてのアルバムという事で、自分の中でも共感することが増えてきたので今のタイミングで出したいと思って。すごく等身大の歌かなって思いますね」


そして、大原先生と送る今夜の生放送教室は…! 「それでも伝えたい、大好き。」
普段はなかなか伝えられない『大好き』を電波を通して伝えよう!

続いて逆電した生徒は…!

とーやま校長「もしもし!」

紫のサカマネちゃん 広島県 18歳 女性 高校3年生

紫のサカマネちゃん「もしもし!」

とーやま校長「サカマネちゃんは大好きを伝えたい男の子がいるんだね…!」

紫のサカマネちゃん「はい…1個下のサッカー部の後輩です!」

櫻子先生「後輩か〜!」

紫のサカマネちゃん「私はサッカー部のマネージャーをしているんですけど、部内恋愛が禁止なので、絶対に伝えられない想いなんです」

とーやま校長「これは苦しいね!いつくらいから気持ちに気づいたの?」

紫のサカマネちゃん「今年の4月くらいです」

マネージャーを務めるサッカー部に新しい1年生が入ってきて、後輩が悩んでいる時に相談を受けたRN 紫のサカマネちゃん!
一緒に悩みを考えたり、作業をしたりする内に、すごく良い子だな!と思って好きになってしまったのだそう。

とーやま校長「声から“好き”っていう気持ちが溢れて止まらなくなってるな!今まで見たことが無い姿が見え始めたのがキュンってしたんだ」

紫のサカマネちゃん「はい。やられました」

櫻子先生「可愛い!」

160602_sol12.jpg


とーやま校長「櫻子先生、部活内恋愛禁止とのことなんですがどう思います?」

櫻子先生「厳しいですね!運動部っていうのはそういうのがあるんですかね。でも、恋愛禁止って言われる方がもっと好きになっちゃいません?」

紫のサカマネちゃん「もう止まらないです!」

櫻子先生「かわいい〜!」

とーやま校長「練習で毎日会うわけでしょ?話しかけたりするの?」

紫のサカマネちゃん「どんどん話しかけます!」

とーやま校長「お前の気持ち他の部員とかにバレてるんじゃないの?」

紫のサカマネちゃん「バレてるんですけど、マネージャーだし好きとかじゃないよね。みたいな感じです」

あしざわ教頭「本人は伝わっている感じとかある?」

紫のサカマネちゃん「鈍感な子なのでいくらアタックしてもダメです(笑)」

とーやま校長「櫻子先生、紫のサカマネちゃんには直接伝えられないけど、伝えたい気持ちがあるわけですが…」

櫻子先生「今話している時点で気持ちが溢れているわけですよ。ぜひ、ラジオでぶつけてください!」

とーやま校長「言っちゃおう!サカマネちゃん!大好きを伝えよう!!」

紫のサカマネちゃん「はい!1歳の年の差がずっと嫌で、同い年のマネージャーがすごく羨ましいです。でも、先輩っていう立場を使っていっぱい話せて毎日ドキドキしています。趣味が合うところも、しっかりしているところも、優しいところも、ちょっとチャラいところも全部大好きです!朝会えると1日ハッピーに過ごせて部活が待ち遠しくて、一番近くでサッカーしている姿を見られることが幸せで私の特権です。君が引退するまでずっと待ってます。大好きです!


♪ Glorious morning / 大原櫻子


そして、本日も黒板の時間になってしまいました!
今夜は大原櫻子先生に書いてもらいました!

160602_sol13.jpg


160602_sol14.jpg



『 1日1回「大好き」を! 』

今日、この番組に出させていただいて、『大好き』っていう時にみんな笑顔になるなって思ったんです。
1日笑顔で過ごせるんなら『大好き』って1日1回でも言えたら良いんじゃないかなって思いました!


とーやま校長「好きな人に対してもそうだし、家族に対しても1日1回言えたら良いな!」

あしざわ教頭「相手も嬉しいですしね!」

とーやま校長「櫻子先生、2時間ありがとうございました!6月29日に発売されるアルバム『V(ビバ)』や、ツアーも全国のみんなが楽しみに待っているんで頑張ってください!また遊びにきてください!」

櫻子先生「はい。SCHOOL OF LOCK!大好きになりました!」


♪ 大好き / 大原櫻子


あしざわ教頭「出た!雑な使い方(笑)」

とーやま校長「待っております!」

櫻子先生「よろしくお願いします!(笑)」

160602_sol15.jpg


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
【FAXイラスト】

160602_fax02.jpg
RN かえでこ


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【逆電リスナー】
フテイヌ信者2 宮城県 15歳 男性
紫のサカマネちゃん 広島県 18歳 女性
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
【オンエアリスト】
22:04 シンクロニシティ / HY+BIGMAMA
22:13 無敵のガールフレンド / 大原櫻子
22:28 大好き / 大原櫻子
22:49 ただ君のことが好きです / 大原櫻子
22:52 大好き / 大原櫻子
23:15 Ame(B) -SAKANATRIBE×ATM version- / サカナクション
23:36 サイン / 大原櫻子
23:48 Glorious morning / 大原櫻子
23:51 大好き / 大原櫻子
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
櫻子先生の陽の力がとんでもない!!
また来て!!待ってます!!
 
校長のとーやま
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 
話しているだけでハッピーな気持ちになる、大原櫻子先生。
生徒みんなも大好きです!!
また必ず来て下さい!!
 
教頭のあしざわ
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

生放送教室 放送後記一覧

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る