今夜も引き続き『新春!掲示板逆電』!!

20170105_sol02.jpg


『 まだまだ話したい 』

とーやま校長「昨日は『新春掲示板逆電』という授業を行って、生徒にみんながお正月にあった出来事とかを掲示板に書き込んでもらって、俺たちが気になる書き込みに、どんどん逆電していった!」

あしざわ教頭「いろんな生徒がいましたね!」

年末につき合って、昨日初めて彼女に会った生徒とか…
お賽銭を投げる瞬間にオナラをしてしまった生徒とか…
なぜか高確率で乃木ヲタばかりにつながったり…
最後の最後に鼻声の生徒に電話したり…

とーやま校長「昨日はたくさん書き込みがたくさん届いて、まだまだ話をしたいと思っていた生徒がたくさんいた! …ってことで今夜も引き続き『新春掲示板逆電』を行っていこうと思う! さっそく、こいつに電話しようかな!」


52000円消えたお年玉
校長、教頭、聞いてください!今年のお年玉、3000円でした・・・本当は55000円あったんですよ。笑 実は一昨年から変わった制度でしかなぜかお年玉を獲得できなくて困ってます。。。その制度は、お年玉を姉妹3人分回収して、その合計金額を500円、1000円、2000円と付箋に少しずつ書いて風船に入れて風船を膨らまして、bingoを家族5人で行いbingoしたら風船を割り、書いてあった金額を獲得できるという長女の私にとってとーーっても不利な制度です。しかも付箋には罰ゲームも書いてあるんです。私は一番bingoになったのですが、ほとんど罰ゲームで親の肩もみしたり腕立てしたりしてました。泣 一番年下の小2の妹が22000円獲得していて親も10000円獲得しているのに、何故、3000円なんでしょう??高校受験が終わったら使おうと思っていたお年玉がなくなったのでテンション下がりまくりです・・・こんな私に何か声かけてください!!
芽郁ちゃんLOVE♡
女性/15歳/北海道
2017-01-04 02:18




あしざわ教頭「この制度は何なんですかね?(笑)

とーやま校長「姉妹3人のお年玉を両親含めて5人で分けるっていう……!」

あしざわ教頭「運によってはたくさんもらえますけどね」

とーやま校長「これは話聞かないとな! …もしもし!」


・・・


とーやま校長「……もしもし! もしもし!! もしもし!!!」

あしざわ教頭「校長! 残念ながら、芽郁ちゃんLOVE♡は電話番号を登録していないんですよ!」

とーやま校長ガビーン!

あしざわ教頭「ガビーン(笑)」

とーやま校長「2017年初ガビーンですよ! 電話は出来ないってことだよね? でも、今からでも登録できたりするから、待ってるよ! そしたら……あげようか!」

あしざわ教頭「ん? 何をですか?」

とーやま校長「カンが悪いな〜! 察してるじゃないですか!」

あしざわ教頭「この流れ嫌いなんですよ(笑) ……アレを言うなよ?」

とーやま校長「芽郁ちゃんLOVE♡にお年玉あげないの?」

あしざわ教頭「俺があげるのもおかしいでしょ!」

とーやま校長しぶちん!!

あしざわ教頭「なんでソレを言うんだよ!(笑)」

とーやま校長「今日も教頭はしぶちんでーす! 俺なら1万円とかあげちゃう!」

あしざわ教頭「なんで僕だけ……分かりました! あげますよ!」

とーやま校長「いくら?」

あしざわ教頭「芽郁ちゃんLOVE♡なんでしょ? じゃあ1000円!」

とーやま校長「しぶちん!」

あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「あしざわ教頭の自前のヘッドフォンいくら?」

あしざわ教頭「3万円くらいです…」

とーやま校長「芽郁ちゃんLOVE♡へのお年玉は?」

あしざわ教頭1000円……

とーやま校長「しぶちん!!! 芽郁ちゃんLOVE♡待っててね〜♪」

あしざわ教頭「俺、お年玉あげてるんだよ?(笑)」

とーやま校長「ヨシ、挨拶しよう!!」

あしざわ教頭「SCHOOL OF LOCK! 本日も開校です! 起立! 礼!!」

とーやま校長「元気に行こう!」

とーやま校長・あしざわ教頭叫べーーーーーー!!!!!


♪ ひとつ / SUPER BEAVER


とーやま校長「惜しくも敗れてしまった旭川実業女子バレー部にもこの歌が届いていたらいいなと思うし、高校サッカーもベスト4まで決まっていて、そこに到達しなかったみんなにも届いてほしいって思う。そして、我が校的には勉強しながら聴いているみんなにも、今までやってきたことを信じて、本番もすぐそこまで来ているからね!」

あしざわ教頭「あと10日くらいですね」

とーやま校長「胸を張って! 自分を信じて! 頑張って欲しい!」

あしざわ教頭「もうひと辛抱だよ!」


改めて、今夜の生放送教室は「新春掲示板逆電」!!!


我が校の学校掲示板の書き込みの中から、校長教頭が気になった生徒にどんどん電話!

正月ボケについて、今日家であったこと、新学期の前に不安に思ってること、恋愛相談、校長教頭にどうしても伝えたいことなどなど……
君が話したいことであれば何でもOK! その話したい内容を学校掲示板に書き込もう!
人に見られたくないという内容は校長&教頭のメールから送ってほしい!!

今夜も2時間みんなと話をしていくぞーー!!

20170105_sol01.jpg



まず最初に逆電したのは、とーやま校長が気になったこの書き込みをくれた生徒!!


新年!!
校長教頭!!自分は1月1日の初詣に自分の目を疑う瞬間を目撃しました!!!色んな人に話したんですが誰も信じてくれません(>人<;)事実なんです!!!ウソだと思うかもしれませんが本当なんです!!!校長教頭に是非お話ししたいです!!!
ビック倉庫
男性/18歳/東京都
2017-01-05 22:13




とーやま校長「ちょっと気になるよね! 俺たちの中でかなりハードル上がっちゃってるけど……もしもし!」

ビック倉庫 東京都 男性 18歳 高校3年生

ビック倉庫「もしもし!」

とーやま校長「5日だけど、あけましておめでとう! 書き込み読んだんだけど、全然信じてもらえないの?」

ビック倉庫「信じてもらえないですね〜! 家族と親戚に言ったんですけど…」

とーやま校長「誰も信じてくれなかったんだ。ビック倉庫は、元日に初詣に行ったんだよね?」

ビック倉庫「はい。友達と初詣に行ったんですよ。それで、近場で済ませればいいのに、少し遠いところに行ったので、すごい並んでいたんです! しかたないから並んでいたんですけど、もう話すことも無いんですよ」

とーやま校長「まぁ、友達とはよく会うしな」

ビック倉庫「それで、『お年玉いくらもらった?』って話になって、友達は1万円もらっていたので『俺は1万円もらったら、声優の写真集買うかな〜』っていう話をしていて……」

あしざわ教頭「ここまでは普通の会話だよ?」

ビック倉庫「友達の方が壁というか、柵みたいになっていて、そっちを見たら次の瞬間、壁の所に1万円札がパッて出てきたんです!」

とーやま校長「おおおっ!!」

ビック倉庫「誰に言っても信じてもらえないんですけど…落ちて来たんじゃなくて、1万円が現れたんです!

とーやま校長「ウソだよ〜! パッと現れたって事?」

ビック倉庫「はい! “ええっ!?”って思って、友達に『サイフ落した?』って聞いたんですけど、落としてないって言うし、自分が寝ぼけてるのかと思ったんですけど……」

そして、RN ビッグ倉庫は落ちている1万円札を見て「パクってやろう」という気持ちがムクムクと生まれてきてしまったのだとか。

とーやま校長「本当はダメだけど、よこしま気持ちが生まれてしまうのは分からないでもない!」

ビック倉庫「欲しいものが買える! どうしよう! ってなって…」

とーやま校長「悪魔が出てきてしまうよなぁ〜」

ビック倉庫「友達と立つ場所を変わってもらって、取っちゃえ! って思った瞬間に、後ろの人が“落としました?”って言って1万円を取っちゃったんです!」

とーやま校長「じゃあ、結局自分の手元には来なかったんだ?」

ビック倉庫「はい。とっさに聞かれたので『違います』って言ったら、そのままその人はどこかに行っちゃいました……」

とーやま校長「ああ〜そうなんだ! でも、1万円が目の前に現れたことへの謎は解明していないよね!」

ビック倉庫「誰にも信じてもらえないんですよね!」

あしざわ教頭「空中に出てきたの?」


20170105_sol10.jpg



ビック倉庫ポサッと出てきたんです

あしざわ教頭「その独特の表現なに?(笑)」

とーやま校長「不思議なことが起きるんだね〜。次もまたそういうことが起きるかもしれないから、注目して今年1年過ごしていけな!」

あしざわ教頭「お前の隠れた能力かもしれないからな!」

とーやま校長「自在に操れるようになったら生放送教室にも1万円出してくれよな!」

ビック倉庫「分かりました!(笑)」

RN ビック倉庫、話を聞かせてくれてありがとう! 今年もよろしく!

20170105_sol04.jpg



続いて逆電したのは「メロンパンについて語りたい!」という書き込みをくれた生徒に逆電!


語りたいこと。2個目。
私の大好きなメロンパンについて語らせて下さい!!
ナナナかあちゃん
女性/13歳/北海道
2017-01-05 18:03




とーやま校長「もしもし!」

ナナナかあちゃん 北海道 女性 13歳 中学1年生

ナナナかあちゃん「もしもし!」

あしざわ教頭「書き込みに書いてあったんだけど、メロンパン大好きなんだ?」

ナナナかあちゃん「大好きです!!」

あしざわ教頭「“語らせてください!”って書いてくれたので、是非、ナナナかあちゃんのメロンパンの話聞きたいんだ!」

ナナナかあちゃん「上手くできるか分からないんですけど……メロンパンのカリッとしている部分もあれば、フワッとしている所が大好きなんです!

とーやま校長「メロンパン評論家のスイッチが入ったね! でも、分かる! あの違いが良いよね」

あしざわ教頭「出だしはカリッとしているのが美味しいよな!」

ナナナかあちゃん「最近は、コンビニに売っているのでもすごく美味しいのがあるんですよ!」

あしざわ教頭「なになに?」

ナナナかあちゃん「色んなメロンパンがあるんですけど、『バターが薫るメロンパン』とかが美味しいです。コンビニのもすごくレベルが上がっていて…」

とーやま校長「普段から食べ比べとかしているの?」

ナナナかあちゃん「よく食べてます。見かけると買っちゃいますね!」

あしざわ教頭「今年はすでに初メロンパン食べた?」

ナナナかあちゃん「食べました! 近くのパン屋さんのメロンパン食べました」

とーやま校長「ナナナかあちゃんにとってメロンパンって一体どんな存在?」

ナナナかあちゃん幸せ……!

とーやま校長「食べ物を幸せって表現するのって本当に幸せな気持ちになるね」

あしざわ教頭「メロンパンの柔らかい部分を表現しているような言い方でしたね」


20170105_sol06.jpg



とーやま校長「メロンパンになれるならなりたいでしょ?」

ナナナかあちゃん「ううぅ〜ん……。私はどちらかというと食べたい方なんで…」

とーやま校長「だよね! それは俺が間違えてた(笑) ちなみに、メロンパンについての良い情報をひとつ教えてあげよう! お前だけだぞ?」

あしざわ教頭「これ、全国放送なんですけど…(笑)」

とーやま校長「徳光和夫さん知ってる? 徳光さんって昔、朝の番組を毎日やってたの」

あしざわ教頭「お前だけに言ってるぞ…」

とーやま校長朝の番組をやる前、毎朝必ずメロンパンを1個食べてテレビ局に出社していたんですよ……

ナナナかあちゃん「へぇ〜!」

とーやま校長「お前だけに、特別に話してるからな…!」

RN ナナナかあちゃん!! メロンパンへの熱い愛伝わったよ! ありがとう〜!


20170105_sol05.jpg



続いて、逆電した生徒の書き込みは…


悩み事…
部活のことで悩んでいます…
ちなみに部活は吹奏楽部です。
3年生が引退して、1・2年だけの活動になってから色々あって部活内の空気が悪くなってしまいました。
3年生が引退する前までは毎日部活に行くのが楽しみだったのに、今は正直部活に行きたくないです…
校長と教頭に話を聞いてもらいたいです
ななろっく
女性/17歳/岩手県
2017-01-05 15:27




とーやま校長「やっぱりどうしても軋轢って生まれちゃうからな〜」

あしざわ教頭「色んな人がいるから、意見が食い違ってしまうこと、ありますよね」

ななろっく 岩手県 女性 17歳 高校2年生

ななろっく「もしもし!」

とーやま校長「ななろっく、こんばんは! ラジオは聴いてた?」

ななろっく「聴いてました!」

とーやま校長「今、部活に対して悩みがあるんだよね? 何があったの?」」

ななろっく「1年生が2年生に対して不満とかがあったりして…。一度、12月の後半くらいに話し合いをしたんです。それで、1年生の気持ちが分かったのは良いんですけど、もっと関係がギスギスしちゃって」

とーやま校長「1年生も1年生で、技術的な事や部活の中でのことも覚え始めて、より良いアイディアが溢れている状態なのかな?」

ななろっく「多分、2年生は初心者が多いんですよ。それで2年生なりに頑張っているんですけど、1年生の経験者の子から見るとちゃんと練習していないって思っちゃったりしているらしくて…」

あしざわ教頭「難しいね…」

とーやま校長「難しいかもしれないけど、学年とかを取っ払えたら良いね。それぞれ得意なこと、苦手なことがあると思うから、その瞬間で引っ張っていける人が先頭に立ってまとめていくことが出来ればめちゃめちゃ強くなりそうだよね!」

ななろっく「私は部長をやっていて、その責任もあるし、今年のコンクールで私たちは最後なので、こういう関係が続くとコンクールでも良い演奏は出来ないと思うんです。部長としての責任も果たしたいので、何としても部活を立て直したいって思っています

とーやま校長「プレッシャーをかけるつもりはないんだけど、ななろっくにかかっているよ! 今、話を聞く限り、“先輩が憎い”とか、“後輩がムカつく”って言うことではないでしょ? ということは、結束できるチャンスだから! 向いている方向は一緒な上でのぶつかり合いだから、悪いことではないと思う


20170105_sol08.jpg



とーやま校長「ななろっく一人に背負わせるのも酷だと思うから、話せる2年生や、1年生にも間に入ってもらいたいよね。バランス取ってくれるやつはいない?」

ななろっく「います!」

とーやま校長「そいつらと一緒になってやっていけばより強くなると思うから、気持ちを強く持って自分にしか出来ない事を見つけて頑張っていけ!

ななろっく「頑張ります!」

あしざわ教頭「自分が2年生っていうプライドもあると思うから、1年生の方が上手いっていうのを認める事をなかなか出来なかったりするんだよね。そこら辺を1年生と一緒に上手いこと混ぜ合わせることが出来たら良いよね!」

ななろっく「はい!」

あしざわ教頭「みんなやりたいことは一つなんだから、その気持ちを伝えられるように頑張って!」

とーやま校長「応援してるよ!」

ななろっく「ありがとうございます!!」

RN ななろっく、話を聞かせてくれてありがとう! お前なら出来るよ!


最後に逆電した生徒は「好きな人がいるけど恋愛経験がない!」という生徒に逆電!


もうだめです………助けてぇ( ´Д`)
私には好きな人がいます。先輩です‼
私は文化部なので、文化祭までは一緒にいれたのですが、文化祭後になると受験が忙しくなり、塾でしか会えなくなりました。塾でもあまりしゃべりません。
もうすぐ三学期です。先輩に会えなくなる日も近くなっています。私、恋愛経験0なので、何をしたらいいのかわからないんです。
キコンシャの教頭!彼女作ろうと必死な校長!私にアドバイスを恵んでくださいお願いします(・・;)
ふくこっこ
女性/14歳/兵庫県
2017-01-05 12:12




ふくこっこ 兵庫県 14歳 女性 中学2年生

とーやま校長「今、何してたの?」

ふくこっこ「妹とプレステしてました!」

とーやま校長「 (笑) ちなみに何のゲーム?」

ふくこっこボンバーマンカートです!

あしざわ教頭「めっちゃ面白そう!(笑) それで、書き込み読んだんだけど、好きな人いるんでしょ?」


20170105_sol07.jpg



ふくこっこ「あ…はい」

あしざわ教頭「ん? どうした?」

ふくこっこ「妹が横で“ラジオ聴かせて”って…」

とーやま校長「妹に聴かれたらヤバいんじゃないか?」

ふくこっこ「そうなんです…!」

とーやま校長「どうする? 妹を爆発させる?

あしざわ教頭「なんてこと言うんですか!(笑)」

その後、ベランダに出るもRN ふくこっこの妹さんは追いかけてくる事態に!
なんとか話が出来る状況になったので、詳しく聞いてみると……。

あしざわ教頭「好きな先輩がいるんだよな?」

ふくこっこ「はい!」

あしざわ教頭「どのタイミングで好きになったの?」

ふくこっこ「その先輩の事は私が小学校2年の頃から知っているんですけど、部活が一緒なんです。今年の秋くらいから好きになって、頭の中をぐるぐるしている感じです」

とーやま校長「でも、今は中々会える状況じゃないんだもんね?」

ふくこっこ「そうなんです。部活を引退したての頃はよく来てくれていたんですけど、3年生も受験になってあまり来なくなって、そこから会えなくなりました」

とーやま校長「連絡先は知ってるの?」

ふくこっこ「どこのマンションに住んでるかは知っているんですけど、具体的にどこなのかは分からないんです」

とーやま校長じゃあ、そこのマンションに爆弾しかけて炙りだすしかないな!

ふくこっこ「どこの棟なのかが分からないんですよ〜」

あしざわ教頭「仕掛ける前提でいかないで(笑)」

とーやま校長「じゃあ、毎日寂しくてしょうがないだろ?」

ふくこっこ「はい。リア充が周りに多くて、イライラするとともに悲しくなるというか…」

あしざわ教頭「元々、あまり先輩とは喋れてはないんだっけ?」

ふくこっこ「街中で会ったりすると会釈するんですけど、それ以上は何もなくて、たまに話をするくらいですね」

とーやま校長「ふくこっこはガンガン行けるタイプなの?」

ふくこっこ「全然ダメです…! 『こんにちは〜』くらいやったらいけるんですけど……」

とーやま校長「でもね。どうしたって、何かアクションを起こさないことには振り向いてもらえないって俺は思うんだ。となると、今までのふくこっこから変わらないといけない瞬間なのかもしれない。
“ちゃんと私の事を見てください!”っていうアピール。それはふくこっこなりに出来る範囲でいいと思うんだけど、ただ待ちの状態では難しいと思う。人からは色んな感情のオーラが出ているけど、それをキャッチして欲しいとか、そればっかりだと一人よがりになってしまうよね。自分から何かを伝えようっていうところから始まらないと、転がっていかない気がするな」

20170105_sol09.jpg


ふくこっこ「はい!」

とーやま校長「今までの自分とは違うものを頑張って作り上げることが大事なんじゃないかな?」

あしざわ教頭「手紙を書くとかでもいいと思うよ? それって自分がやったことないことじゃん。いろんな伝え方があると思うな」

ふくこっこ「それで教頭は結婚出来たんですか?」

あしざわ教頭「いきなり手紙を渡して結婚できたわけではないけど(笑)」

とーやま校長「どうなんですか?」

あしざわ教頭「でも、自分が好きだって想いは伝えたよ? 雰囲気だけで伝えられるほどイケメンじゃないからね」

ふくこっこ「教頭は十分イケメンですよ!」

あしざわ教頭「ありがとう(照) 自分の想いを伝えるって恥ずかしいし緊張するけど、そこを越えた時にどんな結果であれ、それは新しい自分だから! そこをふくこっこには頑張って欲しいな」

ふくこっこ「頑張れるか分からないけど…」

とーやま校長「頑張れる!! 好きな気持ちがあれば何でもできるよ!」

ふくこっこ「…ありがとうございます!」

とーやま校長「ここで頑張らないと! 自信なんて無くていいんだよ。分からないなりに、ちゃんと自分の思っている事を全身に行き渡らせて、好きな先輩の事を見よう!」

ふくこっこ「ありがとうございます! 校長、教頭! 私、中2なので、言わせてください!

あしざわ教頭「いくぞ!!  中2高2は……フリーーーダーーーーーム!!!!!

ふくこっこフリーーダーーーーーム!!!!!

あしざわ教頭「ナイスフリーダム!!」

とーやま校長「また明日〜〜〜!」

20170105_sol03.jpg



【FAXイラスト】


20170105_fax01.jpg

RN さくしば


20170105_fax02.jpg

RN うらちゅ


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
ビック倉庫 東京都 男性 18歳
ナナナかあちゃん 北海道 女性 13歳
ななろっく 岩手県 女性 17歳
ふくこっこ 兵庫県 14歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:08 ひとつ / SUPER BEAVER
22:28 LOVE SONG / FUNKY MONKEY BABYS
22:43 Check This Out / RIP SLYME
23:43 鳴らせ / マカロニえんぴつ
23:51 北風小僧の寒太郎 / やくしまるえつこ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

いつもいつも時間が足らない!
いつまでも話していたい人だよ俺は!
途中寝るけど!でまた起きて話す!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

今の自分の気持ち、大事にしていこう!
また明日!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

生放送教室 放送後記一覧

もっと見る

LOCKS!SCHOOL OF LOCK!の講師陣

  • ミセスLOCKS!

    Mrs. GREEN APPLE

  • sumika LOCKS!

    sumika

  • LiSA LOCKS!

    LiSA

  • 乃木坂46LOCKS!

    乃木坂46(賀喜 遥香)

  • サカナLOCKS!

    サカナクション

  • 平手友梨奈LOCKS!

    平手友梨奈

  • YAZAWA LOCKS!

    矢沢永吉

  • 豆柴LOCKS!

    豆柴の大群

  • アイナLOCKS!

    アイナ・ジ・エンド

  • 森七菜LOCKS!

    森七菜

  • adieu LOCKS!

    adieu(上白石萌歌)

  • 景井LOCKS!

    景井ひな

  • INI LOCKS!

    INI

ページトップへ戻る