* 放 送 後 記 *

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 あと6日 』

とーやま校長「今、俺たちSCHOOL OF LOCK!は、8月26日(日)、新木場STUDIO COASTのステージでLIVEをしたい、10代のミュージシャンを探しています!」

そのステージとは!
10代限定 夏の音楽フェス!
未確認フェスティバル2018」!!

あしざわ教頭「グランプリに輝くと、賞金100万円! さらに、全国のタワーレコードでCDをリリースする権利も獲得できるぞ!」

とーやま校長「ってことで現在、みんなからのデモ音源を募集している!」

「自分を周りに認めさせたい!」
「プロとしてデビューしたい!」
「賞金の100万円が何としてでもほしい!」
「でっかい音でギターを鳴らしたい!」
「モテたい!」

動機はなんでも大丈夫!

あしざわ教頭バンド! シンガーソングライター! ラッパー! ユニット! インスト楽曲! アカペラ!
メンバーの構成や音楽のジャンルも、何でも大丈夫です! スマホアプリでつくった曲なんかも大歓迎です!」

そんな未確認フェスティバルの締め切りまで、『あと6日』!
5月6日(日)の23時59分まで

とーやま校長「ひょっとしたら、"え? そうなんすか!? 今初めて聴いたんすけど!"ってヤツもいるかもしれない! でも大丈夫!
だってお前、ゴールデンウィーク、暇でしょ?」

あしざわ教頭「決めつけないであげて! 何かあると思うよ(笑)」

とーやま校長「とにかく俺たちは、お前の音が聴きたい! この一点のみ!」

SCHOOL OF LOCK!



さあ、改めて、デモ音源を送ってもらったあとの流れを
簡単に説明するぞ!

とーやま校長「まずは、送ってくれたデモ音源、もしくは映像を、未確認フェスの全審査員で聴かせてもらいます!」

あしざわ教頭「TOWER RECORDSの腕利きバイヤーの皆さんなど、プロ中のプロが、みんなの音を丁寧に聴いてくれます!」

とーやま校長「これを通過すると、次はネットステージに突入!
送ってくれた楽曲が、未確認フェスティバルのサイトから、"Eggs"を通じてWEB上にアップされて、リスナーからの投票を受け付け!」

あしざわ教頭「はい、ここからは、未確認フェスの審査員だけでなく、リスナーのみんなにも審査してもらいます! もちろんこの投票が、審査に大きく影響します!
このネットステージは、5月中旬を予定しています!」

とーやま校長「そして、ネットステージを通過すると、今度はLIVEステージ! オーディエンスを招いたLIVEハウスでLIVEをしてもらう!」

あしざわ教頭「このステージではもちろん、オーディエンスの盛り上がりが審査に影響!
LIVEステージ7月、東名阪のLIVEハウスで開催します!」

7月15日(日) 大阪Music Club JANUS!
7月16日(月) 名古屋BOTTOM LINE!
7月28・29日(土・日) 東京 渋谷O-WEST 2DAYS!



とーやま校長「そして、毎年、このLIVEステージにも、ゲストアーティストが登場してくれます!!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「今からゲストアーティストを発表するぞ!!
LIVEステージのゲストアーティスト! つまり、今年、未確認フェスに参加してくれるみんなの、対バン相手になるかもしれないミュージシャン!」

あしざわ教頭「君と同じステージに立つ、今、第一線で活躍しているミュージシャンです!」

とーやま校長「LIVEステージのゲストは4会場4組! いきます!」

「未確認フェスティバル2018」 LIVEステージ
今年のゲストアーティスト、まず1組目は…!
Official髭男dism!!!!

とーやま校長「髭男だよ! 髭男が来てくれちゃうよ!」

あしざわ教頭「我が校にも2017年の5月にゲスト講師として来てくれたりしてますよね」

<⇒その時の授業の様子はコチラから!>

とーやま校長「今なんて月9ドラマで流れてるんだから! あのOfficial髭男dismが、みんなの、未確認フェスのために来てくれるってことさ!」

あしざわ教頭「しかも対バン相手ですからね!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「楽しみに待っております!」


続いて、「未確認フェスティバル2018」 LIVEステージ!
今年のゲストアーティスト、2組目は…!
CHAI!!!!

とーやま校長「荒れるね! CHAIの出現によって、完全に荒れて、場の収集がつかないくらいのことになるよ!」

あしざわ教頭「めっちゃ楽しみ! カッコよすぎるよ!
俺はまだLIVE観たことないんですけど、楽曲は聴かせてもらってて、めっちゃくちゃ好きなんです!」

とーやま校長「楽曲もそうだし、この4人の人柄・性格、マジではちゃめちゃ過ぎるから!」

あしざわ教頭「マジっすか!(笑)」

とーやま校長「めっちゃ面白いと思うよ!」


さあ、続いて3組目!
「未確認フェスティバル2018」 LIVEステージ!
今年のゲストアーティストは…!
サイダーガール!

あしざわ教頭「めちゃくちゃ爽やかでかっこいいなー!」

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!としてお会いするのは"はじめまして"だけど、もちろん楽曲とかは聴かせてもらっているしね! 全角度から今回のこのゲストがやって来るってこと!
サイダーガールのみなさん、"未確認フェスティバル"よろしくお願いします!」


さあ、続いてがラスト!
「未確認フェスティバル2018」 LIVEステージ!
今年のゲストアーティスト、4組目は…!
井上苑子!!!!

とーやま校長おそのーーーー!!

あしざわ教頭そのちゃーーーん!!
来てくれるのめっちゃ嬉しい! 他の3組とは雰囲気が全然違いそうですね」

とーやま校長「うん。でもめちゃめちゃ祝福! 応募してくれるみんなも、来てくれて集まってくれる生徒のみんなも祝福してくれるような素敵なLIVEを届けてくれるはずだと確信している!」

あしざわ教頭「うん、嬉しい!」


とーやま校長「今年のゲストアーティストは、Official髭男dism! CHAI! サイダーガール! 井上苑子! 以上の4組!」

あしざわ教頭「この4組が、7月に大阪、名古屋、東京2DAYSで行うLIVEに登場します! 誰がどの会場のステージに立つかは、追って発表します!」

とーやま校長「"あ、俺、髭男好きだから、対バンしてみたい!"みたいなことで全然大丈夫! とにかく俺たちは、お前の音が聴きたてくしょうがない!
お前からの応募、待ってるよ!

<⇒"未確認フェスティバル"の詳細はコチラから!>


とーやま校長「今夜のSCHOOL OF LOCK!は、"未確認フェスティバル2018"締め切り直前スペシャル!
すでに届いた音源を、時間の限り紹介していく!
そして、今年は8月26日、東京 新木場STUDIO COASTで行うファイナルステージにもゲストアーティストがいる!」

今年、10代のミュージシャンを迎え撃ってくれるのは……!


♪ 真赤 / My Hair is Bad


とーやま校長「"未確認フェスティバル2018"!
8月26日(日)ファイナル、全てのLIVEが終わったあとにゲストで登場してくれるアーティスト! My Hair is Bad
もちろん"閃光ライオット"時代に応募してくれていたんだけど、ファイナルステージまでは到達していない! My Hair is Badがお前たちの全てを受け止めてくれるはずだから! まぁ、みんなの気持ちとしては"かかって来い!"って感じじゃない?」

あしざわ教頭「うん! 行けよ!」

みんなからのメッセージは
学校掲示板もしくはメールまで送って欲しい!

SCHOOL OF LOCK!



毎月5週目の女子クラスはお休みなんだけど、
今週は特別に、体験入学生として吉田凜音ちゃんが毎日登校!

吉田凜音ちゃんのGIRLS LOCKS!

凛音ちゃんは現在17歳、高校3年生の現役女子高生アーティスト!
初日はSCHOOL OF LOCK!恒例の小テストに挑戦してくれた!

とーやま校長「正直、この点数に関しては不服でしょ? 納得いってない感じを受け取ったよ(笑)」


りんねちゃん
りんねちゃん面白すぎる(笑)
ラジオの前で爆笑したわwwwwww
ラップすごい!!!!
みかっっぴ
女性/15歳/福島県
2018-04-30 22:28



とーやま校長「曲がめっちゃかっこいいし、俺は本当に好き! これを高校3年生の女子がやってるっていうのがね。聴いてるみんなと同い年なわけだからね」

あしざわ教頭「しかも、自己紹介ラップがめちゃくちゃかっこよくて、そのまま曲に行ったじゃないですか。もうそのまま地続きで曲にいった気持ちになっちゃって、そのままがまたかっこいいですね!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「テストでも花丸ついてたからね! いいね!
今日だけじゃなくてまだ火・水・木と3日間あるし、先週にニューアルバム"SEVENTEEN"がリリースされていて、あさって水曜日にワンマンライブがある!」

吉田凜音ちゃんは、もちろん明日も登校!


さあ、締め切りまであと6日!
「未確認フェスティバル 2018」!!

とーやま校長「今夜は、締め切り前に、すでに届いた音源をオンエアして、みんなと一緒に聴いて行こうと思っている!」

あしざわ教頭「ちなみに、僕たちも今から初めて聴く音源たちですからね」

とーやま校長「すごいドキドキするよね!」

あしざわ教頭「もちろんワクワクもしてますけどね」

とーやま校長「みんなもそうだと思うんだよね」

あしざわ教頭「一体どんな音を仲間が鳴らしてくれてるのかとかね」

とーやま校長「さらに自分の音源が全国に流れる瞬間がやってくるわけだから!」


まず、1組目は…!
東京都 平均年齢18.3歳 3ピースバンド!
メレ!!


♪ 逃げ道 / メレ


とーやま校長「もう、俺は好きです!」

あしざわ教頭「めっちゃくちゃいいね! 女の子の声をお互い追いかけ合って、重なった瞬間がたまらないですね!」

とーやま校長「みんな覚えて、もしどんどん進んでLIVEステージとかファイナルの時に、生徒のみんながハモりの部分をやったりしたらって想像しちゃってね!」

あしざわ教頭「めちゃくちゃいい!」

メレは、
中村伊織ちゃん、白石悠ちゃん、野並大介くんの3人!

あしざわ教頭「ちなみに、このベースの白石悠ちゃんは、未確認フェスティバルの初代準グランプリ、"リーガルリリー"の元メンバー! だから、僕らも未確認で演奏を見てるんですよね」

とーやま校長「だってあの時ファイナルにも立ってるわけだし、でも終わって組み直して、新しく"メレ"としてまた応募してくれてる。
10代限定の夏フェスだから、まだ応募できるんだなって思った! あの時、リーガルリリーではいくつだったの!?(笑)」

あしざわ教頭「そう思うと、相当すごかったんですね!」

とーやま校長「楽しみ!」


さあ、「未確認フェスティバル2018」! 今年届いたデモ音源!
続いては…
静岡県 14歳!
諭吉佳作/men!!


♪ 非常口 / 諭吉佳作/men


とーやま校長「まあ、今出てくる言葉は…"すごい"って言葉しか出てこなくて」

あしざわ教頭「そうだね(笑) 何だこれ!」

とーやま校長「何がすごいって、もちろん楽曲もそうなんだけど、14歳の中学校3年生の女の子が1人で作ってる音楽が、これなの!」

あしざわ教頭「音の実験みたいなのを聴いてるような感じもあるし、かと思えば、すごく情熱的に歌い上げるとこもあったりね」

とーやま校長「2018年の10代とか、まぁみんなそうだと思うけど、先頭グループにいる人なのかなって思うよね。8年後ぐらいに"あの時そうだったよな"とかって言えてしまうような気がしてならない」

作詞作曲は2016年頃から、本格的な活動2017年2月頃から始めたそう。
意気込みは、
「人の目に少しでも止まりたいです。
少なくとも挑戦する前よりは、更に楽しく音楽が出来る、
という状況になっていたいと思います。」


とーやま校長「もう挑戦をしているわけだからね。ここからさらに、どんな武器を手に入れて、どんなこと考えているのか」

あしざわ教頭「うん!」

SCHOOL OF LOCK!



「未確認フェスティバル2018」! 今年届いたデモ音源!
続いては…
大阪府 18歳 4ピース!
anica!!


♪ 在り来りな日々 / anica


とーやま校長「勝ったね! もう未確認フェスティバル2018は勝ちました!」

あしざわ教頭「勝利宣言入りましたね!(笑) かっこいいわ!」

とーやま校長「衝動と衝撃と放ちたいものだけでいいんだよ!」

あしざわ教頭「声が入ってきた瞬間、心がぐっと掴まれましたね!」

とーやま校長「うん! かっこいい!」

anicaは、全員現役の高校生!
そして何より驚きなことは、
2018年1月1日より活動を始めたのだそう!

とーやま校長「ってことは、まだ4ヶ月ってこと!」

あしざわ教頭「明日でちょうど5ヶ月目に突入。ヤバくないですか!? こんなことになってんだ!」

とーやま校長「すごいね!」

あしざわ教頭「何年も続けてるバンドみたいな完成度もあるしね」

SCHOOL OF LOCK!



「未確認フェスティバル2018」! 今年届いたデモ音源!
続いては…
東京都 19歳!
Karen Yamaguchi!!


♪ to a stranger / Karen Yamaguchi


とーやま校長「今日はグラミー賞ノミネート作品を聴く日?」

あしざわ教頭「(笑) わかるよ! 違うんだけど、ヤバいっすね!」

とーやま校長「ああ、未確認フェスティバルの日か!」

あしざわ教頭「これはすごいわ! もちろん歌声もさることながら、ギターも聴いてて気持ちがいいですね!」

とーやま校長「うん! すごい!」

現在はアメリカ・バークリー音楽院に在学中!
ボストン市内での限られたLIVE、
インスタへの投稿などに限られている。
5月中旬から9月中旬まで夏季休暇のために帰国し、
都内での本格的なLIVE活動を予定しているのだそう!

あしざわ教頭「13歳からギター・ドラムなど色々学んでいると! いやこれはすごいですよ!」

とーやま校長「13歳から、曲も50曲ぐらいとかあって、10代の集大成として応募してくれて本当にありがとう! たくさん聴きたいし、出会えたらいいね!」

SCHOOL OF LOCK!



「未確認フェスティバル2018」! 今年届いたデモ音源!
続いては…
福島県 16歳!
すぎうち!!


♪ そして春が来る / すぎうち


とーやま校長「明日、5月1日、みんな、天気良かったらタイムフリーで聴こうよ。昼あたり、3時ぐらいがいいかな?」

あしざわ教頭「コーヒー飲みたくなってきた(笑)」

2017年7月からLIVE活動開始したそう。

とーやま校長「インストなんだね。それもまたいいよね」

あしざわ教頭「うん! LIVEとかで聴いてみたい! かっこいい!」

とーやま校長「色々ジャンルがあるけど、アコギのインストだから、そんなにやられてる人いないかも知れない。そういうLIVEに出にくいってことがあったりしたらしいんだけど、でも"メジャーでないからこそ、この未確認である"って気持ちを持って、この未確認フェスティバルに応募してくれてるみたいだよ」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「そういうのは嬉しいですね」

とーやま校長「優しい音色だけど、熱き魂も、このすぎうちの中に、そして楽曲の中に、ギターの中に、こもってるのもいいね!」

あしざわ教頭「素敵!」


ここまでのデモ音源を聴いて、
こんな書き込みが来ている!


未確認の音源
応募〆切前なのにみんなクオリティ高いよ…。
たぶん私は応募ギリギリになっちゃうから一次審査突破しないと埋もれちゃうよ…。流れないまま終わっちゃうよ…。
もっと早く準備しとけば…。
T-Z
女性/16歳/千葉県
2018-04-30 22:42



とーやま校長「何度も言うように、って言ってもまだ6日間ある! さらに、みんなの音源を聴いた上で、自分の中で生まれたものとかがあるわけじゃん。送った時期に有利不利なんて一切ないんだけど、でも、みんなの何かを得て自分のものに還元できるってことはお前にとっていいことだと思うからね」

あしざわ教頭「そうだね」

とーやま校長「焦る気持ちも分かるけど、焦ったところで時間ってものは変わりもしないからね」

あしざわ教頭「お前のままでいこう!」

SCHOOL OF LOCK!



とーやま校長「毎年、未確認フェスには、普段SCHOOL OF LOCK!を聴いたことがないって言う10代のみんなも参加してくれてるんだけど、もちろんSCHOOL OF LOCK!の生徒もたくさんおります!」

あしざわ教頭「今年もたくさんの生徒の音源が届いております!」

とーやま校長「この間の2月に電話した、RN はんぶんきゃべつ覚えてる?」

あしざわ教頭「覚えてます! 未確認の募集を開始した日に電話した生徒ですよね」

RN はんぶんきゃべつは、3年前の2015年に
未確認フェスティバルに応募してくれたのだが、
その時は一次審査で落ちてしまったという生徒。

<⇒その日の放送の様子はコチラ!>

とーやま校長「はんぶんきゃべつには、やっぱり、どうしても何かを届けたいとか、誰かに見てほしいとかがあるんだよね。色々音楽とかもやり続けて行った中で、去年ぐらいからはメンタルを強くするためにニコニコ公式生放送に出て、色んなことに挑戦して、自分自身を鍛えたりとかしたんだって。
そんな中、去年の2017年に、シンガーソングライターのリツキグランプリ獲ったんだけど、そこにも触発されて、"この世に未確認ってものがあるし、そこに希望があって、本当にこういうことってあるんだな"っていうのが感じられたから、今年も(未確認フェスティバルに)出ようという決意をしてくれてるの!」

SCHOOL OF LOCK!


前回電話で話をした時は、
お母さんからのダメ出しを自分からもらって、
音源を作ってるという話をしてくれた。

とーやま校長「そのRN はんぶんきゃべつの音源ももちろん届いている!」

あしざわ教頭「おお〜!」

そのアーティスト名は…!
東京都 18歳!
美珠!!


♪ 願い叶えて / 美珠


とーやま校長「ヒリつくね!」

あしざわ教頭「めちゃくちゃ情熱的だね!」

とーやま校長「もちろん、この美珠のことは、もう何年も前から知ってるからっていうのもあるかもしれないけど、でも、それ込みでも、この歌声とアコギの音だけで、ヒリつくものがすごくあるね!」

あしざわ教頭「うん、すごいあるし、想いがすごく溜まってたんだなっていうか、爆発してますよね」

そんな美珠の意気込みは、
「SCHOOL OF LOCK!の2月の逆電でお話させて頂いたRN はんぶんきゃべつです。
今年こそ新木場のステージに立ちます。」


SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「いいね! 今迷ってるみんなにもすごく勇気を与えてくれるアーティスト!」


続いて、今年届いたデモ音源は…!
埼玉県 18歳 4ピース!
promenade!!


♪ タイムトラベル / promenade


とーやま校長「楽しいぞ! とてもとても楽しいぞ!」

あしざわ教頭「聴いた瞬間、何故かニヤニヤしてしまう!」

promenadeは、全員女子!
そして、全員大学1年生!
高校1年の秋に軽音楽部内で結成したのだそう。
意気込みでは、
「"遊ぶ・楽しむ・楽しませる"をモットーに活動しています。
私達らしくみなさんと共に楽しめるライブをします!
やる気は十分にありますので、 応援よろしくお願いします!」


とーやま校長「もうあるんだね!」

あしざわ教頭「音からそれが溢れてるから、すごいですよね!」

とーやま校長「そうだよね! 感じたことは間違いじゃないんだ。
応援は、もちろんSCHOOL OF LOCK!としてもだし、聴いてるみんなも"promenadeのLIVEを観てみたい"と思っているヤツ、ひとりとかじゃないからね! 絶対にたくさんいるから!」

あしざわ教頭「これは会場でみんなで揺れたいな!」

SCHOOL OF LOCK!



「未確認フェスティバル2018」! 今年届いたデモ音源!
続いては…
千葉県 18歳!
キタロウ!!


♪ Lady / キタロウ


とーやま校長「以前、審査員長をやってくださっていた淳治…」

あしざわ教頭いしわたり淳治先生ね(笑)」

とーやま校長「いしわたり淳治先生が、"単語とか名詞とかがいっぱい出てくる歌詞は、当然俺たちも情景を思い浮かべやすいから、そういうのも大事なテクニックだ"って言ってたことを、パって思い出したの。
今キタロウの曲を聴いていて、景色だったりとか、猫がどんな表情してるのかなとかボンボン出てきた。
キタロウの中にあったものを今描いているのか、それとも、見たことないものを描いているのかわからないんだけど、とにかく色んなことを今考えながら聴いてた」

あしざわ教頭「そうですね」

とーやま校長「この曲を聴きながら思うことは、みんな、全員違うと思う」

あしざわ教頭「"キタロウが見てる世界ってどんななんだろう?"とかって、一緒に考えたくなっちゃう、そんな曲ですよね」

キタロウは、千葉市のライブハウスで
半年前から弾き語りで出ているのだそう。

とーやま校長「ひとりでやるってハンパじゃないけど、でもこれだけのことができるのは、ひとりだからこそっていうことでもあるしね」

あしざわ教頭「耐え切れなかった気持ちもあるんだろうね」

SCHOOL OF LOCK!



「未確認フェスティバル2018」! 今年届いたデモ音源!
続いては…
広島県 18歳 3ピース!
藍色モラトリアム!!


♪ はだしのうら、まわるみずいろ / 藍色モラトリアム


とーやま校長「めっちゃいいね!」

あしざわ教頭「めちゃくちゃいい! 何だろう、この心地のよさは。うまく説明できない(笑)」

とーやま校長「すごく透き通った青色とか、綺麗なピンク色とか、色んな色が出て来ている。ギターの音はポップなんだけど、間奏とかはちょっとアンダーグラウンドな匂いとかもちょっとしちゃって、そこもすごいかっこいいなって思った。
この藍色モラトリアムは俺らしゃべってるんだよね?」

あしざわ教頭「そうなんですよ。しかも2年連続でしゃべってるんですよ(笑)」

RN 合唱少女のとみーと、
「未確認フェスティバル2017 キックオフスペシャル!」で話している!

とーやま校長「"デモテープが作れなかった"、みたいな話をした」

あしざわ教頭「そうですね」

そして、今年もキックオフスペシャルで話をした!

<⇒その日の放送の様子はコチラ!>

とーやま校長「俺が笑顔で愛ある説教をしたけど、それで送って来てくれた楽曲が、これだったんだよ!」

あしざわ教頭「約束を守ってくれたんですね」

とーやま校長「そして、それがこんなに素敵な楽曲だとは!」

あしざわ教頭「そう! こうやって届けてくれたことも、めっちゃ嬉しくないですか?」

とーやま校長「だって、あの時"『藍色モラトリアム』を覚えておくからな"って言ったもん!」

SCHOOL OF LOCK!



「未確認フェスティバル2018」! 今年届いたデモ音源!
続いては…
大阪府 平均年齢19.3歳 3ピース!
the paddles!!


♪ 幸せ / the paddles


とーやま校長「俺はもう、去年から好きで、去年は(三次審査の大阪会場)に出てるわけ! で、ファイナル行けなくて、ファイナルの発表の時に"ああ、ファイナルに行けなかったんだ…"、って思った何組かのうちの一組なの。
やっぱり、小細工なしのロックンロールが俺は好きです!」

あしざわ教頭「熱くていいよ!」

とーやま校長「俺の原点はそこでした! the paddlesありがとう!」

あしざわ教頭「(笑) でも、前よりもさらにガタイが良くなった、っていうか、骨太になって帰って来た感じがしますね!」

とーやま校長「19.3歳だから、今年がラストイヤー! 初代グランプリバンドのShout it Outも、3回挑戦してグランプリに輝いてるわけで、全然あるっしょ!」

あしざわ教頭「いいね!」

そんなthe paddlesの意気込みは、
「大きい声! 大きい音!
今年こそは去年のリベンジを!!」



本日も授業の終わりが近づいてきた!

SCHOOL OF LOCK!


校長が終わりの黒板を書いている間に、書き込みを紹介!


未確認
今日の授業で、一番面白いな?と思ったのは、紹介しているたくさんのアーティストの曲調や、アーティスト名がみんな全く違うところが、不思議で仕方ないです。。笑
おんなじ高校生なのに、やっぱり、世界の人の数だけ考え方があるんですね。。私もゴールデンウィーク暇だから、6日で曲作って応募してみようかな!
ドーン!ボーン!チーン....
男性/17歳/鹿児島県
2018-04-30 23:45



さあ、今日の黒板はこちら!

SCHOOL OF LOCK!


『 叫ばないと自分の声はわからない 』

作ってみないとわからない。
人に見てもらわないとわからない。
会ってみないとわからない。
そういった色んなものがある。
叫ばないと自分の声は、わからないよ!
どんな声してるのか、どんなものを作るのか、
どんなことを考えているのか、心の奥底にどんな自分がいるのか。
それに会える絶好のチャンスが、まだあと6日ある!
待ってるよ!!


♪ ハロー・ミュージック / サイダーガール


あしざわ教頭「今は迷ってるかもしれない。でも届けた時にこれを聴いた誰かが、お前自身も変わるかもしれないけど、誰かが、"あ、この音めっちゃいいじゃん!"、とか、言葉をもらった瞬間に何かが変わる、誰かを変えることもできるからな! 本当にすごいことなんだ!
だからお前の音を待ってる!」

未確認フェスティバル2018
エントリーの締切は5月6日(日)



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
H.L.アーティスツ 宮城県 15歳 男性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:14 真赤 / My Hair is Bad
22:27 パーティーアップ / 吉田凜音
22:35 逃げ道 / メレ
22:38 非常口 / 諭吉佳作/men
22:42 在り来りな日々 / anica
22:46 to a stranger / Karen Yamaguchi
22:48 そして春が来る / すぎうち
23:12 Next Stage with YOU / Perfume
23:32 願いを叶えて / 美珠
23:34 タイムトラベル / Promenade
23:38 Lady / キタロウ
23:41 はだしのうら、まわるみずいろ / 藍色モラトリアム
23:45 幸せ / the paddles
23:50 ハロー・ミュージック / サイダーガール

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

6日×24時間=144時間あればかなりの事が出来るってわけさ。わけさ!!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

やっぱみんなの音を聴くのは嬉しい!あと6日、まだ6日!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

*最 新 記 事*

バックナンバー

*カ レ ン ダ ー*

<   2018年4月   >
MonTueWedThuFriSatSun
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30