* 放 送 後 記 *

SCHOOL OF LOCK!


『 おしゃれ 』

とーやま校長「生徒のみんなは、おしゃれに興味あるかな?」

あしざわ教頭「唐突なおしゃれトーク」

とーやま校長「まあ、我が校にも"おしゃれ部"という部活動があるぐらいだから、生徒の関心が高いのは間違いないよね。教頭もおしゃれにしてるよね」

あしざわ教頭「まあ、おしゃれは好きですよね」

とーやま校長「メガネだっていくつ持ってるわけ?」

あしざわ教頭「僕は8個ぐらい持ってますね」

とーやま校長「8個もメガネを持つことあるか⁉︎ みんな!」

あしざわ教頭「一時期メガネにハマっちゃったときがあるんですよ。
メガネ一つ変えるだけで、雰囲気が変わるしね。」

とーやま校長「今日の服も、白いえり無しのシャツだもんね!」

あしざわ教頭「いいよ、もう(笑) 何なんだよ、これは(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「とーやま校長だって、"サイズ感"(がおしゃれ)って呼ばれるようになったじゃないですか」

とーやま校長「"サイズ感"とは呼ばれてない(笑)  サイズ感の化身でも何でもないんだよ(笑) 
"サイズ感がいいね"ってことを、ちょっとからかわれながら言われてるってこと」

あしざわ教頭「サイズ感の校長でしょ(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


最近とーやま校長は、Perfume研究員やサカナクション先生、VIVA LA ROCKを開催している鹿野淳さんなどに、「あれ? とーやま校長、最近サイズ感がいいね!」と褒められているのだそう。

とーやま校長「まあ、おしゃれが好きって生徒、実は多いと思うんだ」

あしざわ教頭「お金がないなかで、コーディネートを工夫したり、楽しいですからね」

とーやま校長「そう! 高い服を着るだけがおしゃれじゃないぞ!」

あしざわ教頭「お、いいことを言いますね、校長先生! コーディネートでその人のセンスって出ますからね」

とーやま校長「そこで我がSCHOOL OF LOCK!は、こんなコンテストを開催することになった!」


そのコンテストとは!
SCHOOL OF LOCK!おしゃれ部Presents!
10代限定!ファッションコーデグランプリ
」!!
supported by 織田ファッション専門学校!


とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!のおしゃれ部が
未来のファッションを創る学校"織田ファッション専門学校"とコラボして送る、
我が校初となるファッションコーディネートグランプリを開催するぞ‼︎」

おしゃれが好き! おしゃれに興味がある!
そんな生徒の君のコーディネートをプロのスタイリストさんが審査!


とーやま校長「今、我が校で1番おしゃれな生徒を決定したいと思う!」

あしざわ教頭「生徒の私服見るの…楽しみ!」

しかも見事、グランプリに輝いた生徒には、"もっとおしゃれになって欲しい!"
そんな気持ちを込めて、ファッション軍資金「Amazonギフトカード2万円分」をプレゼント‼︎

とーやま校長「さらに! グランプリの生徒のキミが考えたコーディネートは、プロのスタイリスト神波憲人(かんなみ のりひと)先生と、モデルの中澤瞳ちゃんの手によって、雑誌"mini"に掲載!

あしざわ教頭「本人が掲載されるんじゃなくて、"本人考案のコーディネートが雑誌に載る"ってことは、完全にスタイリストの仕事じゃないですか!」

とーやま校長「すごくない⁉︎」

あしざわ教頭「やばいよ!」

とーやま校長「これって、普通の人は絶対できないことだしね」

あしざわ教頭「そうそう、すごいことですよ、これは」

とーやま校長「で、この中澤瞳ちゃんが…あ、今検索したんだけど、めっちゃ綺麗な人だな〜」

あしざわ教頭「可愛らしい〜‼︎ 」

SCHOOL OF LOCK!


他にも、優秀賞に入賞した生徒には、先ほど紹介したスタイリスト"神波憲人(かんなみ のりひと)"先生からアドバイスももらえるぞ!
女子はもちろん、男子からの参加も待ってる!

この神波(かんなみ)先生は、なんと!
とんねるずと一緒に野猿というグループを組んでいたあのスタイリストさん! 校長世代なら知らない人はいないぞ!

とーやま校長「さあ、今すぐお気に入りのコーディネートで参加してくれ!」

あしざわ教頭「そして募集テーマがあります!」

それはいたってシンプル!
「自慢のおでかけコーディネート」!
あとは自由に着こなしてくれ!

改めて! グランプリはファッション軍資金、Amazonギフトカード2万円分
さらに君のコーディネートを神波先生、モデル中澤瞳ちゃんの手によって
雑誌miniに掲載


<⇒応募は【コチラ】から!

とーやま校長「コーディネートコンテストなので、服がバッチリ写っている写真を送ってきて欲しい!」

SCHOOL OF LOCK!


ちなみに、お手本として校長と教頭の二人もコーディネートをアップするらしい…⁉︎


♪ 彷徨う日々とファンファーレ / KANA-BOON


とーやま校長「"ゴールデンウィーク、楽しくてしょうがないっすよ!"って言っているヤツには、さらに楽しい気持ちを加速させてくれる曲だし、"なかなか楽しいことないっすよ"ってヤツには、"希望とか、光とかちゃんとあるよ!"って言ってくれてる曲だと思う!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「僕も、聴いていて胸がウズウズするというか…
もし今好きな人がいたとしたら、"明日、ちょっと行ってみようかな、話しかけちゃおうかな"っていう気持ちが、後半にいくにつれどんどん高まってく感じがして、ドキドキする」

とーやま校長「今日、初めてこうやってみんなと一緒に聴かせてもらったけど、これからもSCHOOL OF LOCK!ではこの曲を聴くことになるだろうし、届けさせてもらおうと思ってる!」

『彷徨う日々とファンファーレ』は、今月、5月30日(水)にリリースされる
ミニアルバム「アスター」
に収録されるぞ!


とーやま校長「さあ、今夜の授業だけど、実は生徒のみんなに1つ聞いてみたいことがあるんだよね。前に生放送授業で、"LINE電話で繋いだまま、お互い一切喋らずに勉強しあっている恋人同士"っていたじゃない?」

あしざわ教頭「すごい発想ですよね」

とーやま校長「そう! 俺たちはすごい発想だなぁと思ったんだけど…。これ他にもやってる生徒いるんだよ」

あしざわ教頭「本当ですか?」

とーやま校長「ってことは、俺とか教頭のような大人が知らないだけで、LINEとかSNSってみんなにとっては当たり前の使い方ってのが存在している気がするんだよ」

あしざわ教頭「これ言っちゃあれですけど…。僕ら、オジさんですからね(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「そう!俺たち、"オジさん"なんだよ。
10代のカリスマこと、カリスマおじさんです!(笑) 
こんばんは! カリスマおじさんだよ!」

あしざわ教頭「しかもオジさんがLINEとかSNSに超詳しくなるのは、それはそれでちょっと嫌がられるというか…。これ、ちょっとオジさんのジレンマね(笑)」

とーやま校長「あるね〜。 知らない間にオジさんになったなあ…」

ということで、今夜のSCHOOL OF LOCK!の授業は!
大人が知らなそうなSNS・LINE活用術‼︎

とーやま校長「今夜は、俺たちをはじめとする"大人が知らなそうなSNS・LINEの使い方"を教えて欲しいと思う!」

あしざわ教頭「"大人が知らなそう"がどのラインかは、生徒に委ねます!」

みんなからのメッセージは
学校掲示板もしくはメールまで送って欲しい!

SCHOOL OF LOCK!


テロリン♪(LINEの着信音)

とーやま校長「大事なアドレス読みの時に、何ケータイの音鳴らしちゃってんの⁉︎」

あしざわ教頭「いや、僕じゃないもん!」

テロリン♪ テロリン♪ 鳴り続ける着信音! 次第にリズミカルになっていく…。

とーやま校長「…聴く?」

あしざわ教頭「聴こうか」


♪ iPhone Bubbling / Qrion


とーやま校長「これさ、曲だったわけ。で、ずっとこのまま行くんだね(笑)」

あしざわ教頭「ずっとLINE(の着信音)なんだね(笑)」

とーやま校長「これも、もしかしたら"カリスマおじさん"の反応かもしれない(笑) 
勝手に歌が来ると思っちゃってるから、俺たち(笑)。10代のみんなからしたら、"いやいや、これはこういう音楽でしょ"って感じかも⁉︎」

あしざわ教頭「やめて!(笑)」

SCHOOL OF LOCK!



5週目にあたる今週は、体験入学としてアーティスト吉田凛音ちゃんが登校中!

吉田凜音ちゃんのGIRLS LOCKS!

凛音ちゃんは現在17歳、高校3年生の現役女子高生アーティスト!
2日目の今日は、男子校に通う生徒に恋愛アドバイスをしてくれたぞ!
最後に凛音ちゃんから、「校長、特に教頭のお二人は、女の子を騙したりしないでくださいね!」とのメッセージが…。


あしざわ教頭「おかしくないですか? 何で"特に教頭"なんですか(笑)」

とーやま校長「教頭はやっぱり現在進行形で…」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「やかましいわ! なんちゅーことを言ってくれてるの!」

教頭は、「人妻と踊ってた」という噂を職員に流されていたらしい!

とーやま校長「いやいや、"知らない人妻とダンスしてた"って耳に入ってますよ!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「狼になったのか?」

あしざわ教頭「誰だよ、おっさん!」


さぁ今夜のテーマは、
「大人が知らなそうなSNS・LINE活用術‼︎」

さっそく生徒に逆電をしていくぞ!

ゆーあ 岐阜県 16歳 女性 高校2年生

とーやま校長「もしもし!」

ゆーあ「もしもし」

とーやま校長「ゆーあは、今高校何年生?」

ゆーあ「2年生です」

あしざわ教頭「中2、高2は…フリーダーーーーーム‼︎‼︎

SCHOOL OF LOCK!


ゆーあフリーダーーーーーム‼︎‼︎

あしざわ教頭「ナイスフリーダム!」

とーやま校長「さっそくなんだけど、俺たちに色々SNS・LINEの活用術を教えてくれない?」

ゆーあ週末の課題を教えてくれるTwitterのアカウントがあるって知ってましたか?」

とーやま校長「何を教えてくれるって? 週末の課題? 宿題とかってこと?」

ゆーあ「はい、そうです」

RN ゆーあによると、各高校ごとに、毎週、週末の課題が何かを教えてくれるTwitterのアカウントがあるんだそう。
実際に誰がやっているのかは、わからないんだとか。

とーやま校長「すごいな、その人!」

ゆーあ「多分、有志の人がやってるんだと思います」

とーやま校長「ちゃんと正確な情報なんでしょ?」

ゆーあ「はい」

とーやま校長「ゆーあの学校の課題を教えてくれるアカウントは、いつぐらいからあるの?」

ゆーあ「多分、ずっと代々続いてきているんだと思います」

あしざわ教頭「代々⁉︎ そんな昔からあったっけ、Twitterって(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「40年ぐらい前から引き継がれてるんじゃない?(笑)」

RN ゆーあの学年の半分以上の生徒は、このアカウントをフォローしているんだそう。
また、課題の範囲も、問題集の写真付きでかなり細かく教えてくれるんだとか。

あしざわ教頭「めっちゃ便利だね! でも、一体誰がやってるんだろうな」

とーやま校長「先生ってこともあるのかな? 生徒の点数が高いことに越したことはないわけだから」

あしざわ教頭「なるほどね」

とーやま校長「このTwitterの存在は、先生とかも知ってるの?」

ゆーあ「先生たちが、生徒のTwitterをチェックしているっていう話は聞いたことがあります」

とーやま校長「パトロール的な意味もあるだろうしね」

あしざわ教頭「学校系のアカウントって他にあったりするの?」

ゆーあ「はい。私の学校では、放送部のアカウントとか、生徒会のアカウントがあります」

放送部のアカウントに、流してほしい曲名をリプライしたり、DMを送ったりすると、昼の校内放送で流してくれるんだそう。
生徒会のアカウントは、質問箱のようなアプリを使い、匿名で意見などを送ることができるとのこと。

とーやま校長「すごいな! 下手したらもう学校に行かなくて良くなるんじゃない?(笑)」

あしざわ教頭「それは、学校ありきのアカウントだと思いますけどね(笑)」

とーやま校長「じゃあ、ゆーあ的には(そのアカウントに)助けられてるんだね?」

ゆーあ「めちゃくちゃ助けられてます!」

とーやま校長「面白い!」

あしざわ教頭「今、ぐんぐんフォロワー増えてるんじゃない?(笑)」

とーやま校長「いい情報、ありがとう、ゆーあ!」

ゆーあ「ありがとうございました!」


♪ 検索 / Saku


とーやま校長「あるんだね〜。 そういうことも」

あしざわ教頭「知らないことばっかりだね。まだまだ聞いてきましょう!」

というわけで、次の逆電に行くぞ!

みるけりあ@すくーるおぶろっく 茨城県 16歳 女性

とーやま校長「もしもし!」

みるけりあ@すくーるおぶろっく「もしもし!」

RN みるけりあ@すくーるおぶろっくは、過去にも何度か登場してくれているぞ!

とーやま校長「改めて聞くけど、みるけりあ@すくーるおぶろっくは、今高校何年生?」

みるけりあ@すくーるおぶろっく「高校2年生になりました」

あしざわ教頭「中2、高2は……フリーダーーーーム‼︎‼︎」

SCHOOL OF LOCK!


みるけりあ@すくーるおぶろっく「フリーダーーーーム‼︎‼︎」

あしざわ教頭「ナイスフリーダム!」

とーやま校長「みるけりあ@すくーるおぶろっく にも、俺たちにSNS・LINEの活用術色々教えて欲しい!」

みるけりあ@すくーるおぶろっく「校長、教頭、LINEのステータスメッセージを使って、みんな、こっそり通じてるって知ってました?」

とーやま校長「"ステータスメッセージ"なんてものはない!(笑)何それ?」

あしざわ教頭「俺も初めて聞いたかも」

「ステータスメッセージ」とは、LINEのプロフィールの横に、自己紹介や近況などを一言載せることができるミニメッセージのこと。

とーやま校長「ああ、あるね! 自分の名前の下に書いてあるやつ。そういえばあしざわ教頭のところにもあったよね、メッセージ」

あしざわ教頭「一応、ありますよ」

とーやま校長「教頭のところには、"前歯? なんですかそれ"。 前歯というものがこの世にあることを知らない人の自己紹介(笑)」

あしざわ教頭「一応ね、ちょっと(笑) でも、これをメッセージに使うって、ちょっと意味がわからないんですけど。これはただのプロフィール紹介じゃん?」

みるけりあ@すくーるおぶろっく「はい。 新学期とかは自分の出席番号を書いたりしている子が多いんですけど、両思いの子やカップルの子とかは、ペアで、その一言を使って会話してたりするんです

とーやま校長「…これはイイ! サイコーの遊びよ! サイッコーの遊びよ‼︎」

あしざわ教頭「すごい目を輝かせてる(笑)」

とーやま校長「だって、普通にLINEすればいいわけだから。でもそこをあえて"ステータスメッセージ"でやり取りする!」

あしざわ教頭「これって、周りにバレないようにやってるものなの?」

みるけりあ@すくーるおぶろっく「なんか、"におわせたい"のかなって」

あしざわ教頭「ああ! "なんか会話している風だぞ、これはだれかに向けたメッセージだぞ" みたいな?」

とーやま校長「二人は恋人同士だけど、そのことをみんなに直接言っていない。だけど、"知ってくれてもいいし…におわせちゃう?" みたいな(笑)」

あしざわ教頭「あー、腹立つ!(笑)」

RN みるけりあ@すくーるおぶろっくも、「明日試合頑張るね!」「頑張ってね!」といったやりとりをしているのを見たことがあるのだそう。

とーやま校長「みるけりあ@すくーるおぶろっく自身は、このステータスメッセージで会話したことがあるの?」

みるけりあ@すくーるおぶろっく「…え? ウフフ!

とーやま校長「お前、そっち側か!」

一同笑い

とーやま校長「どういう時に使ったことがあるの?」

みるけりあ@すくーるおぶろっく「ボケとツッコミみたいな」

とーやま校長「女の子同士ってこと?」

みるけりあ@すくーるおぶろっく「いや、内緒で(笑)」

あしざわ教頭「それはもう内緒じゃない(笑)」

とーやま校長「これは、"ステータスいちゃいちゃ"が始まってるじゃん(笑)」

あしざわ教頭「"ステいちゃ"だな(笑)」



LINEの活用
私「ありがとう」
彼「こちらこそ」
みたいなこと、ステータスでやってたことあるわぁ笑
ILOVE白米
女性/14歳/北海道
2018-05-01 22:44




とーやま校長「やってるんだ!」

みるけりあ@すくーるおぶろっく「やってる…!」

とーやま校長「他にはステータスメッセージでどんなことができるの?」

あとはLINE MUSICを使って音楽を設定したりして、その人が使っている曲によっては
「この人、恋してるのかな?」と想像したりするんだそう!

とーやま校長「なるほど! それで、好きな人のステータスメッセージを確認しに行って、そこで使われてる曲を見て情報を仕入れることもできるし、"こうやってアプローチしよう"ってなるんじゃない?」

SCHOOL OF LOCK!



ステータスメッセージ
僕の友達はステータスメッセージで喧嘩してましたw
努力を怠らない
男性/15歳/長野県
2018-05-01 22:45



一同笑い

あしざわ教頭「そんな使い方もあるの⁉︎ (笑)」

とーやま校長「直接やれよ、それ(笑)」

とーやま校長「いやこれ、これ面白い! これから色々チェックしちゃうわ、絶対(笑) みるけりあ@すくーるおぶろっく、面白かったよ、ありがとう!」

みるけりあ@すくーるおぶろっく「ステータスメッセージ、校長もやってみてください!」

とーやま校長「や…ってみようかな!(笑)」

SCHOOL OF LOCK!



♪ 575 / Perfume


とーやま校長「Perfume研究員が歌っているように、"なんて送ったらいいんだろう"っていう気持ちを直接伝えられないから、ステータスメッセージに"届け!"という気持ちを乗せて書いたりしているのかもね」


わかる
ステータスメッセージの会話やりますよね 笑
あれ、結構バレる 笑笑
でもなんか2人だけの秘密って感じがしていいですよね!
牧場の大地
男性/15歳/鳥取県
2018-05-01 22:46



あしざわ教頭「やっぱりそういう使い方なんだね」

とーやま校長「おおっ広げではないけど、そこのドキドキ感とかも楽しめるってことでしょ?」

とーやま校長「これ、みんなやってるね(笑)」


LINEの活用
気になる異性とLINEしてて、もう少しで会話終わりそうだな…と思ったら
わざと送信取消をします。
そしたら「何取り消したのー?」ってくるので、「なんだと思うー?笑」と言って会話を長引かせます
ILOVE白米
女性/14歳/北海道
2018-05-01 20:45



あしざわ教頭「何、その術!(笑)名前はあるのかい? その術に(笑)」

とーやま校長「"延命"だよ、だから(笑)」

あしざわ教頭「でも、わりと最終手段のような気がするけどなあ。こればっかりやってたら、"なんだコイツ"ってなりそうじゃない?」

とーやま校長「逆に、それによって何か生まれるかもしれないから」

あしざわ教頭「すごい(テクニックを)駆使してるんだね」

とーやま校長「ちょっと前までは、"わざと間違っちゃったLINE"っていうのが…」

あしざわ教頭「校長もやってるんですか? それ」

とーやま校長「…え、うん…写真とかは送ったかもしれない」

あしざわ教頭「どんな写真? どんな写真? 例えば?」

とーやま校長「それは、あのー、自分の全身の写真を送って………」

ピロリン♪(LINEの着信音が鳴り出す)

とーやま校長「(携帯の)電源消して! なんでこんなに顔が赤いんだよ‼︎」

あしざわ教頭「(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


そして、再びこの音楽が…。


♪ iPhone Bubbling / Qrion


♪ ハナウタ / [ALEXANDROS]×最果タヒ


この後の[ALEXANDROS]LOCKS!には、『ハナウタ』の作詞家、最果タヒ先生が来てくれたぞ!
そして! 今夜この後、生放送教室が終わって5月2日(水) 0:00から、
最果先生が作詞を手掛けたドロス先生の「ハナウタ」が各音楽配信サイトでリリース!

今夜、川上先生と最果先生が話していたことを加味して、聞いてみてくれ!


とーやま校長「今夜は、”大人が知らなそうなSNS・LINE活用術‼︎"を教えてもらっている!」

10時代には、RN ゆーあが、「Twitterで、週末の課題を教えてくれるアカウントがある」と教えてくれたぞ!


本当だ!
課題教える垢、調べたらあった…
怖〜www
おれんじしゃあべっと
女性/18歳/兵庫県
2018-05-01 22:36



あしざわ教頭「そこに行き着いちゃったんだね、"ありがとう"じゃないんだね(笑)」

とーやま校長「みんなも調べてみて! 中の人が一気にビビるはずだから(笑)」

それから、RN みるけりあ@すくーるおぶろっくが、LINEのホーム画面にある「ステータスメッセージ」を使って、こっそり会話をしているとの情報をくれたぞ!

あしざわ教頭「ちょっとしたイチャイチャがそこで行われていたりするという(笑)」

とーやま校長「いいよね。すっごく使いたいです‼︎(笑)」

あしざわ教頭「今日から校長のLINEチェックします!(笑)」

とーやま校長「そんな僕は、"カリスマおじさん"です!」

あしざわ教頭「言わなくていいよ、それは(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「カリスマおじさんに、みんなもっと教えて欲しい!
もしもし!」

[NAKASHI]@邦ロッカー 岡山県 16歳 女性 高校2年生

[NAKASHI]@邦ロッカー「もしもし!」

とーやま校長「[NAKASHI]@邦ロッカーは、何年生になった?」

[NAKASHI]@邦ロッカー「高校2年です!」

あしざわ教頭「中2、高2は…フリーダーーーーム‼︎‼︎

SCHOOL OF LOCK!


[NAKASHI]@邦ロッカーフリーダーーーーム‼︎‼︎

あしざわ教頭「ナイスフリーダム!」

とーやま校長「多いね、今日は(笑)[NAKASHI]@邦ロッカー、さっそくだけど、俺たちに色々教えてくれ!」

[NAKASHI]@邦ロッカー「校長、教頭、知りたいことは、インスタグラムの"ストーリー"で聞くのが一番って知ってましたか?」

とーやま校長「ちょっと待ってよ。 まず、NOTインスタなのよ、俺は(笑)」

あしざわ教頭「その時点でちょっとなあ…」

[NAKASHI]@邦ロッカー「未確認フェスティバルの公式アカウントもあるので、校長も(インスタグラムを)やったほうがいいと思います」

未確認フェスティバルの公式インスタグラムアカウントはこちら

とーやま校長「ちょっと待って。 ストーリーをまず、説明してくれ。
いや、俺はわかってるよ? でも、知らないみんながいるから!」

「ストーリー」とは、日々の生活を動画にして投稿し、みんなに見てもらうというインスタグラムの機能のことだそう。
でも、投稿してから24時間で削除されてしまうのだとか。

とーやま校長「それで、どうしてるの?」

[NAKASHI]@邦ロッカー「聞きたいことに関してインスタに書いたら、それを見た誰かが、答えてくれるんです」

「ストーリー」の動画には文字を載せることが出来て、誰がその動画を見たのかわかるようになっている。動画に「聞きたいこと」をメッセージとして書き入れ、それを見た人から、質問に対する答えが送られてくる、という仕組みなんだとか。

とーやま校長「LINEとかじゃないんだ?」

[NAKASHI]@邦ロッカー「LINEだと、1対1なので、何回もやりとりをしなきゃならないんですよね。返事が返ってくるかもわからないし。
でも、インスタなら、不特定多数に見てもらえるので、すごく便利です!」

とーやま校長「Twitterはどうなの?」

[NAKASHI]@邦ロッカー「Twitterは、やりとりを他の人に見られてしまうので、送りづらい人もいるのかなって思います」

とーやま校長「なるほどね!」

あしざわ教頭「リプライを全部見られちゃうもんね」

とーやま校長「インスタのストーリー、いつ頃から活用してるの?」

[NAKASHI]@邦ロッカー「これはもう、1年前に(インスタを)始めた時から、ずっとやってます」

すぐに返事が返ってくるなど、効果は抜群なんだそう!
ちなみに、よく聞くのは勉強のことについてなんだとか。

とーやま校長「じゃあ、テストのことも、範囲もちゃんとわかって、点数にも繋がってるんだ?」

[NAKASHI]@邦ロッカー「……そうですね」

とーやま校長「ほんとに?(笑)」

あしざわ教頭「追い詰めないであげて(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「[NAKASHI]@邦ロッカーも"インスタ映え"を気にしてるわけでしょ?
最近の"インスタ映え"、どこで撮った、どんな写真なの?」

[NAKASHI]@邦ロッカー「スタバです」

スタバに一人で入ってコーヒーを飲んでいる写真を撮って、インスタにアップしているのだそう。
ここで、岡山には「イオンしかない!」という話に…。
あまりインスタ映えするスポットがないので、スタバの写真で「いいね!」がたくさんもらえるのだとか。

とーやま校長「で、その間に勉強とかしていて、わからないことがあったらインスタのストーリーをアップして聞いて…とかね」

あしざわ教頭「生活に密着してるんだね」

とーやま校長「いやー、いいことをまた教えてもらった!引き続き、勉強も頑張れよ!」

[NAKASHI]@邦ロッカー「ありがとうございました!」


♪ 桃太郎 / 水曜日のカンパネラ



岡山いいとこ!
ほんとに岡山イオンしかないですよ!!!!!!!
ちはの助
女性/15歳/岡山県
2018-05-01 23:38



とーやま校長「(笑) そんなわけないでしょ! 援護射撃じゃなかったの?」


分かるぞ。
鳥取も地元の人からしたら
イオンしか遊び場的なもんはないな。(笑)
まさとーさん
男性/18歳/鳥取県
2018-05-01 23:39



とーやま校長「逆に、イオンすごくない?(笑)」

あしざわ教頭「そうね、インスタ映えするところってことでしょ?(笑)
みんな崇めないと(笑)」

そして、本日最後の逆電!

とーやま校長「もしもし!」

ずっちゃん。 広島県 19歳 女性 社会人

ずっちゃん。「もしもし!」

とーやま校長「広島にはイオンある?」

ずっちゃん。「あります」

とーやま校長「あるんだね、やっぱり。ずっちゃん。は、19歳?大学?仕事?」

ずっちゃん。「仕事をしてます」

とーやま校長「ずっちゃん。にも、色々教えて欲しい! 俺たちにちょうだい!」

ずっちゃん。「校長、教頭、Twitterで、リプライや引用を使わずに、自分のタイムラインで会話出来るって知ってますか?」

あしざわ教頭「無理です、そんなの(笑)」

とーやま校長「リプライもしなきゃ、伝わらないじゃん。どういうこと?」

例えば、友達が「映画を観た」などのツイートをするとタイムラインが流れてくるので、そのツイートに「いいね!」を押して、そのままリプライせず、自分のツイートで「何観たの?」とつぶやくのだそう。
つまり、お互いにタイムラインに流れてきたツイートと「いいね!」だけで会話をしているのだとか。

とーやま校長「なんでリプライを送らないの?」

ずっちゃん。「リプライを送るより、楽な感じでいいんです。
タイムラインに流すだけなので、最悪、見てなくてもいいという」

とーやま校長「そのまま、タイムラインで会話がどんどん続くってこともあるの?」

ずっちゃん。「ありますね」

とーやま校長「それこそ、LINEじゃダメなの?」

ずっちゃん。「LINEだと、"既読になったから、返さないといけない"みたいなプレッシャーがあるので」

とーやま校長「確かに、タイムラインに流すだけなら、義務でもないしね。
リプライだとちょっとだけ窮屈なところあるもんね」

あしざわ教頭「なるほどね!」

SCHOOL OF LOCK!


これは、ずっちゃん。と友達が開発した技なんだそう!

とーやま校長「これ、真似するヤツ出てくるかもしれないな!」


わかるー
なかなかリプで言えない事は
あえてツイートして
見てくれるかなーって期待してます笑
スクオブ大好き男
男性/19歳/三重県
2018-05-01 23:43



あしざわ教頭「無意識にやってることもあるかもね。 "わかるわー"だけつぶやいちゃったり」

とーやま校長「なるほどね〜。 面白いな! ありがとう、ずっちゃん。!」

ずっちゃん。「ありがとうございます!」


♪ T.R.F. / THE BOY MEETS GIRLS



エアリプ
エアリプで会話するの流行ってますよね〜周りの人も巻き込んで大論争になったりするときもあります 笑
⁑もりちゃん⁑
女性/19歳/大阪府
2018-05-01 23:45



あしざわ教頭「さっきのずっちゃん。の話だけど、"エアリプ"っていう意味だよ!」

とーやま校長「あー、そういうことか。 エアリプって言葉はうっすら聞いたことがある気がするわ! これで大論争とかあるんだ(笑)」

あしざわ教頭「難しいな〜、ツイッター。 色々ね(笑)」


そして、今日も黒板の時間がやってきた!


SCHOOL OF LOCK!


『全身の写メを送る』

仕事用に撮っていた全身の写メを、自分的にコーディネートがイケていたので間違ったフリをして女の子に送信してみたことがある。その子からは「(笑)間違えることってあるよね〜」という返事が返ってきた!
だから、会話がなかったとしても、全身の写メさえ送れば、都合、2ターンは約束されます!


♪ 裸身 / ゴスペラーズ


とーやま校長「俺、コーディネートの服だから。裸の写真を送ったわけじゃないから(笑)」

あしざわ教頭「みんな裸だと思ってますよ(笑)」

とーやま校長「裸の写真だと、どアウトだよ。 このご時世(笑)」

とーやま校長「みんな、SCHOOL OF LOCK!にも全身のコーディネート写真を送ってくれ!
そうすると、"Amazonギフトカード2万円分"がプレゼントされるから!」

あしざわ教頭「そこに繋がるのね(笑) すげーな、校長!」

とーやま校長「で、お前のコーディネートが雑誌miniに掲載されるチャンスがあるから! 全身のコーディネートの写真を送るってことは、未来しかないぞ‼︎

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「何、早めに終わろうとしてるんですか?」

とーやま校長俺の全身の体温を見ろ! 48度ぐらいになってるぞ(笑) 助けてくれ、本当に(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「じゃあ、早めに終わりますか(笑)」

校長・教頭「また明日〜〜‼︎‼︎」


【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN ももとりまかろに




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
ゆーあ 岐阜県 16歳 女性
みるけりあ@すくーるおぶろっく 茨城県 16歳 女性
[NAKASHI]@邦ロッカー 岡山県 16歳 女性
ずっちゃん。 広島県 19歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
インフィニティ 大阪府 14歳 女性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:07 彷徨う日々とファンファーレ / KANA−BOON
22:15 iPhone Bubbling / Qrion
22:26 スキ / 吉田凜音
22:38 検索 / Saku
22:45 575 / Perfume
22:52 iPhone Bubbling / Qrion
23:09 ハナウタ / [ALEXANDROS]×最果タヒ
23:19 ハナウタ / [ALEXANDROS]×最果タヒ
23:38 桃太郎 / 水曜日のカンパネラ
23:45 T.R.F. / THE BOY MEETS GIRLS
23:50 裸身 / ゴスペラーズ
23:53 ファントムヴァイブレーション / キュウソネコカミ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

何か、最後削がれた気がすんな、おかしいな。

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

色々知らないとこで、みんなコミュニケーション取っているのね・・・。

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

*最 新 記 事*

バックナンバー

*カ レ ン ダ ー*

<   2018年5月   >
MonTueWedThuFriSatSun
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031