* 放 送 後 記 *

SCHOOL OF LOCK!


『 あと9組 』

TOWER RECORDSドコモレコチョクがおくる
インディーズ・アーティストを支援するサイト"Eggs"とタッグを組んで今年も開催!

未確認フェスティバル2018!!

今年の未確認フェスティバルの総応募者数は3067組!
そこからデモ審査を経て、ネットステージに進むことができたのが115組!

そして、ネットステージから、
次のLIVEステージに出場できる10代アーティストは、35組!!!

とーやま校長「今夜も昨日に引き続き、LIVEステージの出場者をその音源と共に発表していく…」

未確認フェスティバル2018
LIVEステージ出場者決定スペシャル
をお届け!!


あしざわ教頭「先週の木曜日から今日までの4日間に渡って、
LIVEステージに出場が決まった全35組の10代アーティストとその音源を発表していっています!」

とーやま校長「毎年すごいんだけど、今年もすごいことは確定していて。
色んな角度からやってきているLIVEステージになっているんじゃない?」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「実際どうなるのかな、って想像しますけど、
ライブになったら我々の想像をはるかに上に行くことばかりだから、まだ読めないですよね!」

とーやま校長「さあ! 今夜は7月29日、日曜日に東京 渋谷O-WESTで行われる
東京大会2日目に出場するアーティストを発表していく!」

あしざわ教頭「LIVEステージに出場することのできる10代アーティストは残すところあと9組です!」

今夜、ついにLIVEステージに出場する全35組の10代アーティストが決定します!!!

どのミュージシャンも全員、みんなと同じ10代!
ネット審査で投票したアーティストがLIVEステージに進んだのなら、その感想や応援メッセージを!
またオンエアから彼らの音を聴いて感じたこと、考えたことを学校掲示板もしくはメールで教えてほしい!

そして、これから発表していく全ミュージシャンのプロフィールと音源は、
発表後、随時、Eggsを通じて、未確認フェスのサイトにアップしていきます!
LIVEステージの予習も兼ねて、ぜひ確認してください!


未確認フェスティバル2018LIVEステージ!!!
東京会場2日目 1組目の出場者は…!


東京都 平均年齢19歳 5ピース

錯乱前戦 !!!


♪ 恋をしようよ / 錯乱前戦


とーやま校長「今、好きな人がいるやつも、今日フラれたばかりですよってやつも、今まで好きな人ができたことないですってやつも…!
7月29日は、東京都の5ピース・錯乱前戦のライブを観て何も考えずに、ただただ暴れればいいんじゃない!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「そうよ! 大合唱だよ!!」

とーやま校長「何かが絶対に見えるはずだし、5人に任せたらいいんだよ!」

あしざわ教頭「錯乱前戦は、5月21日の『未確認フェスティバル2018 ネットステージ出場者決定SP』でも音源を流しているんですよね」

都内の軽音部で結成して、
2017年11月ごろから本格的にライブ活動を始める、全員19歳の5ピースバンド!

とーやま校長「錯乱前戦のみんな聴いてるかな? 
ライブステージ進出が決まったのをTwitterで呟いてくれると、未確認フェスティバルの公式TwitterがRTとかしてくれるんだけど、俺、それを見るのがすごい好きなんだよ! だから…なんか言って!」

あしざわ教頭「そしたら俺らが見に行くから!(笑)」

とーやま校長「お前たちの叫びを聞かせてくれ! そして、7月29日には全てをぶちまけてくれ!」

錯乱前戦! 未確認フェスティバル2018 LIVEステージ出場おめでとう!


続いて、東京会場2日目 2組目の出場アーティストは!

東京都 平均年齢19.2歳 5ピース

ステレオガール !!!


♪ GIMME A RADIO / ステレオガール


とーやま校長「何回聴いても最高だな! 前に聴いた時はオルタナティブな感じでアンダーグラウンドな音楽だなって最初は思ったけれど、
今日もポップになったね! 開けるメロディが待っているんだよ!」

あしざわ教頭「途中のベースもカッコいいんだ!」

ステレオガールは、2015年高校の軽音楽部で結成した5人組ガールズバンド!

あしざわ教頭「意気込みがシンプルで良いんですよね! 『100万円欲しいです!』とだけ!」

とーやま校長「2万くらいくれ!」

あしざわ教頭「なんで自分の欲を出すんだよ(笑)」

とーやま校長「5人ならくれそうな感じがするから(笑) でも、ライブもめっちゃ楽しみだし、どういう音楽をインプットしてこういう音楽がアウトプットされるのか、話もめっちゃ聞いてみたい!」

あしざわ教頭「そうですね! 色々ギャップもありそうだしなあ」



またまた!
前に聞いた、ステレオガール。
少し遅めのテンポ。そこから引っ張られてくるような歌詞。いい!またサビ前も凄い
安いせんべい
男性/13歳/福島県
2018-06-27 22:12


とーやま校長「良いよね! 音楽を聴くにあたって、スピード感とかもすごく好きなるポイントなんだけど、ステレオガールの曲はどっしりとしているじゃん」

あしざわ教頭「”いなたい”感じって言うのかな」

とーやま校長「改めて聴いて、リズム隊のあかりちゃん(Ba.)と、ゆかちゃん(Dr.)のどっしりした感じも肝だったりするのかな、って思ったりして。
だから…2万円くれ!」

あしざわ教頭「それは関係ないでしょ(笑)」

ステレオガール! ライブステージ出場おめでとう!


SCHOOL OF LOCK!



続いて、東京会場2日目 3組目の出場アーティストは!

東京都 平均年齢18.3歳 3ピース

TRANS LUCENT LADY !!!


♪ マドンナ墜落事件 / TRANS LUCENT LADY


あしざわ教頭「音の空気っていうのかな、ギターが鳴った瞬間とか、間にある空気感みたいなものがすごく曲に含まれてますよね」

とーやま校長「浮遊している感じがすごくあるね!」

SCHOOL OF LOCK!


TRANS LUCENT LADYは、2015年春 軽音楽部の同級生で結成した3ピースガールズバンド!
2018年3月、高校卒業とともに新しいドラマーを迎え、新体制で活動開始。

とーやま校長「3ヶ月前にこの体制になって、そんなに時間もない中、
3人の気持ちを一つにして未確認フェスティバルに応募してくれて…そこが本当にありがたい!
だけど、まだまだTRANS LUCENT LADYは未確認フェスティバルとともに進んで行くわけだしね」

あしざわ教頭「どんどん進化していくんじゃないでしょうか!」

とーやま校長「あと、『マドンナ墜落事件』っていう曲のタイトルもすごいよね!
この歌もライブで聴いたらまた聴こえ方が変わってくるかもしれない。めちゃめちゃ楽しみ!」

TRANS LUCENT LADY! ライブステージ出場おめでとう!


SCHOOL OF LOCK!


続いて、東京会場2日目 4組目の出場アーティストは!

神奈川県 平均年齢17.3歳 3ピース

かたこと !!!


♪ 最果てから / かたこと


とーやま校長「かたことのこの曲って、気持ちがこもった曲じゃん! プロフィール見て”そうか!”って思ったんだけど、
去年も、一昨年も未確認フェスティバルに応募してくれているんだよね」

あしざわ教頭「そうなんです!」

初めて未確認フェスティバルに応募した2016年は、一次審査落ち。
前年より幾度となくライブを重ね挑んだ2017年は、二次審査落ち。

とーやま校長「今年はそこを突き抜けることができて、そういう気持ちとかも曲に入っていると思うから、聴いていてヒリヒリするんだなって思ったよ」

あしざわ教頭「音に、声に、気持ちがものすごく詰まっていますよね!
めちゃくちゃカッコいいし、ライブが楽しみです!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「今まで悔しい思いを抱えてきたと思うけど、リベンジでもいいし、初めての戦いでもあるわけだからまっさらな気持ちで来てくれてもいいし…。
とにかく、かたことの正直な気持ちをこの日にぶつけて欲しいと思う! 楽しみに待ってるよ!」

かたこと! ライブステージ出場おめでとう!


続いて、東京会場2日目 5組目の出場アーティストは!

東京都 平均年齢17.25歳 4ピース

マッシュとアネモネ !!!


♪ ユートピア / マッシュとアネモネ


とーやま校長「未確認の特設サイトとかで曲を聴くことも出来るから、マッシュとアネモネのこの曲もみんなで予習して、
歌えるところは一緒に歌って、一緒にライブを作りたいね!」

あしざわ教頭「そうですね! 夜に聴くのもいいなぁって思いながら聴いてました」

マッシュとアネモネは、2017年結成。 男子2人、女子2人の男女混合4ピースバンド!
2017年8月、Tokyo Music Rise Summerにてグランプリを受賞。

とーやま校長「ライブとかもガシガシやっているはずだし、自分たちでCDとかも発売していたりするからライブ度胸とかもあるだろうけど、
未確認フェスティバルは何が起こるか分からないからね。だけど、マッシュとアネモネのままでいてくれさえすれば”勝ち”だから!」

マッシュとアネモネ! ライブステージ出場おめでとう!


SCHOOL OF LOCK!




続いて、東京会場2日目 6組目の出場アーティストは!

東京都 20歳  シンガーソングライター

Karen Yamaguchi !!!


♪ TO A STRANGER / Karen Yamaguchi


とーやま校長「曲やメロディもそうだけど…デカイよね!」

あしざわ教頭「ドカンと世界が広がった感じがします!」

とーやま校長「アメリカに暮らしているっていうことを知っていても知らなくても、感じるものがすごくあるよ」

Karen Yamaguchiは、バークリー音楽院に在学中のため、現在はアメリカ・ボストンで暮らしているシンガーソングライター!
5月中旬から9月中旬まで夏季休暇のために帰国していて、都内での本格的なライブ活動を予定しているのだそう。

とーやま校長「電話して話聞いてみようか!」

あしざわ教頭「出て欲しいな〜」

Prrrrrrrr…

とーやま校長「…もしもし!」

???「もしもし?」

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK!というラジオ番組なんですけど…お名前を聞かせていただいてもいいですか?」

???「山口といいます」

とーやま校長「Yamaguchi Karenちゃんではないですか?」

Karen Yamaguchiのお父さんKarenは、私の娘なんですけれど…

とーやま校長「KarenさんがSCHOOL OF LOCK!が主催している10代のフェス、未確認フェスティバルに応募されていることはご存知でしたか?」

Karen Yamaguchiのお父さん「はい、知ってます。アメリカにベースを置いているので、日本国内では私の電話番号を使ったりしてるんですよ」

あしざわ教頭「そういうことなんですね!」

とーやま校長「今、Karenさんはいらっしゃいますか?」

Karen Yamaguchiのお父さん「今、アルバイトに行っているんですよ」

とーやま校長「あ〜! それでは、お父さんにお伝えするんですけど…。
3067組の中から、115組に絞られて、さらに35組でライブステージを行うんですけど、
その1組にKarenさんが選ばれました!!!

Karen Yamaguchiのお父さん「すごいですね! ありがとうございます!」

あしざわ教頭「お父さんに伝えることになると思っていなかったので、すごく不思議な気持ちですね(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「今、Karenさんの曲を全国のみんなと一緒に聴かせてもらって、ライブステージ進出を直接伝えようってことでお電話かけさせてもらったんです。
お父さんは、Karenさんが音楽活動されていることはもちろん知っているわけですもんね」

Karen Yamaguchiのお父さん「はい、もちろん知ってます」

とーやま校長「お父さんとしては、どういう気持ちでKarenさんの活動を見守っているんですか?」

Karen Yamaguchiのお父さん「イギリスから日本、アメリカと色んな国を転々としていて、
日本語と英語のバイリンガルで育っているので、世界で活躍できるようなアーティストになってくれたらな、という思いで応援しておりますね!」

あしざわ教頭「未確認フェスティバルの話は聞いてらっしゃったんですか?」

Karen Yamaguchiのお父さん「聞いてました! フェスの中では一番権威のあるフェスで、115組に選ばれた時もすごく喜んでました。
ただ、その後に進むっていうのは本人は想定してなかったと思いますね」

とーやま校長「そうなんですよ。日本で一番権威のあるフェスでして…」

あしざわ教頭「自分で言うんじゃないよ(笑)」

とーやま校長「いやいや大したものだよ!(笑) で、お父さん!
7月29日に渋谷のO-WESTというライブハウスでKarenさんにライブをやってもらうんですけど、その日はお父さんは何をされていますか?」

Karen Yamaguchiのお父さん「どんな予定があっても、キャンセルして伺いたいと思います!」

とーやま校長「待ってますよ!!!」

あしざわ教頭「ありがとうございます!」

とーやま校長「僕らもKarenちゃんのライブめちゃめちゃ楽しみにしてますんで!
改めて、お父さんの方から伝えてあげてください!」

SCHOOL OF LOCK!


Karen Yamaguchiのお父さん「はい! たぶんビックリすると思います(笑)」

とーやま校長「改めて、Karenさんのライブステージ進出おめでとうございます!!

Karen Yamaguchiのお父さん「ありがとうございます!」


Karen Yamaguchi! ライブステージ出場おめでとう!



さあ、毎週水曜日23時8分頃は、松田LOCKS!をお届け!
今日は、藤原さくらちゃんが生徒の悩みを曲で解決してくれたぞ!!




松田部長「JASRACさん、ありがとう!見に来てくれています!
さあ!SCHOOL OF LOCK!のダイナマイトカリスマ営業部長、松田です!
JASRAC日本音楽著作権協会がおくる松田LOCKS!
今夜も生徒の悩みをアーティスト講師の方が音楽で解決してくれます!
今回の悩みはコチラ!」

----------------------------------------------------------------------------

好きな人にLINE追加していい?と勇気を出していい、いいよ!っていってくれて、
追加したのですが、逆にLINEでしゃべることがほとんどになってしまって、
学校で全然話していません。何を話せばいいかもわからないです。
どうすれば良いか教えて下さい。

ノンツェル 女の子 16歳 京都府
--------------------------------------------------------------------------

松田部長「さあ、この悩みを解決して頂きます!音楽で!お願いいたします。
今回この悩みを解決してくれるのは…!?」

さくらちゃん「こんばんは! 藤原さくらです!
今回、RN ノンツェルちゃんのために選曲した曲は、私の曲なんですが、『「かわいい」』という曲です!」


M 「かわいい」/ 藤原さくら


さくらちゃん「これは私が作詞作曲した曲なんですけど、好きな人に少しでも“かわいい”って思ってもらいたい、
そういう、きっと女の子なら誰しも思ったことが
あるんじゃないかという感情を曲にしました。
凄く気持ちは分かるんですよね。LINEではたくさん喋るけど、面と向かうと
“何言っていいんだろう”って…ありますよね?
やっぱり物を貸し借りする所から始めたらいいんじゃないかなと思います。
LINEで“今日、教科書忘れちゃったんだよね〜”とか、
学校に携帯を持っていっていいのなら、“先生の服装、ヤバくない?”とか。
そこで目配せというかアイコンタクトをとってみるのもいいと思います!
ぜひRNノンツェルちゃんに『「かわいい」』を聴いて、
恋に頑張ってもらいたいなと思います!」

松田部長「藤原さくらちゃん!女の子らしい答えですね。ありがとうございます!
松田LOCKS!では引き続き、アーティスト講師の皆さんに解決してほしい悩みを募集中!
また、松田LOCKS!のサイトで出題している
著作権クイズに正解した生徒の中から毎週1人にオリジナルの著作権カレンダーをプレゼント!
全ては【コチラ】からお願いします! 今夜の松田LOCKS!は以上!」

今夜の著作権名言

「著作者や著作権者に許可をもらって出直してくるんだな。
お前が本気で、吹奏楽の発表会で、
お客さんから入場料をもらって演奏したいならの話だが。」





とーやま校長「さくらちゃんの案、めっちゃ良いと思う!
LINEでやりとりしながらアイコンタクト取るって、みんながいるのに2人だけの空間がそこに生まれるし、秘密の共有とかもできて良いよね」

あしざわ教頭「そうですね!」

とーやま校長「面と向かった時にLINEでやりとりしている続きを話したりするのもテンション上がらない?」

あしざわ教頭「確かに、LINEではポンポン会話できるわけだから、出来ますよね!」

とーやま校長「藤原さくらちゃん、ノンツェルに対して素敵な答えをありがとうございます!」

あしざわ教頭「曲もすごく可愛らしいですよね」

とーやま校長「ぜひ、生放送教室でも生徒の悩みに対してアドバイスして欲しいし、楽曲も届けて欲しいです! お待ちしてます!」

松田部長! 来週水曜日もよろしくお願いいたします!


そして、今年も未確認フェスで、あのステージを開催!
コピーバンドだけが出場できるステージ…!
「コピバンステージ supported by ヤマハミュージックジャパン」!!!

未確認フェスティバルに出てみたいけど、まだオリジナル曲が無いからと諦めかけている生徒は
是非このコピバンステージをチェックしてみてほしい!

エントリー期間は、今夜の放送終了後の24時から
7月31日、火曜日24時まで!

バンドでもソロでも出場オッケー!
みんなが知ってるあの曲を演奏して、会場を盛り上げてほしい!
詳しい応募方法は未確認フェスティバルの特設サイトをチェックして下さい!


さあ、ここからは再び
「未確認フェスティバル2018 LIVEステージ 出場者決定スペシャル!」
ここまで全35組のうち32組を発表してきました! 残りは、あと……3組!

SCHOOL OF LOCK!



東京会場2日目 7組目の出場アーティストは!

東京都 平均年齢 19.3歳 3ピース

メレ !!!


♪ 逃げ道 / メレ


とーやま校長「俺が10代で、未確認フェスティバルに俺もエントリーしていたとして、
メレのこの曲のサビを聴いた瞬間に”このサビには勝てない…!”って震えてしまうかもしれない!」

あしざわ教頭「その気持ち、わかる! ハモる瞬間も良いし、叫ぶ瞬間もめっちゃカッコいいですよね!」

メレは、男子1人・女子2人の男女混合3ピースバンド!
ベースは、未確認フェスティバル2015準グランプリを受賞した元リーガルリリーの白石悠ちゃん!

とーやま校長「リーガルリリーも女子3ピースで、メレは男女混合だけど同じ3ピース。
確かにベースの音がめっちゃカッコいいなって思ったけど、悠ちゃんなんだもんね」

あしざわ教頭「都内のライブハウスでライブをやりまくってるとのことなので、気合い十分でしょ!」

とーやま校長「ここからまだ時間も1ヶ月くらいあるわけだし、
未確認フェスティバルへのイメージを高めて、この『逃げ道』という曲を
ぶっ放した時の景色がどんなものになっているのか、それをすべて受け止めさせてもらうから!」

メレ! ライブステージ出場おめでとう!


SCHOOL OF LOCK!



続いて、東京会場2日目 8組目の出場アーティストは!

東京都 18歳 シンガーソングライター

果歩 !!!


♪ サヨナラブルー / 果歩


とーやま校長「果歩の曲を生で目の当たりにしたら、内臓という内臓を鷲掴みにされて微動だにできなくなるんじゃないかなあ。
それくらいヒリヒリしているし、危うさもあるし…。でもジャギジャギしたカッコ良さもあるよね」

あしざわ教頭「果歩の声は、壁を乗り越えて自分の中に入ってくる感じの声ですよね」

SCHOOL OF LOCK!


果歩は、新潟県出身のシンガーソングライター。現在は都内ライブハウスで活動中!

【意気込み】
毎日おんなじことの繰り返しなのでほとんど妄想で曲を作りうたいます。
結構人見知りですが壁が浅いらしいです、話しかけてみてください


とーやま校長「もしかしたら物販コーナーで自分の音源とかを売ったりするかもしれないから、そこで話せるかもだよね。
あと、今までの未確認フェスティバルのファイナリストと対バンとかもしてるらしくて。
去年、審査員特別賞をもらったSUNNY CAR WASHと対バンをしていて、未確認フェスに出たら自分も変われるんじゃないか、ってことで応募してくれたんだって!」

あしざわ教頭「そこから広がったりもしてるんだ!」

とーやま校長「SUNNY CAR WASHにも感謝だし、そんな果歩が色んなものをもらって、抽出して、
どのようにぶつけてくれるのか、めちゃめちゃ楽しみに待ってる!」

果歩! ライブステージ出場おめでとう!

SCHOOL OF LOCK!


さあ、未確認フェスティバル2018 LIVEステージに進むことができるのはあと1組です!

とーやま校長「全員をライブステージに連れて行くことが出来ないのはマジで胸が痛い。
全員に行って欲しいって気持ちはあるけど、でも、それじゃあ進んでいけないから……決めました!」


LIVEステージに進出する最後の10代アーティスト!
東京会場2日目 9組目の出場アーティストは……!!

東京都 平均年齢17.5歳 4ピース

Lyric Jack !!!


♪ 決戦前夜 / Lyric Jack


とーやま校長「アーティスト発表の順番は当日の演奏順でもないし、五十音順とかでもなんでもないんだけど…。
でも、このLyric Jackが4日間の発表の、そして35組の最後になってくれたということ。
勝手な思いだけど、みんなの気持ちを背負って、この『決戦前夜』という曲を全国に届けてくれている気がしたんだ。
俺は今、Lyric Jackの曲がめちゃめちゃ頼もしく聴こえているよ!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「ギターが鳴った瞬間、夏が来たぞっていう感じがすごいした!」

Lyric Jackは、2016年夏ごろ結成。都内の大会、合同ライブ等を中心に活動しています。


【意気込み】
高校生最後の夏をかけて挑みます。
今しか出来ない音楽で、 今しか出来ないライブを、 皆さんに届けます。



とーやま校長「これからLyric Jackは、10年20年とバンド活動が続くかもしれないし、どこかで終わってしまうかもしれない…。
それは分からないけど、今しか鳴らせない音ってのは絶対的にあるわけで、
そこへの気持ちとか、音の強度とか、4人のつながりとか、そういったものをとにかくぶつけて、ぶちまけるだけでいい!
お前たちが完成だと思ったものが、完成品だから。とにかく、最高のLyric Jackを見せてくれって事だね!」

あしざわ教頭「頼むぜ!!!」

SCHOOL OF LOCK!


Lyric Jack! ライブステージへの出場おめでとう!!!



そして、本日も黒板の時間になりました。

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!



『 115組、ここからはじまれ 』


ライブステージに進出することが出来た115分の35組のアーティストは、今まで見たことのない世界に足を踏み入れるわけで。
今までやってきたことが上手くいかないこともあるだろうけど、
恐れることなく、自分たちが普段鳴らしているアンプを通して、自分の楽器を通して、
自分の内から出てくるものをそのまま、目の前の人に届けさえすればそれでみんなは完成です。

そこに関して、僕はなんの心配もありません。

そして、俺から名前を読み上げられなかったみんな。
「いやいや、俺たちの方が絶対カッコいいだろ!」って思ってるだろうし、
「なんであそこが行って、私たちが行かないの?」って思っているやつもいると思う。
でも、そう思い続けて欲しいです。
それを隠す必要もないし、そうやって思うことで君の中から言葉が出てきて、音楽が出てきてメロディーが出てきて…源になるから。
今の気持ちを本当に忘れないで欲しいです。

この言葉は、今は素直に入ってこないだろうけど、いつか、”とーやまって奴がそんなこと言ってたな…”って思い出してくれたら嬉しいです。

なので、115組はここで終わりではないです。
115組、ここからはじまれ!!


♪ 発明家 / Official髭男dism


改めて、東京大会の2日目、
出場アーティストは…


錯乱前戦

ステレオガール

TRANS LUCENT LADY

かたこと

マッシュとアネモネ

Karen Yamaguchi

メレ

果歩

Lyric Jack



そして、LIVEステージに出場する全ての10代アーティストのプロフィールと音源は、
インディーズ・アーティストを支援するサイトEggsを通じて、未確認フェスのサイトにアップしてます!

35組の10代アーティストの音を、熱を、ライブ会場で確認しよう!!!!!!


【FAXイラスト】


SCHOOL OF LOCK!

RN ハムカツ御膳



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
Karen Yamaguchiのお父さん 男性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【本日の放送部員】
闇を払うもの 14歳 山形県 男性

radikoタイムフリーで聴く!
⇒放送部についてくわしくは【 コチラ 】

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:04 恋をしようよ / 錯乱前戦
22:10 GIMME A RADIO / ステレオガール
22:25 フロントメモリー / 鈴木瑛美子×亀田誠治
22:33 マドンナ墜落事件 / TRANS LUCENT LADY
22:36 最果てから / かたこと
22:41 ユートピア / マッシュとアネモネ
22:44 TO A STRANGER / Karen Yamaguchi
23:10 「かわいい」 / 藤原さくら
23:24 PARTY / Mrs. GREEN APPLE
23:34 逃げ道 / メレ
23:38 サヨナラブルー / 果歩
23:44 決戦前夜 / Lyric Jack
23:51 発明家 / Official髭男dism

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2018年6月27日という1日、みんなにとって
ここから始まる、ここにまた戻って来られる、
そんな大切な1日になりますように!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

さあ、あとはライブを見に行くだけでしょ!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

*最 新 記 事*

バックナンバー

*カ レ ン ダ ー*

<   2018年6月   >
MonTueWedThuFriSatSun
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930