* 放 送 後 記 *

20190110_sol01.jpg


『 宣言メイトスペシャル 』

とーやま校長「あと1週間と少しで、大学受験を控える受験生にとって、正念場がやって来る!」

あしざわ教頭「はい!センター試験がやってきます!」

とーやま校長「ここまで歯を食いしばりながら耐え忍び、遊びの誘いも断り、一心不乱にがんばってきたであろう受験生の諸君!もう少しだね!」

あしざわ教頭「あとちょっと!」

とーやま校長「今、前向きにがんばっている生徒もいると思う。ただ、大事なセンター試験を直前に控えて、不安という怪物に襲われていてモヤモヤが晴れないという受験生もいると思う。そんな生徒に、全受験生に向けて、エールを届けたい!

あしざわ教頭「そして、みんなに合格して欲しい!」

とーやま校長「その思いで、俺たちSCHOOL OF LOCK! は、受験生にとって、でかい壁であるセンター試験を2日後に控えた、1月17日(木)。この日の生放送教室では、全校を挙げて、受験生を応援するスペシャル授業を開催する!」

センター試験直前! “宣言メイト”スペシャル! supported by カロリーメイト

とーやま校長『宣言メイト』は受験生からの宣言!本気の決意です!」

あしざわ教頭「この日、みんなでセンター試験に立ち向かうべく、受験にまつわる宣言『宣言メイト』を夜空に向けて届けていく授業を行います!」

不安でどうしようもない。少しでも気持ちを前向きにしたい。弱気な自分に約束したい。
そんな受験生の君はぜひ、聞いてほしい!そして、よかったら参加してほしい!


とーやま校長「受験生!そして受験生以外の生徒!受験生のために一人一人の力を貸してほしい!」

あしざわ教頭「この日の授業に向けて、今日から募集をしたいことがあります!」

募集したいことは2つ!
受験生から募集したいのが「宣言メイト」のボイスメッセージ!!
「宣言メイト」のボイスメッセージ、つまり宣言を録音した君の声を送ってきてほしい!
現在、応援部の「宣言メイト」の特設サイトから、メールが送れるようになっています。
君の声が、君の力強い宣言が、君自身の力に、そして、他の受験生の力になります!
君の声は、この日の授業で電波に乗せて届けさせてもらいます!

そしてもう1つ!
受験生以外の生徒からの、“受験生への応援メッセージ”!!
みんなから届けられた応援メッセージで、ある1つの画像を作ります!
それが“全員合格 寄せ書き”です!
みんなの思いが詰まった言葉を集めた“全員合格 寄せ書き”まさに受験のお守りを、サイトにアップしたいと思う!
メールに直接打ち込んだ文字を届けてくれても、
手書きで書いて、それを写真で送ってくれても大丈夫です!
全国の受験生に向けて、ぜひ君のメッセージを届けてほしい!
詳しくはSCHOOL OF LOCK! 応援部の特設サイトを確認してみてください!

とーやま校長「センター試験という大きな壁に戦いを挑む生徒。ひとりで立ち向かうことももちろんだけど、みんなの力を合わせて突破したいという気持ちを込めて、ぜひ君の力を貸してほしい!」

RN エキセントリックジュピター 宮城県 18歳 男性
RN 桜希星 兵庫県 18歳 女性
2人も今日もヨロシク!!!

開校!!!
始まったー!!!
今日も楽しみ〜

全員合格寄せ書き!!
なんか、いいな!!素敵な企画だよ〜
私も参加しよ!
ストロベリー&さくらんぼ
女性/12歳/静岡県
2019-01-10 22:06



さらにもうひとつお知らせが…!

とーやま校長「受験生に向けたスペシャル授業を行う、来週木曜日・1月17日。この日、受験生に向けた、ある動画を撮影済み! この動画の主役はあしざわ教頭!」

あしざわ教頭「 はい。私、教頭あしざわは年末に受験生の合格祈願をしに、お寺に行ってきました。さらに滝行にも挑戦してきました」

とーやま校長「滝行に行ったのはいつ?」

あしざわ教頭「12月30日です(笑)」

とーやま校長「12月30日は、この日本では真冬ということでよろしいよね(笑)?」

あしざわ教頭「めちゃくちゃ寒くて、編集段階の動画を見たら、『よく俺、行ったな』って思うくらい寒さがよみがえってきましたが、みんなのためと思ってがんばりました!
この時の様子を全て撮影、17日に動画をアップします! ぜひ、休憩の時間とか、息抜きに、背中を少しでも押してほしい時に見てもらいたい! そして、受験の“お守り”にしてもらえたらと思います!」

20190110_sol02.jpg


そして、今夜の授業テーマは…「受験生限定!掲示板逆電!!」

今の不安をどうにかしたい!勉強に集中できない!弱音吐き出したい!
そんな受験生はぜひ参加してほしい!
今の気持ちを我が校の学校掲示板に書き込んで来てくれ!!

「最後の模試もE判定だったので正直、諦めそうです。」
「年末に風邪で長いこと寝込んでしまいめちゃくちゃ不安」
「浪人して1年頑張ってきたけど、去年のことを思い出して不安になります。」

とーやま校長「今日は、不安を抱えている受験生の書き込みに電話をしていって、俺たちがお前の背中を押していくぞ!」

学校掲示板もしくはメールに書き込んでほしい!

20190110_sol04.jpg



受験生!
センターまであと1週間ちょっと。今まで自分がやってきたことを出せるか不安だと思うけど、絶対大丈夫です!
自分がやってきたことは自分が1番分かってると思います。
風邪ひかないように頑張ってください!応援してます!
永遠の八月
男性/18歳/新潟県
2019-01-10 22:10



とーやま校長「永遠の八月は高校3年生、もしくは受験を終えているのかな。そこを切り抜けたものとしての男の言葉を全国に届けてくれて、ありがとう!」

あしざわ教頭「受験生じゃない生徒も、こうやって応援の言葉を届けるだけでみんなテンションが上がるから、頼むよ!」


応援!
私も今年中学3年で受験!!!

センター試験の方も、同じ中3の人も応援してます!がんばろう!
るびい
女性/15歳/新潟県
2019-01-10 22:08



あしざわ教頭「仲間がいるよ! 仲間が!」

とーやま校長「こうやって戦っているもの同士が送り合うエール。俺はこれが一番説得力があると思う。活きた言葉を届けてくれて、るびいもどうもありがとう!」


SOLに感謝
生徒の皆さんの応援メッセージを聴いて涙が出てしまいました。本当にありがとうございます。受験生の皆さんは一緒に頑張って受験までなんとか前に進みましょう!
ウオタミハンゾー
男性/17歳/東京都
2019-01-10 22:17



あしざわ教頭「ウオタミハンゾーも受験生だね」

とーやま校長「その言葉もたぶん他の受験生を勇気づけているはずだよ。ウオタミハンゾーもありがとう!」


応援メッセージ嬉しい
皆さん本当にありがとうございます
もう少し頑張ってみようと思います、!

校長、教頭も受験生のために色んなことをしてくれて本当にありがとうございます✌︎


よっしゃ頑張るぞ
あけもも
女性/15歳/東京都
2019-01-10 22:17



とーやま校長「生徒のみんなが今立ち向かっている。俺は大学受験したことないんだけど、でも俺も自分が立ち向かわなければいけないところに立ち向かった経験はもちろんあるし、そこで思ったことを伝えられたらいいなと思っている。心のどこかでみんなは“コイツこんなこと言ってるけど大学受験したことないよな”って思ってくれていてもいいから(笑)」

あしざわ教頭「受験生じゃない生徒も、一緒にがんばっている生徒も、よかったらメッセージ届けてくれたら力になるので、頼む!」


「受験生限定!掲示板逆電!!」
今夜最初に逆電する生徒は、不安そうな声が印象的なねぎマ 福井県 18歳 女性
高校3年生です。

とーやま校長「今日はどれくらい勉強したの?」

ねぎマ「学校が5時くらいに終わって、家に帰ってきて(夜)8時くらいからずっと勉強しています」

とーやま校長「家に帰ってきてからの勉強は集中できてるの?」

ねぎマ「一応できていると思います」

とーやま校長「いまねぎマはどういうところを不安に感じてるの?」

ねぎマ「過去の自分の失敗で、センター試験や入試に対する自信がないです」

とーやま校長「敢えて聞くぞ。過去にどんな失敗をしてしまったんだ?」

ねぎマ「まず高校受験で第1志望校に失敗しちゃって、今年の秋にあった推薦も失敗しちゃって…。自分の行きたいと思っている第1志望校に受かったことがないです」

とーやま校長「センター試験も受けるんだもんね。そこでも(過去の失敗が頭に)ちらつくわけね」

ねぎマ「そうですね」

あしざわ教頭「なるほどね…」

とーやま校長「そこで引っ張られちゃうところがあるね。例えばこないだの推薦でダメだったわけじゃない? 自分なりにはどこがダメだったとか考えてみたの?」

ねぎマ「推薦が、勉強面の推薦で自分ができなかったところとか、なんで間違えたのかとか全部、家に帰ってから問題を見直したんですけど、自分が勉強をしてきたわりに良くなくて…。そこでもちょっと“あー…”って自信が無くなっちゃいました」

とーやま校長「でも何も収穫が無かったわけじゃなくて、“ここがダメだった”っていうのがわかってるわけだから、そこは収穫として、手に入れることができたと考えてもいいと思うよ」

ねぎマ「うーん…」

とーやま校長「いまはたぶん“うーん”ってなっちゃうけど、これがすべてじゃなくて、小さな武器かもしれないけど、そういう風に考えてもいいと思うよ。
あとはどんなことが不安?」

ねぎマ「いま学校でセンター試験対策をいろいろやってるんですけど、自分が使う教科の点数が伸びなくて…。特に英語が苦手なんですけど、勉強しているのに…」

とーやま校長「それで結果がついてこない?」

ねぎマ「ついてこないですね」

あしざわ教頭「自分ができなかったところは克服できているの? それとも同じところを何回も間違っちゃったりする?」

ねぎマ「やる問題によってまちまちなんですけど、自分が“1回これやったな”って思ってもできなかったり、自分が苦手だなって思った分野を勉強して、問題を解いて、それでも全然できてなかったり。このままでいいのかなーと思います」

あしざわ教頭「そこを繰り返しやってるわけでしょ? 苦手なところって何度も何度もやって、自分の体に染み込ませていくしかないと思うから、俺そのやり方めちゃくちゃ合ってると思う。本番までにそこを直せる時間は絶対あるから。自分で苦手だとか“ここ弱いな”とか、わかってるわけじゃん。失敗するたびにわかることはいっぱいあって、ねぎマはそこを逃げずに受け止めてる。それは栄養に変わっていってる。これ、間違いないから。だってやってないわけじゃないんだから。やってんだから。そこはまず自信持とう」

とーやま校長「弱いところを認めるってめちゃめちゃしんどい作業だから、普通はそこを避けたいし、避けていけるんだけど、受験に関していえば、そこを避けてしまうとたぶん結果につながらないんだろうなって思う。だからいまねぎマがしんどいのは、自分を受け止められている証拠でもある。となると、その先にはねぎマの思っているゴールが待っていると、俺は信じたい」

ねぎマ「はい!」

あしざわ教頭「ねぎマはしたいことがあるから受験するんでしょ。将来は何になりたいの?」

ねぎマ「建築士になりたいです」

あしざわ教頭「昔から変わってないってこと?」

ねぎマ「デザイン関係を勉強したいっていうのは小さいころからずっと一緒で、高校受験が失敗したから、方向は少し変わっちゃったんですけど、それでもデザインに携わるっていう面で建築関係をやりたいです」

あしざわ教頭「いいじゃん! 俺はかっこいいと思うよ。自分の中で目指しているものを変えてないわけじゃん。どうしてもやりたいことがあるんでしょ? 俺たまに、やりたいことがあって諦めそうになるときに、“自分は主人公だ”って思うようにしてるの。ねぎマはねぎマの話の主人公じゃん。いま建築士を目指すためにがんばってるけど、マンガの主人公って大抵1回はやられるじゃない。“うわー、負けた!”ってなるけど、最終的に勝つでしょ。ねぎマのお話もそうなってるはずなの。1回負けたけど、負けた分だけ強くなってめちゃくちゃパワーアップして帰ってくるのが主人公だと思うから、ねぎマはここで、しんどいなって思うけど自分の話をめちゃくちゃ面白い話にするには、ここでもうひとがんばりしていこうよ! そしたら一発逆転がある」

ねぎマ「はい、1週間前向きにがんばってみます」

とーやま校長「できないこともあるのかもしれないけど、全部100点である必要はないわけでしょ? ねぎマはねぎマでできることがあるわけだから、そこは落とさずに取っていきたい。もしもまた自信がなくなったら、自分はちゃんとこれができるっていうものを何度やってもいいと思う。それが地道に1点2点につながっていくから。そこからの逆転でしょ、ねぎマ!!」

ねぎマ「はい!」

あしざわ教頭「いってやろうよ!」

とーやま校長「良いイメージを作って、それに引っ張っていってもらおう」

ねぎマ「残り1週間、悔いのないようにがんばって、第一志望校に合格します!」

とーやま校長「ねぎマがんばれ!」

20190110_sol03.jpg



失敗してもいいんだよ。
俺も大学は、第一志望に合格することはできませんでした。
当日今までの失敗してきたことがフラッシュバックするかもしれないけど、君は絶対にしっかり勉強してきた。だから不安になると思う。家族も仲間も校長も教頭も応援してる!みんな君の隣にいるんだよ!大丈夫!!当日なんか、なにが起こるかなんてわからないよ!!最後まで諦めない心と合格したいんだって言う信念をもって行こう!!ラストスパート自分のペースだよ!周りや過去の自分に流されずゆっくり行こう!
かずみんとん
男性/20歳/宮城県
2019-01-10 22:41



続いて逆転する生徒は、「浪人1年目」だというロイガ 東京都 19歳 男性

とーやま校長「今の調子はどうなの?」

ロイガ「ぼちぼちって感じですね」

とーやま校長「去年の今ごろと比べて、今年はどんな感じ?」

ロイガ「とてつもなく上がってますね」

あしざわ教頭「おお、いいことじゃないか!」

とーやま校長「いま不安はあるの?」

ロイガ「不安しかないですね…。去年大学受験しているので、去年と同じ結果になるのがすごく怖いです」

とーやま校長「去年は自分としてはどんな感じだったの?」

ロイガ「去年行きたい大学(国公立大学)があったんですけど、点数や自分の成績を見てその大学に自分の実力が見合っているのかを判断して、自分のセンター試験の点数が及ばなくて見送ってしまったんです。私立大学も受けて、実は受かったんですけど、その国公立大学にどうしても行きたくて、受かった私立大学を蹴って浪人することにしました」

あしざわ教頭「おお、かっこいい!」

とーやま校長「いいね! ちゃんと覚悟を決めてしっかりと決断してるわけじゃない。そこからの浪人生活1年間は?」

ロイガ「勉強漬けって感じですね」

とーやま校長「去年のことがちらつくことはある?」

ロイガ「受験は去年1回しかしてないので、その記憶がよくフラッシュバックしちゃいます」

とーやま校長「その時はどうしてるの?」

ロイガ「前を向くしかない。2浪する気はさらさらないので、去年受かった私立大学に今年もし落ちてしまったとしても、それより低い大学に行こうと思う覚悟でいます。腹をくくってがんばろうと思ってます」

とーやま校長「素晴らしい!」

あしざわ教頭「俺はロイガのその感じはもう大丈夫だと思うな。
俺も浪人してるけど、浪人ってめっちゃ悪いイメージがあるじゃん。でも会場に行った雰囲気とか、自分が1回経験していることがいっぱいあるから、いいこともあるわけ。だって急に知らない人たちに囲まれたものが、自分でなんとなく想像がつくだろ? そういうのが強みなのよ。だから嫌なことだけではないし、お前は浪人ということがマイナスかと思ってるかもしれないけど、めちゃめちゃ必要な時間だから! その都度お前の人生は変わってるから。お前がその間に一生懸命勉強したことが、お前の血となり肉となり、その大学に入ったときに発揮されるから。あそこで諦めずに(私立大学を)蹴ってよかったなと思う瞬間がこの後あるから」

ロイガ「はい!」

あしざわ教頭「そう思うと、お前がやってきたことは全然無駄じゃない。不安が多いかもしれないけど、いけるって気持ちを増やしていこう。やってきた分、俺いけるぞって。だってやってきたんだから。いけるよ、ロイガ」

とーやま校長「いまの自分の思い、100のものを言ってほしい! そして放送後記の自分の言葉のスクリーンショットを撮ろう。
人間は闇とかそういうものに引きずり込まれてしまう性質だから、また去年の嫌な思い出がたぶん出てくる。だって敵は強いからね。そんな時こそ、その自分の言葉を見てほしい。それでしっかりと内なる自分に “そっちに行っちゃダメだ、闇の方に行っちゃダメだ”って連れて行ってもらう。その証とするためにも、その100の力の言葉を聞きたい!」

ロイガ「2浪する気はさらさらないし、この1年間それなりにやってきたと思っている。去年私立大学を蹴ってまで、行きたい大学に行くって決めた覚悟があるから、その大学に受かるために全力で後悔しないように最後までがんばりたいと思います!」

とーやま校長「このスクリーンショットは待ち受け画面かな」

あしざわ教頭「自分で自分を助けよう」

とーやま校長「もしくはおでこに書く」

あしざわ教頭「いやいや(笑)、それは受付で止められる気がする」

とーやま校長「自分で見えないからダメか。応援してるよ! 今日もまだ勉強するの?」

ロイガ「やります!」

とーやま校長「がんばれロイガ!」

ロイガ「したっけねー!」

とーやま校長、あしざわ教頭「したっけねー!」

20190110_sol06.jpg





とーやま校長「その“声”は、70億分の1」

あしざわ教頭「圧倒的に、唯一無二の、存在証明」

とーやま校長「未だ見ぬきみの“こえ”よ。夜空に届け!」

とーやま校長・あしざわ教頭「きみのこえがききたい!」

今週からこの時間は、SCHOOL OF LOCK!と秋元康先生がおくる、10代限定! 声の甲子園!
ラジオドラマの主人公発掘プロジェクトきみのこえがききたい。

月、火、水、木の4話で完結するラジオドラマの主演をこの学校から選ばれた男女1組が、週替わりで務めます。
今日が最終日!

今週の主演は、
RN さこたく 東京都 17歳 男性
RN ざざっざ 大阪府 18歳 女性
の2人!!

RN さこたく、そしてRN ざざっざ、お疲れさま!


引き続き、ラジオドラマの主演を務めてくれる生徒を募集しています!
サイトにアップされている脚本に合わせて「Eggs Voice」というアプリから、君の声を送ってきてください!

<⇒特設サイトは【コチラ】!




20190110_sol08.jpg


10時台に引き続き、11時台も受験生限定! 掲示板逆電!!
掲示板にも続々と書き込みが集まっている!


私も負けない
たくさんの応援嬉しいなぁありがとうございます!!
塾に行かず1人で心細いけど
SCHOOL OF LOCK!の仲間がいると頑張ろうと思える!!
今ボーダーラインだからあともうひと頑張り!!
自分に負けない!!!!!!夢を掴む!!!!!
皆さん一緒に頑張りましょう!!!!!!!
のはらしんのすけ
女性/14歳/鹿児島県
2019-01-10 22:37



頑張る!
みんなの話を聞いてたり、掲示板を見たりすると
めっちゃ勉強を頑張ってるから、受験生じゃない自分も頑張らないといけないと奮い立たせてくれます。
自分も頑張るので、みんなも頑張ってください!
坂道大佐
男性/16歳/栃木県
2019-01-10 22:28



浪人生
去年大学入試に失敗して、今年は親に無理言って浪人生させてもらってます。この1年はあっという間で自分なりに頑張ってきました!もう少しで試験となると不安で怖いけど最後まで駆け抜けます!!
待ってろ志望校!!皆か頑張ろう!!
bond
男性/19歳/和歌山県
2019-01-10 22:18



受験生へ!
僕は去年受験生でした!1年間浪人して現在大学1年生として大学に通っています!
今辛くて大変な時期だと思います。過去問を解いたりして一喜一憂してしまいますが、気持ちをしっかり切り替えて頑張ってほしいです!
みんな頑張れーー!!!
うすしおコンソメのりしお
男性/20歳/神奈川県
2019-01-10 22:18




そして逆電するのは…

受験勉強
大学入試センター試験まであと9日。ついに残りの日数が1桁になってしまった…。正直、こわくてたまらない。不安しかない。国公立大学に行きたい、医学部に行きたい、京都大学に行きたいと思ってもずーっと模試はE判定。毎日の演習も結果が出ない。先が見えない。残りの9日をどう過ごすか。最後までがんばるしかない。底力見せてやる。校長、教頭、力をください!
白衣で究めるマイペース
女性/18歳/静岡県
2019-01-10 22:04



とーやま校長「いまは自分のペースでいけているのか?」

白衣で究めるマイペース「正直、周りを気にし過ぎているなっていうのがあります」

とーやま校長「どの辺の人を気にしているの?

白衣で究めるマイペース「友だちや模試でいい成績を出せている人が気になっちゃいます」

とーやま校長「今日も勉強はしてた?」

白衣で究めるマイペース「してます」

とーやま校長「あんまり集中できてないところもある?」

白衣で究めるマイペース「学校にいる間はどうしてもその話が耳に入ってくるので、教室から出て違うところで勉強しています」

とーやま校長「受験なんて自分で戦うんだから、いい戦法だと思うよ。あとどういうところが不安?」

白衣で究めるマイペース「すごい上がり症なんです。学校の行事でプレゼンテーションをしなくちゃいけなくて、3か月くらいかけてきたんですけど、当日力が入りすぎて頭が真っ白になって大失敗をした経験があります。だからたぶんセンター試験も力が入って頭が真っ白になるんじゃないかなって心配があって、どう乗り切ったらいいのかなというのを聞いてみたいです」

とーやま校長「自分なりに対策を立てて、緊張とかプレッシャーに対して、こうやっていこうという作戦は立てたりするの?」

白衣で究めるマイペース「『始め!』って言われたときにガタガタガタっと(ペンや消しゴムなどを)落とした経験があるので、すぐにやり始めないというのが、いつも決めていることです」

とーやま校長「名前の通りマイペース、自分のペースを作って、例えば寝る前とかに頭の中に入れておくとか、実際に勉強するときもそれに合わせてやってみるとか、体に入れていく。(大事なのは)平常心だからね」

あしざわ教頭「俺は始める前によく天井を見たりして、一息ついてから始めるっていうのをやっていた。白衣で究めるマイペースがいまやっているやり方でもいいと思うし、一回深呼吸してから“みんな始めてるなー、よし俺もやるか”みたいな、ひとつ間をおいてやるというのでもいいと思うよ」

とーやま校長「深呼吸って、もちろん息を吸うのも大事だけど吐くことも大事だから…なんだっけな…。まず息を吐くことからするっていうのが…ええと俺の記憶の引き出しから…なんだっけなぁ…」
※とーやま校長の引き出しは、深呼吸しても開かなかったので、後で調べるそうです(笑)。

とーやま校長「俺も今までに緊張する場がたくさんあって、実際に頭が真っ白になって言葉が出てこないこともあった。緊張は絶対するから、緊張がダメって思わないこと。緊張ありきで挑んだ方がいいと思っていて、緊張したときに“緊張しないでおこう”と思うから拍車がかかる
もしも緊張し始めたと思ったら、“あ、はい、緊張きたきたきた。緊張ね、知ってましたよ。くるって聞いてましたから。はいはいOK、これこれ! 何もないときに緊張しないということは、いま緊張しているということは、ちゃんと戦いに向かっている自分がいるってことですね、はいはいはい、OK!”とまで思えたらいいと思うんだよね。最初は絶対緊張すると思うから、そこを受け入れていきたいね。
そうしたら俺は、このSCHOOL OF LOCK!というたくさんの人が聴いている場所で、最初はめちゃめちゃ緊張していたんだけど、さっきみたいな深呼吸の件でたくさんしゃべったようで何もしゃべっていないという結果になったとしても、いまめちゃめちゃ落ち着き払っている。俺、汗ひとつかいていないからね!」

20190110_sol12.jpg


あしざわ教頭「すごいなー、校長先生さすがですね。たしかに落ち着いた表情で私のこと見てます」

とーやま校長「ワキ汗もまったくかいてませんからね。どうだ、マイペース?」

白衣で究めるマイペース「がんばります」

あしざわ教頭「とにかく本番まで、試験のことを想像しながらやってみたらいいと思う。試験のときを想定しながらがんばってみて。本番だと思って勉強をしてみる。そうすると本番がきたときに“あ、これか”と思える気がする」

とーやま校長「ちゃんと周りも見つつ、マイペースはここまでしっかりとやってきているはずだから。掲示板にどんなことを書いたか、おぼえてる?」

白衣で究めるマイペース「不安でいっぱいっていうこと」

とーやま校長「でも最後の2文がいい言葉だと思うけど、改めてマイペースの口から、自分にもう一回言い聞かせてほしいなと思っている」

白衣で究めるマイペース「第一志望をあきらめずに、最後までがんばります! 底力見せてやります!」

とーやま校長底力に溜まってるんだ、お前のエネルギーは! マイペース、どこまでも自分のペースで!

♪ プロミスザスター / BiSH

あしざわ教頭「僕は、BiSHの『プロミスザスター』は自分との約束だと思っているので、いま電話をつないだ白衣で究めるマイペースは、自分との約束を果たすためにもがんばってほしいなと思っております!」

とーやま校長「いま深呼吸のことを調べているんだけど、しっかりと息を吐いてから始めるっていうのが大事というのもある!」

20190110_sol10.jpg


そして次に逆電をしたのは…さくらのじゅもん。 福井県 18歳 女性

とーやま校長「今日はどれくらい勉強した?」

さくらのじゅもん。「学校が5時過ぎくらいまであった後、塾に行って10時まで勉強して、家に帰ってきました」

とーやま校長「不安はやっぱりある?」

さくらのじゅもん。「受験に限ったことではないんですけど、自分と人を比べてしまうこととか、自分が誰かに悩みや不安を話したいなと思っても言えない弱さが、受験っていういま自分が直面しているもので浮き彫りになってきました。弱さとか不安に打ち勝っていない自分が一番嫌です」

とーやま校長「弱音とかも吐き出せてないってこと?」

さくらのじゅもん。「茶化した感じではできるんですけど、誰かの話を聞く側に回ることも多かったりするので、あんまり自分から言いたいと思っても言う機会が多くないなって思います」

とーやま校長「さくらのじゅもんは、それを良くないこととしてとらえてるところがあるよね? でも俺は、人の弱音もちゃんと受け止めていて、すごい強いなと思ったけどな。俺は別に弱音を悪いものでもないと思ってるけど、あんまり迷惑をかけちゃダメだなとか、ひとりでやろうと思ってるところからの行動だと思っているから、そこはいいところだと思うよ」

あしざわ教頭「優しさでもあると思うしね」

とーやま校長「ただ、センター試験があと9日後にやってくるわけで、いま受験生のみんなは緊張状態だから、ここは特例です! 特例ゾーン!

あしざわ教頭「特例ゾーンとはどういうことですか?」

とーやま校長「いまこんな緊張状態で溜め込む方が悪でしょ」

あしざわ教頭「なんか体に悪いものが溜まっていってしまうような気がします」

とーやま校長「そこでやって来るのはなんですか、教頭!?」

あしざわ教頭「不安に襲われてしまうこととか…?」

とーやま校長「違います。特例ゾーン!

あしざわ教頭「それを言ってほしかったんだ(笑)すみません」

とーやま校長「さくらのじゅもん、俺らがマジで受け止めるから、気を遣わず思っていることを言おう。それを言ったことでお前のことを嫌いになることは一切ない。なぜならここは特例ゾーンだから。思ってることを全部吐き出してみよう。なんでもいい。ちゃんと空っぽにすること」

さくらのじゅもん。「よく一緒に勉強している友だちがいます。同じ勉強をしていたりお互いに教え合ったりしている中で、その子が点数を上げています。同じ時間を使っていたり同じ問題を解いていたりするのに、なんで自分は解けないんだろうって思います。自分だけじゃないかもしれないけど、でも上がらないって感じることがすでに自分にとって嫌だなって思う。自分がやっていることが、時間がかかっていても正しいのかなって…、ときどきすごく悲しくなることがあります
結果が出ないから、周りにもこんな成績で言っていいのかなって思ったりとか、両親も『この成績なのに大丈夫?』って心配で言ってくれるのはわかってるんですけど…。でも…でもやってるんだよって(思いがある)。周りからも認められていない立ち位置にいて、結果が出ないから自分でも自分のことを認められないなって思っていて、努力しかすることがないんだけど、でも、いつまでやったらそれが叶うのかなって思います」
※RN さくらのじゅもん。はときどき涙声になりながらも、しっかりと話してくれました!

とーやま校長「そうだな。ゼロになった?」

さくらのじゅもん。「マイナスになりました(笑)」

とーやま校長「モヤモヤした負の気持ちは、だいぶ抜けたね? じゃあ入れるスペースができたってことね。よし、じゃあ入れてもらおう!」

RN さくらのじゅもん。の心のスペースに言葉を入れてくれるのは、10時台に電話をつないだRN ねぎマ!
ふたりはなんと、クラスメイト! 福井県の高校3年生!

とーやま校長「ねぎマは、クラスメイトのさくらのじゅもんの話は聞いてた?」

ねぎマ「聞いてました」

とーやま校長「同じ受験生としてどんなことを思った?」

ねぎマ「私から見たら、さくらのじゅもんはすごくがんばっています。学校で見てる一部だけだからすべてとは言えないけど、学校で見てる分だけでもすごいがんばっていて、私は尊敬しているし、つらいとかグチったりすると励ましてくれて、いつもすごく助かっています

20190110_sol07.jpg


RN さくらのじゅもん。の嗚咽が聞こえる中…。

とーやま校長「さっきマイナスになったところから、ねぎマの言葉と気持ちが入ったところでしょ? ねぎマにもちゃんとお礼の気持ちを届けておこうよ」

あしざわ教頭「お互い交換しよう」

とーやま校長「突然のことでビックリしているかもしれないけどさ、さっきあれだけバーッと言えたんだから。ねぎマもさくらのじゅもんからの言葉欲しいでしょ?」

ねぎマ「はい(笑)」

とーやま校長「だって“欲しいゾーン”だから。 欲しいゾーン!

あしざわ教頭「特例ゾーンからの欲しいゾーンになるんだから、めずらしいぞ!」

とーやま校長「同志、戦友。友だちのねぎマに、どんな言葉でもいいから届けよう」

さくらのじゅもん。「ふたりとも泣いて、悔しがって。まだそんな日がくるかもしれないけど、教えられることは教え合って、自分の努力を察してくれたように、私もがんばります!」

とーやま校長「ねぎマ、ちゃんと受け取ることができた?」

ねぎマ「できました!」

とーやま校長「次にふたりはいつ会うんだ?」

さくらのじゅもん。、ねぎマ「明日(笑)」

あしざわ教頭「ちょっと照れくさいかもしれないな(笑)」

とーやま校長「お互い顔はほんのりどころか、相当赤くなると思うけど、そこはしっかりと受け入れてくれ!」

今夜最後の黒板は、
RN さくらのじゅもん。とRN ねぎマ、そしてすべての受験生に向けたメッセージです!

とーやま校長「いまのふたりの話を聞いて浮かんだ漢字3文字を届けます!」

20190110_sol11.jpg


『 大丈夫 』

あしざわ教頭「その通りですよ! 大丈夫、みんないけるよ! 明日金曜日の応援部でも、受験生のみんなに思いを届けるので、よかったら聞いてほしい!」

とーやま校長「そして来週木曜日・17日、受験生に向けたスペシャル授業を行います。受験生のみんな、よかったらこの日の授業に参加してほしい!」



【FAXイラスト】


20190110_fax01.jpg

RN ももとりまかろに


20190110_fax02.jpg

RN ハムカツ御膳



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】

ねぎマ 福井県 18歳 女性
ロイガ 東京都 19歳 男性
白衣で究めるマイペース 静岡県 18歳 女性
さくらのじゅもん。 福井県 18歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】

22:06 春を待って / KANA-BOON
22:12 弱者の為の騒音を / ハンブレッダーズ
22:26 勇気はどこに?君の胸に! / Aqours
22:43 起死回生STORY / THE ORAL CIGARETTES
22:56 告白 / My Hair is Bad
23:13 MFEO / kukatachii
23:17 こんがらがった! / ネクライトーキー
23:21 Comes and Goes / HYUKOH
23:40 プロミスザスター / BiSH
23:52 ガラスを割れ! / 欅坂46

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

特例ゾーン(弱音吐いて良いゾーン)、
この人なら大丈夫だという人には出来るだけ発動して良いと思うよー。
(ただし次は弱音を聴いてあげるゾーンも発動してあげてね。)

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

みんな、本番まで自分を信じる!!
これだけは忘れないで!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

*最 新 記 事*

バックナンバー

*カ レ ン ダ ー*

<   2019年1月   >
MonTueWedThuFriSatSun
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031