* 放 送 後 記 *

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 3日目! 』

今週のSCHOOL OF LOCK!は毎日スペシャル授業をお届け

とーやま校長「先週も、来週も、来月も、開校以来、ずっとスペシャルなんだけどね!」

月曜日は、人気声優たちによるラッププロジェクト『ヒプノシスマイク』の木村昴先生が初来校!
火曜日は、シンガーソングライターの美波先生が初来校してくれました!

3日目の今夜は、
6月19日に1st EP『Principal』をリリースする
我が校ではAqours LOCKS!でもお馴染みの、逢田梨香子先生が登場ーーーーーーー!!!

SCHOOL OF LOCK!


梨香子先生みなさんこんばんは! 逢田梨香子です!

とーやま校長・あしざわ教頭「よろしくお願いします!」

とーやま校長「先週はずっとAqours LOCKS!を届けてくださいましたけれど…」

梨香子先生「今日は違った緊張感があるんですけど、お二人がいてくださるので心強いです!」

とーやま校長「嬉しいです! もっと色んなところで言って欲しいなって思います」

梨香子先生「気が向いたら…(笑)」

あしざわ教頭「梨香子先生はS心がありますからね(笑)」

とーやま校長「Aqours LOCKS!の生徒指導の授業でもおなじみの(笑) あれも面白かったなあ」

SCHOOL OF LOCKではAqours LOCKSを担当してくれている逢田梨香子先生ですが、
今夜はソロアーティストの逢田梨香子先生としての来校です!

とーやま校長「いつものように、りきゃこ先生とお呼びしていいですか?」

梨香子先生「全然! いつも通りで大丈夫です!」

そんな梨香子先生は来週、6月19日に1st EP「Principal」をリリース!

とーやま校長「今のお気持ちはいかがですか?」

梨香子先生「CDの実物を最近いただいたりしたんですけど、じわじわ実感が湧いて来ております!」

とーやま校長「ドキドキとか嬉しいとか、そういう成分が多いですか?」

梨香子先生「ドキドキですね。さっきまでリリースイベントを行なっていたんですけど、直接『おめでとう!』ってたくさんの方に言っていただいて、やっと発売なんだっていう気持ちになってきました

とーやま校長「都内某所っていうアナウンスでしたよね? 場所って言っていいんですか?」

梨香子先生お台場のヴィーナスフォートです! 教会広場っていう素敵な場所でお渡し会をやらせていただきました!」


逢田梨香子さん生放送教室!!
逢田さんこんばんは!
今日は1stEP、principalのリリースイベント参加させて頂きました!
実際にお話することが出来て嬉しかったです!
principalの発売がさらに楽しみになりました!
改めましてソロアーティストデビューおめでとうございます!これからもずっと応援してます!!
ゆちごりじょ
女性/16歳/千葉県
2019-06-12 20:15


梨香子先生「さっき来てた! 喋りましたよ! ゆちごりじょは、ニコニコ超会議にも来てくれてましたもん」

とーやま校長「僕らと一緒に授業をやらせてもらったやつですか!」

梨香子先生「手を挙げていてお名前を聞いたら、ゆちごりじょって言ってて」

あしざわ教頭「我々もあの時に会っているんですね!」

とーやま校長「イベントは楽しかったですか?」

梨香子先生「楽しかったです! 直接、皆さんにありがとうって言える場があるのは嬉しいですね」

とーやま校長「『Principal』というのは、“先頭に立つ”とか“主役”というような意味の言葉ですが、この言葉をにはどういった思いが込められているんですか?」

梨香子先生「お二人はご存知だと思うんですけど、自分から前に出たりとか、主役タイプではないなって思っていて。
なので、これからは自分が主役にならないといけない。先頭に立ってたくさんの人たちを引き連れていかないといけないっていう願望だったりとか、憧れの気持ちを込めてつけさせていただきました!

SCHOOL OF LOCK!



そんな、梨香子先生と一緒に送る今夜の授業テーマは……

梨香子先生「ぜったい、ぷりんしぱるっ!!!」

とーやま校長「入ったーーーーーーー!!!! いただきましたーーーーーーっ!!」

あしざわ教頭「今日の授業テーマは、校長ではなく梨香子先生が言ってくださるんですね!」

梨香子先生「はい!」

とーやま校長「誰も俺の声なんて求めてないでしょ」

あしざわ教頭「そんなことはないですよ! 校長の声が好きな生徒いますって!」

とーやま校長「りきゃこ先生、今日は授業テーマの発表もよろしくお願いしますね!」

梨香子先生「はい! ぜひぜひ!」

とーやま校長「すみません、ちょっとさっきのは教頭が変な疑問をぶつけてきて流れが止まっちゃったから、おかわりいいですか?」

あしざわ教頭「俺のせいなの?(笑)」

梨香子先生「わかりました!
あなたたちの自由になんてさせないわ! この街はわたしたち魔法少女が守る! これでもくらえ〜!!!
ぜったい、ぷりんしぱるっ!!!」

とーやま校長「グァァァァーーーッ!!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「さすが、りきゃこだ…」

あしざわ教頭「ごめんなさい、敵がいる設定なんですか? 世界観についていけないんですけど(笑)」

梨香子先生「私もあまりよくわかってない…(笑)」


ということで、本日の授業テーマは、梨香子先生の1st EPのタイトルにもなっている「Principal」。
今夜は、先頭に立ちたい! 主役になりたい! ぷりんしぱりたい! というそんな想いを持ったキミの話を聴かせてほしい!

例えば
「実力はないし、不安ばかりだけど部長になりたい!部活でぜったい、ぷりんしぱるっ!!!」
「本当は明るい性格で騒ぐのも好きなのにクラスで大人しいキャラで過ごしています。本当の自分をだしてクラスの中でぜったい、ぷりんしぱるっ!!!」
「購買でいつも大人気の焼きそばパンをまだ1度も食べたことないので行列をぜったい、ぷりんしぱって最初に焼きそばパンをGETしたい!!!」


など、先頭に立ちたい! 主役になりたい! 気持ちの面でもいいし、文字通り何かの先頭に立ちたいと思っている生徒でも、どんなことでもいいので「ぷりんしぱるっ!!!」と思っていることを学校掲示板もしくはメールで教えてほしい!

逢田梨香子先生へのメッセージも待ってるぞ!!!

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「改めてまして、ソロアーティスト・逢田梨香子として、1st EP『Principal』のリリースおめでとうございます!

梨香子先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「1st EP『Principal』。全部で5曲入りなんですけど、すごいですよね!」

梨香子先生「1枚でいろんな私を感じていただける良さがあったりしますね」

初回限定盤特典には「FUTURE LINE」のMVメイキング映像を収録。
40ページのフォトブックも入っています!


とーやま校長「一足先に見させていただいたんですけど、りきゃこ先生はね、キレイ…!

梨香子先生「ちょっと、もう1回言っていただいてもいいですか?」

とーやま校長りきゃこ先生はね、キレイ…!!!

梨香子先生「(笑) ごめんなさい、もう一回言わせておいて、照れちゃいました…!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「今、くしゃみしました?」

梨香子先生「してないです(笑) 2回目、エコーかかってましたね!」

とーやま校長「僕、お風呂に入りに行ったんですよ」

梨香子先生「えっ! そうなんですか!」

とーやま校長おお〜い、りきゃこ〜〜。ちょっと40ページのフォトブック取ってくれ〜(エコー)

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「ダメだよ!(笑)」

梨香子先生「お風呂で読まないでいただいていいですか(笑)」

あしざわ教頭「僕も曲を聴かせていただきまして、めちゃくちゃ素敵でした!」

梨香子先生「ありがとうございます! 本当に1曲1曲存在感がある曲になっていて…」

あしざわ教頭「今回は一人で歌われているということで、いつもより肩の力が抜けているようなイメージがありました」

梨香子先生「そうですね。ただ明るいだけの曲じゃないっていうのが私らしさがあるなっていう印象ですね」

あしざわ教頭「衣装をがっつり来ている梨香子先生というよりは、私服に着替えている素の梨香子先生をそのまま聴いているような感覚になりました」

SCHOOL OF LOCK!


梨香子先生「そう言っていただけるのはすごく嬉しいです!」

とーやま校長「特に1曲目の『FUTURE LINE』は、これからのりきゃこ先生の歌でもあるよなって思って」

梨香子先生今、デビュー目前に控えた私の心情が全部詰まっている曲です!

とーやま校長「挑戦っていう気持ちもあるでしょうし、待ってくれている人もいるとか…全部が詰まっている曲ですよね」

梨香子先生「リード曲にふさわしい曲になっております」

とーやま校長「どんな人に届いて欲しい、どんな気持ちで聴いて欲しいとかありますか?」

梨香子先生「普段、Aqours LOCKS!をやっていて、背中を押してほしいっていう方がたくさんいらっしゃるじゃないですか。
頑張りたいけど、踏み出したいけどなかなか勇気が出せないっていう方にぜひ、聴いていただきたいです!


♪ FUTURE LINE / 逢田梨香子



Futureline!
Futurelineやっぱり素敵な曲ですね(^^)
ずっとずっと聞きます
Tk
男性/17歳/静岡県
2019-06-12 22:39


梨香子先生「ありがとうございます〜!」

とーやま校長「このタイミングで勇気を出して始めないといけないけれど、勇気が出なくて躊躇しているやつにしたら、この曲はとんでもない武器になるんじゃないですか?」

梨香子先生「私自身もそういう心境なので、すごくこの曲には勇気をもらっています!」

SCHOOL OF LOCK!



そして、梨香子先生と送る今夜の授業テーマは…!

<キーンコーンカーンコーン>

梨香子先生「こんなところに呼び出してごめんね! じ、実は、ずっと前から、あなたのことが……!」

<ドックンドックンドックン…>

梨香子先生「ぜったい、ぷりんしぱるっ!!!」

<キラキラキラーーン>

とーやま校長「本当にいいのぉ!? う、うれしいぃぃぃ!!!!」

SCHOOL OF LOCK!


あしざわ教頭「ごめんなさい、ちょっと意味が分からないです(笑)」

とーやま校長「あのりきゃこ先生が、俺にぷりんしぱるって言ってくれたぁ〜!!」

あしざわ教頭「一体、なんなんだ(笑)」

「Principal」。つまり、「先頭に立ちたい!」「主役になりたい!」「絶対、ぷりんしぱりたい!」と思っている、そんな生徒の話を聞いていくぞ!


とーやま校長「もしもし!」

ちゃんなの 静岡県 15歳 女性 高校1年生

ちゃんなの「もしもし!」

梨香子先生「ちゃんなの! お久しぶりです。覚えてますよ!」

ちゃんなの「えっ! ありがとうございます!」

梨香子先生「桜内梨子の弟子!」

あしざわ教頭「スクールアイドル認定された!」

梨香子先生「そうそう。ピアノのちゃんなのですよね?」

ちゃんなの「そうです…!」

梨香子先生「わ〜! ありがとう〜!」

とーやま校長「りきゃこ先生って、今日のリリースイベントの話もそうでしたけど、ちゃんと覚えているんですね!」

SCHOOL OF LOCK!


梨香子先生「記憶力いいんですよね」

とーやま校長「これ、ちゃんなのめっちゃ嬉しくない?」

ちゃんなの「死にそうです…!」

梨香子先生「死なないで(笑)」

とーやま校長「だって、めちゃくちゃ好きなんだもんね?」

ちゃんなの世界で一番好きです!

梨香子先生「本当に!?」

RN ちゃんなのは、もちろん『Principal』も予約済み!
情報によると、その予約枚数は……!

ちゃんなの4枚だけです

梨香子先生だけじゃないよ! 高校生でしょ?」

あしざわ教頭「やっぱり、弟子ですからね!」

梨香子先生「嬉しい! ありがとう!!」

そんな、RN ちゃんなのが「ぷりんしぱりたいこと」とは…

ちゃんなの「今までの“自分なんかじゃ無理”っていう思いを捨てて、文化祭でクラスをぷりんしぱりたいです!」

RN ちゃんなのは、来週末に文化祭があるけれど、全然クラスがまとまっていないのだそう。

ちゃんなの「みんな、”誰かがやるでしょ”って思って、どこかに遊びに言っちゃったりして、文化祭の1週間前なのに、五人しか準備をしてくれなくて…」

SCHOOL OF LOCK!


本当は「みんなで頑張ろう!」と言いたかったRN ちゃんなのだけど、自分が仕切ることで周りから何かを言われるんではないか、と思ってしまってなかなか動き出せないのだとか。

ちゃんなの「『FUTURE LINE』の最後のサビの『白い雲を抜けて その先にはどんな景色? 今までと違うことだけ分かっているの』っていう部分がすごく好きで。
私も、新しい自分になりたいなって思ったんです!」

梨香子先生「なるほど〜」

ちゃんなの「ネガティブな意見を言われることが怖くって、なかなか言い出せないんですけど、梨香子先生のように周りを恐れずに自分を強く持つにはどうしたらいいですか?」

梨香子先生「私も全然周りを恐れちゃうときありますけどね。でも、周りにどう見られようと、結局自分が好きな自分でいることがすごく大事だと思うんですよね。
誰からに何かを言われるかもしれないけど、自分の考えを貫く方が大事なんじゃないかな。
後で後悔しないのが一番いいと思います!」

SCHOOL OF LOCK!


ちゃんなの「そうですよね。梨香子先生のそういう姿に私も惹かれているので…」

梨香子先生「嬉しい!」

とーやま校長「準備に参加してくれたのは5人だけですけど、その5人が手伝ってくれたってことは、ちゃんなのは一人じゃないってことだと思うんですよ」

梨香子先生「そう! 仲間はいるわけですよ。一人ずつが頑張っていけば、そういう気持ちって連鎖していくと思うので、ちょっとずつ仲間が増えればいいよね」

あしざわ教頭「仲間に伝えていくだけでも、そこから広がっていくこともいっぱいありますもんね」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「クラス全員にいきなり声をかけるんじゃなくて、今日いた仲間に声をかけて、そこから広げていくとかでもいいと思う!」

梨香子先生「どうせやるならクラス一丸となってやった方が楽しいしね!」

とーやま校長「ちゃんなの、大好きなりきゃこ先生の言葉を聞いてどう思った?」

ちゃんなのもう、絶対頑張ります! ありがとうございます!」

梨香子先生「頑張ろう!!」

とーやま校長「りきゃこ先生も来週のリリースを控えて一緒の気持ちですよね。
言葉をいただいたお返しとして、改めてりきゃこ先生に言葉を伝えよう!」

ちゃんなの「いつも梨香子先生の姿に惹かれて、すごく元気をもらっています! ソロデビューおめでとうございます!

梨香子先生「ありがとう! いつか、実際にお会いした時に同じ言葉を言ってくれたら嬉しいな!」

SCHOOL OF LOCK!


ちゃんなの「はい。リリースイベント当てます!」

梨香子先生「待ってるね!」

ちゃんなの「ありがとうございました!」


♪ ORDINARY LOVE / 逢田梨香子


とーやま校長「この曲ですごく好きなところがあって、1番では2人でショーウィンドウに写っているのに、2番では1人しか写っていない。めちゃくちゃこういうことってあるなって思ったんですよ!
半年前は2人で楽しく過ごしていたのに、半年後に同じ場所で1人でいるんだろう、とか…」

梨香子先生「めっちゃ切ない…」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「4、5回くらいそういう経験があって」

梨香子先生「結構ありますね(笑) 出会いと別れを繰り返していらっしゃるんですね」

とーやま校長「そうなんですよ。いつか歌にしたいなって思っていたんですけど…」

梨香子先生「先に曲にさせていただいちゃってすみません(笑)」

あしざわ教頭「校長先生、ぜひカラオケで熱唱してください!」

とーやま校長「元気にしてるかな…」

あしざわ教頭「ボソッと言うのやめてもらっていいですか(笑)」

とーやま校長「何が? 聞こえてなかったでしょ?」

あしざわ教頭「梨香子先生、出てましたよね?」

梨香子先生「出ちゃってましたね!(笑)」

とーやま校長「ただ、ちゃんなのはすごく良いぷりんしぱるだったね!」

梨香子先生「私もすごく勇気をもらいました!」

あしざわ教頭「梨香子先生も共にスタートする感じが、素敵だなって思いました!」

SCHOOL OF LOCK!





とーやま校長「未だ見ぬきみの“こえ”よ。夜空に届け!」

とーやま校長・あしざわ教頭「きみのこえがききたい!」

ここからは、次の時代を担う声優の原石を発掘するプロジェクト。
SCHOOL OF LOCK!と秋元康先生がタッグを組んで、ラジオドラマをお送りする、
10代限定「声」の甲子園きみのこえがききたい。

毎週違うストーリーで、応募してくれた「声」を審査し、
選ばれた2人の生徒の声が、4話完結のラジオドラマの主演になります!

今週の主演を務めてくれるのは、
RN マイキー 千葉県 16歳 男性
RN 梨 大阪府 17歳 女性

今日お送りする話は、「<ラップ編 第3話>」!

引き続き、ラジオドラマの主演を務めてくれる生徒を募集しています!
サイトにアップされている脚本に合わせて「Eggs Voice」というアプリから、君の声を送ってきてください!

<⇒特設サイトは【コチラ】!





そして、毎週水曜日23時8分頃は、松田LOCKS!をお届け!
今日は、MAN WITH A MISSIONJean-Ken Johnny先生が生徒の悩みを曲で解決してくれたぞ!!

松田部長「どーも!
SCHOOL OF LOCK!のダイナマイトカリスマ営業部長、松田です!
さあ、JASRAC日本音楽著作権協会がおくる松田LOCKS!
今日もまた、生徒の悩みをアーティスト講師の方が音楽で解決してくれます!
今回のお悩みはコチラ!」

----------------------------------------------------------------------------

私はLINEで告白をしたのですが、半年たっても返事が貰えていません!
(私の一目惚れなのであまり仲良くないですか、昨年一緒のクラスでした)

他クラスなのですが、電車の方面が同じで(私の方が早く乗る)隣の駅なので、
ほぼ毎日会います!
その姿を見てしまうとやっぱりかっこいいと思ってしまいます。
どうすれば忘れられますか?

リラックマゴラブ 女の子 16歳 広島県
--------------------------------------------------------------------------

松田部長「さあ、今回このお悩みを解決してくれるのは…!」

???MAN WITH A MISSIONノJean-Ken Johnny(Gt, Vo, Raps)デス!

ジョニー先生「今回、RN リラックマゴラブサンノタメニ選曲シタ曲ハ『Find You』デス!」


M Find You / MAN WITH A MISSION


ジョニー先生「コレマズLINEデ告白ヲシテ半年タッテモ返事ガモラエナイ、
ナカナカ悲シイ事実デハアルノデスガ、
コレLINEジャナイ方ガイインジャナイデスカネ。
直接イッタホウガイイデスヨ。

恥ズカシイト思イマス。デモ隣ノ駅デホボ毎日会ウンデスヨネ?
コレ勇気ヲダシテ言ッタ方ガイイデス。直接言イマショウ。
カナリ勇気イルト思イマスケド、今16歳。絶対言ッタ方ガスッキリシマス。
言ウコトニヨッテ確実ニ相手ニRN リラックマゴラブサンノコトガ
心ニ刻マレマスンデ。
モチロン、付キ合エルノガ1番良イケド、モシ万ガ一、
例エバ自分ガ望マナイ結果ニナッタトシテモ、絶対言ッタ方ガスッキリシマス。

ダッテ毎日カッコイイト思イナガラ、ズット見テル。
何モ一言モシャベラズニソノ方ヲゴ覧ニナッテルンデスモンネ。
自分ノ気持チヲソノママ温メルノモ美シイケド、
勇気ヲダシテ言ッテ頂キタイナト思イマス。
デ、ナゼ『Find You』ヲ選ンダカト言イマスト‘Find You’要スルニ、
アナタヲ見ツケタ、トイウ楽曲ナンデスケレドモ、
見ツケテマスカラネ、RN リラックマゴラブサン。
毎日見ツケテマスンデ。コノ男性ノカタヲ。
ゼヒ『Find You』ヲ聴イテ、相手ノカタニ告白スル日ガ来ルノヲ願ッテイマス

松田部長「MAN WITH A MISSION先生、ありがとうございました!
松田LOCKS!では引き続き、
アーティスト講師の皆さんに解決してほしい悩みを募集中!
また、松田LOCKS!のサイトで出題している
著作権クイズに正解した生徒の中から毎週1人に
オリジナルの著作権カレンダーをプレゼント!
全ては【コチラ】からお願いします!今夜の松田LOCKS!は以上!」


今夜の著作権名言

「料理のレシピは、著作物に入らないのねえ。」





とーやま校長「さあ、今夜の生放送教室には…」

梨香子先生「逢田梨香子です!」

とーやま校長「本日、東京のお台場でリリースイベントを行なったという話をしましたけれど、まだリリースイベントがあるんですよね?」

梨香子先生「そうです! まだまだあります!」

とーやま校長「池袋や秋葉原で行われるとのことで、詳しくはオフィシャルサイトなどをチェックしてくれ!」

梨香子先生「あと、8月8日が誕生日なので、バースデーイベントもやらせていただくんです!」

SCHOOL OF LOCK!


「1st EP『Principal』発売記念Birthdayイベント」

開催日程:2019年8月8日(木)
[1回目] 開場 14:00 / 開演 15:00
[2回目] 開場 18:00 / 開演 19:00
会場:Zepp Tokyo


とーやま校長「このイベントに参加するにはどうしたらいいんですか?」

梨香子先生「『Principal』をご購入いただきまして、当選した方が遊びに来ていただけます!」

応募方法:6月19日(水)発売 逢田梨香子1st EP『Principal』に封入されている
チケット先行抽選受付シリアルナンバーでの応募となります。


チケット抽選受付日時:6月19日(水)12:00〜6月25日(火)23:59


とーやま校長「どんなイベントにしたいとかは考えていますか?」

梨香子先生「まだ模索中なんですけど、せっかくZepp Tokyoでバースデーイベントをやらせていただくので、何か特別なことをできたらいいですよね!」

とーやま校長「これはみんなのお尻ペンペンを期待しちゃいますね!

あしざわ教頭「長蛇の列できちゃいますよ!」

梨香子先生「一応、誕生日なので……(笑)」

あしざわ教頭「確かに。誕生日に何してるんだってなりますね(笑)」


さらに! 8月30日に埼玉スーパーアリーナで開催される
「Animelo Summer Live2019 –STORY-」にも出演が決定!

梨香子先生「今年はソロで初めて出演させていただくんです」

とーやま校長「1人となると、今までとは勝手も違うわけじゃないですか」

梨香子先生「そうですね。Aqoursとして出演するときも毎回足が震えるので、どうなってしまうのかわからないですね!」

とーやま校長「でも、それまでにバースデーイベントもあるし、曲の中でも決意とか気持ちを露わにされているじゃないですか。(アニサマの頃には)体も心も強くなっていると思います!」

梨香子先生「ムッキムキになっているかもしれないです!」

とーやま校長「そうなったら、またフォトブックをお願いします!(笑)」


イベントについて詳しくは、逢田梨香子先生の[ 公式Twitter ][ オフィシャルサイト ]をチェック!

SCHOOL OF LOCK!



さぁ、梨香子先生と送る今夜の授業テーマは…!

梨香子先生「来週、6月19日にリリースされる逢田梨香子の1st EP知ってる!?
え、知らないの? 5曲入りで、初回限定盤のDVDには『FUTURE LINE』のMVメイキング映像を収録してて、40ページのフォトブックも付いてくるし、本当最高なの!
実質、無料みたいなものだから! 1枚と言わずに何枚も買ったほうが良いって!
ん? 逢田梨香子の1st EPのタイトル? それは……」

『Principal』!!!

とーやま校長「おい、捕まえたぞ! 宣伝しすぎだぞ!」

梨香子先生「すみません!(笑)」

あしざわ教頭「何やってるんですか! 授業テーマすら言わなくなってるじゃないですか!」

梨香子先生「本当だ(笑)」

とーやま校長「ただ、みんなからもこんなシチュエーションで『ぷりんしぱる!』って言って欲しいっていうのがすごいたくさん来ているから、ちょっと言ってもらっていいですか?」

梨香子先生「ぜひ!」

とーやま校長「それじゃあ、ここからはりきゃこ先生にお任せします!」

SCHOOL OF LOCK!


<電車の発車音>

梨香子先生「東京に行っても、元気でねっ! あなたが頑張ってるところ応援してる! いつか絶対帰って来てね!! 絶対だよ、絶対、絶対!
ぜーーーーったい! ぷりんしぱる〜〜〜っ!!!」

とーやま校長行ってきまーーーーーーす!!!

梨香子先生「ありがとうございます! こちら、岐阜県、22歳、まじでポメラニアンさんからの書き込みでした!」

あしざわ教頭「これはすごい!」

とーやま校長「まじでポメラニアンは、こんなシチュエーションが過去にあったのかなあ?」

梨香子先生「何を伝えたかったんだろう? 『Principal』聴いてねってことですよね!」

とーやま校長「そういうことなの!?」

梨香子先生「あれ? 違います?(笑)」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「そういうことにしておきましょう!(笑)」


ということで今夜の授業テーマは…!
「ぜったい、ぷりんしぱるっ!!!」

とーやま校長「もしもし!」

世界の46 鹿児島県 15歳 女性 高校1年生

世界の46「もしもし!」

とーやま校長「世界の46もぷりんしぱりたい?」

世界の46「はい! 今まで運動オンチって言われ続けていたけど、高校から始めたバスケ部で、絶対ぷりんしぱりたいです!

とーやま校長「良いね! 運動オンチっていうのはこれまでに何回か言われたことがあったの?」

世界の46「はい。中学校までずっと文化部で、幼稚園生からずっと一緒だった幼馴染がいるんですけど、その人に運動オンチって言われ続けていました」

だけど、高校に入ってバスケ部に入部したRN 世界の46。
幼馴染に運動オンチって言わせないようにしたいと思っているのだそう!

梨香子先生「その心意気いいですね!」

世界の46「周りは中学校からバスケをやっていたり、もともと運動部だったりする生徒が多くて差があったんですけど、自主練をしてたら、それに毎回付き合ってくれる先輩がいて。
その先輩みたいになりたいと思ってます! でも、シュートとか外すとやっぱり文化部だったから…って思って逃げちゃう自分がいるんです」

梨香子先生「そうかあ〜」

とーやま校長「試合にも出たいっていう気持ちがあるってことか?」

世界の46「めっちゃあります!」

とーやま校長「バスケ部は何人いるの?」

世界の46「今は6人です」

とーやま校長「バスケットは1チーム5人でやるスポーツなんですよ。
なので、1人だけベンチということになるんだけど、世界の46のチームはどうなの?」

世界の46「今年、女子チームができたばかりなんですけど、今のまま試合に出たら、自分が補欠確定って感じです」

とーやま校長「だって、まだ始めて2〜3ヶ月だもんね」

梨香子先生「でも、上手い下手とかって気持ち次第で追いつけると思うから、諦めるのはまだ早いなって思っちゃいますね」

とーやま校長「先輩が朝の自主練に付き合ってくれているのも大事じゃないですか?」

SCHOOL OF LOCK!


梨香子先生「めちゃめちゃ優しいですよね!」

とーやま校長「試合とかも出たことないってことだもんね。その辺のこともどんどん先輩に頼っていいと思いますよね」

梨香子先生「頼られる方も嬉しいと思います」

あしざわ教頭「そういうところから先輩とのチームプレイが始まっているとも言えますもんね」

梨香子先生「そうですね!」

とーやま校長「明日は練習ある?」

世界の46「あります!」

とーやま校長「さっきも言っていたけれど、今も世界の46の中には弱い自分がいるんだよね。
今までは文化部だったから、逃げてしまう自分がいるって言っていたけれど…」

梨香子先生「私も、声優の職業を目指し始めたときは、同じ気持ちだったんですよね。経験なんてないし、自分なんかが出来るのかなっていう気持ちで飛び込んで、それでも、お仕事をやらせていただいているわけで。
飛び込む勇気や気持ち次第でどうにでもなるんじゃないかなって思いますね!」

SCHOOL OF LOCK!


とーやま校長「だって、りきゃこ先生だって辛いとき、これまでも何度もあったでしょ?」

梨香子先生「ありましたよ! 部屋から出たくないときも全然ありました」

とーやま校長「そんなときはどう向き合ったんですか?」

梨香子先生「私は、落ち込む時は、無理をせず落ち込むだけ落ち込んで、そこから『これ以上落ちることはない。あとは上がるだけ!』っていう気持ちに切り替えて、とことん落ち込む。
でも、一晩寝たら次の日は引きずらない。っていうのを今でも心がけています」

とーやま校長「早く始めた人がえらいってことはないけれど、他の人が早く始めているのは事実で。
ということは、あとはみんなを追い抜くことしかないわけだよね!」

梨香子先生「そうなんですよ! 追い抜こうとしてくる後輩がいるって逆に、脅威ですよね!」

とーやま校長「そんな存在にならなきゃダメだな!」

世界の46「はい!」

梨香子先生「頑張りましょう!」

世界の46「頑張ります!!」


♪ 君がくれた光 / 逢田梨香子


とーやま校長「この曲、実は初オンエアなんですよね?」

梨香子先生「そうなんです! いやぁ緊張しますね(笑)」

とーやま校長「りーきゃこぉ〜〜〜!!! ありがとうございます!」


そして、本日も黒板の時間になってしまいました。
今日はもちろん、逢田梨香子先生にお願いいたしました!

SCHOOL OF LOCK!


SCHOOL OF LOCK!


『 いつだって人生の”主役”はジブン!! 』

梨香子先生「自分の人生は、自分でしか生きれないし、自分自身が主役だと思っていいと思うんです。
だから、周りから色々言われたとしても、自分の人生くらいは自分の好きに生きてもいいんじゃないかと思いました!」


♪ FUTURE LINE / 逢田梨香子


とーやま校長「今日は生徒のみんなのぷりんしぱりたいことを聞いていったんですけど、りきゃこ先生自身も、これからも、今も、ぷりんしぱっていこうって思っているわけじゃないですか。
生徒とりきゃこ先生が共鳴しているなって、この2時間を通して感じました!」

梨香子先生「そうですね。同じ気持ちなんだなって思いました!」

とーやま校長「生徒のみんなも嬉しいと思うし、りきゃこ先生も嬉しい2時間であってくれたら良かったなって思います」

梨香子先生「めちゃくちゃ楽しかったです!
これからも一緒にぷりんしぱっていきたいです!


SCHOOL OF LOCK!



逢田梨香子先生、今日はありがとうございました!
Aqours LOCKS!もよろしくお願いします!


★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
ちゃんなの 静岡県 15歳 女性
世界の46 鹿児島県 15歳 女性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:03 ロマンチシズム / Mrs.GREEN APPLE
22:27 from the edge / FictionJunction feat.LiSA
23:36 FUTURE LINE / 逢田梨香子
23:47 ORDINARY LOVE / 逢田梨香子
23:10 Find You / MAN WITH A MISSION
23:25 Love me, Love you / Mrs.GREEN APPLE
23:43 君がくれた光 / 逢田梨香子
23:48 FUTURE LINE / 逢田梨香子

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

りきゃこ先生ー!
また遊び来てあのミニコントのやつやってねー!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

次回はおしりペンペンスペシャルでお願いします!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

*最 新 記 事*

バックナンバー

*カ レ ン ダ ー*

<   2019年6月   >
MonTueWedThuFriSatSun
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930