* 放 送 後 記 *

あしざわ教頭「今日もめちゃくちゃ暑いです。最近僕、自分の一人舞台があるからそれの稽古に行くんですけど、電車で稽古場所に行ったりしますし、バス停を使うときもあるんですよ」

とーやま校長「稽古でバス停を使うってこと?」

あしざわ教頭「稽古の場所として使うわけじゃない(笑)」

とーやま校長「バス停を相手に、人に見立ててやるってこと?」

あしざわ教頭「やんないやんない、迷惑ですから(笑)。バスで稽古場に移動するってときがあるんですけど、今日ひさびさにバスに乗ろうと思って行ったら結構並んでて。暑いからそこで待ってるのしんどいなと思って、バスが来るまで近くのスーパーで待って、バスが来たときに行こうと待ってたんですよ。(スーパーの中で)待ってたら入口のところに人がいっぱいいて、なんだろうなと思ってたら、全員バスに乗る人だったんですよ(笑)。それくらい暑い! 他の店からも出てくるの。結局バス、パンパン」

とーやま校長「スーパーの人からしたら、避暑地じゃないし」

あしざわ教頭「しかも1階は飲み物売り場だったりするからね。涼しいから。おばちゃんとか無駄にいるなとか思ってたのよ」

とーやま校長「買ったりしないの? 例えばコンビニでトイレ借りるときには、ちょっと悪いから100円の飲み物とか買ったりするけど」

あしざわ教頭「そういう人もいると思う。僕は一切買わなかったです(笑)」

とーやま校長「出た! ノンデリカシーな男!

あしざわ教頭「たまたま、バスがすぐ来るかもしれないから(笑)」

とーやま校長「(教頭とは)5年ぐらいの付き合いになるけど、今まで内緒にしてたけど教頭にデリカシーを感じたこと1回もないな」

あしざわ教頭「うーん…じゃあ、ないんだろうね(笑)」

とーやま校長「(笑)」

あしざわ教頭「こういうのは自分じゃわかんないから」

とーやま校長「いくらでも挙げられる。俺、全部メモしてるから。いつか発表したいな。いくつか生放送教室を通して発表してるけど」

あしざわ教頭「やめてもらっていい?(笑)」

とーやま校長「たくさんあるからね。菅田将暉先生がゲストに来られたときとか」

あしざわ教頭「やめて、菅田将暉先生のやつはほんとにやめて(笑)」

とーやま校長「いただいた初回限定盤のCDをお盆代わりにしたとか」

あしざわ教頭「やめてよ!」

とーやま校長「ペットボトルとか携帯乗せてて、俺ビックリした。とかね」


20190808_sol03.jpg

『 夢 』



dream
私の夢は、研究者(医療関係)になること。

医者もいいなと思ったけど、医者は、目の前にある方法でしか患者さんを治療できない。しかし、研究者は、治療法を提案し、数えきれないほどの人を救うことが出来る。

絶対になって見せます。
のっぽのミイ
女性/15歳/愛媛県
2019-08-08 15:07




あしざわ教頭「薬とかからスタートすれば、その病気すら治すことができるということか、なるほどね」



将来の夢っ!
将来の夢は図書館の司書さんになること!
って言ってたけど最近ちょっと揺らいでて…

この前のSOLで内田雄馬先生が話してるの聴いて声優さんになりたいな〜と。。。

そう簡単になれるものじゃないと思う。でも私もあんなかっこいい大人になりたい!人の心に響くことしたい!!
大空大地
女性/14歳/北海道
2019-08-08 15:54




あしざわ教頭「夢って、いろいろ迷ってなかなか見つからない中で見つけていくものだから、そこから始めてみるのもいいんじゃない? 素晴らしいと思う」




すごい人間になりたい
誰かの笑顔をつくれたり、誰かの涙を拭ってあげられるそんな人間になりたい
自分がいると少しだけ世界が変わるような人間になりたい
@欅love
男性/14歳/鹿児島県
2019-08-08 19:27




あしざわ教頭「うん! いいじゃない! 俺を反面教師としてがんばってほしい」

とーやま校長「どういうこと?(笑)」

あしざわ教頭「俺はノンデリカシーの男だからさ(笑)」

とーやま校長「ノンデリカシーのやつでも、誰かの涙を拭ってあげられるようなこと……ねぇな」

あしざわ教頭「なかったー!(笑)」

とーやま校長「涙流させることしかない」

あしざわ教頭「流させるとは言わないでよ(笑)」

とーやま校長「夢というものが早くも見えてる10代のみんなもたくさんいる中、本日のSCHOOL OF LOCK! 授業テーマは…」


夢の応援授業 Supported by マイナビ


とーやま校長「今夜はみんなの夢を、2時間かけて応援していこうと思っている」

あしざわ教頭「『マイナビ未確認フェスティバル2019』をサポートしてくれているマイナビが、今夜の授業もサポートしてくれることになりました! 今日、学校掲示板に『夢』を書き込んでくれた生徒や電話をつないだ生徒、合わせて10人に、夢の応援資金として5000円分のクオカードをプレゼントします!」

とーやま校長「今日は、生徒みんなの夢を応援するアドバイザーとして、ジャカルタ・アジア大会フェンシング女子フルーレ団体金メダル 宮脇花綸先生が来てくれる! …の前に、生徒のみんなが集まってくる!」

あしざわ教頭「SCHOOL OF LOCK! 本日も開校いたします! 起立、礼!!」

とーやま校長・あしざわ教頭叫べ〜〜〜〜〜!!!!!!


♪ 銀河高速 / ハンブレッダーズ


とーやま校長「夢がなかろうが、夢があろうが、俺はみんなが選ぶものが正解だと思っているから。毎日そういうつもりで声を届けさせてもらってる。今日掲示板を見る限りでは夢がたくさん書き込まれていて、10代のときからこうやってちゃんと目標や行くべき場所がしっかりと定まっているというのは、それはそれで素晴らしいことだと思う。いまのハンブレッダーズ先生の曲だとか、今日もたくさんのアーティストの曲、そしてこれからやって来てくださるゲスト講師のお力を借りて、改めてみんなの夢を2時間応援していくので、今日もよろしく!」


そして生放送教室には…ジャカルタ・アジア大会フェンシング女子フルーレ団体金メダル!

20190808_sol01.jpg

宮脇花綸先生


宮脇先生「よろしくお願いします!」

とーやま校長・あしざわ教頭「よろしくお願いいたします!」

とーやま校長「はじめまして。まず、ジャカルタ・アジア大会フェンシング女子フルーレ団体金メダル!」

宮脇先生「1番ですね」

とーやま校長「おめでとうございます!」

宮脇先生「ありがとうございます!」

とーやま校長「フェンシングはもちろん存じ上げてはいるんですけど、改めてどんな競技かお聞きしてもよろしいですか」

宮脇先生「すごーい簡単に言うと、相手を剣でつきゅ」(※甘噛み)

とーやま校長「剣で相手をつきゅ

宮脇先生「そこ拾わないでくださいよ(笑)」

あしざわ教頭「やめて、急にいじらないで(笑)、やめてあげて。まだ会って5秒ぐらいしか経ってないから」

宮脇先生「最速ですね」

とーやま校長「(笑)」

宮脇先生「剣で相手を突くっていう競技なんですけど、水泳にバタフライとかクロールがあるみたいに、フェンシングにも3種目あって。全身を突く『エペ』っていう競技と、上半身を斬りにいく『サーブル』っていう競技と、背中とおなかを突く『フルーレ』っていう競技があって、私がやってるのはその『フルーレ』という競技で。日本人がメダルを獲ったのは、オリンピックで太田雄貴さんが獲ったんですけど、あれも『フルーレ』っていう競技なんです」

とーやま校長「なるほど! 宮脇先生はいつぐらいからフェンシングを始められたんですか?」

宮脇先生「5歳からやってました」

とーやま校長「きっかけは何だったんですか?」

宮脇先生「お姉ちゃんが最初、剣道をやりたいって言って。でも家の周りに剣道ができるところがなかったんですよ。でもなぜか5分のところにフェンシングができるところはあって」

とーやま校長「めずらしいですよね?」

宮脇先生「すっごいめずらしいんですけど。で、姉と母はすっごく適当なんで、海外版剣道ってことでいいっしょって

あしざわ教頭「すげぇポップな感じで(笑)」

とーやま校長「そんなきっかけ!?」

宮脇先生「はい(笑)。まず姉が始めて、私はその送り迎えをしていたんですけど、気づいたら流れで、物心ついたら剣を握ってたっていう感じですね」

とーやま校長「いま年齢おいくつですか」

宮脇先生「いま22歳です」

とーやま校長「17年ぐらい?」

宮脇先生「そうですね」

とーやま校長「いま楽しいですか?」

宮脇先生「楽しいですね。私あんまり運動神経が良くないんですけど」

とーやま校長「でもそんな人が金メダルは獲れないでしょ」

宮脇先生「走るのとか遅いんですよ。背も、海外の選手と比べると低いんですよね」

とーやま校長「何cmですか?」

宮脇先生「161cmです。海外の選手は190cmとかいるんで」

とーやま校長「えー!?」

あしざわ教頭「リーチがめちゃめちゃ長いんだ」

宮脇先生「フェンシングって階級とかないんで、でもそういう選手にも勝てるんですよね。自分より背が高い選手とかスピードがある選手にも、自分が得意な分を使って勝てるんで、そういうところがおもしろいなって思います」

とーやま校長「宮脇先生、今日は生徒のみんなの力になるようなサポートをしていただけたらありがたいなと思ってます」


今日の授業は夢の応援授業 Supported by マイナビ
生徒のみんなの “夢” を教えて欲しい!
その夢の“悩み”や“不安”がある生徒は、それも合わせて、我が校の学校掲示板もしくはメールに書き込んでくれ!

例えば、
* スランプから抜け出す方法を教えて欲しい!
* どうやったらプレッシャーに強くなりますか? など

この機会に夢を書き込んで授業に参加してほしい!
掲示板に書き込んでくれた生徒や電話をつないだ生徒、合計10人に夢の応援資金として5000円分のクオカードをプレゼント!
宮脇先生にもサポートをしてもらうぞ!


とーやま校長「宮脇先生がいま5000円が自由に使えるとしたら、何か欲しいものとかあります?」

宮脇先生「ミステリーの本が欲しいです」

とーやま校長「好きなんですか?」

宮脇先生「好きですね。謎解きとかミステリーとかが好きなので、そういうものにお金使いたいですね」

とーやま校長「じゃあ宮脇先生も書き込みをしてくれたら」

あしざわ教頭「なんで!? 夢こんなに語ってくれてるのに!(笑)」

とーやま校長「今日は2時間よろしくお願いいたします」

宮脇先生「お願いします!」


20190808_sol02.jpg



とーやま校長「ゲスト講師情報です。来週木曜日の生放送教室に、『学校は行かなくてもいい』の著者・
小幡和輝先生がSCHOOL OF LOCK! 2度目の来校!」

あしざわ教頭「小幡和輝先生は、10年間不登校を経験。高校3年で起業されて、『新学期がつらい』と思っている10代と向き合って来た方です」

とーやま校長「前に遊びに来てくれたときも、そういう話をいろいろ聞かせてもらって。夏休み中だけど、8月中旬以降に学校が始まる生徒もいるだろうし、今の段階で夏休みがもっとずっと続けばいいな、あんまり学校に行きたくないなと思ってる生徒もいるだろう。ぜひ小幡先生の言葉もそうだし、みんなの正直な意見も聞きたい。なので来週の木曜日、小幡和輝先生の来校を楽しみに待っていてほしい」


そして本日の授業は…夢の応援授業 Supported by マイナビ
フェンシング日本代表の宮脇花綸先生を迎えて授業をお届けしています!


とーやま校長「SCHOOL OF LOCK! は学校でして、俺『先生』ってずっと呼んでたんですけど、『先生』で大丈夫ですか?」

宮脇先生「大丈夫です」

とーやま校長「普段呼ばれることあります?」

宮脇先生「ないです(笑)」

とーやま校長「普段は何て呼ばれるんですか?」

宮脇先生「花綸とか…」

とーやま校長「花綸先生の方がいいかな?」

あしざわ教頭「その方が親しみやすいかもしれないですね」

とーやま校長「いいですか、花綸先生で」

宮脇先生「はい!」


ここからは“宮脇先生”改め、“花綸先生”で!


20190808_sol04.jpg



とーやま校長「さっきは5歳のときに『海外版の剣道だから、フェンシングでいいだろ』っていうぐらいのノリで(笑)始まった結果、いまはフェンシング日本代表?」

花綸先生「そうです!」

とーやま校長「2020年まで1年を切ってるじゃないですか。ここに向けて花綸先生は、いまどのような状態なんですか?」

花綸先生「まず日本の代表として出られるように、いま選考レースを1年かけて戦ってるってところです」

とーやま校長「1年!? 1年かけてずっとプレッシャーと戦い続けるって半端じゃなくないですか?」

花綸先生「半端ないですね。いまちょっと苦しいというか、思ったようにいかない部分もあるので、ちょうど折り返しなんですけど。後半戦がんばるぞっていう時期ですね」

とーやま校長「気持ちを抜くところと、グッと入れるところって、切り替えるのか、常にその状態でいられるのか…どうされてるんですか?」

花綸先生「休みとそうじゃない時期がはっきりしていて、いま夏休みなんですけど、わりとまとまって1か月とか取れるので、そういうときはバーッと休んで、またチームの練習が始まったらガッツリやるっていうメリハリがついてます」

とーやま校長「SCHOOL OF LOCK! 的には、秋から受験のシーズンが始まって、でもまだまだ部活やらなきゃいけない、秋冬までとか。そうなると勉強と部活の両立がなかなかできないという生徒もたくさんいるんですけど、花綸先生的にはキッパリ分けて」

花綸先生「時間ごとにちゃんと区切るとか、そういうハッキリした切り替えがないとなかなか心の整理がつかないと思いますね」

とーやま校長「それはいろいろ試した結果、花綸先生はこの方法がいいと行きついた感じですか? けっこう試行錯誤されたんですか?」

花綸先生「はい。ずっと練習ばっかやってたようなときも、小さいころはあったんですけど、どうしても遊びたいとか友達との時間を大切にしたいっていう風になっちゃって」

とーやま校長「ミステリーの本もいっぱい読みたいですしね」

花綸先生「(笑)読みたいんですよ。練習の質も落ちちゃうともったいないので、練習の質を上げるためにも自分の時間を取るっていうのは、自分に合ってるのかな」


20190808_sol05.jpg
20190808_sol13.jpg



とーやま校長「実際に金メダル獲られたりとかされてるわけですけど、順風満帆でないときもあったわけじゃないですか。ここ乗り越えられるのかな私、っていう瞬間もありました?」

花綸先生「スポーツなんて1人しか勝者がいない世界ですから、大会に出たらほぼ負けですよね、1位以外は。っていう意味だと、もう挫折、挫折。大変なことの連続ですね」

とーやま校長「何度か、何度もあったと思うんですけど、どうやってここまでたどり着いてるんですか?」

花綸先生「一番大きなきっかけは、フェンシングでオリンピックで日本人として初めてメダルを獲った太田雄貴さんと出会ったことですね」

とーやま校長「それはいつぐらい?」

花綸先生「高校1年の冬だったんですけど、私はそのときちゃんと学校に行って勉強もしてたし、このまま薬学部とかに行って普通の人生を送ってもいいなって思ってたんですね。フェンシングの選手って日本一になってもちゃんと食べていけるかもわからない、ハイリスクローリターンな世界だと思ってたんで、なかなか自分の中で踏ん切りがつかなかったんですよ。けどその時に太田さんに会っていきなり『オリンピックでメダルを獲るためにはどうしたらいいか』みたいなことを、ワーってマシンガントークで」

とーやま校長「いきなりトップギアで来た?」

花綸先生「はい(笑)。前提はそこからなんだ、って思ったんですけど、そのときに予定表を書かされたんですよ。“4年後・8年後にオリンピックがあるけど、そのときにどうしたいのか”っていうのを最初に書いて、そのあとに“1年後・半年後・1か月後、どういう自分でいたいの?”とか全部書かされて。赤ペンでチェック入れて、そのためにはどうしたらいいのかっていうことを、ワーッとやらされて。そのときに『こういう風にして夢って叶えるんだな』っていうのを教えてもらって。1か月後までにこういうことをしたいとか、小さな目標を達成していくと自分の自信になるし、ちょっとフェンシングがんばろうって思うと、ちょっと結果がついてきて、応援してくれる人も増えてっていういい循環ができたので、そのときが私の人生のターニングポイントかなって思います」

とーやま校長「話を聞いて、実際にやってみようって思ったわけじゃないですか。それもすごいなって思ったんですよ」

花綸先生「太田さんの説得力ですよね。この人はメダルを獲るべくして獲ったんだなっていうのは、すごく思ったっていうか。逆にここまでしないとメダルって獲れないんだなっていう、熱量や真剣さみたいなものを感じました」


♪ 閃光少女 / 東京事変


とーやま校長「これは花綸先生の好きな曲なんですか?」

花綸先生「そうですね。あと、試合の日にいつも聴いてる曲なんですよ」

とーやま校長「試合の前?」

花綸先生「そうです、ウォーミングアップとか」

とーやま校長「なぜこの曲を選ぶんですか?」

花綸先生「今日この瞬間が輝いてたら最高! みたいな曲なんですけど、私の試合に対する価値観とか、私にとって大事な日で、この一瞬で自分を出し切ってみんなの目に映って輝くって思ってるんで、それがすごく合ってるなとテンションを上げるために」

とーやま校長「林檎先生はそれ知らないんですか?」

花綸先生「一度違う機会でこの話をしたことがあって、権利の関係で、事務所を通じて椎名林檎さんに聞いたんで、たぶん知ってるのかな……」

とーやま校長「林檎先生! お久しぶりです! うちの宮脇花綸が言ってるんで」

あしざわ教頭「“うちの”って言うな! 急に“うちの”にするな(笑)」

とーやま校長「(笑)亀田誠治師匠もこれ聞いたらうれしいはずですよ」


20190808_sol06.jpg
20190808_sol21.jpg



今夜は夢の応援授業 Supported by マイナビ
ここで電話をつないだのは…青春野郎 東京都 15歳 男性
高校1年生です。
RN 青春野郎の“夢”とは…?


青春野郎「僕の夢は、国内ドームツアーやアリーナツアーをするような、最終的には日本武道館でライブをするような、プロのミュージシャンになることです」

とーやま校長「でかい! このでっかい夢、まず素晴らしくないですか?」

花綸先生「ここまで具体的におっきな夢を言えるってすごいですね」

とーやま校長「この夢を持ったきっかけとかあるの?」

青春野郎「きっかけは中2のときに、僕の家庭が気まずくなっちゃって、両親と関係があやふやになっちゃった時期があったんですね。家族と距離を置くってことで児童相談所とかに行ってた時期もあって。僕が中学2年のときに学校に行きたいって言い出して、祖父母の家に引っ越すことになって。祖父母の家は同じ市内だったので転校はなくて、新しい場所とかそういう不安とかはなかったんですけど、家庭内のことでもやつきとか、あと新入生が入ってくるじゃないですか。そこで不安になってモヤモヤしてた時期、ふとテレビをつけたときにたまたまMrs. GREEN APPLE先生の『StaRt』が流れていて。そのとき僕は、めっちゃいい曲だなって思って。歌詞は抽象的なことばっかりなのに、なんかグサグサと心に沁みてくなと感動して。そこから音楽バカになっちゃって」

とーやま校長「出会うべくして出会ったんだね。そういうもんだよな、たぶん。最終的には日本武道館 でライブをやりたいというミュージシャンの夢を持ったわけだけども、いま不安なこととか花綸先生にこんなこと聞いてみたいとかあるか?」

青春野郎「僕、高校に入ってからギターを弾き始めたんですよ。吹奏楽とか小さい頃からギターとかベースとかピアノを弾いてるよっていう、周りのライバルがいるわけですよ。他の才能とか、僕そういうのを気にしちゃうんですよ」

とーやま校長「他の人の才能ってこと?」

青春野郎「そうですね。僕、高校から始めたばっかなんで、まだ至らない部分があって」

とーやま校長「周りと比べると、自分はまだまだだなって思ってしまうことが多いってこと?」

青春野郎「そうです」

花綸先生「周りを見たら、自分より才能あるなとか上手いなとか、うらやましいなって人はキリがないぐらいいるわけですよ。生まれ持ったものとか何かに出会う時期とか、自分じゃどうしようもないこともたくさんあるし、それを恨むっていうか後悔することもあるかもしれないけど、でも自分にだって才能が全くゼロってことはないと思ってるんですよね。自分にもいいところっていうのは絶対ひとつは見つかるだろうし、だったらそれを信じて自分の武器にして、心の支えにしてがんばるのが、それを好きだってことなんじゃないかなって、すごく思うんですよね」


20190808_sol07.jpg



とーやま校長「青春野郎の周りに楽器をやってるやつがいっぱいいて、そいつに全部で勝つ必要はないってことですよね」

花綸先生「全くないですよね。自分の中の、ひとつでも“らしさ”っていうのがあれば、オールマイティーじゃなくても、何か自分の武器が、これっていう色が出せれば全然いいんじゃないかなって」

とーやま校長「それを青春野郎はすぐ見つかるかもしれないし、ちょっと時間かかるかもしれないけど、自分だけのものを探しさえすればたぶん大丈夫なんじゃない?」

青春野郎「そういう考えを今までしてこなかったので、勉強になりました」

とーやま校長「何より世界を目指している花綸先生が言ってくれていることだから、おそらく間違いはないはずよ」

青春野郎「ありがとうございます!」

とーやま校長「いつかミセス先生のような大きな音を届けてほしいと思ってる。そのときはSCHOOL OF LOCK! に遊びに来てね」

青春野郎「わかりました、ぜひ行きます!」

とーやま校長「待ってる!」


20190808_sol14.jpg



とーやま校長「さっきは5000円あったらミステリーの小説でしたっけ。その次、2位に欲しいものは?」

花綸先生「ボードゲームです」

とーやま校長「ボードゲーム!(笑)」

あしざわ教頭「かわいらしい!」


20190808_sol26.jpg





10代限定! 声の甲子園! ラジオドラマの主人公発掘プロジェクトきみのこえがききたい。

月、火、水、木の4話で完結するラジオドラマの主演をこの学校から選ばれた生徒が、週替わりで務めます。

今週の主演は、
RN 座布団 千葉県 15歳 男性
RN あやと 兵庫県 14歳 女性
の2人!!

今日お送りする話は、<西部劇編 第4話>


RN 座布団、そしてRN あやと、4日間ありがとう、お疲れさま!


引き続き、ラジオドラマの主演を務めてくれる生徒を募集しています!
サイトにアップされている脚本に合わせて「Eggs Voice」というアプリから、君の声を送ってきてください!

<⇒特設サイトは【コチラ】!


みんなから投票してもらったグランドチャンピオン大会の結果は、明日のSCHOOL OF LOCK! FRIDAYで発表するぞ!お楽しみに!




20190808_sol16.jpg
20190808_sol23.jpg



今夜はフェンシング日本代表・宮脇花綸先生とお届け!
夢の応援授業 Supported by マイナビ

逆電をした生徒、掲示板に書き込んでくれた生徒の中から、合わせて10人に夢の応援資金としてクオカード5000円分をプレゼント!


とーやま校長「花綸先生は5000円があると、ミステリーの本、そして2番手としてボードゲームが欲しい。さっきちょろっとだけボードゲームのお話を聞いたら、めちゃめちゃ詳しいんですね」

花綸先生「チームメイトでいろんなボードゲームをやってるので、カフェとか行ったりして」

とーやま校長「移動もしなくていいし、その場でできるから体力も使うこともなく」

花綸先生「みんなでわいわいコミュニケーションをとって楽しめるんで、古典的ですけどいいですよね」

とーやま校長「ちなみに今の花綸先生のおすすめ、10代のみんなにこれおもしろいよ、っていうのはありますか?」

花綸先生「みんなでやるなら『タイムボム』っていう、1000円ぐらいで売ってるんですけど、人狼系のゲームでお互いをだまし合うのがおもしろくて。あとは『スキップボー』っていう、これはカードゲームなんですけど、UNOみたいな感じでみんなでさくっとルールをおぼえてできるんで」

とーやま校長「めちゃめちゃお詳しいですよね」

あしざわ教頭「どんどん出てくるじゃないですか!」

とーやま校長「30分番組とかやった方がいいですよ!」

花綸先生「できますよ!」

とーやま校長『宮脇花綸のボードゲーム万歳』っていう」

あしざわ教頭「すごいざっくりとした名前だけど(笑)」

とーやま校長「TOKYO FMでやった方がいいですよ!」

花綸先生「お願いします!」

とーやま校長・あしざわ教頭「(笑)」

とーやま校長「いくらでも紹介できますもんね」

花綸先生「今週はこれ、みたいな」

あしざわ教頭「めっちゃいいな! やっていきましょうよ」

とーやま校長「動画も上げていきたいよね、チームのみなさんと一緒に」


20190808_sol08.jpg





僕の将来の夢は水族館の飼育員になる事です!多くの人に魚の美しさを知って欲しいです!
焼き魚くん
男性/17歳/沖縄県
2019-08-08 22:50




花綸先生「素晴らしいですね!」

とーやま校長「自分がやりたいってことよりもたぶん、人に知ってほしいっていうのが原動力の夢っていうのは素晴らしくないですか?」

花綸先生「自分がそう感じたことを共有したいっていう気持ちがあるのは、強いですよね。具体的に内容が決まってて」

とーやま校長「つらいときこそ誰かが喜んでくれるっていうので、がんばれることもたくさんあるでしょうし。で、ラジオネームが焼き魚くん

あしざわ教頭「確かにね(笑)」

とーやま校長「取り出して結果、焼いちゃう(笑)」

あしざわ教頭「力に変えてるのかな(笑)」



夢!!
自分は建築士になりたい!
誰もが温もりを感じて、誰もが“ここだったら安心する”
と思える家や、どんな人でも守れて、どんな人でも使いやすい建物を自分で作りたい!!だから、建築士になりたい!!
すいー副会長
女性/16歳/兵庫県
2019-08-08 22:14




花綸先生「スポーツ選手って自分のためにやってる職業なんで、他人のために、しかも形に残るものを提供する職業ってのは、私としても憧れがありますね。素晴らしいなって思います」



将来の夢
将来の夢は音楽のアーティストになる事です。自分の作る曲によって一人でも多くの人に笑顔や自信をあげる事です!
あと、お母さんの誕生日に自分のライブ会場の最前列のチケットをプレゼントすることです!
先生、筆圧強すぎます!
女性/14歳/大分県
2019-08-08 22:49




花綸先生「かっこいい!」

あしざわ教頭「花綸先生は、試合にお母さまお父さまは来てくださるんですか?」

花綸先生「2人ともフェンシングが好きなので来てくれるんですけど…、スポーツ選手あるあるだと思うんですけど、親がいると結果が出ないっていうのがあるんで、あんまり視界には入ってほしくないな(笑)」

あしざわ教頭「複雑ですね(笑)」

とーやま校長「悲しいなぁ、親御さんもそれはそれで(笑)。こそっと行くことがいいのかな」

花綸先生「こそっといてほしいです」




僕の夢は鉄道の保守員になること。
鉄道を利用してくれる方々に安心で快適な鉄道の旅をあたえられたらなとおもっています。

しかし、今は部活や勉強など忙しく、さらに、自分には自信があまりないので、達成できるか不安です。どうすれば自信をもてるのですか?
ミネズミ
男性/16歳/熊本県
2019-08-08 22:16




花綸先生「私の自信の持ち方は、目標の前に、思い描いた通りの準備をして試合に臨むこと。それともう1つは、世の中に100%とか絶対っていうのは存在しないですよね。だけど1%でも90%でも可能性があったら、その可能性を自分で信じる。で、やるっていうのは、私の自信の持ち方ですね」

とーやま校長「花綸先生って22歳ですよね? 人生何回かやってる?

あしざわ教頭「(笑)」

花綸先生「2周目かもしれないですね(笑)」

とーやま校長「自分でも思わないですか?」

花綸先生「いや、思わないです(笑)」

とーやま校長「思っていいですよ。1つずつ、核心があると思うんですよ、お話を聞いていて」

あしざわ教頭「迷いがないですよね」

とーやま校長「自覚とかあります?」

花綸先生早くからスポーツに出会って、自分の中で葛藤を何回もしてきたんで、ある程度みんなが通るような悩みは私自身も経験して乗り越えてきてるんで、それに対するアドバイスっていうのはちょっとでもできるのかなって思いますけど」

とーやま校長「強い言葉を持つとか、経験をたくさんすることは本当に大事だなと思いまして、いまの花綸先生のお話を聞いて」


20190808_sol09.jpg



ここで電話をつないだのは…さいあじ 山口県 16歳 男性
現在高校1年生です。


とーやま校長「夏休みはどんな感じ?」

さいあじ「夏休みは部活や勉強で忙しいです」

とーやま校長「さいあじはどんな夢を持ってる?」

さいあじ「フェンシングと近代五種で日本代表になることです」

花綸先生「すごいですね!」

とーやま校長「直の後輩ですよ」

あしざわ教頭「現れましたね(笑)」

花綸先生「こんなことがあるとは」

とーやま校長「いまは部活、何部?」

さいあじ「フェンシング部です」

とーやま校長「出た!」

あしざわ教頭「まさに、だ!」

花綸先生「おー!」

とーやま校長「フェンシングには3種類あるって言ってたけど、さいあじは何やってるの?」

さいあじ「エペです」

とーやま校長「エペってどれでしたっけ」

花綸先生「全身を突くやつです。近代五種もエペなので、たぶんそれでエペやってるんだと思います」

とーやま校長「いつからフェンシングはやってるの?」

さいあじ「今年4月からやってます」

とーやま校長「きっかけはなんだったの?」

さいあじ「近代五種をやりたくて」

とーやま校長「近代五種って他に何があるんだっけ?」

さいあじ「馬術と、レーザーランと言って射撃とランニングを繰り返すやつと、水泳ですね」

※近代五種…1人の選手が1日で、フェンシング、水泳、馬術、レーザーラン(射撃、ラン)に挑戦する複合競技。“キング・オブ・スポーツ”とも呼ばれている。


とーやま校長「めちゃめちゃハードっすね、これ!」

さいあじ「あとフェンシングで、2012年ロンドンオリンピックで、太田さんが逆転で銀メダルを獲った試合をテレビで見てたから」

花綸先生「そのとき見てました、現地で」

とーやま校長「現地で!? 花綸先生、そのロンドンオリンピックの太田さんの試合はどうでした?」

花綸先生「私ももう無理かなと思ったときに逆転したんで、会場がめちゃめちゃ盛り上がって、スポーツの良さってこういうところなんだなっていうのを、肌で感じました」


20190808_sol10.jpg



とーやま校長「俺も頭の中に映像が出てきた。鳥肌が立った、思い出して」

あしざわ教頭「気迫がすごかったもんな、あのとき…」

とーやま校長「さいあじはいま高校1年生で、高校に入ってからフェンシングを始めて、日本代表を目指してるわけでしょ? なんかあるか? まぁあるか、悩みとか不安は」

さいあじ「自分の高校のフェンシング部の部員が1人です」

あしざわ教頭「全体合わせて1人しかいないってこと?」

さいあじ「そうですね」

とーやま校長「先輩とかいなかったの?」

さいあじ「先輩は今年6月まで3人いらっしゃったんですけど、引退してしまって」

とーやま校長「1人であることでいろいろ大変なことがあるだろうけど、例えばどういうところが大変?」

さいあじ「ファイティングって言って、2人でフェンシングやるじゃないですか。試合形式の練習ができないっていうのがあります」

とーやま校長「ふだん練習とかどうしてるの?」

さいあじ「週に3〜4回、コーチやクラブの方が来てくれて、練習を一緒にしてくださるんですけど」

とーやま校長「じゃあつきっきりの常駐の顧問の先生はいないってこと?」

さいあじ「顧問の先生は初心者の方です」

あしざわ教頭「そうか、その人は知ってる(詳しい)わけじゃないのか」

とーやま校長「コーチは週3〜4で来てくれる。それ以外は1人ってこと?」

さいあじ「そうです」

とーやま校長「練習のメニューは自分で考えてるの?」

さいあじ「自分で考えて、鏡を見て姿勢を確認したり、動きの練習をしたりしてます」

とーやま校長「その練習は、自分ではちゃんとできてるなって感じ? それとも、これでいいのかなって思っちゃったりする?」

さいあじ「1人なので、仲間とかいないので、怠けてしまってダラダラした練習になってしまうときが時々あるんで、仲間がほしいですね」

花綸先生「1人で練習って相当つらいっていうか、毎日やると頭おかしくなっちゃう。それが大変なことだと思うんだよね。2つ、こうしたらいいんじゃないかなって思う方法があって。1つ目は、顧問の先生がいるんだったら、顧問の先生に合図を出してもらったり、ゲーム感覚の練習というか。顧問の先生が投げたボールを、ファントっていうフェンシング用語なんですけど、攻撃するような動作を取りに行く練習だったり、顧問の先生が合図した方向にダッシュするような練習だったり。楽しんで練習ができるようなゲームっぽいやつを、先生に合図を出してもらいながらやる

とーやま校長「ちゃんとお話しして、これやってもらっていいですかって言って」

花綸先生「やっぱり人と一緒に楽しんでやる練習の方が自分も集中できるから。もう1つは、自分に合ってるかわかんないような不安な練習をするよりかは、ランニングとか筋トレとか、1人の時間を大切にするような練習で基礎体力を上げる。そういうフィジカルな部分っていうのは、フェンシングだけじゃなくて近代五種のランだったりとか馬術だったりとか、全部のスポーツに大事な部分だと思うから、決してこのフェンシングの練習だけをやんなきゃいけないってわけじゃないと思う。今日はコーチがいないからランニングしようって練習でも、アリだと私は思います」


20190808_sol11.jpg



さいあじ「ありがとうございます!」

とーやま校長「どうよ、この花綸パイセンのアドバイスを聞いて」

さいあじ「すごくありがたいですね」

とーやま校長「いまのだけで相当自信ついた感じしない?」

さいあじ「そうですね、不安があったんですけど、いまの言葉を聞いて自信がつきました」

とーやま校長「よかった! いつか花綸先生とおんなじ会場で試合することもあるでしょうし」

花綸先生「あります、エペと一緒の試合もあります」

とーやま校長「そうなったらどうする、さいあじ?」

さいあじ「最高の想いですね」

花綸先生「それを楽しみに待ってます!」

さいあじ「ありがとうございます! がんばります!」

とーやま校長「さいあじ、がんばれ!」

さいあじ「がんばります!」


♪ ありふれた魔法 / そらる


20190808_sol12.jpg




結果発表
課題を潰そうとしたところ、
内容が気になりすぎて手が動かず、校長・教頭の話が面白すぎて手が動かず、宮脇さんのお話がタメになりすぎて手が動かず、
結局終わらせるどころか進みませんでした笑
でも進路に迷ってる自分からしたら得でしかなかったし、参考になるところも多かったので、今回は問題ナシ!!!
明日からは課題を潰しながら聴くぞーーー
ムラカミ!!
女性/16歳/熊本県
2019-08-08 23:45




今夜もそろそろ黒板のお時間です。
もちろん宮脇花綸先生に書いていただきます。


20190808_sol24.jpg
20190808_sol18.jpg

『 Fencing For Fun! 』


花綸先生「もちろん結果とか勝つってことも、フェンシングとかスポーツでは大事なんですけど、何よりもまず自分が楽しんでやらないと始まらない。自分がそれを好きで楽しむっていう気持ちを一番に、大事にするっていう言葉です。これはきっと誰にでも通じる言葉だと思うし、“Music For Fun!”だったり“Radio For Fun!”だったり、みんなが好きなものを楽しむことを大事にしてほしいっていう意味を込めて、この言葉にしました」


♪ Dream Fighter / Perfume


とーやま校長「花綸先生の素敵な言葉、黒板、気持ちに触発されてなのか、今日はみんなの夢を掲示板に書いてもらってるんですけど、すごく多くてですね」




私の夢は、農業者になりたいです。今の子供たちは野菜の好き嫌いが多いので自分なりに濃度の高い甘い野菜を作り皆にたべてもらいたいです。
何でも、夢を叶えるためには計画は必要ですか?
ランニングソーム
男性/17歳/山形県
2019-08-08 22:21





将来の夢
俺はトラックの運転手になりたいです。
よくニュースや新聞でトラックの運転手が減少していることや高齢化に関して聞きます。
若い人材不足とイメージが悪いとか。
車の免許に関しても法が変わって、普通車、準中型、中型、大型と段階が昔と比べて増えた事も関係してる感じもします。
日本の物流を止めない為にもトラックの運転手になって頑張りたい。
生徒のみんなも使ってる文具や本、スポーツ物品。
その他に趣味に関する物や家電、食料など全て輸送している方々のおかげで生活出来てるんだと思います。
輸送関係でお勤めの皆さん。
いつもありがとうございます。
北斗のタケノリ
男性/14歳/北海道
2019-08-08 23:42




花綸先生「未来が明るいですね! これだけ夢がある若者が多かったら」

とーやま校長「その先に花綸先生がいてくれるっていうのが、今日すごく形になって見えた気がしてですね、SCHOOL OF LOCK! としてもありがとうございます。何より、来年ね! 東京オリンピック!」

花綸先生みなさんにいい報告ができるように、私もがんばります!

とーやま校長「応援してます!」

花綸先生「ありがとうございます!!」

とーやま校長「『花綸のボードゲーム万歳』が実現することを願ってます」


20190808_sol19.jpg

宮脇花綸先生、来年の活躍も期待しています!
また生放送教室に遊びに来てくださいね!


20190808_sol25.jpg
20190808_sol27.jpg




★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【クオカード当選者】

Mrs.けやきの中のしろくま 東京都 13歳 女性
さいあじ 山口県 16歳 男性
憂鬱なミッキーマウス 北海道 14歳 男性
マヤカ 東京都 16歳 女性
世界始と欅坂への愛が止まらない 愛知県 15歳 女性
青春野郎 東京都 15歳 男性
トレインド 千葉県 18歳 男性
ジョイスアンダーソン 東京都 17歳 男性
RAMUNE 福井県 18歳 女性
ミネズミ 熊本県 16歳 男性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【逆電リスナー】
青春野郎 東京都 15歳 男性
さいあじ 山口県 16歳 男性

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

【オンエアリスト】
22:06 銀河高速 / ハンブレッダーズ
22:29 Pianoforte Monologue / 桜内梨子(CV.逢田梨香子)
22:40 閃光少女 / 東京事変
22:51 StaRt /  Mrs.GREEN APPLE
23:14 トーキョーゲットー / Eve
23:18 悪役のはなし / あるくとーーふ
23:20 グッバイ来世でまた会おう / カモシタサラ
23:22 Raisins / 玉名ラーメン
23:44 ありふれた魔法 / そらる
23:48 Dream Fighter / Perfume
23:53 閃光少女 / 東京事変

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

花綸先生のすべてが力強かった…!東京五輪へ向けて、全力応援!

校長のとーやま

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

花綸先生の試合絶対応援するわ!!

教頭のあしざわ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

*最 新 記 事*

バックナンバー

*カ レ ン ダ ー*

<   2019年8月   >
MonTueWedThuFriSatSun
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031