GIRLS LOCKS! 最後の授業!

SCHOOL OF LOCK!

この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年4月2日(木)PM 10:00 まで



ひかる「SCHOOL OF LOCK! の女子クラス!GIRLS LOCKS! 4週目担当!盒兇劼るです!」

ひかる「はぁ〜、ついについに、この日が来てしまいました…。本日をもって、私、盒兇劼るは、SCHOOL OF LOCK! の女子クラスを卒業します…。そして、私の卒業を持って、SCHOOL OF LOCK! の女子クラスは終了します…。私がGIRLS LOCKS! 最後の卒業生になることになりました…。えっと、初めて私が卒業したのは…。あははっ、登校したのはですね。相変わらずダメだ。2018年の4月なんですけど…。えっとね…、私、すごくラジオが結構好きで、ラジオできるっていうのがすごく嬉しくて…。で、SCHOOL OF LOCK!…、登校する前に知って、たくさん聞かせてもらったんですけど…。すごく、何て言うか…、生徒のみんなに寄り添ったラジオで、私もやっぱり学生だったんで、当時。今、卒業しちゃったけど。なんかすごくパワーをもらえるし、頑張ろうって思えるし…。なんか寄り添った授業と、校長と教頭がすごくあたたかくて、なんて素敵なラジオなんだろう、と思って…。GIRLSの授業もすごく元気もらえるし。

元々でも、広瀬すずちゃんとか、永野芽郁ちゃんのGIRLSを私、元々聞いてたので、改めてSCHOOL OF LOCK!を聞いて、なんかすごく…、なんか改めて素敵だなって思ったんですけど…。なんか自分が女子クラスに登校するっていうのは、すごく緊張しましたし、やっぱり歴代の方々がすごく名だたる方々が担当してきたクラスだったので、すごく緊張したし…。私、しゃべるのすごい好きなんですよ。でも、ラジオってなった途端に全然うまくしゃべれなくて、何しゃべったらいいかわかんないし、すごく緊張したけど…。でも逆電した時とかに、すごくみんながあたたかくて、職員の皆さんもすごくあたたかくて…。すごく毎回登校するのが楽しみでしたし、みんなと会えるのがすごく嬉しかったし…、毎月楽しみで、すごく嬉しかったです。こんな心の拠り所があるっていうのは、すごい幸せなことだなーって思ったし…。すごくいい経験をさせてもらえたなって思ってます。」

SCHOOL OF LOCK!


ひかる「最近ずっと考えてて、SCHOOL OF LOCK!で得たこと、学んだことってなんだろうって思った時に、未来の鍵を握る学校じゃないですか、SCHOOL OF LOCK! って。でも未来の鍵って、私が思ったのは、たぶん自分自身だと思ったんですね、私の場合は。みんなが鍵で、自分自身が。私が鍵なんですよ、だから。私だったら。その中に何か鍵が眠ってて、自分の中に。例えば私だったら…、自分らしさ、がすごく鍵になったなって思ったんです。今までラジオやってきて、最初はすごく自分らしさが全然出せなくて、誰のラジオなの、これは?って感じだったんですけど。最近だと、あるきっかけがあって、すごく自分らしく、みんなと一緒に授業ができるようになって。私のね、今年の目標は自分らしく生きるっていうことがテーマなんですけど。自分らしく生きることが、私の人生を切り開いていく鍵になったと思ったので。その鍵を見つけることができる学校だなって、すごい思ったんですよ。

色んな講師の方々がいて、色んな話を聞いて、自分自身を見つめることができて。そしてね、時間帯も、学校とかってさ、普通だったら、お昼間じゃん。じゃなくて、この深い時間だからこそ、ふと思いついたりとか、考えることもたくさんあると思うんですよ。だからこそ、何ていうか、この学校で得たことを聞き終わった後とかに、じっくり考えてみて欲しいし。考える時間、時間って本当に無限じゃないからこそ、大切にしていきたいなって思うし、みんなにも大切にしてもらえたらなって思うので…。みんなには後悔してもらいたくないし、私も後悔したくないし。ホンマに一度きりの人生やから、もう本当に自分は自分。人は人。自分の人生を強く歩んでいきたいし、もう突っ張っていこうと言うか…、もう突っ張っていこーー!ってことで、この曲を選びました。是非みんなに届いたらなと思います!」


M. デイズ  /  KALMA


ひかる「お届けしているのは『KALMA』の『デイズ』です。」

ひかる「この曲はですね、もうね、私ずっと探してたんですよ。この最後の授業に何を流そうかなと思って。なんかね、本当にね、すごい青くさくて、すごい素敵な曲なんですよ。サビに入る前の歌詞がすごい好きで、『人は人 自分は自分 誰のマネもすんな!』って。もうホンマにその通りやし。私って、私自身がすごい人の影響を受けやすくて…。まっすぐいけることがすごい難しくて…。曲がっちゃうことばっかりで…。こんな自分がみんなに授業してるのが…、申し訳ないくらいなんやけど…。でも…、だからこそ、こうやって思ってるからこそ…、まっすぐ伝えたいなって…、今、思ったことを思ったので…。みんなにはまっすぐ生きて欲しいし。でも曲がってることが悪いことじゃないと思うので、自分らしく、まっすぐ夢を持っていってもらえたらなって思います!時には曲がってもいいからねっ!」

ひかる「今年の3月に私は高校卒業しまして。そして女子クラスも卒業させていただくことになりました。新しい世界に飛び出すことになるんですけど…。本当にこの女子クラスの最後の卒業生が私で本当にいいのかなって思うんですけど…。でもすごく楽しい2年間でした…。本当にありがとうございました…。ホンマに不安なことばっかりやし、今、生きてても、何があるかわかんないじゃん、だって!今もコロナで大変なことになってたりとかさ。世の中何が起こるかわかんないけど、でもそれも、全部エネルギーにして、エンジンにして、もう突っ走って行けるぐらい強い人間になりたいし…。こんな本当に、今日は泣くつもりじゃなかったのに、みんなごめんね…。なんか泣いてる人がペラペラ喋ってさ。でも心は笑ってるんで、そこんとこよろしくお願いします。みんなもね、泣きたい時は泣いていいんだよ!って言いたい!私は普段、あんま最近泣かないから…。すごい不思議な気持ちです…。」

SCHOOL OF LOCK!


ひかる「最後に女子クラスで同じ時間を過ごしてくれた生徒のみんなに向けて、久々の黒板を書きたいと思います!」

SCHOOL OF LOCK!


ひかる「よし!書けました!…読みます!」

ひかる「『未来の鍵はすぐそばにある』!」。

SCHOOL OF LOCK!


ひかる「このメッセージの意味はですね、さっきも言ったみたいに、鍵は自分なんですよ。自分で見つけるしかないし、誰も見つけてくれない。自分で探さなきゃ、誰もね、見つけてないし…。まあ当たり前なんだけどさ、だからこそ、自分ってなんなのかって。自分嫌いな人多いと思うけど、そんな人いないと思うんです。じゃなかったら、今生きてないと思うんです。自分の生きる気力なんて、自分が嫌いだったら、本当だったらないし。てことはきっと本当はみんなは、自分のことがどっかで好きなところ、必ずあるはずなんです。だから自分が嫌いな人は、自分の好きなところを見つけるところから始めてみたらいいと思うし、みんなが自分が大好きになれたらいいなって思ってます!みんながこれからも、楽しい未来が待ってること祈ってます!」

ひかる「私の授業はここまでです!2年間本当にありがとうございました!そしてこれからもよろしくお願いします!…みんな本当にありがとうございました!楽しい2年間ありがとうございました!GIRLS LOCKS! 4週目担当!盒兇劼るでした!」

SCHOOL OF LOCK!


この後記の放送を聴く

聴取期限 2020年4月2日(木)PM 10:00 まで

髙橋ひかるのGIRLS LOCKS!

もっと見る

教室一覧

ページトップへ戻る