Mommy’s CONNECTION

アトピー性皮膚炎、最新事情。

Mommy’s CONNECTION / 2017.11.21 update

今日、皮膚科医・友利先生にお伺いしたテーマはアトピー性皮膚炎、最新事情。

Q:そもそも、なぜアトピー性皮膚炎になってしまうのですか?
A:諸説ありますが、昔はアトピーはアレルギーから起こっているとされていましたが、最新では、アレルギーの体質はあったとしても、皮膚のバリア機能を正常に保てないことがアトピー性皮膚炎をおこしてくるということがわかっているので、ある程度バリア機能を維持するのが大事になってきます。保湿をするというのが大事というのはわかっています。アトピーの定義は、慢性的に炎症が続くということ。一過性ではアトピーとは言えないんです。ただ、治療としては一過性でも長期になっても、やり方としては同じなので、まずは診断も大事ですが、どうやって治療していくか予防していくが、大事になってきます。

Q:今、新しい治療薬はでているのでしょうか?
A:大人用には新しい薬はどんどんでてきていますが、赤ちゃんに使うものはやはりステロイド。なんとなく怖い…という風に言われていますが、飲み薬のステロイドはいろんな副作用があるのは事実ですが、塗り薬のステロイドは、皆さんが思っているほど、怖いものではありません。逆にステロイドで炎症を抑えず放置していくことがその後の炎症につながっていくので、ステロイドを塗って行くというのは大事です。

昔はピンポイントで塗って、なくなったらヤメテクダサイと言われていたと思いますが、今は、プロアクティブ療法と言われていますが、患部だけではなく、もし肘にあるのであれば腕全体にステロイドと保湿剤を塗って行く。なくなっても、全身に塗って徐々にそれを減らしていくのがとられています。「全身に塗る?」と怖がるかもしれませんが、その方が再発率が低いとなっているので、全体にしっかり塗っていくのが大事だということがわかっています。

Q:アトピーにまだかかっていない子の予防は?
A:一番はやはり「保湿」バリア機能が壊れていたらそこに炎症がおきてしまいます。バリア機能が保たれるのは、皮脂分泌がしっかりあるということ。皮膚の上をコーティングして皮膚を守ってくれている。子どもたちは、そもそも皮脂分泌がなかったり少なかったりするので、保湿をしなければむき出しになってしまう。アトピーの子は、さらに乾燥がすすんでいたり、元々バリア機能が低いので、保湿してバリアしてあげないといけないので、常にむき出しになってしまうので、まずは第一に「保湿」です!

ちなみに食べ物の中でも言われているのが、良質なオイル。そういったものをあげること。授乳中にはお母さんがしっかりとるなども大事になっていきます。



「Mommy’s CONNECTION」
働くママから、プレママまで、日々がんばるママと赤ちゃんにおくる「Mommy’s CONNECTION」。皮膚科・内科の医師であり、二児のママでもあり、さらに、赤ちゃんのためのスキンケアシリーズ「メディスキンベビー」を開発、(株)「メディスキン」代表取締役としても活躍する、友利新先生と毎週火曜日お届けしていきます!


※子育てについてのお悩み、相談はコチラからお待ちしています!
  • mixiでシェアする

Page TOP