ON AIR BLOG

平井大の「オールタイムプレイリスト」

ON AIR BLOG / 2018.07.10 update

アーティストやクリエイターが普段どんな曲をどんな時に聞いているか、その方のプレイリストをのぞき聴き「LISTEN! MY PLAYLIST」。今日は、平井大さんが担当!

平井大の「オールタイムプレイリスト」
いつ聴いても気分が良い、気持ちがいい曲を選びました!

♫ Ambrosia「Biggest Part of Me 」
移動中とかにずーっと聴いています。もともと70年代のカリフォルニアで結成されたバンドで西海岸の気持ちいファンクとロック。その時代の一番気持ちいい部分が要素として入っていると思います。

♫ Eric Clapton「I shot the sheriff」
歌詞の内容はヘヴィーで、その当時の人種問題をピックアップしていたりする曲。もともとはボブマーリーの曲なんですがなぜエリッククラプトンのバージョンを選んだかというとボブマーリーのレゲエ気持ちいのリズムと、クラプトンのブルースやロックのミクスチャー具合が気持ちよくて、このバージョンをピックアップさせていただきました。ヘヴィな曲って、敷居が高くなっちゃうけど、もっとラフに、ファッショナブルに聴けたらいいなと思って僕のアルバムでもカヴァーしました。後世に残していけたらと思います。

♫ Kacey Musgraves「 High Horse 」
彼女はカントリーなシンガーなんですけど、これはめちゃめちゃポップな曲。ジャンルな枠組みってなくなってきていて、それってすごくポジティブなことだと思う。EDM系のアーティストがフォークな曲をやったり、彼女のように、アコースティックベースなミュージシャンが、ポップな曲やって打ち込み入れて見たり音楽の可能性が広がるような時代に突入している肌感覚もありつつ、この曲を選ばさせてもらいました。


▶ ニューアルバム「WAVE on WAVES」発売中

平井大
  • mixiでシェアする

Page TOP