ON AIR BLOG

毎日新聞 PRESENTS NEWS CONNECTION。

ON AIR BLOG / 2018.09.26 update

「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤社長が月旅行を実現する!?そんな気になるニュースについて、このコーナー、サイエンスニュース担当、毎日新聞専門編集委員・青野由利さんに解説していただきました。

Q:各方面で、話題になっているニュースですね!
A:宇宙ベンチャー企業のスペースX社が、初めての月旅行客に、日本人の前澤友作さんを選んだと発表しました。前澤さんは、ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの社長で、42歳。

Q:そもそも「スペースX社」とはどんな会社なんですか?
A:スペースX社は、起業家のイーロン・マスクさんが設立した会社。以前は、国が行ってきたロケットや宇宙船の開発・打ち上げをビジネスとして行う民間企業。これまでに、再利用できるロケット「ファルコン9」や、大型衛星が打ち上げられる「ファルコン・ヘビー」の開発に成功、国際宇宙ステーションに宇宙飛行士を送る宇宙船の開発も進める。

Q:月旅行の第一号は、もう決まっているんですか?
A:月旅行の第一号は、開発中の次世代ロケット「ビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)」で打ち上げるとのこと。BFRは全長118メートルの再利用可能なロケット。ゆくゆくは火星にも人を送り込みたいというのが彼らの計画。

Q:前澤さんの月旅行は、2023年を予定してますよね?
A:はい。打ち上げ後、上段の宇宙船部分を切り離し、月に向かう軌道に乗せる。3日目に月の近くに到達し、月の裏側を回って、「地球の出」を見て、6日目に地上に帰還する。Apollo 13 の軌道と似た軌道で、全旅程は5日間23時間。

Q:確か、月に人類が行くのは、1970年代のアポロ計画以来なのでは?
A;半世紀たった。1968年〜1972年の間に、24人が月に向かい、そのうち半数が月の表面に降り立った。(当時はサターンロケット)前澤さんは月には着陸しないが、月の裏側を見ることができる。

*前澤さん。6人から8人のアーティストを同行することも発表。
*宇宙から月を見たミュージシャンはどんな曲を書くんだろう?
  • mixiでシェアする

Page TOP