ON AIR BLOG

FUJI ROCKで海外の人と仲良くなれるフレーズ!

ON AIR BLOG / 2019.07.26 update
null

ECC WEEKEND CONNECTION!

今日から3日間、始まりましたね!
何が?・・・もちろん「FUJI ROCK FESTIVAL '19」です!!

今ちょうど向かっているよ〜とか、もう苗場にいる!という人もいるでしょうし、
明日から行く!という人も、
今年は行けない!行ってる人いいな、羨ましいな〜!!
とオフィスでお仕事をしている人もたくさんいると思います。
そんな人は出演アーティストたちの曲を聴いて、
少しでもフジロック気分を味わっていきましょう!

フジロックも今回で23回目。
最近海外からの来場者が増え、海外フジロックファンが盛り上がってきています。
会場にいると、隣で踊っていた海外の人と一緒にお酒を飲んだり
会話が生まれるなんていうことも日常茶飯事。
一期一会の出会い、せっかくならスムーズに会話して仲良くなりたいですよね。

というわけで今日はフジロックはもちろん、
フェスの会場で出会った海外の人とグッと仲良くなれる英語のフレーズを
お勉強してみたいと思います。

今日はこのあともトーム・ヨークや
THE CHEMICAL BROTHERSなど盛りだくさんですが、
明日、7月27日(土)には
ラブコネでも度々注目してきたこの方がヘッドライナーとして登場します。

そう、SIA

null

今回のフジロックヘッドライナーの発表で
みなさんが一番驚いたのはSIAではないでしょうか。
今やポップ・シーンに欠かせない存在!
オーストラリア・アデレイド出身のシンガーソングライターSIA。
今回、「SIAとしては」初来日。

初フジロックでヘッドライナー。
フジロックで女性アーティストのヘッドライナーはビョーク以来2人目だそうです!

「SIAとしては初来日」、と言ったのは、
実は彼女「ZERO7(ゼロセブン)」というバンドの一員として
2004年にレッドマーキーに出演しているんです。
この時はまだ彼女個人は無名で、顔出しもしていました。
15年後にSIAとしてヘッドライナーで帰ってきてくれたのは感慨深い!
 
アーティスト写真で紙袋をかぶったり、前髪を覆ったりと顔を露出しないことで知られる彼女。
2015年の『第57回グラミー賞』でも背中を向けたままパフォーマンスをし、話題になりました。
果たしてフジではどんなステージを魅せてくれるのでしょうか?
楽しみですね〜!

そして28日、日曜日の最終日のヘッドライナーはThe Cure。
JASON MRAZのステージもあります。
昨年10年ぶりに復活し話題となったELLEGARDENや
怒髪天、銀杏BOYZ、EGO-WRAPPIN'、never young beach
など日本のロックバンドも豪華!

あー、今すぐ、魂だけでも苗場に飛ばしたい〜!!

さて、そんな贅沢なアーティストたちの演奏を聴きながら
大自然の中で飲み、食べ、踊れるのがフジロックのいいところ。

音楽を聴きながら、隣で踊ってる海外の人と目が合ってニッコリ。
フジロックあるあるです。
今日はそんな時「こんな言葉が言えたらいいな」というフレーズをお勉強します。

「一緒に一杯やらないかい?」
「Do you wanna grab a drink together?」

せっかく目が合ったのだから、これも一つの出会い。
仲良くなれたら嬉しいけど、なんて言えばいい?
そんな時はこんな風に言ってみましょう。

ナンパフレーズにもなりうるので、是非、
ライブの最中でも余韻の中でも、
最高だね!→「It's great! 」
なんていいライブなんだ!→「What a cool show!」
なんて分かち合える会話をしてから、
喜び相まっていっぱい飲む!?というテンションになった!というイメージで!

「grab a drink」は直訳すると「飲み物を掴む」ですが、grabには「(飲食物を)急いで取る」という意味もあります。
飲みに行こうよ!を「Let's go grab a drink!」と言ったりして
普段から飲みのシーンでよく使うフレーズ!

「Do you wanna grab a drink?」 
一杯やる?という定型文に、一緒に、の togetherをつけて
「Do you wanna grab a drink together?」と言ってみましょう。
ここではwant toよりwannaと発音するほうがピッタリです。

もしもOKをもらえたら、
飲食ブースまで一緒に買いに行きビールなんか買って。想像だけで楽しいですね。
せっかくだからこんなことも言ってみたい!

「Cheers to FUJI ROCK! and to meeting you!」

「FUJI ROCKに、そしてあなたとの出会いに乾杯!」そんな意味です。

Cheers to の後に乾杯をしたいことを言えばいくらでも応用可能!

「Cheers to FUJI ROCK」→フジロックに乾杯
「and to meeting you!」→そしてあなたに会えたことにもね!

という感じがご機嫌でいいのではないかと!

さて、乾杯はしたもののなんとなくこのままお別れは寂しい。
連絡先を聞きたいな〜。次はそんな時に言いたいフレーズです。

「連絡先を交換しませんか?」
「How can I get in touch with you?」

単刀直入ですが、勇気を出して言ってみたい言葉。

連絡を取る、ということを、「get in touch」と言います。
触れる...って感じがしますね(笑)
けどちゃんとマナーのあるフレーズだから大丈夫!

「How can I 」→どうやって私は〜できますか?
「get in touch」→連絡を取ること
「with you」→あなたと

さらに、じゃあ今日の記念に一緒に写真を撮ろう。となって、 
SNSでも繋がりたいなと思ったら、

「Do you use Facebook?」→「フェイスブックはやってる?」
と聞いてみてもいいかも。
「Are you on Facebook?」と聞いてもいいでしょう。
ツイッターやインスタグラムも同じフレーズでOK!

そして撮った写真を「タグ付けしてもいいかな?」と聞く時は、
「Can I tag you in this picture? 」でOK!

ここまででマナーも楽しみも 一連の流れとしてバッチリ。
フェス後も友達として繋がれますね!

<フォリランをチェック!>
こんな風に日常的に使ってみたい英語のフレーズや、もっと英語を気軽に楽しみたい!という方、ECCのポータルサイト「ECCフォリラン!」をチェックしてみてくださいね。

<募集!>
みなさんからの英語にまつわるメッセージもお待ちしています!このイベントに行ってみたいけど、そんな時使えそうな英語ってある?など、こちらから教えてくださいね。
  • mixiでシェアする

Page TOP