ON AIR BLOG

Filmarks「初日満足度ランキング」から読み解く注目作品!

ON AIR BLOG / 2019.07.23 update


話題の作品から名作まで、心に残る映画を様々な視点で紹介していく「シネマコネクション」。
今日は、映画とドラマのレビューサービス「Filmarks」から、
プロデューサーの渡辺さん、広報の斉藤さんをお迎えしました。

Filmarksが毎週月曜日に発表している「初日満足度ランキング」。
このランキングとレビューから、注目作品を読み解いていきます。

『存在のない子供たち』
最新(7月3週目)の初日満足度No1作品!

レバノンに生まれた少年・ゼイン。
学校にも行けずに働く彼が、12歳にして両親を訴える...。
実話を元に、フィクションを混ぜつつもドキュメントタッチで描かれています。

「主演の演技がすごい」
「自分の身近ではない出来事を考えさせられた」
とのレビューが寄せられています。

『バジュランギおじさんと、小さな迷子』
1月第4週の初日満足度No1&上半期のミニシアター部門No1!

パキスタンの少女・シャヒーダー。インドで母親とはぐれてしまうが、
お人よしのインド人の青年・パワンと2人で国に帰るため国境越えを目指す。
現実では緊張感のある2ヶ国ですが、
この作品は非常に暖かい、メッセージ溢れる作品になっているとのこと。

「シャヒーダーがかわいい」
「今年ナンバーワン!」
というレビューが寄せられています。

***

みなさんもぜひチェックしてみてください!
そして、素敵な作品に出会ったらぜひFilmarksでレビューを書いてみてくださいね。
  • mixiでシェアする

Page TOP