ON AIR BLOG

マリンスポーツで使える英語のフレーズ!

ON AIR BLOG / 2019.08.09 update
null

ECC WEEKEND CONNECTION!

もうすぐお盆休み!
明日から18日の日曜日まで9連休を取ってるという人も
多いみたいですね。

ようやくやってくる大人の夏休み。
今年は夏がやってくるのが遅かったので、思い切り「夏遊び」したい!
となるとやっぱり、!!

「お盆を超えると海はクラゲが出ちゃう」って言いますよね。
お盆休みを過ぎて「今年海行ってないじゃん!でももうクラゲが…」って
ガッカリしたりすることも。

これ事実なのかな?と調べたところ、実際にこの時期を超えると
「アンドンクラゲ」という種類のクラゲの被害が増えてしまうそう。
正確には数が増えるわけじゃなく、
小さかった子供のクラゲが成長して大人になってしまうため
刺される機会が多くなっちゃうんですね。

クラゲにおびえず海に行くなら今がチャンス!
ということで今日は、「最新マリンスポーツ」を紹介しつつ、
「海で使える英会話」をお勉強してみたいと思います。

マリンスポーツといえばサーフィンやバナナボートなどを思い浮かべますが
最近は色々と新しい種類のアクティビティが登場しています。

その中でも人気が高いのが「SUP(サップ)」!

null

「SUP」の正式名称は「スタンドアップパドルサーフィン」。
サーフィンの種類の一つですが、本家よりもずっと初心者向き。
安定感抜群の浮力のある専用ボードを使うことで簡単に立つことができ、
パドルで漕ぎながら水上を移動したり波乗りを楽しんだりする
ハワイ発祥のウォータースポーツなんです。

ボードに安定感があるので、座ったり寝そべったり、
ライフジャケットを着て小さな子どもと二人乗りすることだってできます。

透明度の高い海であれば、水中を泳ぐ魚を見下ろしながら水中散歩。
これだけでも最高なんですが、パドリングによる全身運動が
ダイエットに最適なんだとか。
気持ちよく安全にエクササイズできるので女性に大人気!

さて、女性にとって海水浴で気になるのはなんといっても「日焼け」。
こんがり焼きたいという人もいるかもしれませんが
「絶対に日焼けをしたくない」という人もいますよね。

例えば海でこんなフレーズを言う機会もあるのでは?

「日焼け対策グッズ、忘れないでね!」
「Don't forget to bring your sun protection!」

sun protection、日焼け対策用品のこと。
塗る日焼け止めだけじゃなくて帽子やサングラス、傘、服装も入ります。

じゃあ塗る日焼け止めはなんというかというと、sunscreen。
太陽光を遮るスクリーンてことですね。

で、欧米人の肌が白い方々は日に焼けるということに関する価値観が、
日本の我々とはちょっと違います。
「白すぎてイヤだわ!」とむしろ日焼けを楽しむ文化もあるし、
同時に白い肌は皮膚ガンにもなりやすいらしくしっかり保護もする。
という文化背景も抑えつつ、もう一つ違いを覚えておきたいのが、

suntan と sunburnの違い!
suntanは日焼けをして肌の色が変わること。
Nice suntan!なんて褒め言葉としても使う時があります。

一方sunburnは赤くヒリヒリと痛くなっちゃうやけどみたいな炎症を伴う日焼けのこと。
burnって「焼ける、焦げる」なんて意味もあるくらいだから、
ニュアンス違い、わかりやすいかと!

いずれにしても、この夏、
「Don't forget 」忘れないでね
「to bring」持って来ることを
「your sun protection」日焼け止め対策グッズを

と会話の中で使ってみてね!

さてお次に紹介するマリンスポーツは「フライボード」。

null

簡単に言うと、足下に取り付けた水上バイクから水を噴射し、
水圧で空中に浮かび上がるスポーツ。
2012年にフランスで生まれたウォーターアクティビティだそうです。

浮かび上がるだけでなく、360度ターンをキメたりと上級者はトリックも。
ちょっと難しそうですが上手にできたら空を飛ぶような気持ちよさがありそう。
運動神経に自信がある方、チャレンジしてみては?

さて、マリンスポーツの初心者さんや泳げない人は
ついつい怖くて上級者の人の腕にすがってしまいますよね。
お次はこんなフレーズです。

「絶対に手を離さないでね!」
「Never let go of my hands!」

よく知られたlet it goのように、letの目的語が代名詞の場合は
この型になりますが、それ以外では、let go+目的語の型もありです。
let go だけでも、「手放す」という意味がありますが、握っているものを
放すという意味では、let go ofを使うのが一般的です。

なので、
Never let go of my hands!

ウォータースキーやジェットスキーに挑む前に、友達に叫んでみてね(笑)!


<フォリランをチェック!>
こんな風に日常的に使ってみたい英語のフレーズや、もっと英語を気軽に楽しみたい!という方、ECCのポータルサイト「ECCフォリラン!」をチェックしてみてくださいね。

<募集!>
みなさんからの英語にまつわるメッセージもお待ちしています!このイベントに行ってみたいけど、そんな時使えそうな英語ってある?など、こちらから教えてくださいね。
  • mixiでシェアする

Page TOP