ON AIR BLOG

キャンプで使える英語のフレーズ!

ON AIR BLOG / 2019.11.08 update
null

ECC WEEKEND CONNECTION!

秋が深まってきました。
もうあと半月もすればすぐに寒い気候になってしまいます。
この行楽シーズンに行きたいのが「キャンプ」!!
「秋キャンプ」は涼しい、虫が少ない、あんまり混雑もしない、
と良いことだらけ。
しかも今なら紅葉も楽しみながらキャンプができる絶好の季節です。

キャンプというと、みんなでワイワイなイメージがありますよね。
大人数で行って、みんなでテント張って、
みんなで料理作って、みんなで寝袋並べて寝て。

でも最近は、たった一人で行く「おひとり様キャンプ」、
いわゆる「ソロキャン」が流行っているんです!

null

現在、毎週金曜日にテレビ東京で放映されているドラマ
「ひとりキャンプで食って寝る」。ご存じでしょうか。
タイトルどおり「ひとりキャンプ」、ソロキャンがテーマのドラマです。

主演は三浦貴大さんと夏帆さん。
ソロキャンなのに2人主演がいるの?と思いますよね。
実はこのドラマ、隔週で主人公が変わるという斬新なスタイルなんです。
奇数話は三浦貴大さん、偶数話は夏帆さん。
それぞれが気の赴くままにソロキャンを楽しむわけですが、
特にフィーチャーされているのがキャンプの醍醐味でもある「食事」!

自然に分け入って自ら獲った食材を使った料理、
缶詰など身近な物を使ったアレンジ料理などが続々登場。
キャンプが好きな人、これから行ってみたい人にとって参考になること間違いナシです。
本日金曜の深夜0時52分から放送していますので、ぜひ見てみてください。

さて、ドラマになるほど流行しているソロキャンプ。
秋のキャンプは確かに気持ちいいですが、
朝晩は冬のように冷え込むので気をつけなければいけません。
風邪をひかないよう、防寒具や服装などは万全に!
というわけで最初のフレーズはこちら。


「秋のキャンプは朝晩が冷え込みます」
「In autumn camping, it gets chilly in the morning and evening.」

In autumn camping, 秋のキャンプは
It gets chilly 冷え込みます
in the morning and evening. 朝晩は

という表現ですが、今日のポイント、冷える、の表現はいくつかあります!
寒さのグラデーション!

gets cool 涼しくなる 快適な感じの気温です
gets chilly 冷え込む  寒さを感じて重ね着したくなる感じです
gets cold 寒くなる   冬場のように気温が低いということです

chilly はあまり耳慣れしてないかもですね?
a little をつければ、
it's getting a little chilly、ちょっと肌寒くなってきたね!
なんて、秋からも使えるフレーズです。

ただのchilly だと、冬の朝など、よりきりっとした寒さを表現するフレーズになる。
寒さのグラデーションとして、使いこなしてくださいね!

さて、流行中のソロキャン。
芸人のヒロシさんもYoutubeで「ソロキャンプ動画」を挙げて人気を集めています。

null

もともとキャンプが好きだったというヒロシさんがソロキャンにハマった理由、
それは「圧倒的な自由」だそう。

「好きなテントを好きな場所に張って、
好きなときに好きなものを食べて、眠くなったら寝る。
誰にも邪魔されず、誰にも左右されず、自分ですべて意思決定ができるんです。
こんなに全てを自分で決められるタイミングは、実生活だと意外にない。」

・・・そう言われると確かにそうかも!

ちなみに、ヒロシさんがおススメするソロキャン必須道具は

 崗s」の「B-6君」という焚き火台
◆DDHammocks」のハンモック
「créer」のテント用 LEDランタン

の3つ。
あとは実際にキャンプに行きながら、これが必要だなと思うものを
自分で追加していくのが良いようです。
「道具を悩みながら買う」のもキャンプの大切な楽しみの一つだそう!

どうです?
ソロキャン、やってみたくなりました?

でも、キャンプといえばやっぱり大人数で・・・
みんなでワイワイ、キャッキャしながら・・・
女性だし、一人はさすがにコワい・・・
わかります、わかります。

やっぱり誰かを誘いたい!という方のために、
お次はこんなフレーズです。

「一緒にキャンプに行こうよ!」
「Why don't we go camping?」

まず皆さんLet’sを使った、Let's go camping!
を思い浮かべませんでした? 

今回は、Why don't we 〜? の使い方を覚えたいと想います!
これ、○○しようよ!という、お誘いのフレーズ、よく使います!

ただ、最後に「?」がついてるから、
正確な日本語訳は「キャンプ行かない?」になりますが...
ニュアンスとしては、「キャンプに行こうよ」のあとに「?」がついて
控えめな感じになります!

「キャンプ行こうよー?」

お誘いフレーズですね!
もしこれが「Why don't you 〜?」 だとしたら「Why don't you go camping?」
あなたはキャンプに行ったらどう?
と提案のフレーズになるところ、
Why don't ''we'' になってるから、「一緒に」っていうことが伝わります。

そして、Why don't we 〜? のあとにつけるものを変えればもちろん応用も利きます。

Why don't we go grab a drink and talk a lot more?
「飲みに行こうよ、そしてもっと話そうよ」なんてお誘いにもよく使う!

ご活用ください!

<フォリランをチェック!>
こんな風に日常的に使ってみたい英語のフレーズや、もっと英語を気軽に楽しみたい!という方、ECCのポータルサイト「ECCフォリラン!」をチェックしてみてくださいね。

<募集!>
みなさんからの英語にまつわるメッセージもお待ちしています!このイベントに行ってみたいけど、そんな時使えそうな英語ってある?など、こちらから教えてくださいね。z)
  • mixiでシェアする

Page TOP