ON AIR BLOG

毎日新聞 NEWS CONNECITION

ON AIR BLOG / 2019.11.27 update
毎日新聞 PRESENTS NEWS CONNECTION。

今日は、毎日新聞・編成編集局次長 塚田健太さん とお送りしました。
今日は、話題の経営統合に関するお話。

A スマホ関連のネットワークサービスを展開しているヤフーとLINEの
 経営統合が発表されました。LOVEさんはどちらか利用されていますか?

Q どちらもかなり利用させていただいてます。
 どちらも日本で大きなシェアを持っていますよね。

A 無料でメッセージをやり取りできるLINEは、若い人にとって手放せないツールです。
 ヤフーも日本の検索サービスの草分けで、名前はだれでも知っていると思います。

Q なぜ、経営統合することになったのですか。

A 日本発、アジア発のITプラットフォーマーを目指すためです。

Q プラットフォーマーは、最近よく聞く言葉ですが、どういった意味なんでしょう。

A サイトの検索や通信販売、SNS、金融サービスといった、
 インターネット関連のサービスを提供するシステムのことをプラットフォームと呼びます。  
 プラットフォームから、ネットサービスを展開するIT企業のことを
 プラットフォーマーと言います。

Q ということは、統合するとヤフーとLINEも、プラットフォーマーになるんですね。

A LINEの無料通信アプリは、国内だけで8200万人が利用しています。
 ヤフーも約6700万人にサービスを提供しています。
 統合すれば、年間の売り上げはライバル楽天の1兆1000億円を抜く、
 約1兆2000億円となり、国内の主要なネット関連企業でトップ。
 日本有数のプラットフォーマーになると考えられます。
Q 世界で台頭しているのは、GAFA(ガーファ)という企業なんですよね。
 こちらにも対抗できそうですね。

A そこが問題です。アメリカのグーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルを総称した
「GAFA(ガーファ)」や、急成長してきた中国勢のバイドゥ、アリババ、テンセントの
「BAT(バット)」には、規模や利益、研究開発投資などで大きな差を付けられています。
 年間売上高で見るとアップルが30兆円、アマゾン25兆円、グーグル15兆円と
 桁違いです。
 巨大な資金力で量子コンピューターまで開発するGAFAの背中を追うのは
 簡単ではありません。

Q 日本一でも世界では弱者なんですね。はたして、生き残れるのでしょうか。

A 通販やオークションといったヤフーの多様なサービスと、
 アジアに持つLINEの顧客基盤をうまく生かせるかが鍵です。
 LINEの利用者は国内だけでなく、台湾2100万人、タイ4500万人、
 インドネシア1600万人――とアジアに広がっています。
 LINEの出沢剛(いでざわたけし)社長は
 「アジアでシェアを取り、世界に挑戦したい」と発言しており、
 ヤフーとの統合をその布石にしたい考えです。

Q 利用者にはどのような変化がありそうですか。

A 両社が進めようとしている新たなサービスの目玉が「スーパーアプリ」です。
 スマホのアプリはサービスごとに分かれていますが、ヘビーユーザーになるほど、
 新たなサービスを利用するためにアプリをダウンロードするのが面倒になったり、
 パスワードが分からなくなったりという問題が出てきます。
 スーパーアプリは、あらゆるネットサービスをいちいちダウンロードせずに
 利用できるようにするアプリです。パスワードも一つですみます。
 ヤフーはペイペイをスーパーアプリにしたい考えで、LINEユーザーを取り込めれば、
 日本、アジアではGAFAに対抗できるかもしれません。

Q ペイペイさえ入れておけばあらゆるサービスを利用できるようになるんですね。
 便利になりますが、個人情報もまとめて管理されそうですね。

A セキュリティー対策が甘ければ、大規模な情報流出が起きかねません。
 個人情報の分析の行き過ぎで、プライバシーを侵害する恐れもあります。
 経営統合で大きくなる分、責任も重くなることをしっかり自覚してほしいですね。



毎日新聞・塚田さんの解説でした!ありがとうございました。
  • mixiでシェアする

Page TOP