ON AIR BLOG

石崎ひゅーいさんの「春のまどろみの中で聴きたくなる曲」

ON AIR BLOG / 2020.03.19 update
null
アーティストやクリエイターが、普段どんな曲をどんな時に聞いているかプレイリストをのぞき聴き「LISTEN! MY PLAY LIST!」。今日は石崎ひゅーいさんが担当!

 石崎ひゅーいさんの「春のまどろみの中で聴きたくなる曲」
まどろみというと、ちょっと眠かったらぼんやりすることをまどろみというんですけど。春になるといつもより眠くなるのが人間だと思うんですけどそんな時に一緒に聞ける曲、ぴったりな曲をプレイリストにしたい思って選びました。

♫ 井上陽水「長い坂の絵のフレーム」
この季節になると僕も公園に一人で行ったり、本を読んだり、当てもなく散歩に行くんですけど、そんな時に一番聞いている曲です。
皆さんもこの曲を聴いて心が少し、春に馴染むといいなと思い選びました。春という季節は歌を作る人にとってとても制作意欲が湧く季節だと思っています。

♫ ルイス・キャパルディ「フォーエバー」
春という季節は節目の季節なのかなと感じます。学校だったり社会だったり、恋愛とかもなぜか重なってくる季節だと思うんですけど、この曲はまさに失恋のことを歌った曲で、非常に切ない。

♫ 菅田将暉「クローバー」 
この曲は僕が菅田くんに書き下ろしさせていただいた曲なんですけど、僕と菅田くんが初めてスタジオに入った時に聴いてもらった曲で。クローバーは春から夏にかけた開花する草で。日陰にあるクローバーの方が四つ葉になる可能性が高いと言われているんです。僕が描きたかったのは四つ葉というのは幸せというか特別な意味を持つ気がしていて。そういったスペシャルなものは、陽のあたっていないところに隠れているのでは?ということを歌った曲です。

 
<インフォメーション>
・5th Single 「パレード」2020.3.11 Release
 
  • mixiでシェアする

Page TOP