ON AIR BLOG

自分のためにお花を。

ON AIR BLOG / 2020.03.26 update
null
日々の生活をより楽しく、豊かにするためのアイディアをお届けする「LIFESTYLE CONNECTION」。

今日は花と緑でお客様に「感動」をとどける第一園芸から、広報の、石川 恵子さんをお招きしました。たくさんのフラワーギフトを持ってきてくださった石川さん。スタジオがいい香り〜でした。

Q:カラフルな季節になってきたように思う春です。この時期オススメのお花ってどんなものでしょう?
A:お花屋さんで買えるものでしたら、「桜」「ラナンキュラス」「チューリップ」「フリージア」「スズラン」「バラ」など。

「桜」
花屋では年明けから出回り始めます。ケイオウザクラなどから始まり、さまざまな品種が次々と出ます。こんなご時世なのでお部屋でお花見を楽しむつもりで、1本だけさりげなく生けるのも素敵ですし、大きな枝をたくさん飾ってみるのも華やかでいいですね。

「ラナンキュラス」
ここ最近、さまざまな色や形の花をした品種が増えています。共通しているのは花びらが薄く、枚数が多いのが特徴。一見するとバラに見間違えるような花もあります。5月ぐらいまでしか出回らないので、ぜひこの時季に。

「チューリップ」
冬から4月頃までが旬です。こちらも様々な色と形があります。一般的な赤や黄色のチューリップも可愛いのですが、八重咲きの華やかなものや、黒に近い花色なども大人っぽくておすすめです。

「フリージア」
香りが素晴らしい花です。こちらも4月ぐらいまでが旬です。

「バラ」
バラは特に種類が豊富で、毎年1万種を超える品種が流通しています。花屋さんをちょくちょく見ていれば、珍しいバラに出会えることもありますので、そんな時はまずは1輪買ってみてください。

Q:お部屋に飾ると気分がよくなるお花は?
A:色や香りが好みのお花がおすすめです。「桜」「イブピアッチェ(バラ)」「フリージア」などはいかがでしょうか。桜は香りはほとんど感じませんが、室内でお花見気分が楽しめます。切り花でも葉桜になりますので、長く楽しめるのもポイント。イブピアッチェやフリージアはルームフレグランス替わりになるぐらい強い香りが魅力です。

Q:部屋に上手に花を取り入れる方法は?
A:気負わずに試してみてください。花びんはグラスや空き瓶など身近にあるもので。そしてお気に入りのお花屋さんを見つけると、お花はもっと身近に楽しくなります。まずは気になったお花を1本買ってみてください。飾る場所はダイニングテーブルの上もよいですが、私のおすすめは洗面台の近くやトイレです。
こういった場所はお花とじっくり向き合えるので、よりお花が面白く感じていただけるかと思います。

お花が一輪でもあるだけで、部屋の印象、そして心の気分が変わってきますよね。桜、ラナンキュラス、チューリップ、フリージア、バラ・・・そして、実際お花屋さんでみて気になったお花をぜひ買ってみてください。
  • mixiでシェアする

Page TOP