ON AIR BLOG

ECC フォリランをチェック!

ON AIR BLOG / 2020.04.03 update
null
4月最初の金曜日。
新入学、新学期、新社会人・・・気持ちも新たに、
新年度がスタートした方も多い季節ですが、
新しいことを始めようと決意している方も多いですよね。

そんな時は、学びのチャンスです!
今日はいつもこのコーナーの最後にお知らせをしている、
ECCのフォリラン!から英語のお勉強をしてみましょう!

色々なテーマがアップされている「フォリラン」ですが、
たとえば、こんなテーマがあります。

英語と間違えやすいカタカナ表記!スマホやガソリンスタンドは英語でなんて言う?

外国の方との会話の中で、いつも使っている言葉を
ついつい言ってしまうことありませんか?
これ、なかなか通じないのが事実!

では、スマホを英語にすると?
スマホは"smartphone"をからきた和製英語ですが、
英語圏ではガラケーやスマホで区別せずにアメリカでは
“cell phone”、イギリスでは“mobile (phone)”と呼ぶことが多いんです。

では、仕事の話をするときにも出てきそうな
「ノートパソコン」を英語にすると?

折り畳みのパソコンのことは、"laptop (computer)"と言います。
"lap"は「膝」の意味で、膝の上に置けるサイズのノートパソコンを指して使います。
"computer"は付けなくても伝わります。

さらに、ファッションに関わるカタカナ表記も紹介されています。
ファッションには英語以外の言語が元になったカタカナが多いため、
通じなかったり間違った解釈をされたりします。

例えば、「パーカー」を英語にすると?
トレーナーにフードが付いた上着は"hoodie"と言います。
パーカーの元となっている"parka"はフード付きの
ダウンコートのような防寒着を指す単語です。

さらに、サンダルを英語にすると
サンダルは英語でも日本語と同じく"sandals"と言いますが、
ビーチサンダルは"flip-flops"と言うので、間違えないように注意が必要です。

「コンセント」を英語にすると?
穴の方を"outlet"もしくは"socket"、電化製品の挿す方を"plug"と言います。
さらに詳しく分けると"outlet"は電気の出口となる壁にある四角い部分で、
"socket"は穴そのものを指します。consentと言うと「同意、承諾」という意味になります。

null
さらにもうひとつ、今日紹介したい面白いテーマがありました。こちら。
「SNSで英会話の勉強!積極的に投稿・コメントして英語をアウトプットしよう」

頑張って英会話を学習していても、
「英会話を練習する相手が身近にいない」、
「覚えた英語表現を使う機会がない」という方もいるのではないでしょうか。

たとえ目の前に英会話の相手がいなくても、
インターネットで世界中とつながっているこの時代、
身に付けた英会話をアウトプットするチャンスはたくさんあります。
そんな風に、フォリランでは紹介されています。

例えば、ネイティブがSNSで使う英語。
これを知っておくと、“一歩進んだ人”という感じ。

例えば、YASS
これで、"YASS!"(やったー!)と、意味しています。
"Yes"や"Yeah!"に代わるSNSでの表現方法です。
大文字・小文字両方で使えますが、
大文字の方が目立つのでより喜びが強調されて伝わります。
また、Aの数は1つ、Sの数は2つが基本ですが、
"YAAAASSSSSS!!!!"(やったーーー!)のように、
長くすることで強調することも可能です。

他にも「インスタ映えする」って英語でなんていうかわかりますか?
答えは"Instagrammable"
"Instagram"と"-able"(〜できる、〜に相応しい)を合わせた新語で、
インスタ映えするようなスタイリッシュな場所、
おすすめのスポットに対して使う単語です。

さらに、これも覚えておくとかっこいいかも。
"swag"(イケてる、ヤバい)
元々はスラングとして、若者を中心にアメリカで使われていました。
ヒップホップの歌詞や、芸能人に使用されることからSNSでも人気になったswag。

こんな風にECCフォリランには、まさに使える英語ばかりアップされています。気軽にのぞいてみて、英語の面白さにハマってみてくださいね。

<フォリランをチェック!>
日常的に使ってみたい英語のフレーズや、もっと英語を気軽に楽しみたい!という方、ECCのポータルサイト「ECCフォリラン!」をチェックしてみてくださいね。
  • mixiでシェアする

Page TOP