ON AIR BLOG

歌って覚える英語の勉強!

ON AIR BLOG / 2020.05.15 update
null

「When You Wish upon a Star」の歌詞は?
1940年のディズニー映画『ピノキオ』の主題歌「星に願いを」。
原題は「When You Wish upon a Star」です。

直訳すれば、「星に何かを望むとき」で、
「星に何か願いをかける際に」・・・という歌になるんですね。

サビの部分を翻訳すると?

星に願いをかけるとき
君が誰であろうと違いはない
君のこころが求めるものがどんなものであれ
叶うことでしょう

この4行はふたつの文章からできています。

When you wish upon a star, makes no difference who you are.
Anything your heart desires will come to you.

とても短いけれど、素晴らしい文章です。

Make a differenceはそのまま違いを生む、の意味です。
今回はMakes no differenceなので、何も違いはないよ、
who you are、君が誰であっても、という意味になります。

そしてふたつめの文章の、
Will come to youは叶うことでしょうと訳しましたが、
本来なら叶う、はcome true.
今回のCome to youは、願ったことがあなたの元に訪れることでしょう、
というニュアンス。

より素敵な響きになっています。素晴らしい歌詞ですよね。

null

そしてもう一つは実は「きらきら星」。
実はこの曲18世紀にフランスで作られた曲なんだそうです。
しかも最初は「あのね、ママ聞いてよ」というタイトルでシャンソンだったとか。

ピックアップするのはこのフレーズ。

Twinkle, twinkle, little star
How I wonder what you are.

きらきらひかる おそらのほしよ

この部分です。

ここで注目したいのが、発音の部分。

この曲の“twinkle”の”w”や、”little star”の”r”や”l”など、
日本人が苦手とする発音がたくさん登場します。

LOVEの発音講座的には
聞こえたままを一度、カタカナで書きなおすといいんです。

トュウィンコー トュウィンコー リロースターァ
ハウアイ ワンダー ワッチュウアーァ

からのー

→そもそも日本語で考える「らりるれろ」は英語にない、と思った方が気が楽。
RとLは全く別のもの!

とくにRのほうが巻き舌でむずかしいと思いがちですが、

Lは、Littleのように頭についてLの発音がきれいに出るものと、
Twinkleのようにトィウィコーと Lの音がきれいに出ないものがある。

しっかり使い分けてみてくださいね!


<フォリランをチェック!>
日常的に使ってみたい英語のフレーズや、もっと英語を気軽に楽しみたい!という方、ECCのポータルサイト「ECCフォリラン!」をチェックしてみてくださいね。
  • mixiでシェアする

Page TOP