Every Sunday 12:30-12:55 JFN 38station

LOVE LETTERS 歌詞にこめられた世界を旅します。

2020年6月21日(日)
Post Malone & Swae Lee
Sunflower / Post Malone & Swae Lee

2020年6月21日(日)

「Sunflower」
Post Malone & Swae Lee
2018年に公開した映画『スパイダーマン:スパイダーバース』のために作られたナンバー。映画はアカデミー賞長編アニメーション賞も受賞しました。
歌詞に綴られているのは、もどかしい想いです。
彼女と一緒にいたいけれど、なかなかそうもいかず、ふたりの関係がギスギスしている様子が歌われています。
“オレはいつも 現れてはすぐに出かけてしまう でも それは自分でコントロールできることじゃないんだ”
という歌詞は、助けを求める声が聞こえるとすぐに出かけなければならない、スパイダーマンの心境を歌っているようでもありますよね。
ヒマワリの花には元気で明るいイメージがありますが、この曲では“キミはヒマワリで その愛は重すぎるんだ”と、ネガティブに使われているパートがあります。
常にこっちばかりを見ている彼女が、太陽に向かって花の向きを変えるヒマワリと重なって、ちょっぴり鬱陶しいということなんでしょうね。
でも、“自分がいないと彼女はダメなんだ”とノロケるような歌詞もあって、やはり彼にとってヒマワリのような彼女はポジティブな存在でもあるんでしょうね。
愛とか恋とか、こういう感情は本当に複雑です。
だからこそ、愛の歌がたくさん生まれてくるんですよね。