TOP PAGE

JOURNALTOKYO FM EARTH&HUMAN  CONSCIOUS TOPICS

2008May07

HUMAN CONSCIOUS
1通の手紙からできること 「Think About AIDS」
いじめ。差別。残虐な事件・・・

耳を覆いたくなるようなことが現実の社会で起きています。

こんな時代だからこそ、人間の心を、そして、人と人の関係を見つめなおすことが大切なのではないでしょうか。

ヒューマン・コンシャス〜生命(いのち)を愛し、つながる心

ここで、ヒューマン・コンシャスの趣旨に則り、この6月に行うイベント「ThinkAbout AIDS」をご紹介します。



* * * * * * * * * * * * *


 いま巷で「Living Together 計画」というプロジェクトが広がりを見せています。
HIVを持っている人も、持っていない人も、そして検査をしていないからまだよくわからないという人も、もう既に一緒に生きていることを、リアルに感じてもらいたい。
病気への理解が薄い日本で、HIV/AIDSと共に生きている人(陽性者やその家族・恋人など)の声を何とか届けるために、顔を見せて本音を語ることが難しい当事者に「手紙」を書いてもらい、それを日本中で読んでいこうという壮大なプロジェクトです。
 
 難しい知識からではなく、誰かの思いが詰まった手紙をきっかけに、HIV/AIDSを考えてみる。

 TOKYO FMでは、この手法に共感し、Living Together計画とコラボレーションを展開。この6月にイベントを行います。著名人による手紙の朗読と独り語り、ライブ、HIVを取り巻く現在の状況についてのトークセッションなどを予定しています。
 今回は、前評判が大変高い橋口亮輔監督の最新作『ぐるりのこと。』(主演:リリー・フランキー)をコラボレーションのパートナーとしてお迎えします。この映画は、「うつ病になった妻を支え続け、一緒に生きることを諦めなかった夫の10年を描いたもの。Living Togetherを強く感じさせる仕上がりになっており、一緒に考えていける要素が多いだろうということで、参加を快諾していただきました。

 なお、昨年の12月にも「ThinkAbout AIDS」を行いました。
このときの模様の一部をポッドキャストでお聞きいただけます。ケツメイシRYO、大貫妙子、中嶋朋子、AI、フローラン・ダバディ、中孝介さんにご参加いただきました。
前回の「ThinkAbout AIDS」 ポッドキャストはこちら

日時:2008年6月6日(金) 19時開演
場所:TOKYO FMホール
出演予定:リリー・フランキー、橋口亮輔監督など



→ 過去の記事一覧

TOKYO FM 会社案内 EARTH&HUMAN CONSCIOUS