TOP PAGE

JOURNALTOKYO FM EARTH&HUMAN  CONSCIOUS TOPICS

2014Mar11

HUMAN CONSCIOUS
あの日、ラジオは何を伝えたのか?〜アンパンマンが流れた日〜
東日本大震災から、3年が経ちました。
今年も、TOKYO FMでは、東日本大震災が発生した3月11日を中心に、さまざまな特別番組、特別企画がオンエアされました。
また、これまでも復興の現場を取材した番組は数多くありました。しかし、その時、その瞬間のラジオが何を伝え、どう震災と向き合ったのか、その検証はされないままでした。

かねてから、ラジオは災害の時に強いと言われてきました。また、そのための準備もしてきました。
しかし、実際の災害は、私たちの心構えをはるかに上回る規模でした。果たして、その瞬間に、ラジオには何ができたのか、そしてその後、ラジオは何を伝えたのか。伝えられたのか。

「LOVE&HOPE SPECIAL 
 あの日、ラジオは何を伝えたのか?〜アンパンマンが流れた日〜」。
放送時間: 2014年3月11日(火) 26:00〜27:00


東日本大震災から3年目を迎えた今日、TOKYO FMで、当時を経験していない新入社員の目を通して、振り返っていきたいと思います。

スタジオには、まだ震災のそのとき、リスナーのみなさんからTwitterでいただいたメッセージが張られたままになっています。あの日を忘れないように。ちょっと汚れも目立ってきましたが、そのままにしてあります。



TOKYO FMの震災関連の取り組みについては、こちらをご覧ください。



→ 過去の記事一覧

TOKYO FM 会社案内 EARTH&HUMAN CONSCIOUS