みらい図鑑

VOL.220「おつな」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

東京・世田谷区にある、自家製の「ツナ」を売るお店、「おつな」。

「えごま大葉味噌」、「島唐辛子」、「ポルチーニ」など、
店頭には、12種類の味をまとったツナのビンが並んでいます。

null

「おつな」の店主、関根仁(せきね・ひとし)さんは、もともと小料理屋のオーナー。

その日に残ったマグロで「ツナづくり」を始め、「最高のレシピ」を追求。
ツナ一本で勝負するために、小料理屋を閉めて専門店を立ち上げました。

缶ではなく、透明で見た目にも美しい“瓶詰め”にこだわった関根さんでしたが、
すぐに壁に直面。

瓶詰めの商品を常温で保存したところ、数日と、もたないことが判明したのです。

null

関根さん、当時をこう振り返ります。

「“美味しく作る”ことと、“保存させる”というのは、
また別の問題だっていうことを、わかっていなかったんです。
すごく美味しく作れたんですが、
保存となると全く勉強不足で、最初は、もうひどかったですね。」

その後、海外の商品をヒントに、試行錯誤を繰り返した関根さん。
ついに、マグロのオイル漬けを無添加で、1ヶ月の常温保存を可能にする方法を見つけました。

null

「おつな」のツナづくりは、まず、新鮮なビンチョウマグロの水分と臭みを取る作業から。

そして、特製のスープでじっくりと煮込んでから、水気を切って、味付け。
それぞれのフレーバーによって、様々なハーブやスパイスを使い分けていきます。

最後に、手作業でひとつずつ瓶に詰めてから、
保存のための工程を経て、1週間ほど寝かせれば完成です。

null

多彩なフレーバーならではの、こんな悩みもあるといいます。

「たとえば、わさび、とか。
試食段階ではすごく味しいんですけど、
火を入れると、わさび独特の風味が消えてしまうんですよね。
だから、ツナって簡単なイメージがあるんですが、ぼくのなかでは奥が深いんです。
あきらめずにやっていたら、なんとか出口が見えてきたんですね。」

null

ツナを愛し、瓶詰めのツナにこだわりぬいた関根さんの「おつな」。
いまでは、その味の良さと美しさが評判を呼び、多くの人に愛されています。

「やっぱり、この商品ができたのもぼくひとりではなくて、
まわりの人のつながりがあってできたものだと思っています。
人と人とがつながる、みんながつながる商品だと思って、“おつな”という名前にしています。」

人と人をつなげる、「つな」。
大切な方への贈り物にもぴったりですね。

VOL.219「日本瓦の魅力を伝えるプロダクト」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

見た目の華やかさよりも“渋さ”で勝負の「いぶし銀」。

飽きのこない奥深さが魅力ですが、今回、注目するのは、日本瓦。
酸素に触れさせずに焼き上げることで、
マットで美しい、日本独特の「いぶし銀」という色が生うまれます。

null

日本が誇る瓦の美しい銀色を、世界中の人に知ってもらいたい。

そんな想いから、山梨県に暮らす瓦葺職人のひとりが、
瓦のコーヒードリッパーやマグカップ、アートの置物など、
いぶし銀の焼き物を手掛け、人気を呼んでいます。

「icci KAWARA PRODUCTS(イッチ・カワラ・プロダクツ)」。

瓦ひとすじ100年の会社が、屋根だけでなく身近な製品をつくることで、
瓦の新たな可能性を追求しようと誕生させた瓦ブランドです。

null
null
null

「icci KAWARA PRODUCTS」、代表の一ノ瀬 靖博さんに伺いました。

「若い方たちは、瓦って、屋根に乗っかっているんだよね、ぐらいの感覚しかないので、
まずそれを手にとって、見てもらったり、使ってもらったり、
質感を確かめてもらいたいなと思っています。」

null

当たり前にある建物の一部、「屋根」に目を向けてもらうことが、
そもそも難しいと感じた一ノ瀬さん。

まずは若い人に、瓦ってカッコいいな、と思ってもらいたい。
「icci KAWARA PRODUCTS」の製品には、そんな思いが込められています。

null

22歳で家業を継いだ一ノ瀬さんですが、
あるとき、京都の街並みを見て、
瓦という文化が、日本の歴史にしっかり根付いていることに誇りを感じたといいます。

「瓦の良さっていうのは、やっぱり、日本の景観を作ってきたっていうことじゃないですかね。
まずは、icci KAWARA PRODUCTSの製品を手に取ってもらって、
自分たちが“家を建てたい”と思った時、瓦が身近なものになっていたら、
選択肢の一つになるんじゃないか、そんなことを思っています。」

null

日本が誇る建築資材、「瓦」の魅力を伝えるための橋渡しであるとともに、
新しい可能性の追求の場でもある「icci KAWARA PRODUCTS」。

皆さんの身近なところにも、「いぶし銀」、
ひとつ取り入れてみてはいかがですか?
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 108 | 109 | 110 || Next»