みらい図鑑

VOL.175「越生うちわ」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

埼玉県のほぼ中央にある越生町(おごせまち)。
江戸時代から「うちわ」の生産で有名な地域です。

「越生うちわ」と呼ばれるこのうちわ、
持ち手の部分は平らで、仰ぐ部分が横一文字になるので、一文字うちわとなるのが特徴。

肩の部分から上に高く引っ張り上げて骨を編んでいくのですが、
高く引き上げながら編むことで、貼りが強くなり、強い風が起こせます。

さらに、柿渋を塗り、強度を増したことで、
七輪などのかまどに風を送る“お勝手道具”として、昔から重宝されてきました。

null
null
null
※1950年代の店内

材料となる、竹や紙、いぐさが地域でとれていたことで、生産が盛んになった「越生うちわ」、
明治時代には、1年間に240万本が作られていましたが、
時代の変化とともにそのニーズも減少。

現在、その伝統を受け継いでいるのは、たった1軒だけとなっています。

それが、「うちわ工房・しまの」。
工房では、「オリジナルうちわ作り体験」もおこなっています。

5代目・島野博行(しまの・ひろゆき)さんのお話です。

「自分でデザインして貼り込んだうちわであれば、
うちわのファンになってくれると思ったんですよね。
そのファンづくりの一環として始めたんですよ。」

昔の用途に合わせて強度に特化したものだけでなく、
押し花を入れたり、和紙を貼ったり、、、気に入ったデザインのうちわを作ることで、
愛着がわき、身近において楽しむことができます。
「夏の赤いもみじと緑のもみじ。
押し花を集めまして、それを入れてもらうようにしているんですね。
完成した時は、皆さん、凄くいい顔をされるので、こちらも本当に嬉しいんですね。
そんなことで、ずっと、うちわ貼り体験をしています。」

あおげば風が生まれるのはもちろん、
そこにあるだけで、風を感じることができるのがうちわの魅力。

家にうちわを一本置く。
それだけで、夏の体感温度が変わるかもしれませんね。

VOL.174「交通標識のビンゴカード」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

大切なこととはわかっていても、全て覚えるのは難しい。
それが、道路の交通標識ですよね。

子どもたちに、楽しみながら、学んでもらうことはできないだろうか。
そうやって生まれたのが、交通標識学習の「ビンゴカード」です。

縦5列に横5列。
通常のビンゴは、数字がランダムに並んでいますが、
このビンゴカードには、数字の代わりにさまざまな「交通標識」が並んでいます。

null

「交通標識学習ビンゴカード」を手がけたのは、
名古屋市にある、交通安全や科学を通して文化事業をすすめる会社「広報企画」。
ユニークな視点でイベントの企画をおこなっています。

「広報企画」、小川眞美(おがわ・まみ)さんにお話を伺いました。

「すごくたくさん標識ってあるんですね。
そのうち絶対に知っておいてもらいたい、よく見る標識を70種類使っていて、
それを組み合わせて、ビンゴカードを作りました。
ちょっとゲーム性が高くなると、みなさん、一生懸命、標識を見るんですね。
子どもにしても、大人にしても、こんなに標識を見たことがないっていうぐらい、
楽しみながらやっていただけますね。」

null
null

テーマは、「楽しみながら交通安全」。
教習所の試験にはたくさん出題されますが、ひとつひとつ頭に入れるのが大変な標識。

面白い!と、楽しむことから入れば覚えやすいのでは、との思いから、
イベントや自動車学校で活用されています。


「たとえば、動物が飛び出してくる標識なんかも、地方によって、
タヌキだったり、猿だったりするんですよね。
標識の面白さなんかも知ってもらえるんですよね。
ビンゴで興味を持ってもらうことで、ここにもこんな標識があったのか、
というように道端で見てもらうきっかけになってもらえたらなと思っています。」

null

「ビンゴ」という手段を通してゲーム性を上げることで、
日ごろから標識を一生懸命見るようになり、いつの間にか覚えている・・・。

ゲームに参加して、楽しみながら、交通ルールも学べてしまうこのアイテムは、
ちょっとした仲間内のイベントでも、盛り上がりそうですね。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 85 | 86 | 87 || Next»