みらい図鑑

VOL.253「えらぶ色クレヨン」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

鹿児島県・奄美群島のひとつ、「沖永良部島(おきのえらぶじま)」。

null

地元の方が「えらぶ」と呼ぶ離島で、
島の天然資源だけを使ったクレヨンが作られています。

その名も、「えらぶ色クレヨン」。

null

クレヨンの色素となる島の素材を、
そのまま色のネーミングに採用しているユニークな商品です。

たとえば、島の美しい景観となっている「赤土」、
島で栽培される「島みかん」、特産品の「シマ桑」、「イカ墨」など。

null

島でとれる天然のミツロウと混ぜ合わせて、
ひとつひとつ、丁寧に手づくりされるクレヨンは、まさに、島そのもの。
一色一色に、沖永良部島の魅力がぎゅっと凝縮されています。

null

「えらぶ色クレヨンプロジェクト」、
代表の宮澤夕加里(みやざわ・ゆかり)さんにお話を伺いました。

「えらぶ色クレヨンという名前ですが、
その土地その土地の、“なんとか色クレヨン”ができたら面白いですよね。

この植物で出来ないですか、と聞いていただけたら、試してみたりもできますし、
そうやって、色を増やしていけたら楽しいだろうなと思います。」

null

香りと色で沖永良部を感じられるクレヨンは、
遠方に住む、大切な人へのプレゼントにも喜ばれている、と宮澤さんは語ります。

「ですが、沖永良部も、いま、観光でいらっしゃる方はすごく減っているんですね。
島にいらっしゃる方が遠くにいるお孫さんや友達のお子さんに、
プレゼントとして買っていただくことが多いんですね。

色だけじゃなくて香りもしますので、
遠くにいても、島を感じてもらえたらいいなと思っています。」

null

「えらぶ色クレヨンプロジェクト」では、クレヨンの製造販売以外にも、
クレヨンや、クレヨンに使用する天然顔料を使った、
さまざまなワークショップを開催しています。

null
null
島の素材で作ったクレヨン。
好きな色を”えらぶ”楽しみと、絵を描く喜びは、島の財産ですね。

null

VOL.252「加賀獅子頭」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

石川県・加賀地方に伝わる伝統芸能。
町を上げて繰り広げる豪勢な獅子舞は、
「加賀獅子(かがじし)」、と呼ばれています。

獅子の頭、「獅子頭(ししがしら)」は、町の守り神。
金沢市では、現在も町ごとに獅子頭が大切にされていて、
その数は、優に200以上を超えます。

null
null

獅子頭職人の知田善博(ちだ・よしひろ)さんは、獅子頭を作り続けて40年。

地元の霊峰・白山のふもとに育つ桐の原木から、
一刀一刀、心を込めて、手作りの新しい獅子頭を彫り上げるだけでなく、
過去に作られた獅子頭の修繕もおこなっています。

null
null

知田さんにお話を伺いました。

「加賀獅子の場合は、隣の町に負けたくない、とか、
おらが町のお獅子がいちばん格好いい、って、みなさん思っているんですね。
それを作ってあげなきゃいけないんで、
一頭一頭、大きさも、色も形も、みんな違います。
それを直していくのも僕の仕事です。」

null
null

古いものになると、400年ぐらい前のものもあるという獅子頭。

数ある中から見ていくと、作った職人さんやその職人さんの性格など、
いろんなことが分かるという知田さん。

null

「本当に面白いなあと思っているんですが、
職人は僕しか残っていません。

うちには息子がいて、もうひとり若い弟子もいますが、
次の世代になんとか引き継いでいかなければいけないな、という想いですね。」

null

災難をくいとめる守り神であり、
縁起物としても親しまれている「加賀獅子頭」。

大きな口を開けて、
困難な時代の厄災をパクパクと食べてもらいたいですね。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 125 | 126 | 127 || Next»