みらい図鑑

VOL.234「紙相撲」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

子どもも大人も、世代を超えて、おうちで楽しめる遊び。
そのひとつが、「紙相撲」です。

特別な材料はいらず、紙で土俵と力士を作るだけ。
トントントントン、両側から、土俵の端を叩き、
どちらかが倒れるか、土俵を割ったら、勝負アリ。

難しいルールもないので、シンプルに楽しめる遊びです。

null
null

「紙相撲って、お父さんとお子さんが作った力士で、
じゃあ、お父さんの力士が勝つかっていうと、そんなことは全くなくて、
対等な立場で、家族みんなで遊べるんですね。」

そう語るのは、「日本紙相撲協会」の理事、新谷洋明(にいたに・ひろあき)さん。

「日本紙相撲協会」は、紙相撲を“本気で遊ぶ”サークル団体。

「徳川式紙相撲」の規格にそって力士を戦わせ、番付や星取表を作成。
本場所を運営しています。

null
null

「徳川式紙相撲」のはじまりは、昭和26年。

前理事長の徳川義幸氏が、少年時代、学校の休み時間に、
紙で作った力士を取り組ませて遊んだのが最初です。

その後、紙力士の身長を6cm前後という寸法に決めたり、土俵を作ったりして、
紙相撲に本腰を入れ、
さらに、試行錯誤を重ねた末に、現在の「徳川式」紙相撲の基本が完成しました。
null

自分で好きな四股名を付けるのも、楽しみ方のひとつ。
新谷さんは、錦風部屋の錦風親方を名乗っています。

「自分の名前を一文字取って、
大相撲にはなかなかいないような、四股名を考えるのも楽しいです。
そうやって自分が作った力士だと感情移入するので、遊びといえども、真剣勝負ですよね。

大相撲の世界には入れないけど、紙相撲の世界では擬似体験できる、
というのが、すごく面白いと思います。」

null

さらに、自らが「親方」になって番付を作り、場所を重ねていって、
大関・横綱と、紙の力士を育てていく楽しみもあるという新谷さん。

小さな国技の楽しさは無限ですね。

VOL.233「蚊帳素材の洋服」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

風を通しつつ、蚊を入れない。
夏の風物詩であり、安眠のシンボル「蚊帳」。

そんな「蚊帳」の生地で洋服を作っているメーカーが、奈良県川上町にあります。
「井上企画・幡(ばん)」。

蚊帳づくりは、奈良の地場産業。

「井上企画・幡(ばん)」では、
織り目が荒く、吸収性・通気性に優れた、蚊帳素材を生かし、
簡単に着られて、素肌にも心地良い、普段着づくりを目指しています。

null
null

赤ちゃんのおくるみにはじまり、ワンピースやスカートまで、
様々な商品を手掛けていますが、
最初に作ったのは、粗め織りの“ふきん”だったといいます。

なんとも言えない柔らかい生地だったことから、
10年ほど前から、洋服にも着手するようになりました。

null

「井上企画・幡」、代表の林田千華(はやしだ・ちか)さんのお話です。

「洗えば洗うほど柔らかくなり、洗濯をしてもすぐに乾きますし、
夏にぴったりなので、Tシャツ代わりに着ていただけると思います。
近くにお散歩へ行くのにも、蚊帳の生地なので、虫が寄らないんですね。」

null

洋服だけでなく、タオル、そして、現在はマスクも製造。
蚊帳素材の可能性は多伎に渡ります。

null
null

洋服を着古したあとは、ふきんとしても使えるのが、この素材の良さ。
最後まで使ってもらえたら、生地も喜んでくれるのでは、、、と話す林田さん。

「コロナウィルスもありますし、
猛暑が続く中で、“おうち時間”を過ごすためにも、
カラフルな蚊帳の日常着を着ていただきたいです。
気分もきっと少しは楽しくなると思います。
この夏は、ぜひ、蚊帳の洋服を試していただけたら嬉しいです。」

蒸し暑い日本の夏、
蚊帳素材のアイテムは、快適な暮らしづくりに一役買ってくれそうですね。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 116 | 117 | 118 || Next»