みらい図鑑

VOL.327「コーヒーカスの名刺」

radikoで再生する
null
Podcastを再生する
お店でコーヒーを淹れたあとの、
“コーヒーカス”を活用した再生紙ブランド、「Caffe Latte」。

その再生紙で作った、オーダーメイドの名刺作成サービスが始まりました。

手がけているのは、2人の20代バリスタです。

null

毎日、店で廃棄するおびただしい量のコーヒーカス。
一杯飲むだけで、およそ15グラムのカスが出るといいます。

来店客の数に比例して増えていくコーヒーカスを目の前に、
何かできないかと考えた末にスタートさせたのが、再生紙へのアップサイクルでした。

null
null

「コーヒーカスの再生紙は、牛乳パック、これも、リサイクルされた牛乳パックと、
クラフト紙、茶色い古紙ですね、
それと、コーヒーカスを混ぜ合わせています。」

そう教えてくれたのは、「Caffe Latte」、共同代表の鈴木雪姫(すずき・ゆき)さん。

null

コーヒーカスから出る油分で、機械が作動しなかったり、と、
試行錯誤を繰り返しながら完成したのは、
コピー用紙などの薄い紙、名刺などの厚紙、工業用のクレープ紙の3種類。

カフェラテのような色味が特徴です。

null

「Caffe Latte」が掲げているブランドミッションは、
“ずっとコーヒーを飲もう”。

消費や廃棄の見直しを、できるだけカジュアルに、
未来に向けて、人にも地球にもやさしい選択肢を提案していきたい、と話す鈴木さん。

「名刺で言うと、コロナ禍になって、
なかなか対面で、名刺を渡す機会って減っていると思うんですね。

そういうときに、コーヒーカスから生まれた名刺を使っていただくことで、
印象に残ったり、コーヒーカスからできた紙があるんだ、って知ってもらったり、
この人、コーヒー好きなんだな、って思ってもらったり。

心がほっこりするような、そういう話題が生まれたら嬉しいなと思っています。」

null

オーダーメイドの名刺だけではなく、
バリスタカードも、「Caffe Latte」から誕生しました。

そもそも、バリスタは名刺を持たないといいます。

鈴木さんたちが提供するコーヒーは、
生産地から消費者に届くまで、透明性がある豆を使った“スペシャルティコーヒー”。

それを届けているのが、どんなバリスタなのか発信したい。
そんな想いも、このバリスタカードには込められています。

null

コーヒーカスに無限の可能性を感じ、新たな取り組みを始めた若きバリスタ。
その挑戦は、コーヒー愛とともにこれからも続きます。

VOL.326「天然素材の歯ブラシ」

radikoで再生する
null
Podcastを再生する
大阪府東大阪市発のブランド、「Nhes. (ナエス)」が作った歯ブラシ、
「turalist(チュラリスト)」。

100%、天然由来にこだわり、自然に還るのが特徴です。

null

ハンドル部分は、家具職人が家具を作るときに出る、ブナの木の廃材を利用。

ブラシには、食肉用として育てられた馬や豚。
大切な命の副産物としての「毛」を活用しています。

null

「プラスチックフリーの歯ブラシを日本国内でつくりたい」。

「turalist」を手掛ける、村中 克(むらなか・かつ)さんは、
そんな想いで挑戦をはじめました。

プラスチックを使わないだけでなく、
本来であれば、廃棄されてしまう素材をアップサイクルしているのも大事なポイントです。

null
null

もともとは、環境のことを考えていたわけではなかった村中さん。

商品開発し、それを使っている中で、
環境についてしっかり考えたいと思うようになった、といいます。

null

命の副産物に着目したのも、
地場産業を守っていきたいという想いからでした。

「ブラシだったり、ハケというのは、大阪の地場産業のひとつなんですね。
そのひとつが歯ブラシなので、植毛の会社もたくさんあります。
ただし、動物の毛を植毛する技術は、
高齢化もあって、どんどんなくなっています。」

null
null

職人さんの手作業で加工される歯ブラシ。
そのため、1本1本、表情が異なるのが魅力的です。

「チュラリストの植毛は、
70歳代の女性の職人さんひとりでやってくれています。
ものすごくやりがいを感じてくれていて、いま、生き生きしています。

この地場産業を守っていきたい思いもあるし、
職人さんも大事にしていきたい、そういう大きな課題も背負っていますね。」

null

選んで、使う人が増えることで、ずっと先の世代にまで伝えていきたい。
そんな想いが、「turalist」には込められています。
Prev [P.2/164] Next