みらい図鑑

VOL.224「こけし缶」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

缶詰の中に入った、こけし。
その名も、「こけし缶」という、東北のみやげものが話題を呼んでいます。

いわゆる「サバ缶」のような、一般的な形状の缶。
プルタブを開けると、直径5センチの小さな“伝統こけし”が、ぴょこんと顔を出します。

こけしを作る際に出る木くずが、緩衝材代わりに詰められていて、
開けた缶から木の香りがふわっと漂うのも「こけし缶」ならでは。

null
※作並系 平賀輝幸工人

開発したのは、
宮城県仙台市で、さまざまな工芸品を制作・販売している老舗、「こけしのしまぬき」。

あるとき、食品で何か手掛けてみたいと、仙台駄菓子を缶に入れてみたことがきっかけで、
伝統こけしを缶に入れる、というアイデアが生まれたんだそうです、

null
※鳴子系 大沼秀則工人 

「こけしのしまぬき」、代表の島貫昭彦(しまぬき・あきひこ)さんのお話です。

「わたしたちの“こけし缶”には、じつは、2種類あるんです。
普通の“こけし缶”と、“新工人応援缶”。

後継者問題は、どうしても、こけしの業界にもありますから、
作り手は、どんどん減っているわけですよね。
そんななか、わたしたちに何ができるだろうと考えて生まれたのが、“新工人応援缶”です。」

“工人”とは、ひとりで全工程をこなす職人のこと。

こけしづくりは、丸太を購入するところから、最後の工程まで全て一人で手掛けるため、
“こけし工人”と呼ばれます。


null
※富塚由香こけし缶 弥治郎系新人応援缶

伝統的な作り方が、それぞれ決まっている伝統こけし。
それを作るには、師弟関係がある中で、師匠に認められることが必要です。

「こけしの職人になったばかりの人は、
ひとつのものをたくさん作る、という仕事が最近あまり無いんですね。

そういう仕事をお願いする中で、自分のスタイルができていったり、
自分の技量にプラスになるようなことにも貢献したい、という想いが生まれたんですね。

何十年か後には、良いこけしをたくさん作るような、
そういう“こけし工人”になってもらえたらいいな、という風に思っています。」

null
※弥治郎系 鎌田孝志作 こけし缶 牡丹

伝統こけしを未来へとつなげる、「こけし缶」。
手しごとによる“優しさ”や“ぬくもり”も、一緒に詰められているギフトなんですね。

VOL.223「富山の薬売りの“紙風船”」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

江戸時代から今に続く、「富山の薬売り」。

薬を手に訪問したお宅で”おまけ”として、
薬の商品名や、製薬会社のロゴを入れて配っていたのが、コロンとした四角い「紙風船」。

null

遊び道具が少なかった時代において、
たくさんの子どもたちを笑顔にしてきた富山の文化ですが、
売り物でもない紙風船を作る後継者は、めっきり減ってしまいました。

そんななか、この伝統を終わらせてはいけない、と、
富山県で約140年続く、医薬品パッケージをメインに手掛ける老舗印刷メーカー、
「富山スガキ」が立ち上げたのが、新たな紙製品ブランド、「cusuri」のkamifu-sen。

作っているのは、モダンで可愛いデザインの紙風船です。

null

プロジェクトを担当するデザイナー、名越恵美(なごし・えみ)さんのお話です。

「もとからうちは、紙風船を作っていた会社なんですよ。
現在も作っている会社は、富山県内でも、ほぼ、うちだけという状況です。
なんとかしないと、伝統が終わってしまう、という危機感がありました。

今までは、タダでもらえるものだったものを、
新たに、時代に合うようにデザインして、
販売したらいいんじゃないか、という考えにたどり着きました。」

null
null

模様を合わせて紙を折り、角がきれいになるように貼り合わせるのは、熟練の技。

手作業での作り方はそのままに、
相撲取りやダルマ、こいのぼりやフルーツなどをモチーフにした絵柄で、
インテリア雑貨としても喜ばれそうな「kamifu-sen」をつくり、その魅力を発信しています。

null

「cusuri」のkamifu-senについて、
名越さんはこんな思いを抱いています。

「“富山の薬売りの四角い紙風船”、という長い歴史の中に、
新しいストーリーとして、
わたしたちのブランドが加わればいいなと思っています。」

null

未来へ残すために、おまけではなく、販売できる商品を作ろう、
という想いから生まれた紙風船。

懐かしいのに、どこか新しい。
お部屋にひとつあれば、気持ちがホッと安らぎそうですね。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 111 | 112 | 113 || Next»