みらい図鑑

VOL.273「金沢でいちばん古いあめ屋が作る「じろあめ」」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

豊かな和菓子文化を誇る石川県金沢市。
この町で、190年以上の間、
変わらない製法で飴をつくっているのが、「飴の俵屋」です。

null

名物は、「じろあめ」。

加賀地方の古い方言で、「じろ」は、「やわらかい」という意味。
その名の通り、
水あめ状の「やわらかい飴」が壺に入って売られています。

null

「飴の俵屋」、俵 冬樹(たわら・ふゆき)さんのお話です。

「創業した1830年には、天保の飢饉もあって、
栄養価のあるものが手に入らなかったと聞いています。
“じろあめ”は、赤ちゃんを抱えたお母さんのために、
なにかできないか、という想いから生まれた飴なんです。」

null

砂糖がとても貴重で、入手が困難な時代に誕生した「じろあめ」。
原料は、米と大麦、そして、水だけです。

洗ったお米を一晩寝かせるところから始まり、
麦芽を合わせて糖化させ、釜で炊き上げ、水あめ状にして壺に入れて商品化。
店頭に並ぶまでに、約4日間という日数をかけて、じっくりと丁寧に仕上げられます。

null

200年近くもの間、変わらぬ材料と製法でつくられる「じろあめ」。

金沢の歴史とともに生き続けてきた食文化を守りたい、
と俵さんは語ります。

「お米から甘味が生まれる、という先代の知恵がずっと受け継がれてきました。
効率を求めるのではなく、これまで作ってきたものを守るために、
この先の世代も作り続けていけるように、
私たちが頑張っていきたいと思っています。」

null

熟練の職人さんが、穀物から優しくて自然な甘味を引き出す「じろあめ」。

そのまま食べてももちろんおいしいですが、
料理に使うと、より一層、コクと深みが生まれて、
艶も出るんだそうですよ。

VOL.272「老舗かんなメーカーが作る鰹節削り器」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

新潟県三条市。
古くから、金物や刃物などの“ものづくり”が盛んな町として知られています。

そんな三条市に工場を構える老舗が「山谷製作所」。

「鉋(かんな)」の木部である「鉋台」のメーカーとして1946年に創業。
木材加工をメインとした、大工道具などを製造してきました。

null

時代とともに、鉋の需要が減っていく中、
職人の技術を活かして、
今の時代に合わせたものづくりができないかと考えた「山谷製作所」。

着手したのが、「鰹節削り器」の製作です。

null

きっかけは、2013年、
ユネスコの無形文化遺産に、和食が登録されたことでした。

和食といえば、「だし」。
その大事な材料となる「鰹節」を削るための道具として開発したのが、
鰹節削り器ブランド、「台屋(だいや)」です。

鰹節削り器に使われる鉋は、大工道具と同じもの。

さらに、鉋の下には、削った鰹節をためる木の台(箱)がついているので、
山谷製作所が長年手掛けてきた、
大工道具の鉋と似た構造で作ることができたのです。

null
null

「台屋」に使われている刃は、
本職の大工さんが使う鉋に使用される高品質な刃物です。

「台屋」づくりへのこだわりについて、
「山谷製作所」の三代目、山谷俊輔(やまたに・しゅんすけ)さんに伺いました。

「やっぱり、うちは、本業が鉋を作るメーカーですので、
できるだけ長い間、この技術を伝えていきたいと思っています。

鰹節削り器だとしても、切れ味についてはこだわって作っております。
みなさん、薄い、ひらひらの鰹節が食べたいと思っているんですよね。
粉のものではなくてね。
やはり、ひらひらが出るという部分でしょうかね、違いは。」

null
null

本物の鰹節の味を伝えることで、
多くの人に、日本の「だし文化」を再認識してもらいたいという山谷さん。

「削りたての鰹節はパックのものよりも強い香りが出るので、
この風味豊かな鰹節を、
子どもたちや若い方に食べてもらいたいなと思いますね。」

ひらひらの鰹節を削る楽しさ、その風味を味わえる喜びは、
匠の技があってこそ、なんですね。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 135 | 136 | 137 || Next»