みらい図鑑

VOL.179「日傘」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

今回の主人公は「日傘」。
「傘」という漢字には、「人」という字が4つ含まれています。

生地を織る職人さん。
次に、骨を組む職人さん。
加工する職人さん。
最後に、手元をつくる職人さん。

これら4つの工程を受け持つプロの技を融合させて、1本の傘を作っているのが、
東京・台東区に店舗を構える昭和23年創業の「前原光榮商店」。
昔ながらの製法でハンドメイドの傘を作っています。

null

「前原光榮商店」の傘づくりは分業です。
たとえば、生地に関わっている職人さんは、骨組みの知識は持っていませんが、
生地については、最高のクオリティを追求。

そして、“生地が素晴らしいから、骨組みもしっかりしなければいけない”と、
次の工程を請け負う職人さんが士気を高め、また次の工程に繋げる。
このように分業することで、それぞれのパートの職人さんたちは、
お互いに良い影響を与え合っているのです。

null

そもそも傘というのは、日傘の方が発祥だと語るのは、
「前原光榮商店」、代表の前原慎史(まえはら・しんじ)さん。

前原さんは、そんな日傘を女性だけでなく男性にも使ってほしいと話します。

「ぼくも含めて、男性は日傘を使うことに抵抗を感じがちですが、
初めて傘という形状のものを、雨の日に使った人間も名前がわかっているぐらいで、
もともとは、日傘なんです。
そういう歴史を知ることによって、日傘を使いやすかったりもするんですね。」

null

前原さんには、昔ながらの傘づくりの想いはそのままに、
時代時代に沿ったテイストも入れながら作っていきたい、という思いがあります。

「こんなにモノが便利になっても、傘をさすときに片手を取られてしまうという、
アナログな道具なんですが、
これまで何百年と使われてきているんですよね。
この先100年経っても、傘っていうのはこういう形状で作られていくんだなと思っています。」

ものづくりには、人が必要不可欠。

一人一人の想いや技術が集約されて完成される傘は、
時代のアレンジが加わりながらも形状を変えずに、
これから先もその役割を果たし続けてくれることでしょう。

VOL.178「万華鏡」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

今回の主人公は、「万華鏡」。

筒に開けられた小さな穴を覗き込んで、
くるくると回せば、キラキラとした世界が広がる・・・。
同じ模様は二度と見ることができない、玩具を超えたアートです。

null

1816年にスコットランドの物理学者によって発明された「万華鏡」は、
ヨーロッパ、アジアを経由して、江戸時代の頃、日本に広まりました。

明治から、大正〜昭和にかけて、日本で作られたものもありましたが、
当時の素材が紙だったため、ほとんどのものが戦争中に消失。
アンティークと呼ばれる万華鏡は、残っていないのが現状です。

null

東京都台東区にある万華鏡専門店、
「創心万華鏡」の豊田美百花(とよだ・みもか)さんに伺いました。

「万華鏡って、作っていても、出来上がって最後の最後に、”のぞき穴”から覗いてみるまで、
どのような映像ができるかわからないところが魅力なんです。」

ハンドメイドのオリジナル製品を目指して、万華鏡づくりをおこなっている「創心万華鏡」。
外国人客が増えていることもあり、日本の伝統工芸の素材や、メーカーとコラボした陶器や蒔絵、
漆などを使い、若手のクリエイターと組んで、様々な和テイストの作品を展開しています。

null
null

販売だけではなく、ワークショップのニーズにも応え、
小学校で万華鏡づくりの出張指導や、老人ホームでのワークショップの実績もあるという「創心万華鏡」。
世代や年齢に沿った作りやすい内容で、多くの人に体験してもらうことで、
ローカルコミュニティーの活性化に一役買っています。

null
null

「自分で作るものが、どんな風に出来上がるかとか。みんなで盛り上がれるっていうかね。
一緒に同じものを作ったとしても、自分が作るとこんな風になった、とか、隣同士で見せ合ったり、
コミュニケーションの輪、みたいなのが広がっていく様子がすごいなと思うし、
“気分が落ち込んでいる時の励ましになった。”という声もあって、
それは、すごく嬉しいなと思います。」

「創心万華鏡」では、この夏休みも手作りワークショップをおこなっています。

null

小さな覗き穴のなかに広がる無限の世界。
一緒に作った人どうしで、コミュニケーションの輪が広がっていくのってステキですね。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 88 | 89 | 90 || Next»