みらい図鑑

VOL.331「麦わら帽子」

radikoで再生する
null
Podcastを再生する
古くから「麦わら帽子」の生産が盛んな町、埼玉県春日部市。

かつて、米や麦の栽培が盛んだったこの土地でおこなわれていたのが、
収穫した麦の「茎」の部分を使った、麦わら帽子の素材づくり。

その後、海外から工業用ミシンが輸入されたことで、
麦わら帽子の生産が一気に広がり、町の産業として定着していきました。

null
null

伝統工芸品として知られている、春日部市の麦わら帽子ですが、
後継者不足の問題から、
ここ10年ほどの間に、ほとんどの工場が廃業を余儀なくされたといいます。

そんななか、麦わら帽子が量産できる工場として、
唯一、町に残るのが、明治13年創業の「田中帽子店」。

天然素材を専門とし、
“一つ一つ、すべての工程が職人の手仕事であること”が、こだわりです。

null
null

「手作りなので、同じ形のものを作っていても、
一個一個、やっぱり、若干違うんですね。
それはミスではありません。
同じ形を作っていても、一個一個、違うんです。」

そう教えてくれたのは、「田中帽子店」の6代目、田中 優さん。

日除けに最適で、麦わら帽子をかぶると涼しいよね、と思ってもらえるように、
日本一、かぶりやすい麦わら帽子を作ることを目標としています。

null

「田中帽子店」が長く続けていられるのは、
地域の人々に愛されているからこそ、と田中さんは話します。

誰かに贈り物をする時は、地場のものをプレゼントしたい、
そんな想いで、麦わら帽子を買い求めに来る多くの地元客。

春日部の人たちの郷土愛を、年々、実感しているといいます。

null

麦わら帽子を軸としながらも、
一代一代、かわるごとに新しいことにトライする「田中帽子店」。

いま、田中さんは、一見、ハードルが高そうに思われがちな麦わら帽子のイメージを
徐々に変えていきたいと考えています。

「好きな人だけが被る嗜好品ではなく、
必需品として、一般の普通の方にこそ、かぶってほしいですね。」

null

夏、町のいろんな場所で、麦わら帽子をかぶっている人々の光景を頭に浮かべながら、
この先も仕事をしていきたい。

春日部市の伝統工芸品は、
そんな田中さんの想いとともに、未来へと受け継がれていきます。

VOL.330「規格外野菜でつくる乾燥野菜」

radikoで再生する
null
Podcastを再生する
「とまと」に「きゅうり」、「万願寺とうがらし」、「聖護院大根」・・・

京都で育った規格外の野菜を、
乾燥野菜に仕上げて販売しているブランドが、「OYAOYA」です。

null
OYAOYA」の代表をつとめるのは、
大学時代から農業を勉強していた小島 怜(こじま・れい)さん。

形が悪い、傷がついている、などの理由から、
市場には出回らない規格外野菜。

規格外野菜には、形が悪いというものだけではなく、
畑で食べたら美味しいような、完熟しているものも含まれるということを、
農家さんに教えてもらったといいます。

null
null
実際に、話を聞くまでは現状を知らなかった小島さん。
規格外野菜に目を向けた理由をこう話します。

「たとえば、トマトで言うと、市場に出回るのは完熟する前のもので、
どこかへ出荷してスーパーに出回るまでには、
1日か2日、かかるわけですよね。

逆に、いちばん甘い完熟している状態が、
規格外として扱われて、流通せずに捨てられてしまうのは、
美味しいのにもったいないな、と思ったんです。」

null
規格外野菜を生で流通する会社はたくさんありますが、
安価で売られることで、
野菜そのものの価値が下がることを危惧している農家さんもいます。

野菜の水分を抜いて、旨味を凝縮させることで、
そのままの状態の味を閉じ込めることができるのが、
乾燥野菜の魅力。

完熟状態であることは、むしろ都合が良いと考え、
OYAOYA」では、規格外野菜であっても、適正な価格で買い取っています。

null
これまでは捨てられていた完熟の状態こそが、
一番美味しい、と小島さんは話します。

「完熟して甘い時の野菜を使えば、
乾燥しても、より甘みが増して、味に深みが増すんですね。
乾燥野菜って美味しくなさそう、というイメージを覆せると思うので、
ぜひ、食べていただきたいと思います。」

null
null
直接、農家さんとコミュニケーションを取ることを大事にしている小島さん。

八百屋さんのように、生産者と消費者をつなげる存在が、
OYAOYA」なんですね。
Prev [P.3/167] Next