みらい図鑑

VOL.189 「LIMEX」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

今回は、プラスチックや紙の代わりとなる新素材の話題です。

2050年までには、海に流れ出るプラスチックゴミの量が、
海の中にいる魚の量を上回ると言われています。

世界中が「なんとかしたい」、と思っているなかで、
日本のベンチャー企業が開発した新しい素材、
「LIMEX(ライメックス)」が注目を集めています。

null
※石灰石

「LIMEX」の主な原料は、石灰石。
石灰石は世界中にある石で、日本国内でも100パーセントまかなえる資源です。

この「LIMEX」から、紙とプラスチックシートの代わりになる「LIMEXシート」を、
そして、プラスチックの代わりになる「LIMEXペレット」を作ることができます。

null
null

開発を手がけたのは、2011年創業の会社、「TBM」。
サステナビリティ・アクセラレーターという肩書きを持つ、
羽鳥徳郎(はとり・とくろう)さんに伺いました。

「LIMEXをプラスチックの代わりとして使うことで、なにがいいのかというと、
石灰石を多く使うことで、
石灰石というのは、じつは、日本でも自給自足できるような豊富な資源なので、
価格を抑えることができます。

やっぱりプラスチックはプラスチックなりに、これまで使われてきた理由があります。
軽いとか、耐久性があるとか、使い勝手が良い素材です。
そこで、使い勝手がそこまで変わらずに、
プラスチックの量を大きく減らすことができるのがいいところかなと思います。」

null

「LIMEX」の大きなメリットは、簡単にリサイクルできるという点。
「LIMEX」から作られた製品を砕いて、再び固めることで、また新たな製品が生まれるのです。

「ぼくが使っている言葉で“自分ごと化”するっていう言葉があるんですね。
未来の子どものことを、自分ごと化して、
商品の選択をしていく、モノを選んでいくことが大切だと思っています。」

レジ袋や名刺、お皿など・・・
どんどん広がりを見せる「LIMEX」の可能性。
これから、暮らしの中で手にする機会も増えそうですね。

VOL.188 「こども安全教室」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

10月5日、千葉県の花見川緑地交通公園で、
「ダンロップこども安全教室」が開催されました。
交通ルールや交通マナーを、
クイズ形式で、楽しみながら身につけようというイベントです!

null

しっかり学ぼうと思うと、なかなか、覚えられないのが交通ルール。
楽しみながらクイズに答えていくことで、
気がつかないうちに、身についているから不思議ですね。

null

午前中のステージには、歌のゲストも登場しました。
子どもたちに人気の番組、
NHKの「おかあさんといっしょ」で7代目うたのおにいさんを務めた、
坂田おさむさん、
そして、歌手の坂田めぐみさんが歌で盛り上げます。

null

この「こども安全教室」を主催したのは、タイヤメーカーのダンロップ。
住友ゴム工業株式会社、
執行役員の増田栄一さんに企画の意図をうかがいました。

null

私たちダンロップは、毎年、春と秋に、タイヤの安全点検をおこなっています。
「全国タイヤ安全点検」という名前で、2008年にスタートして、これまで、22回おこなってきたんですね。
今回は、全国10カ所でおこなっています。
長年、無料で、みなさんの車のタイヤをチェックさせていただいているんですが、
毎回、3割程の車のタイヤに、空気圧をはじめ、なにかしらの不具合が見つかっているんです。
この整備不良率は、なかなか、減りません。
タイヤメーカーとして、引き続き、安全点検をおこなっていきたいと考えています。

それに加えて、今回、初めて、「こども交通安全教室」をおこないました。
対象は未来のドライバーである子供たち、そして、保護者のみなさまなんですね。
楽しみながら、クルマやタイヤのこと、
さらには、交通ルールを学んでいただきたいと考えています。

私たちダンロップは、「事故のない毎日をつくりたい」というブランドメッセージを掲げて、
タイヤメーカーとして交通事故のない世界の実現を目指しています。
今回のような企画をとおして、子供が関わる交通事故の減少につなげたいと考えています。

null

見据えているのは、10年後、20年後!
そのために、いまから、子どもたちに、交通ルールやマナーを学んでもらおうという取り組み!
ドライバーのみなさんも、
ぜひ、定期的なタイヤのチェックをお願いします。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 94 | 95 | 96 || Next»