みらい図鑑

VOL.251「雄勝の硯」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

室町時代から600年以上続く、硯(すずり)の名産地、
宮城県石巻市雄勝町。

null

東日本大震災による津波で被災した町で、
硯職人の遠藤弘行さんは、今日も、石を彫って硯を作っています。

「そうですね、仕事場も自宅も、何もかもなくなっちゃったんですけどね。
ノミ10本と原石さえあれば、どこでもできるんです。
だけど、いい石があっても、それを製品にする職人さんがいないとダメですよね。
作るしかないな、という想いで10年やっているんです。」

null

津波に流された、遠藤さんの工房と自宅。
瓦礫の中をかき分け見に行くと、震災前のものが見つかり、
かき集めているうちに、「ああ、これは、このまま作り続けろということかな。」、
と、思ったと遠藤さんは言います。



もともと職人ではなく、採石場で石を採る仕事を3代に渡ってしていた遠藤家。

雄勝の山にはいろんな良い石がある。
ですが、こだわりの職人がいないと硯は作れません。

良い石を製品として残したい、という思いで、
採石業から職人になったのが遠藤さんの父親でした。



「うちの場合は手作りなので、石を見ながら作るんですね。
一個一個、形が違いますよね。
その石の形を生かしながら硯を作るんです。」

父親の思いを受け継ぎ、
“石の個性を見る硯づくり”を、遠藤さんは続けています。

null

墨をすっているだけで、心が落ち着いてくる。
そんな硯を雄勝で作り続けたい、と語る遠藤さん。

「良い石と墨がマッチすると、気持ちが整うというんですかね。
それが一番良い硯だと思っています。

こういう、コロナの時代になって、うちのなかで時間を忘れるゆとりというかね。
ぜひ、石の硯でゆっくり墨をすって、
今の想いを書いてみてもらえたらな、と思っているんです。」

VOL.250「男もち女もち」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

山形県村山市にあるゲストハウス、「こめやかた」。

明治30年創業の米農家が運営し、
チームを組んで、お米の生産から販売はもちろん、
民宿の経営、さらには食堂も開いています。

null

そんな「こめやかた」が、種まきから丁寧に育てたもち米で作っているのは、
杵と臼を使って、200回、手でついた、杵つきの餅。

四角い餅を「男もち」、丸い餅を「女もち」という名前で販売を始めたところ、
全国から反響が寄せられています。

null
null

「こめやかた」の女将、
坂井奈緒(さかい・なお)さんに伺いました。

「私たちは、農を通して、作る楽しみだったり、食べる楽しみ、生きる楽しみ、
そういうものを共有していきたいんですね。
それで、いろんなことをやらせていただいています。

いま、とても便利な世の中になってますが、
便利になった一方で、失われていくこともありますよね。
そのなかで、私たちにとって、
未来につなげていけることのひとつが、餅つきだったんです。」

null

田園風景が残る山形県でさえも、手つきで餅をつくという風習は、
ほとんどなくなってきていると、坂井さんは言います。

「お餅って、作る過程ですごく面白いのは、
最初は、一粒一粒、バラバラの米粒なんですよ。

それがセイロで蒸されることによって、かたまりになり、
杵でつかれることによって、つやっとしたお餅になるんですよね。」

null

“200回つけば、餅は変わる”というのが、「こめやかた」のポリシー。

目指すのは、ふわっとやさしい食感、
そして、食卓を明るくする餅です。

「バラバラだった米粒が、みんなの力でひとつになって、
“うわー、美味しいね!”って、
笑顔にさせるお餅になるっていうのは、すごく魅力的だと思います。」

null

餅つきのある風景を残したいという米農家の思いと、
杵つきの餅を楽しみに待つ人々の笑顔。

作り手も食べる人も一緒になって楽しめる農業って素敵ですね。

«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 125 | 126 | 127 || Next»