みらい図鑑

VOL.177「鬼ごっこ」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

子どもの外遊びの定番、「鬼ごっこ」。
シンプルな遊びでありながら、日本では1000年以上の間、親しまれてきた、立派な文化です。

子供が遊ぶだけではもったいない。
大人を含めた、幅広い世代で楽しめる文化交流としての価値を広めたい。
鬼ごっこで、地域を元気にしたい。

そんな思いから、鬼ごっこをスポーツの観点からも捉えた“スポーツ鬼ごっこ”を
開発、推進する団体があります。

2010年に発足した「鬼ごっこ協会」。
“競技と遊びの両方を共存させたスポーツ”をコンセプトに掲げています。

null

スポーツ鬼ごっこは、チームで戦うスポーツ競技。

限られたコートの中で、自分のチームのトレジャー(宝)を守りながら、
時間内に相手のトレジャーを多く獲得したチームが勝ちとなります。

全身運動ですが、運動神経の良さや年齢、性別など、関係なく、
誰でも参加できて、同じ楽しさを共有できるのが魅力です。

null

一般社団法人「鬼ごっこ協会」、
専務理事の羽崎貴雄(はざき・たかお)さんにお話を伺いました。

「とにかく、やると、みんなが笑顔になるっていうのが、どこへ行っても思うことなんですね。
私たちのビジョンとして、“鬼ごっこのある街づくり”ということを掲げています。
鬼ごっこが公園などで自然とおこなわれている社会っていうのは、
ある意味で、安全だと思うんですね。」

null

気軽に、みんなで、できるのが特徴の「スポーツ鬼ごっこ」。
日本だけでなく、世界にも普及していて、各地で大会やイベントが行われています。

「鬼ごっこ、じつは種類もたくさんあって、高齢者や障害を抱えた方でも出来るし、
いろんな多様性を持った人たちがしっかり楽しんでいける社会、
さらに、平和の象徴にもつながっていくと思います。
そんな意味で、“鬼ごっこのある街づくり”をビジョンに掲げています。」

鬼ごっこのある町は、笑顔が溢れる町。
これからもっともっと増えていきそうですね。

null

VOL.176「かざりかんざし」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

女性の髪を美しく彩ってきた、かんざし。
そのルーツは、縄文時代までさかのぼります。

生命力豊かな自然の草花を髪に挿して、
悪いものから身を守る、「お守り」や「魔除け」としての役割を果たしていました。

時代と共に進化したかんざしが、脚光を浴びるのは江戸時代。
日本髪が定着。
それに伴い、髪型に合わせて、さまざまな飾りが作られるようになっていきました。

null

「かざり工芸三浦」の三浦孝之(みうら・たかし)さんは、
4代目として家業を継ぐために、それまで勤めた広告代理店を退職して、
かざりかんざしの世界に飛び込んだという異色の経歴の職人さん。

動物や植物をモチーフに、
さまざまな細工をほどこしたかんざしをひとつひとつ作っています。

null
null

「縁起の良い柄っていいますかね、たとえば、“カタバミ”という草花があるんですけど、
よく野原とか植木とかに生えてきちゃって、雑草扱いされてしまう草花なんですね。
昔の人の感性というのは、
“摘んでも摘んでも生えてくる”ということで、不滅や繁栄というように、良い意味で捉えてきたんですね。
そういう縁起も知ってもらいながら、使ってもらっているんですね。」

null

トンボもかんざしの代表的な図柄です。
トンボの別名は、“勝ち虫”。
後ずさりせず、一直線に進んで獲物を捕らえる姿から、縁起の良い虫といわれ、
戦国時代には甲冑の飾りにも施されていました。

かんざしは、髪を止める道具ではあるけれど、
そのモチーフにはどんな意味があるかも伝えていきたいと語る三浦さん。

単に美しいものをつけるだけでなく、
モチーフの意味を知ると、心の持ち様も変わってくる。
それが、作り手としての喜びにつながるといいます。

null

「かんざしって、1本作ると長く使ってもらえます。
3代使ってもらって、100年後に、自分が作ったかんざしが話題になっていたら、
職人冥利につきますよね。」

1本1本、意味をもった細工を施してつくる「かざりかんざし」。
その職人魂は100年後を見据えています。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 88 | 89 | 90 || Next»