みらい図鑑

VOL.290「松阪木綿」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

江戸時代に“粋なモノの象徴”として愛された、
「松阪木綿(まつさかもめん)」。

500年の歴史を持つ三重県松阪市の伝統工芸です。


null

かつて、大陸から来た、機織りの技術者たちが松阪に住みつき、
その技術を伝えたのが始まりで、
地域は日本の紡織の中心地として栄えました。


null

色は、天然の藍で染めた、本藍染め。

藍の濃淡だけで、縦縞やチェックといった縞模様を描くのが特徴で、
縞といえば、松阪木綿が代表的な存在でした。

最盛期には、千を上回る織元が松阪にあったものの、現在はたったの一軒。


null
null

そんな地域の文化を未来へと伝えたいと、
「丸川商店」というブランドを立ち上げたのは、
松阪で生まれ育ったグラフィックデザイナーの丸川竜也さん。

松阪木綿を使った袋物や日記帳など、さまざまな商品を展開しています。

「松阪木綿は、もともとは着物用の生地ですので、
本来は、着物にするときに最も柄が“映える”んですが、
それを親しんでいただく入り口として、
ぼくたちは、色々なプロダクトを作っています。」


null
null

江戸時代に松阪木綿が大流行したのは、
贅沢を禁止する法令があったことに関係しています。

「松阪木綿は、一見、地味で無地に見えるんですね。
でも、よく見ると、細かい縦筋が入っていることが、“粋”と言われました。
非常に優れた職人芸が、そこにはあるんです。」

派手な着物を堂々と着られなかった江戸っ子にとって、
松阪木綿は、隠れたおしゃれが楽しめる大事なアイテム。

年間の売り上げは、当時の江戸の人口の半分にあたる数を誇っていたといいます。


null
null

松阪木綿の独特の手触りや肌触りに、
まず、親しんでもらいたいと語る丸川さん。

「機械には出せない手作業ならではのぬくもりもあります。
そして、効率ばかりを追求する現代のモノづくりというものが、
残念ながらこぼしてきた大切なものが、
ちゃんとそこには残っているなと感じるんです。」


null
null

500年続くモノづくり。

その魅力を未来へと伝えていくため、
地元の子どもたちに触れてもらう機会もたくさん作っていきたい。

そんな想いを胸に、
丸川さんは松阪木綿の新しい可能性に挑戦しています。

VOL.289「りんごの木の木工品」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

りんごの生産量日本一、青森県弘前市。

この土地で、世界的にも珍しいりんごの木を使った
木工製品が作られています。

null

りんごの木は、毎年、さまざまな理由で役目を終えますが、
木材として利用するには、太く、長い部材がとれないうえに、節目やコブも多く、
加工するまでに手間がかかるため、
薪に利用される以外は処分されているのが現状です。

null

廃棄処分されるりんごの木をなんとか有効活用できないか、
そう考えたのは、
地元にある「木村木品製作所(きむらもくひんせいさくじょ)」。

農園からりんごの木を伐採して製材にし、
長い時間をかけて乾燥させ、
ほとんど手作業で、さまざまなプロダクトを製作しています。

null

テーブルウェアが中心で、人気は、子供用と大人用がある「お箸」。
他にも、名刺入れやスタンドミラーなど、
バラエティに富んだ商品が、木村木品製作所から生まれています。

null


職人の、神 峰之(じん・みねゆき)さんのお話です。

「3年ぐらい前に子供が生まれたんですが、
自分の子供に、りんごの木を触ってもらって、
たまに口に入れたりするんですけど、楽しそうに遊んでいるのを見ると、
木の製品、りんごの製品って、いいものだなって単純に思うんです。

手触りや風合いも良いんですが、
質感、それから、やさしい木目が大きいかなと思いますね。」

null

せっかくりんごの木を入手しても、
あとからヒビが入ったり、虫が出てくるなどして、
使えるのは5割がやっとだといいます。

それでも作り続ける理由のひとつは、
この会社が、先代が青森ヒバのりんご栽培用のはしごを開発し、
りんごの恩恵を受けてきた”木工屋”だから。

null

「いま作れているのは、りんご農家さんのおかげです。
大切に育てて、何十年という月日が経っていることを感じると、
大事にしなければいけないと感じます。

そういった背景も感じていただきながら使っていただけたら嬉しいな、と、
勝手ながら思うんですね。」

null

りんごは地域の大事な資源。

実を食べるだけでなく、
木そのものも活用して廃棄処分を減らすこが、
りんごの新しい可能性を生み出し、地域の活性化にもつながっていきます。
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 145 | 146 | 147 || Next»