みらい図鑑

VOL.208「夜道を安全に!新潟のニット産地が開発した反射材マフラー」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

新潟県のほぼ中央に位置する町・五泉市。
五つの泉の市、という地名の通り、水資源に恵まれたこの地域は、
“ニットのまち”として知られています。

ニットを編む会社、縫製する会社、
糸を染める職人さん、刺繍屋さん、さらには、ニットの風合いを整える会社など、
さまざまな工程を担う工場が集まっていて、
この地域で作られた製品は、「五泉ニット」と呼ばれます。

null

そんな地域で、この冬、
“ある機能性”を持ったマフラーの製作が実験的に行われました。

歩行者の夜間の交通事故を防ぐために、何ができるか?

この取り組みは、新潟県警、五泉署、「五泉ニット工業協同組合」などが連携。
それぞれ、専門分野からの視点で知恵を出し合い、
暗闇でも車のライトを反射する「夜光反射機能付きマフラー」が完成しました。

null

事業者間で連携して五泉ニットのブランド化を図る、「五泉ニット工業協同組合」。
事務局長の高橋正春(たかはし・まさはる)さんにお話をうかがいました。

「地元の警察署の方とお話をしているときに、
“夜光反射材を使ったグッズは、いろいろある”と。
でも、その定着率はとても低いと聞いたんですね。
私たちの地域は、五泉、という“ニットのまち”ですから、
ファッションを活かしたグッズを作れないか、ということで、
反射材のマフラーを作ったんですね。」

null

交通安全を身近なファッションに取り入れてもらおうと、
新潟県警とのコラボレーションで作られた五泉ニットのマフラー。

歩行者の身を守る反射材を、気軽に身に着けることができると、反響は上々です。

null

「こういう商品を待っていました、という声をたくさん聞きました。
機能性に特化したものっていうのは、反響があるんだなという印象がありますね。
マフラーに続いて、第二弾、第三弾の機能性ニットを作っていきたいと思います。」

機能性とファッション性を兼ね備えた、このマフラーをきっかけに、
五泉市の地場産業、その可能性がさらに広がっていきそうです。

VOL.207「ウエットスーツのバッグ」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

ダイビングやサーフィンをするときに着るウェットスーツ。
その生地を使って作られたバッグが、人気を集めています。

素材は、厚さ3ミリの合成ゴムの両面に、ナイロンやポリエステルを貼った国産品。
水を通さず、軽くて柔らかく、衝撃にも強いのが特徴です。

null

開発したのは、日本の職人技を活かした商品を開発する会社、「ヘリテイジ」。

バッグの名前も、社名と同じ「ヘリテイジバッグ」です。
ヘリテイジ=遺跡・遺産。
後世に残るような商品やサービスを開発して届けたいと、命名されました。

null

ウェットスーツの生地を使った商品開発は、
ノートパソコンのカバーの企画からスタート。

そして、動物や海の生き物がモチーフになった抱き枕や小物入れ、
さらにバッグも、、、と、素材の良さを活かしたアイテムが次々と誕生しました。

null
null

「ヘリテイジ」・代表の立石英喜(たていし・ひでき)さんに伺いました。

「ウェットスーツの素材というのは、厚みが3ミリぐらいの生地を使っているので、
生地と生地の合わせ目を接着してから縫製しています。
縫い目からも水が入らないので、極端な話、バケツにもなるんですね。」

null

優秀な機能性からもわかるとおり、使っているのは高価な素材。

水を通してしまったり、耐久性がなかったり、質感が良くなかったりするものでも、
“ウェットスーツの素材を使用”と謳う“ニセの商品”が多かったことに、
立石さんはとても苦慮していたといいます。

「この素材を使うことが、
軽くて丈夫、感触も良くて、水を通さないという商品価値につながるので、
高価なんですが、あえてそのまま使うことによって、
バッグとしてのメリットが増えるんじゃないかと思います。」

null

素材の特性と、職人さんによる熟練の技の融合。
ホンモノだけが「ヘリテイジ(遺産)」と呼べるんですね。

土砂降りの日に、このバッグ、使ってみませんか?


«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 104 | 105 | 106 || Next»