みらい図鑑

VOL.202「い草香るブックカバー」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

千数百年の歴史を持つ日本の「畳文化」。

ですが、時代の変化とともに、日本の住宅事情も変わり、
畳のある部屋が激減しています。

い草で作る畳の表面部分、「畳表(たたみおもて)」の国内需要量は、
ここ20年で、3分の1にまで落ち込みました。

畳の良さを、もっと知ってほしい。
そんな思いから生まれたグッズが、
畳がブックカバーになっている「い草香るブックカバー」です。

null

ゴザが巻いてあり、可愛らしい畳のヘリがついていて、
そこに文庫本がかけられるようになっているブックカバー。

どこか懐かしい畳の香りに癒されるだけでなく、
手にかいた汗を吸ったり吐いたりして、
大切な本を湿気から守ってくれるという機能性も持ち合わせています。

null
null

手触りの心地良さ、香りの良さ、畳の良さを知ってもらえるこの商品を手掛けたのは、
静岡県焼津市にある「松葉畳店」。

い草の雑貨を開発した、伊藤知美(いとう・ともみ)さんにお話を伺いました。

「畳の良さってどんなところなのか、一言で言うのはとても難しいんですが、
香りが良くて、湿度を調節してくれたり、空気を綺麗にしてくれたり、
それをひっくるめて、やっぱり、居心地がいいというか、
癒されるということなのかなと思うんですね。」

null
null

まずは、畳に触れて、その良さを知ってもらいたいと思ったのが、
雑貨を作るきっかけだったという伊藤さん。

雑貨をきっかけに、
畳の生活に興味を持ってもらえるような商品作りを心がけています。

「畳の需要が激減しているなかで、年配の方には、畳の良さを再確認してもらいたいし、
若い方や畳を知らない世代にも、新たにアプローチしていけたらなと思っています。」

null

このブックカバーを入口にして、
フローリングの部屋に畳を入れる若い方も増えているといいます。

日本の気候に長く寄り添ってきた畳。
その原料となるい草の魅力に触れたい方は、
まずは文庫本サイズから入ってみませんか?

VOL.201「一箱古本市」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

東京の東側、文京区と台東区にまたがる地域、谷中・根津・千駄木。

通称・「谷根千」には、書店や古本屋など、
さまざまな本屋が集まっているエリアがあり、
「不忍ブックストリート」と呼ばれています。

そんな「不忍ブックストリート」で2005年に生まれたイベント、
「一箱古本市」が人気を呼び、全国へと広がっています。

null

「一箱古本市」は、言ってみれば、本のフリーマーケット。
その名の通り、ダンボールひと箱分の古本を販売する古本市です。

null

一般の人も出店OK。

参加者は「店主」と呼ばれ、一箱の中に本と想いを詰め込んで店名をつけ、
ポップや飾り付けをして、出店者の人たちが1日だけの本屋さんになれる。
本が大好きな人にはたまらないイベントです。

null

不忍ブックストリート代表で、一箱古本市の発起人、
南陀楼綾繁(なんだろう・あやしげ)さんに伺いました。

「一度参加して出店する側になった人が、その楽しさを他の人に伝えることで、
次第に広がってきたという気がします。
それぞれの人の顔が見えるというか、
普段どういう本を読んでいて、どういう本が好きなのかもわかります。」

null

段ボールひと箱といっても、その中にどんな本をチョイスして納めるのか、
それ自体がワクワクする作業。

「一箱古本市に出店するために、
“音楽“とか、”村上春樹“とか、テーマを決めて出店する人が多いんですが、
そのために、自分の読書経験を見直したりするわけですね。」

null

ひと箱の中に詰め込まれた本は、“私は、こんな人間です”という自己紹介。
そのため、出会いが生まれやすいといいます。

「お客さんも、自分と同じ好きな趣向を持った本がそこに出ていると、
非常にシンパシーを持って、本を見ることができるのが大きいと思います。」

null

小さい箱の中に広がるのは無限大の宇宙。
本というツールが新しい出会いを育んでくれる「一箱古本市」に、
皆さんも出かけてみませんか?
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 101 | 102 | 103 || Next»