みらい図鑑

VOL.277「MADE IN 広陵町の靴下」

radikoで再生する
null

日本一の靴下の産地、奈良県・広陵町。

かぐや姫でおなじみ、
「竹取物語」の舞台になった町としても知られています。

null

もともと、広陵町やその周辺のエリアは、
江戸時代初期に、「大和木綿」や「大和絣」と呼ばれる織物の産地として栄え、
本格的に靴下づくりが始まったのは、100年以上も前。

現在も多くの靴下工場があり、
それぞれの職人さんが、こだわりの“ものづくり”をおこなっています。

null

地域の靴下づくりの文化を未来へと伝えたい。

そんな思いで、
数年前に「ROTOTO」という靴下ブランドを立ち上げたのが、石井大介さんです。

石井さんが最も大切にしていることは、
靴下職人さん、一人一人との話し合い。

とことん穿き心地と素材にこだわり、
無数にある糸、そして、昔ながらの編み機と最新の編み機を駆使し、
職人さんが理想の形へと仕上げています。

null

「靴下のものづくりの醍醐味は、糸と糸の掛け合わせなんですね。
たとえばコットンとリネン、ウールとナイロン、
それから、シルクとコットンだったりですよね。

いろんなものを掛け合わせて、
素材と素材の良さを兼ね備えた生地を作って、
新しい履き心地を作っていくのが楽しいですね。」

null
null

ビジネスソックスから、カジュアルソックス、
スポーツソックス、介護用のソックスなど、
靴下と、ひとくちに言ってもその種類はさまざまです。

そして工場もそれぞれに得意な分野がある、と石井さんは語ります。

「ぼくが作ったもの、というよりも、
周りの工場と一緒に作ったものだと思っています。

自分が住んでいる奈良県で、ものづくりをして、
それが地域の人にも、そして、世界の人にも履いていただいているというのは、
不思議なことで、そして、嬉しいですよね。」

null

「made in Japan」だけでなく、
「奈良県産」と書かれている「ROTOTO」の靴下。

“一生愛せる消耗品”をコンセプトに、
奈良の文化を世界に発信し続けています。


VOL.276「廃棄されるはずだった再生紙から生まれるピクニックラグ」

radikoで再生する
null

廃棄されるはずだった紙で作られる、
「ピクニックラグ」が今回の話題です。

手がけているのは、大阪に本社を構える「山陽製紙」。

ここでは、毎日運び込まれる約15トンもの古紙を原料に、
「crepe paper」と呼ばれる、工業用クレープ紙を製造しています。

null

「crepe paper」は、セメント袋の口縫い用テープや、
電線類を包装するために使われている素材。

独特のシワによって、強度と伸縮性が生まれ、
耐水性も兼ね備えた高機能の再生紙です。

ですが、生産過程で大量の端材が出てしまううえに、
ラミネート加工をしているため、再利用方法も限られてしまう、
という問題を抱えていました。

null

これをゴミにするのではなく、なんとか有効活用できないか。

社内からアイデアを募集して生まれたのが、「crep」という商品。
試行錯誤のうえにできた第1弾商品が、「ピクニックラグ」です。

null

「山陽製紙」、武田知子(たけだ・ともこ)さんのお話です。

「加工は特にしていなくて、電線などを巻いているものと同じ素材なんです。
クラフト色なので、アースカラーで土に馴染むんですね。
自然にも馴染んで、リラックスして、
そのままレジャーシートとして使っていただけると思っています。」

null

「crep」の商品に使用されている工業用クレープ紙は、
水をはじいて軽く、クレープ加工による独特の風合いとやわらかな使い心地、
さらに、さらさらとした手触りが特徴です。

「ピクニックは、ライトアウトドアと呼ばれていますが、
キャンプみたいな準備が必要ないですよね。
手をついたり、足を置いたり、
そういうふうに、自然と気軽に触れ合える機会を作りたいと思っています。」

null

使い捨てだった包装資材から誕生したピクニックラグは、
現在、6万枚を超える大ヒットアイテム。

自然の中で繰り返し使える商品に生まれ変わったことで、
端材の再利用の量も超えているんだそうですよ。


Prev [P.30/167] Next