みらい図鑑

VOL.197「日本の珍味をギフトに!」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

今回は、奥深い「珍味」の話題です。

海の幸にも山の幸にも恵まれた日本には、
昔から伝わる製法で作られた様々な珍味が存在。
保存食を大事にする、日本ならではの“食の形”ですね。

そんな珍味を新しいスタイルで楽しめる「ギフト珍味」の専門店が、
東京の虎ノ門にあります。
名前は、「ホタルノヒカリ」。スタイリッシュな店構えです。

null
null

日本伝統の食文化である「珍味」を、世界に発信するために生まれたというこのギフト、
オシャレに小分けされたパッケージが特徴で、
魚貝類はもちろん、肉、ナッツ、フルーツなど、
およそ50品目の珍味やツマミが並んでいます。

null

商品は、すべてナンバリングされていて、
たとえば、0番の『ホタルノヒカリ』は、日本海産のホタルイカを丸ごと干したもの。
10番の『日本のエース』は、干し明太子。
それぞれに、ユニークな名前が付いています。

null

「ホタルノヒカリ」、代表の中川雅喜(なかがわ・まさき)さんに伺いました。

「ナンバー7は、“午前0時のシンデレラ”というエイヒレが入っているんですが、
美味しすぎて終電を逃しちゃった、という意味でつけました。
ほかには、北海道産の水タコを使用した、ナンバー5の“I LOVE YOU”とか。

珍味自体が、“おじさんが食べるもの”、みたいな、そういうところがあって。
もっと、美味しいものを伝えるためにはどうしたらいいかを考えていて、
ひと笑いしてもらえるような努力は、ホタルノヒカリとしてはしていますね。」

null

中川さんが考えるのは、年齢層をいかに広げるか、ということだけにとどまりません。
目線の先にあるのは“世界”。

「日本の食文化なので、世界に持っていきたいなと常々思っていまして、
しっかりしたものをご提供していることが世界中の人に伝われば、
珍味という認識が、これから強くなっていくんじゃないかなと思って、
こういう感じでやっていますね。」

ニッポンが世界に誇る、珍味の文化。
人気の詰め合わせのギフトをまず手に取って、じっくり噛みしめてみませんか?

null

VOL.196「オーガニックコットンのぬいぐるみ」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

ひとつひとつ、顔も色も違う、うさぎとくまの「ぬいぐるみ」。
作っているのは、オーガニックコットンの子供服を作っているブランドです。

null

洋服を作っていく過程では、
編み地の切れ端など、どうしても、廃棄せざるを得ない部分が出てしまいますが、
せっかく大切に育てられた素材は無駄にしたくない。

これで、なにができるだろう。
そんなとき、一人のぬいぐるみデザイナーとの出会いがありました。

“小さな切れ端でも、繋ぎ合わせれば、かわいいぬいぐるみができますよ”。
そんな一言からこのコラボレーションがはじまり、新たなぬいぐるみが生まれました。

null

子供服ブランド「cofucu<コフク>」を手がける会社、
「小林メリヤス」の代表、木村彰(きむら・あきら)さんのお話です。

「この編みぐるみは、余った生地の寄せ集めで、
それをうまく利用してひとつのぬいぐるみに仕上げていきます。
すべての顔の表情や色は、100体あれば100通りあります。
すべて違います。
縫い糸もオーガニックコットンを使っていますし、
中の詰め物もオーガニックコットンにしています。
なんとも言えない優しい風合いも、この商品の特徴です。」

null
null

「小林メリヤス」の工場は大量生産ではありません。
水と空気の綺麗な南アルプス市のファクトリーで、大事にものづくりをしています。
原料から、ものづくりに関わっている人に思いを馳せる、
そんな想いに共鳴する人が、手に取ってくれることが多いといいます。

「わたしたちは、よく20年後の地球へつなぐ、という言葉をよく言います。
生まれてきた赤ちゃんが成人を迎える頃、
今よりも、より良い環境になっていてほしいなという想いで、
ものづくりをスタートしたブランドなんですね。」

null

日本で流通する繊維製品のうち、国産の比率は、現在、たったの2%。
木村さん、日本の技術を次世代へ伝えていくために、
これからも、心を込めたものづくりをしていきたいと話してくれました。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 29 | 30 | 31 |...| 125 | 126 | 127 || Next»