みらい図鑑

Vol.48 「俳句甲子園」 愛媛県松山市

Podcastを再生するradikoで再生する


今回のタカラモノは、日本文化を代表する定型詩、五・七・五の「俳句」です。

「柿くへば  鐘が鳴るなり  法隆寺」で有名な俳人・正岡子規が生まれて今年で150年。
そのふるさとの愛媛県松山市を舞台に、毎年こんな大会が行われています。
それは「俳句甲子園」。

「俳句甲子園」は高校生の競技大会。
5人1チームで赤白に分かれ、鑑賞力を計ります。
勝敗は俳句の出来だけではなく、質疑応答でのディベートも面白く、
その鑑賞力も評価に入るんだそうです。
審査員の支持を得た方が勝ち。つまり試合になっています。



NPO法人「俳句甲子園」実行委員会、会長の日野裕士(ひの・ゆうじ)さんに伺いました。

「もともと、松山市というのは俳句が盛んな所でして、
小学生中学生の中には、大変、みずみずしい感覚を持った生徒たちがいるんですね。
でも、高校生になると俳句を辞めてしまうわけです。
なんとか気持ちを俳句に向けさせたいという想いから、
俳句甲子園というものをはじめました。」

俳句甲子園がはじまって、今年で20回。
俳句をはじめる高校生は、年々増えているんだそうです。

「俳句というものを学ぶ上で一番大切なことは、季語をいかに知っていくか、ということ。
俳句を学ばなければ、見えなかったものが見えてくるようになる。
聞こえなかったものが聞こえるようになる。
心豊かな高校生たちが、本当にたくさん増えているように思います。」



いままで聞こえなかったものが、聞こえるようになる。
そんな感性を養えるのは俳句だからこそ。

最後に日野さんから、高校生へ向けた一句、詠んでいただきました。

「待ち人来ず 画面をなぞる 指へ雪」 三津浜わたる(俳号)

※説明
俳句を始めると、「待つ」という行為も苦にならなくなるものです。

Vol.47 「伝統こけし」 青森県

Podcastを再生するradikoで再生する


東北の山間地で生まれた「伝統こけし」。



「伝統こけし」は、東北地方特有の風土で育まれた木地を挽いてできた玩具の一種です。
特に温泉地を中心に発達しました。
木工職人が器や盆などを作るかたわら、湯治客相手に子供のおもちゃとして作ったのが、
はじまりだといわれています。

戦後、こけしの技法を用いて東北に限らず全国で作られるようになった「おみやげこけし」や
「創作こけし」がブームとなり、それらと差別化するために「伝統こけし」と呼ばれています。

東北の地方ごとに独特の形態や模様、表情を持った様々な「伝統こけし」が根付き、
今日まで長きにわたって継承されているのです。



全国の5000本にも及ぶこけしを展示、販売をしているこけしの情報拠点が、
青森県の黒石市にあります。




「津軽こけし館」、山田拓郎(やまだ・たくろう)さんにお話を伺いました。

「最近増えてきたのが、“こけし女子”という言葉もあるんですけども、
30代から40代ぐらい、今までにはちょっといなかった若めの層の方、
特に女性の方が、だいたい10センチ前後のこけしをよくお買い求めになるために
遠方から来ているんですよ。」



日本全国に増えてきた、「こけし女子」。
「伝統こけし」の魅力を山田さんはこんな風に語ります。

「やっぱり手作り作品で、木目が違ったり、同じような顔の表情をしていても、
必ずどこか違いがあります。
人間と同じで十人十色というか、一点ものというのが、選びがいがありますので、
少しだけでも、手に取って見てもらえる機会が増えればいいなと思います。」



同じように見えても、1つ1つ表情がちがう「伝統こけし」。
寒い東北に根付く暖かい伝統工芸、これから先もきっと新しい表情を見せてくれることでしょうね。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 79 | 80 | 81 |...| 101 | 102 | 103 || Next»