みらい図鑑

Vol.19 「サイダー“ダイヤモンドレモン”」 兵庫県西宮市

Podcastを再生するradikoで再生する


今回のタカラモノは、100年以上という長い歴史を持ったサイダー、
「ダイヤモンドレモン」です。

兵庫県の西宮市にある「布引礦泉所(ぬのびきこうせんしょ)」が作っています。
「ダイヤモンドレモン」は1914年(大正3)に誕生。




サイダーは、水に砂糖を加え、炭酸ガスを注入し、香料を入れるだけのシンプルな飲み物。
水は社名にも由来する神戸・布引の水、香料はフランス産の高級品を使用、
そして、昔ながらの砂糖を使って、100年前と変わらぬ方法で作られています。

「布引礦泉所」代表、石井恭子さんにお話を伺いました。

「子供のころから、ずっと、このダイヤモンドレモンが大好きで、
もし私がこの会社に入って継がなければ、この商品、世の中からなくなってしまうのでは
ないかなと思ったのが一番最初のきっかけで、
これは絶対、私自身がなくしたくないと思った商品なので、今も作り続けています。」

作り手として、このサイダーを誰よりも愛する石井さんの、
“ゆずれないこだわり”もあるそうです。

「どんどん世の中って便利になっていくんですが、
そのなかでも、ちょっと不便かもしれないんですけど、ビンにこだわっているんですね。
もちろんリサイクルの意味もあるんですが、
味わいが変わらず飲めるのがビンのいいところだと思うので、
これからも作り続けたいと思います。」



かつては人の手で1本ずつ巻かれていた瓶の口の銀紙は、
当時は高級品であったことを今に伝えるアイテムの一つです。
そして、昔のままの瓶だからこそ、
「原料も製法も変えずにそのままのおいしさを、今につなぐことができた」と石井社長。

「ダイヤモンドレモン」は、紅茶と合わせるティーソーダや、果物にかけるフルーツポンチも
オススメだそうです。
大正時代から変わらない国産のソーダ。
100年後の未来にも栓抜きのいい音が響いていますように。

Vol.18 「紙ふうせん」 新潟県出雲町

Podcastを再生するradikoで再生する


今回のタカラモノは、昔懐かしい「紙ふうせん」。
明治24年頃に登場して以来、大正、昭和の時代を通じて子供たちに愛されてきた玩具です。

その舞台は漁業の町、新潟県の出雲町。
出雲崎町のある海岸地区で、海の荒れる冬場の漁業に変わる仕事として、
また、漁師の妻の手仕事として、多くの町民が参加できる貴重な冬場の収入源となったのが
紙ふうせんづくりでした。



昭和初期頃までは首都圏でも盛んに作られていましたが、時代の流れとともに姿を消し、
今では国内唯一の製造元となったのが「磯野紙風船製造所」。
代表をつとめる磯野成子さんのお話です。

「紙ふうせん作りって本当に100年前から今まで変わらないんですね。
たまたま強くたたいた時に破けますよね。
でも破けても、いろんな紙を貼っていけばその紙風船はずっと使えるものです。」

日本古来の伝統を守りながら、現在まで素材となる紙から製造におけるひとつひとつの工程を、メイド・イン・ジャパンにこだわって丁寧に作っている「磯野紙風船製造所」。
こんなユニークなものもあるんですよ。




「どんな方が買って、どんな風に使って頂けるんだろうって考えるだけで楽しくなりますよね。
本当に紙ふうせんを見ていると、なごむんですよね。
毎日携わっていると、そんなときが一番なんかこう幸せに感じますね。」

100年前から変わらない方法で、ひとつひとつ人の手によってつくられる紙ふうせん。
たとえ破けても、いつまでも使えるんです。
100年後にも、子供たちがパンパンと楽しそうにはじく音が聞けるといいですね。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 80 | 81 | 82 |...| 88 | 89 | 90 || Next»