みらい図鑑

Vol.91 「和ろうそく」 石川県

Podcastを再生するradikoで再生する


石川県、能登半島のつけ根に位置する七尾市で、
昔と変わらず、今も作られ続けているのが、「和ろうそく」です。



能登地方は、昔から七尾港が栄えていたため、
「和ろうそく」に使われる原料の仕入れや運搬が可能なこともあり、
古くから生産が盛んに行われていたんだそうです。

石油由来の「西洋ろうそく」に対し、「和ろうそく」は植物由来。
ハゼの実や米ぬか、うるし、ヤシ、菜種など、
自然界にあるものだけを用いて、手作りで仕上げられます。
火をともせば、「西洋ロウソク」との違いは明らかです。





創業明治25年。
県内で唯一和ろうそくを作り続けるろうそく店、「高澤ろうそく」の5代目、
高澤 久(たかざわ・ひさし)さんに伺いました。



「見た目で違うのが、やはり、炎ですね。
火をつけたときに大きく明るくなります。
ゆらぎもありますので、眺めていても飽きない、というのが特徴ですね。」



見た目だけでなく、すすが出ず、においも汚れも気にならない「和ろうそく」。
消えにくい、という特徴もあるようです。
高澤さんは「和ろうそく」の魅力をこう語ります。

「炎をつうじて、なにか、人の心に届くということが素晴らしい点だと思います。
火をつけたり、火をながめる行為は、
人が持っている“落ち着く”という感覚に訴えかけるんじゃないかと思いますね。」



いつもの食卓に灯す、1本の和ろうそく。
親しいだれかと灯りを囲めば、それだけで温かい雰囲気が生まれそうですね。

Vol.90 「竹あかり」 熊本県

Podcastを再生するradikoで再生する


「自分たちのまちは、自分たちで照らそう」。
そんな呼びかけをおこなっているチームが熊本県にあります。
名前は、「ちかけん」。

竹を斜めに切って、様々なデザインの穴をあけ、
その中に火の灯ったロウソクを入れれば出来上がり。




何百本、何千本の竹あかりを集めて、
地域のみんなで、ひとつの大きな作品を作るこのプロジェクトが、
熊本を拠点に全国に広がっています。



竹あかり演出家の三城賢士(みしろ・けんし)さんに伺いました。

「竹あかりを見た人は、涙を流して喜んでくれたり、拝んでいるおばあちゃんもいるんです。
日本は、もともと竹のかごとか、竹の橋とか、
ほんと、竹だけでみなさん生活をしてきたぐらい身近なものだったんですけど、
プラスチックなんかがどんどん出てきたことで、
なかなか本物の竹を使うことが無くなったんですね。」



使われる竹は、竹林整備により伐採される間伐材。
あかりをともした後の竹は、炭や堆肥にして土に還します。

この循環の輪も「ちかけん」の作品のひとつ。
三城さんの思いを教えて頂きました。

「いままで切られていた竹林が、切る人がいなくなって、
誰も入れない藪になって放置されています。
もういちど、竹にみんなが目を向けてくれる活動になればいいなと思っています。」



特別な職人さんが作るのではなくて、街のみんなで作る竹あかりのオブジェ。
電気ではない自然の光によるライトアップが、
見る人の心を優しくなごませてくれそうですね。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 81 | 82 | 83 |...| 125 | 126 | 127 || Next»