みらい図鑑

Vol.23 「富士山の森が小学校」 富士山

Podcastを再生するradikoで再生する


今年から日本の祝日に新しい1日が加わります。
8月11日の山の日ですね。
日本は海に囲まれた海洋大国でありながら、
同時に、山の国でもあるんです。
国土の森林面積は、なんと、先進国トップクラスの66%。
もっと山に親しもう!
そんな想いから、山の日という祝日が生まれました。

日本一の標高を誇る山と言えば、ご存知、富士山。
さまざまな自然保護団体が活動をおこなっているなかでも、
とりわけユニークなのが、
「富士山の森が小学校」という体験プログラムです。




子どもたちが、ただただ、富士山の麓を遊び尽くす!
そんな取り組みを手掛けているのは、
「富士山アウトドアミュージアム」というグループです。
代表の舟津宏昭さんにお話を伺いました。

「単純に、富士山のふもとで遊ぶだけなんです!
公園にも行くし、森の中にも入るし、湖の中でも遊びます。
ときには、トレッキングプログラムもやるし、
ネイチャーゲームもします。
富士山は、ふもとでも、自然を感じられる場所です。
風が吹く日も吹かない日もあります。
雨が降る日も降らない日もあります。
同じ自然環境の日は、たった1日もないんですよね。
そういった偶然も、楽しみのひとつです。

ずっと富士山で活動していて気が付いたんですね。
富士山のまわりで生活している子どもたちが、
じつは、あまり富士山のふもとで遊んでいないなってことに。
だったら、そういうプログラムを作ろうよ!
そういう想いから、富士山の森が小学校が生まれました」




じつは、この、子どもたちのためのプログラム。
取り組みを考案したメンバーは、
富士山のふもとで二人の子どもを育てているお母さん。
「富士山アウトドアミュージアム」
中心メンバーとして活躍する舟津章子さんです。

「富士山の清掃活動って私たちの世代では終わりません。
日本中の人たちが日本一の山に想いを馳せて、
さらに地元の子どもたちがその中心になってほしいんですね。
じゃあどうするか。
まずは、富士山を少しでも好きになるということ。
その想いが原動力になって、
いつまでも富士山を守っていけたらいいですよね」




「五感をフルに使って、富士山の魅力を感じてほしい!」
そう話す舟津宏昭さんは、
富士山の環境保全に関わって今年で15年目。

かつては山小屋に暮らしてバイオトイレを設置したり、
長い間、清掃活動をおこなってきました。
汚い富士山をキレイにするという“対症療法”を経て、
これから大切なことは、
子どもたちに希望を伝えることだと話します。





「富士山アウトドアミュージアム」。
そのコンセプトは、
「富士山に関わるすべてのものが博物資料」というものだそうです。
活動がスタートしたのは、2014年。

主な活動の一つが、「富士山『動物交通事故死』マップ」です。
山梨県と静岡県をまたぐ広大な富士山では、
毎年、多くの動物が、自動車の事故にあっているそうです。
どんなエリアでどんな被害が多いのか。
調べていくうちに、様々な傾向があることもわかりました。
「いつか、その情報をカーナビと連動させたい!」
それが、舟津宏昭さんの想いです。



富士山が世界文化遺産になってから、
ドライブで富士山を走る方の数はとても増えているそうです。
日本一の山には、たくさんの動物が住んでいます。
日本に暮らす哺乳類のほとんどが、富士山に暮らしています。
「森の中におじゃまします!」
そんな気持ちが浸透していく日まで、
富士山アウトドアミュージアムの活動は続きます。

Vol.22 「沖縄コーヒー」 沖縄県

Podcastを再生するradikoで再生する


コーヒーといえば、ブラジルが生産量世界一。
南国で生産されるイメージがあるとおり、世界のコーヒーは、「コーヒーベルト」と呼ばれる
赤道を中心としたエリアが主な産地になります。
そんな中、かろうじて栽培ができる北限の土地があるんです。
それが、日本の沖縄。



沖縄本島でコーヒー栽培の研究をはじめて27年。
「沖縄コーヒー生産組合」、組合長の宮里直昌(みやざと・なおまさ)さんのお話です。

「コーヒーは沖縄の厳しい自然が相手ですから、大変、難しいですね。
まあ、最近は若い人が来てくれていますし、
みなさんコーヒーの話をすると目が輝いてウキウキしている。
ちょっと前までは定年をした方々が多かったんですが、
最近は30代40代の方が多いですね。」






この北限の地、沖縄は、世界的に見ても珍しいエリアで、
コーヒーの木にとって冬の寒さが厳しい環境ですが、
日本の寒い冬に耐えたコーヒーは、特徴ある味が作り出せる、、、
そんな可能性が秘めているといいます。





宮里さんの挑戦は、国産のコーヒーを栽培して収穫するだけではありません。
いかに美味しいコーヒーを作るか。
研究開始からもうすぐ30年。
そんな宮里さんの挑戦に、多くの若い方が集まっています。

「沖縄の農業にインパクトを与えて、沖縄ブランドとして、全国、そして全世界に、
沖縄コーヒーを出荷できて、美味しいコーヒーがあるというコーヒーの名産地にしたい
ですね。」



沖縄にコーヒーの木が持ち込まれて、およそ90年。
台風の多いこの土地で、コーヒーを安定的に生産するために多くの先人達が努力を重ねて
きました。

そんな沖縄コーヒー、早ければ今年か来年にも全国へ販売できるという嬉しい情報もあります。
日本が誇る美味しい沖縄のコーヒー、その香りを世界中に届けたいですね。
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 82 | 83 | 84 |...| 92 | 93 | 94 || Next»