みらい図鑑

Vol.60 「雲州そろばん」 島根県

Podcastを再生するradikoで再生する


今回のタカラモノは、「そろばん」。
玉が串ざしになっている計算器具ですね。
カチカチと玉をはじく音が懐かしく感じられる人もいるのではないでしょうか。

全国的に知られる「そろばん」の産地が島根県奥出雲町にあります。
ここで作られるものは「雲州そろばん」といって、国の伝統的工芸品に指定されています。



奥出雲町で、そろばん職人としては全国で初めて「現代の名工」となった、
内田文雄(うちだ・ふみお)さんのお話です。

「そろばん作りには187の工程があるんですね。
それを一貫して、1から187まで全て出来るのは、もう、私ひとりしかいません。
180の工程があるということは、300以上の道具が必要ですね。
それを全部、自分で作らなければならないんですね。」



「雲州そろばん」は、加工から最後の仕上げまで、機械をほとんど使わず手作業で作られるため、
最大の魅力はその質の良さにあるといいます。
早い指の動きにも玉が安定して、よく動く上にピッタリと止まる。
つまり、“計算ミスの少ないそろばん”というわけです。




そんな「雲州そろばん」、日本はもちろん、海外でも高い評価を受けています。

「東南アジアはもとより、アメリカ、イギリス、ヨーロッパでもそろばんは使われて
授業をしています。
やっぱり、もともとは日本から発信したようなものですから、
もういっぺん、日本でも復活したら嬉しいなと思っているわけですけどね。」

そろばんを作って55年。そろばん作りに関わる187の工程をすべて一人で担っている
内田さんは、現在70歳。
日本で唯一の技術を次の世代へ残そうと、工房には、その技術を学ぶ後継者も現れてきている
そうです。

雲州そろばんは、「使ってもらってナンボ」、と笑いながら語る内田さん。
世界中のいろんな場所から、玉をはじくキレの良い音が100年後にも聞こえますように。

Vol.59 「肥後こま」 熊本県

Podcastを再生するradikoで再生する


はるか数千年前の時代から、世界中の子どもたちに愛されてきた玩具「こま」。

“全てがうまく回りますように”
そんな想いが込められた縁起の良い「こま」が、熊本県で親しまれています。
名前は「肥後こま」。肥後こまには多くの種類があります。





400年前にインドネシアの方から朝鮮を経て熊本へ伝わった「肥後こま」。
江戸時代には武家の子どもたちの遊びとして広まり、
その後、明治になって庶民に広がっていきました。

肥後こま工房「トップクラフト」、代表・竹原栄太郎(たけはら・えいたろう)さんに
お話を伺いました。

「肥後こまの場合は、色の数は少ないのですが4色を使っています。
赤が心臓、黄色が肝臓、緑が膵臓、黒が腎臓。
身体の五臓を示して、健康を祈願しているというか、それが特徴ですね。」

赤、黄、緑、黒の4色に、色の付いていない無色を合わせて身体の五臓。
「健康長寿」の願いが込められた「肥後こま」ですが、
子どもたちの遊ぶおもちゃが多様化する過程で、職人さんの数も今では数えるほどになっているそうです。




竹原さんが製作を手掛けるようになったのは、
肥後こまを作る講座が地元で始まったのがきっかけ。
幼い頃、毎日のように遊んでいたのが懐かしくなって、興味が湧いたといいます。

ところが、こまを作る人が減少。
なんとか後世に残したいという気持ちから、将来までできる仕事だと感じ、
肥後こまの製作を始めた竹原さん、こんな風に語ってくれました。

「肥後こまの色合い、木のぬくもり、回した時の楽しさ。
ぜひ、今後の世代に残していきたいなと思っております。」



肥後こま工房の「トップクラフト」は、子どもたちへの普及を目指して、
自由に絵を付けて楽しんで頂ける「絵付け体験」を定期的におこなっているそうです。

健康をねがってぐるぐると回すコマ。
こどものみならず、大人も手元にひとつ、おいておきたいですね。


«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 93 | 94 | 95 |...| 121 | 122 | 123 || Next»