みらい図鑑

Vol.34 「紀州の梅干し」 和歌山県

Podcastを再生するradikoで再生する


日本人にとって秋の食欲をそそる”究極のごはんのおとも”が、今回のタカラモノ。
「紀州の梅干し」です。

梅の生産量日本一を誇る和歌山。その歴史は51年前に遡ります。
1965年に品種登録された「南高(なんこう)」の栽培が、みなべ・田辺地方で拡がり、
大粒で果肉が柔らかく質の良い「南高梅」の大産地として発展。
紀州梅の産地は、昨年12月、「みなべ・田辺の梅システム」として世界農業遺産登録されました。

およそ400年にわたり、梅を中心に地域資源を有効活用して、
生物多様性や農文化を育みながら、持続的に生産されてきた農業システムが、
「みなべ・田辺の梅システム」です。



代々と受け継がれ、長年にわたって日本中の食卓を彩ってきた「紀州の梅干し」。
その愛される理由を「紀州田辺梅干協同組合」、理事長の中田吉昭(なかた・よしあき)さんに伺いました。

「果肉のきめの細やかさ、非常にやわらかくてとろけるような食感。
そして梅そのものが持つ味の良さですね。
それが活かされているからこそ、紀州梅干しっていうのは美味しくて、
多くの人に好まれているんだと思います。私も毎日、食べております。」



現在も、昔ながらの伝統製法で造られている「紀州の梅干し」。
収穫した梅を1か月ほど塩で漬け込み、天日干しにしたあと加工。
日本の伝統的健康食である、昔ながらの酸っぱくて塩辛い梅干しを作り続けています。





地元の小学校では、梅干しを学び、給食で食べる食育の授業も行われていて、
大人気なんだそうです。

「子供さんたちも梅干しが大好きだって言ってくれています。
この子どもたちが将来もずっと梅干しを食べ続けてくれる、
100年後も、紀州梅干しが、日本だけでなく世界中の人々の健康に活かされている、
それを夢見て作り続けていきたいと思っております。」

和歌山が誇る「梅干し」。
ニッポンを飛び出して世界中で愛される未来は・・・もう来ていますよね。

Vol.33 「無添加せっけん」 兵庫県

Podcastを再生するradikoで再生する


今回のタカラモノは、無添加石鹸。
60年以上のあいだ天然素材にこだわって、無添加の石鹸を作り続けているのが
兵庫県にある「丸菱石鹸」です。

無添加石鹸とは、防腐剤や品質安定剤、合成香料、合成色素などを配合しない石鹸のこと。
「丸菱石鹸」では、オリーブやファーム、ヤシ、米ぬか、シアバター、アーモンドなどの植物油で、熱かけず、油とアルカリの反応熱で仕上げていくコールドプロセスという製法で石鹸を
作っています。
製造時に火を使わないので、二酸化炭素の排出も抑えられるんだそうです。



「昭和の大量生産・大量消費の時代を過ぎて、昔ながらの手作り無添加石鹸を、
今また、お買い求めになられる時代になってきたと感じていますね。」

と語ってくれたのは、「丸菱石鹸」の二代目、代表の西垣壮南(にしがき・そなむ)さん。

もともとは、粉石鹸を中心に製造していた「丸菱石鹸」。
合成洗剤の台頭により粉石鹸が衰退していく中で、
合成洗剤による環境汚染や肌トラブルなどの問題を抱える人が出始めたことから、
粉石鹸に再び需要が集まるようになり、家庭で使いやすい固形石鹸の製造にシフトしていきました。



肌のトラブルに悩んでいる人だけでなく、
なるべく環境負荷の少ないモノを選びたい、という人も増えているんだそうです。
西垣さんに、未来に向けての想いを伺いました。

「石鹸って、そう難しいものじゃないと思うんです。
産業革命でどんどん“作り手重視”の物になってしまい、
差別化しないと売れなくなってきたために余分なものを入れたり。
そうではなく、シンプルなものづくりを続けて、
人の肌はそんなに昔も今も変わらないですから。
昔ながらの、優しい洗い上がりの石鹸作りを目指してやっていきたいと思っています。」

シンプルなものは、使う人、本来の美しさを磨きます。
自然な輝きで満ちている肌の美しさを100年先の人にも伝えるために、
無添加石鹸をこれからも作り続けてほしいですね。

«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 98 | 99 | 100 |...| 113 | 114 | 115 || Next»