みらい図鑑

VOL.211「鹿革の名刺入れ」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

社会人の必須アイテムのひとつ、「名刺入れ」。
その素材はさまざまですが、今回、注目するのは「鹿革」です。

null

北海道にある、鹿の革製品を製造する会社「レザレクション」。

一流ハンターが狩猟した鹿は、
新鮮で高品質な革を保つため、二時間以内に冷凍保存、
解体から縫製まで、全ての工程を自社で手掛けています。

現在、日本に流通している皮革は、ほとんどが海外産という現状のなか、
数少ない国内一貫生産の会社です。

null

「レザレクション」、代表の林徹さんに伺いました。

「いま、日本全体で鹿が増えすぎたため、害獣としての問題を抱えています。
年間に60万頭近くが獲られているんですが、
そのうちの9割以上は、廃棄されている現状があります。
鹿革というものは、しなやかを長い間保って、水にも強く、
お手入れもいらなくてずっと使える、凄く良い革なんです。」

null

家族ができて、東京から北海道に移住した林さん。

肉を食べるということは、“命を頂いている”ということに改めて気付き、
その後、狩猟免許を取って山に入るようになりました。

自分が仕留めた鹿を頂いた時、
“ありがとう”という気持ちと、鹿に対する責任を感じたといいます。

そこから鹿について勉強していくなかで、狩猟後、多くが廃棄処分になっていることを知り、
なんとかして、良いサイクルを生みだせないかと、
革製品づくりをスタートさせました。

null

「きちんと処理・管理をして、良いものとして使っていただくお客様にも喜んでもらい、
鹿の命も大事にしたいと思っています。
一生ものというか、それ以上、たとえば、お子さんやお孫さんまで使っていただけるような、
想いを乗せられる商品になっていると思います。」

null

100%国産にこだわり、
日本の未来も考えて作られる「レザレクション」の鹿革製品。

そのバックボーンを知ることは、
命から頂いた素材を人間が活用する意味を知ること。

鹿への感謝の気持ちを忘れることなく、大事に長く使っていきたいアイテムですね。