みらい図鑑

VOL.255「フラワーロスで作るアクセサリー」

Podcastを再生するradikoで再生する
null
コロナによって、行き場を失ったもの。
そのひとつが「花」。

イベントや行事などの中止が相次ぐなか、花の需要が減り、
きれいなのに廃棄されてしまうという状況が続いています。

null

そんな花を有効活用しようと、
廃棄される花を加工し、アクセサリー作りのデザインを手掛けているのが、
クリエイティブユニットの「カエルデザイン」。

まず、一枚一枚、花びらをはがしてドライフラワーにしてから、
樹脂コーティングを施して、イヤリングやネックレスなどに生まれ変わらせます。

この作業をおこなっているのが、石川県金沢市にある、
リハビリ型の就労スペース、「リハス」に通うメンバーです。

null

“クリエイティブな力で、
もっと世の中に貢献できることがあるんじゃないかと思っていた。“

そう話すのは、「カエルデザイン」のクリエイティブディレクター、
高柳 豊(たかやなぎ・ゆたか)さん。

デザインはできても、
それを実際に作る人がいないとモノづくりは成り立ちません。

誰に作ってもらいたいかを考えていた時、
縁あって、障害者の就労支援の施設と出会い、
その仲間たちと一緒にアクセサリーを作りたいと思った、と高柳さんは話します。

null
「リハス」の合言葉は、“障がいがあっても稼ぐ”。

この理念に共感し、「一緒にアクセサリーを作ろう」と呼びかけた高柳さん。
こんな想いも語ってくれました。

「障がいをもつと、なかなか生きにくい世の中で、
そのなかで稼いでいくのはほんとうに難しい課題です。

内職的なことをやっても、
最初から最後まで、何かを完成させることが少ないと思うんです。

僕たちは、最初から最後まで、障害を抱えた方に作り上げていただいています。
その喜びって、うまく言えないんですが、
作ることと、心の喜びが、一体になっている気がするんです。
それがすごくいいな、と思っています。」

null

「カエルデザイン」の挑戦は、環境に優しい、サステナブルな取り組み。

廃棄された花のほかにも、
海洋プラスチックによるアクセサリーもデザイン。「リハス」で作っています。

社会にも、地球にも優しく、そして、収益にもつながる。
この循環こそが大切なんですね。