みらい図鑑

VOL.304「シーサー」

Podcastを再生するradikoで再生する
null

沖縄の風景に欠かせないもの、「シーサー」。

民家の屋根や門など、
さまざまな場所に置かれている魔除けの守り神です。

null

そもそもシーサーは、シルクロードを渡り、中国から沖縄へ伝わった「獅子文化」。

獅子をモチーフに、
多くの職人さんが、“権力の象徴”から“神”へと昇華させ、
沖縄独自の文化へと発展しました。

「シーサー」という名前は、
「獅子」という音が転じたものだと言われています。

null

そんな、沖縄の大事な文化を守り続けている、
若きシーサー職人がいます。

読谷村にある窯元、「やちむん家(や)」で働く、
新垣優人(あらかき・ゆうと)さん。27歳。

おじいさんも、お父さんも、シーサー職人。

家族が働く姿に魅了されて、
大学3年生のときに、シーサー職人の道へと踏み出しました。

null


「僕からしたら、
シーサーは、家族の一員として受け入れてもらいたいなって思っていて、
悪いものを跳ね返して、福を呼び込む守り神として捉えてくれる方も多いんですが、
僕は、家に入ってくる家族の一員という感じで、
受け入れてもらった方が嬉しいんです。」

null

沖縄の赤土を素材にして、
頭の中にイメージしたシーサーを、1体1体、形成していく新垣さん。

気品と風格を感じさせるシーサーづくりのすべての工程を、
ひとりでおこなっています。

null

「顔の表情だったりとかは、
1ミリ単位で、自分の納得いく表情、納得いかない表情になるので、
そういったところは、気をつけて作っています。

沖縄の誇りであり、自分の誇りでもあるシーサーを、
死ぬまで作り続けていきたいですね。」

null

地域に愛され、育まれ、継承されてきた沖縄県の「シーサー」。

この土地だけに根付いた“獅子文化”は、
若き職人さんの手によって、大切に守り続けられています。