JOC企画 スポーツラジオ番組 MY OLYMPIC STORY

Message メッセージはこちら

オリンピックには言葉にして伝えたい物語がある・・・
あのとき、あの瞬間、アスリートたちが感じた運命の一瞬を池松壮亮の朗読でご紹介していきます。Personality 池松壮亮

TOKYO FM / JFN 38 stationsEvery Saturday 22:30 - 22:55

OnAir Schedule - 今後の放送予定

8.31

Next MY OLYMPIC STORY

次回はこのアスリートの物語をご紹介いたします。

越川優(ビーチバレー)

  • 8.31

    越川優(ビーチバレー)

*予告なく変更になる可能性もございます。ご了承くださいませ。

OnAir Report - オンエアレポート

野村敏京の、運命の一瞬

2019.08.24

【2019/8/24 O.A】
マイ オリンピック ストーリー。
アスリートたちが感じた運命の一瞬。

今週は、リオデジャネイロオリンピックで116年ぶりに復活を果たし、東京オリンピックでも盛り上がりが期待される女子ゴルフ界、その実力派、野村敏京の一瞬に迫りました。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2016年8月20日、リオデジャネイロオリンピック。
     
ゴルフ女子、決勝ラウンド。
     
日本代表の野村敏京(のむら・はるきょう)は、猛チャージをみせた。

トップと6打差で最終日をスタートした野村は、その時点で15位。そこから一気に追い上げる。
     
6バーディー、ノーボギーの、65をマーク。
     
この成績は、参加した59人の選手の中で2番目に良いスコアだった。
     
ホールアウトしたとき、通算9アンダーで、3位グループ。最終組でプレーするニュージーランドのリディア・コが、4メートルのパットを、3パットすれば、銅メダルを賭けたプレーオフになる。

グリーンを見守る、野村敏京。
   
でも、彼女は、気づいていた。
     
「おそらく、一打足りない。初日の痛恨のミス。あの一打が、悔やまれる・・・私はメダルを・・・とれない」

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ニュージーランドのリディア・コは、4メートルのパットを一回で沈め、バーディー。
銀メダルを獲得した。野村は、4位入賞。
日本人の入賞は初めての快挙。しかし、彼女はもちろん満足していない。

2020を見裾えた彼女の闘いに注目です。
応援しましょう!頑張れ!HARU!!

MORE
Twitter Facebook LINE
to top