TOYKO FM
英語のアルク presents 丸山茂樹のMOVING SATURDAY
personality 丸山茂樹
英語のアルク presents 丸山茂樹のMOVING SATURDAY
日本はもちろん世界で活躍をしているプロゴルファー丸山茂樹氏が、"スポーツ" "ビジネス" "エンターテインメント"など様々な世界の第一線で活躍する方をゲストに迎え、「チャレンジ」「教育」「マネジメント」「ゴルフ」など、幅広いテーマでトークを繰り広げる、ラジオ番組を舞台とした異業種マッチプレーをお届けします。
personality 丸山茂樹
2020.03.27
バレーボール元日本代表・山本隆弘、エースの重圧に「何回ユニフォームを脱ごうと思ったか…」

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。3月21日(土)の放送は、バレーボール元日本代表の山本隆弘さんが登場しました。

山本隆弘さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



山本さんは、1978年生まれで鳥取県出身。中学1年生のときにバレーボールを始め、名門・鳥取商業高校へ進学。1年からレギュラーに抜擢され、全国大会に出場を果たしたほか、全日本ジュニア代表や全日本ユース代表にも選出。

その後、日本体育大学に進学し、全日本代表に選出され、エースとして日本デビューを果たしました。サウスポーから繰り出す強烈なスパイクを武器に、2003年のワールドカップでは、ベストスコアラーとMVPを獲得するなど日本のエースとして活躍し、2008年北京オリンピックに出場。

現役引退後は、バレーボールの解説や普及活動、メディア出演等で活躍中。2019年6月にはT-FIVE VOLLEYBALL アカデミーを開講し、選手の育成にも力を入れています。

◆日本人選手のレベルは?

丸山:(男子日本代表が)世界の高い壁に立ち向かえるようになった理由は?

山本:サーブが非常に良かったので、普通であれば攻撃が4~5枚くるんですけど、サーブで攻めている分、攻撃枚数が絞れてブロックとレシーブをはめ込むことができた。

丸山:日本の選手は、海外選手のレベルの高さには追い付いているんでしょうか?

山本:海外に渡っている選手も増えてきていますし、国内のリーグでも世界のトップ選手がけっこう来ていますから、高さ慣れしてきていると思います。

丸山:山本さんは201cmと2メートルを超えていますけど、なかなか日本人ではねぇ。

山本:世界では普通なので。大きい人だと218cmとか。

丸山:そんなに大きいの!? 日本って身長が高いと、子どものころからなんとなくバレーボールやバスケットボールをやるじゃない?

山本:僕は小学生のとき小さかったですよ。卒業のときは158cmでした。

丸山:そこから50cm近く伸びちゃったと……嘘でしょ!? バレーボールの世界で生きていこうと思ったのは?

山本:始めたころは全然なかったですよ。中学1年のときに始めたんですけど、部員は2人でしたから。

丸山:バレーボールとして成立していないじゃないですか。

山本:成立していないから入部したんですよ、楽なので(笑)。小学校のときは野球とサッカーをやって、中学では陸上をやったけどやめたんです。すぐに諦めちゃう子どもだったので、スポーツは向いていないなって思っていたときに声をかけられて。本格的にやったのは高校からですね。

丸山:そうなんだ。

山本:高校での練習は厳しかったんですけど、今まで我流でやっていたプレーが、専門的に教えてもらえるようになると、すごく簡単になってきて、それが楽しくなって。

丸山:(スタートは)遠回りしていたんだね。

◆エースとしての葛藤

丸山:2008年北京オリンピックの思い出は?

山本:オリンピックに出場しましたけど、正直あまり印象がないんですよ。開会式はすごく感動しました。ただ、試合に関しては1勝もできなかったですし、全く思い出がないんです。オリンピック出場を決めたのが6月で、8月が本番だったんですけど、6月にピークを持ってきていたから、オリンピック本番にピークを持っていくことができなくて。

丸山:そういう難しさもあるんですね。「エース山本」と呼ばれて日本のバレーボール界を背負ってきましたけど、責任を感じました?

山本:しょっちゅう感じていましたよ。何回ユニフォームを脱ごうと思ったかわからないくらい。

丸山:エースであるが故に、勝っても山本、負けても山本と言われるくらい、ずっとプレッシャーを感じてきたと思いますけど。プレーから学んだことや次世代にこんなことを教えていきたいということはありました?

山本:チームスポーツなので自分1人でプレーするのは良くないと思っていたんですよ。だけども、勝っても山本、負けても山本と言われるようになってから、例えば自分がスパイクを100%決めても、負けたら山本と言われる。そういう部分にすごく葛藤があって……一度だけ、世界選手権のときに「全部トスを持ってきて」とセッターに要求したんです。それで試合に勝ったからいいのはいいんですけど、個人技に走ってしまったなって。

丸山:なるほど。

山本:当時のリベロが「あいつは真のエースになった」と言ってくれて、自分のポジション的に全部トスを呼ぶことは問題ないんだなということを感じて、まずそこで自分自身変われたのが、一番大きいですね。

次回3月28日(土)の放送も、引き続き山本さんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!

そして、JFN PARKでは丸山茂樹のスピンアウト番組「MARUYAMA RADIO」が配信中! 丸山プロがゴルフに関する質問、疑問、人生相談などに答えます。音声は「JFN PARK」アプリで聴くことができます。

丸山プロへの質問・メッセージは、番組Webサイトからぜひお送りください! また、番組Instagramでは、ゲスト写真などをアップしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年3月29日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/
番組Instagram:@ movingsaturday_tfm

2020.03.19
武井壮が毎日1時間フィジカルトレーニングを欠かさない理由

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。3月14日(土)の放送は、前回に引き続き、タレントの武井壮さんが登場しました。

武井壮さん(右)とパーソナリティの丸山茂樹



◆大事なのは毎日の積み重ね

丸山:39歳で芸能界に転身して以来、どんなに忙しくてもいろいろな努力を重ねてきたと思うんだけど、毎日1時間のフィジカルトレーニングを欠かさないとか。これは何年やっているの?

武井:芸能界でデビューするまでは暇だったのでもっとやっていたんですけど、芸能界に入ってからは1時間って決めたんですよ。なぜかと言うと、僕が5時間も6時間もトレーニングしていたら、「それができないんだよ」ってみんな言うんですよ。「それができたら成功するよ」とか「そりゃあスポーツ上手くなるよ」って思うじゃないですか。

丸山:うん。

武井:でも結局、みんなが苦労しているのって“何だろう?”って思ったら、仕事して疲れて家に帰って、“もうやる気がない”とか“もうこのまま寝たい”っていう戦いが一番大きいじゃないですか。

丸山:うん。

武井:僕自身もそうなんですよ。しんどいけど、1時間ぐらいだったら“頑張ろう”という思いで必ずやるようにしていて。どれだけ仕事が忙しくても、この1時間で目標を全部叶えてやるから“見ていろよ”っていう感じで。だからみんなも1時間とは言わずとも、1分でも10分でもいいから何か決めて毎日積み重ねるといつの間にか1時間ぐらいできるようになるんですよ。

丸山:なるほどね。

武井:ただそれをやったり、やらなかったりすると、やる日は3時間とか言っても結局続かないからやめちゃうし、“まぁ、いいや”って気持ちが襲ってくるので。

丸山:そうだよね。

武井:だから1分でいいよって。僕、1分あったら500m走れますから。全力で500m競技場一周と100m走ったら、マジでボロボロになるじゃないですか?

丸山:なるなる。

武井:(体が)パンパンになるじゃないですか。1分って、それくらい努力できる時間なので。

丸山:いやぁ~、上手い例えだね! ちょっとこれはメモってどこかでしゃべらなきゃ(笑)。

武井:みんなやらない日があるじゃないですか。それを変えてほしいなという思いもあって、やっています。

◆武井流・ケガをしないためのケア

丸山:ケガをしないためのケアはどうしているの?

武井:お風呂と気温の管理をするようにしていて。エアコンとかを使って、部屋の気温と湿度を自分が心地いいと感じるところに毎回設定するようにしています。

丸山:哀川翔さんがカブトムシ育てているんじゃないんだから!

武井:ほぼ一緒です(笑)。哀川翔さんの言う、カブトムシを育てるために室内の気温とか季節によって変えなきゃいけないという理論は、僕の体調管理とほとんど一緒です。部屋の気温と湿度を調整をして自分の体が一番心地いいと感じている時間を長く取ってあげると、回復も当然速いし、脳が感じる疲労が軽減されるので、活発になるんですよ。

丸山:なるほどね~。

武井:あと、体の末端のほうをよく動かすようにしています。足首から先と、肘から先とかをゆるい運動でたくさん動かすようにして、なるべく血流をたくさん先のほうまで回すようにしています。血液がたくさん流れた分だけ回復するので、それを気を付けるようにしていますね。

◆武井壮の次なる夢

丸山:壮ちゃんっていろいろことをやりまくっているけど、これからの夢ってある?

武井:(50歳になったら)ゴルフのシニアツアーのトーナメントに出たいです。

丸山:チャンスはあるね。

武井:はい。マジで(可能性は)ゼロではないと思っています。ヨーロピアンのシニアツアーとか行けたら最高だなって。

丸山:またシュールなところを狙っているね(笑)。

武井:でもやっぱり、アメリカが最高じゃないですか。PGAツアーチャンピオンズとかに行けたら最高ですけど。

丸山:それはもうね、おじいちゃんの最高峰ですから。

武井:超狭き門じゃないですか。めちゃめちゃレベルが高いし、あそこは夢に持っておいて、1歩でも近づきたくて。

丸山:その夢はゴルファーとして嬉しいです。そのために何か協力できることあったら言ってくださいよ。

武井:お願いします!

武井:夢に向かって頑張っている人に、自信になりそうなメッセージをお願いしたいんだけど。

武井:夢は、叶ったり叶わなかったりするものです。なので、叶ったことだけが自分の成功だと思わないでほしくて。自分が時間を使った分だけ成功には必ず近づいているし、もし間違った方向に時間を使っちゃったとしても、ゼロよりはプラスが必ずあるので。何かを目指したり、夢に向かったり、貴重な時間を費やすことは確実に財産になると思う。その分だけ“もう俺は成功している!”って思いながら、毎日進んでほしい。僕も諦めた夢がいっぱいあるし、駄目だった失敗もいっぱいあるけど、全部生きて今があるので、みなさんにもそう感じていただきたいです。

次回3月21日(土)の放送は、バレーボール元日本代表の山本隆弘さんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!

そして、JFN PARKでは丸山茂樹のスピンアウト番組「MARUYAMA RADIO」が配信中! 丸山プロがゴルフに関する質問、疑問、人生相談などに答えます。音声は「JFN PARK」アプリで聴くことができます。

丸山プロへの質問・メッセージは、番組Webサイトからぜひお送りください! また、番組Instagramでは、ゲスト写真などをアップしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年3月22日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/
番組Instagram:@ movingsaturday_tfm

2020.03.13
開催迫る東京オリンピック…武井壮が注目する競技&選手は?

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。3月7日(土)の放送は、タレントの武井壮さんが登場しました。

武井壮さん(右)とパーソナリティの丸山茂樹



◆東京2020大会、注目の競技&選手は?

丸山:いよいよ東京オリンピックの開催まで、あと4ヵ月ちょっとですけど、楽しみにしている競技や注目している選手はいますか?

武井:当然、僕の出身である陸上に関しては、男子4×100mリレー、そして男子100m。男子100mは、決勝進出する選手は出てくるのかどうか。サニブラウン アブデルハキーム選手とか注目の選手がいるので頑張ってもらいたい。

丸山:うん。

武井:男子4×100mリレーは、メンバーのコンディションとバトン次第では金メダルを狙えると思うので、日本短距離陣が世界一になる姿を生で観たいという思いはありますよね。

丸山:9秒台を出したと思っても、コンスタントに出ないじゃない? 素人だから全くわからないんだけど、なぜなの?

武井:1つ要因としてあるのは、(9秒台を出したときは)気候、体調、走りの全てが噛み合った状態なんですよ。季節によって気温や湿度も変わりますし、(それによって)体の水分量も変わってくる。そうしたなかで、同じ感覚でやっても違う動きになるんですよ。

丸山:なるほど。

武井:ゴルフでも、例えば気温が10℃違ったらスイングも変わると思うんですよね。

丸山:確かに。ボールも飛ばないし。

武井:それと同じようなことが陸上でも起きるので。特に陸上は、地面に足をつく場所が1cmズレればスピードが変わりますし、つく場所が変われば地面に入れなきゃいけない力の向きも変わってくる。そういったものを1歩間違えれば全部ミスしちゃうこともあるし、逆にスタートでちょっとつまづいたような動きが入って、(たまたま)いい感じのところに足を1歩ついただけで、その後の走りがずっといい接地ができることもあるし、いろいろな要素があるので。

丸山:うん。

武井:ゴルフで自己ベストはいくつですか?

丸山:58だね。

武井:58ってすごい記録じゃないですか。自己ベストのときは、最高のショットとパット、アプローチがひたすら続いた感覚がないですか?

丸山:あるある! 何をやってもうまくいくような。

武井:でも、それが毎回出るわけじゃないじゃないですか。

丸山:あれからもう1回も出ていません(苦笑)。

武井:それでもすごくいいゴルフのときとかあるじゃないですか。

丸山:うん。

武井:(陸上も)それと同じような感じです。ただ、陸上のほうがフィジカルの要素が強いので。ゴルフは、スコアが良かったときより距離が出ても、スコアが良くなるわけではないですよね。

丸山:ゴルフ場によっても違うしね。

武井:陸上はベストに近いものを出しやすい競技ではあるけれど、ゴルフでも力を持っているからといって毎回いいスコアが出るわけじゃないのと同じだと思います。

丸山:ほかに興味のある競技はある?

武井:ゴルフは代表争いがどうなるのかとかね。オリンピックで石川遼くんを観たいなって。

◆武井流・語学を上達させるコツ

丸山:壮ちゃんはアメリカにも行っていたから、英語は得意なほうだと思うけど、最近はどう?

武井:日常会話に関しては、困ることはほとんどないですね。この前、外国人の方と動画を撮る機会があったんですけど、テレビの仕事をやっているときの僕の日本語のレベルって高いんですよ。

丸山:へぇ~。

武井:上手にしゃべれるし、言いたいことを楽しくも言える、真面目にも言えるいろいろなスキルがあるんだけど、それを英語でやろうと思うとレベルが低いんですよ。日本語と英語のレベルが全く違うから(苦笑)。

丸山:そうなんだ。

武井:アメリカや海外で仕事をするときに、今の僕の日本語のレベルと同じくらい英語がしゃべれたら、どこの国でも仕事を取れると思うんですよ。だからブラッシュアップしようと思って、最近やっているのは、アメリカで流行っているドラマを、英語の字幕で英語のままで観ること。そうすると、今のアメリカの人たちがどんな言葉を使ってしゃべっていて、どんなしゃべり方の人が人気で、どんなイメージの人が素敵って思われていて、どんな文化が今アメリカで会話に出やすいのかっていうのがよくわかるんですよ。

丸山:なるほど。

武井:それがわかっていると、コミュニケーションがすごくとりやすくなるんです。例えば、流行りの食べ物の話がポンって出てきても、そのことを知らなかったら、その単語を言われても何のことだかわからないことがあるじゃないですか。だから、今その国でどういうことが話題になっていて、どんなしゃべり方をする人が素敵なのかとか、けっこうドラマから入れていることが多いですね。それで、自分がその国でこんな風に見られたいなって思う、イメージに近い人のしゃべり方を真似するようにしています。

次回3月14日(土)の放送も、引き続き武井さんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!

そして、JFN PARKでは丸山茂樹のスピンアウト番組「MARUYAMA RADIO」が配信中! 丸山プロがゴルフに関する質問、疑問、人生相談などに答えます。音声は「JFN PARK」アプリで聴くことができます。

丸山プロへの質問・メッセージは、番組Webサイトからぜひお送りください! また、番組Instagramでは、ゲスト写真などをアップしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年3月15日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/
番組Instagram:@ movingsaturday_tfm

2020.03.05
小椋久美子、ケガでオリンピック出場を逃した“挫折”から学んだこと

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。2月29日(土)の放送は、前回に引き続き、元女子バドミントン選手でスポーツインストラクターの小椋久美子さんが登場しました。

小椋久美子さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆最高で260ヤード飛ばしたことも!

丸山:小椋さんはゴルフをされる機会が少ないと聞いたんですけど、1年間にゴルフをやる回数はどのくらいですか?

小椋:最近、少なくて1年に1~2回くらいしか……(苦笑)。

丸山:えっ、それは寂しいじゃないですか。もっとやってくださいよ~。ゴルフをやる友達はいるでしょ?

小椋:ゴルフをされている方の人数って驚くほど多いですよね。もっとやりたいとは思っているんですけど、日程が合わずリスケに……といった感じで。

丸山:「早起きが面倒だから行きたくない」とかワガママは言っていませんよね(笑)?

小椋:それはないです(笑)。私、早寝早起きなので!

丸山:じゃあ、ぜひゴルフのスケジュールをバシッと入れて、「この日は仕事を入れないで」って言って、少しゴルフの回数を増やしていただけたら。小椋さんがもしプロゴルファーになっていたら、スーパーアイドルになっていたと思いますけど。

小椋:なれますかね?

丸山:身長も高いですよね?

小椋:171cmくらいあります。

丸山:すごい。パワーもありますよね? (芯に)当たったら飛ぶ?

小椋:めちゃめちゃ飛びますね。1回だけですけど、最高で260ヤード飛んだことがあります。

丸山:もったいない! そのくらい飛ぶのなら、もっとやってくださいよ~。ゴルフは、日々練習してフィーリングを大事にするスポーツなんですけど、バドミントンも毎日ラケットを持ってシャトルを打つことが大事ですよね?

小椋:そうですね。

丸山:バドミントンで一番大事にしていることはありますか?

小椋:練習が終わったあと、時間外に感覚練習としてノックでコントロール練習をしますね。まずコントロールが上手くないとゲームで使えないんです。

丸山:ラケットのフェイスコントロールは常日頃から練習でやっておかないと、本番ではそれ以上のことが出せないと。

小椋:そうですね。だから練習後に自主的にやっていました。

◆「4年間、死ぬ気で突っ走ろう」

丸山:小椋さんにとって、ターニングポイントになった年を挙げるとしたら?

小椋:20歳ですね。そのとき、左足の小指を骨折したんです。手術をしないといけないくらい、大きなケガで。「手術して、リハビリをして、コートに戻るまでには。半年間必要だ」と言われて。私自身、その年はオリンピック出場権が懸かったものすごく大事な時期だったんです。出場権をかけた1年間のレースのうち、半年間離脱しないといけなかったので、残りの半年間で世界ランキングを上げなきゃならなかったんです。だから「オリンピック出場は絶望的」と言われているような状況で。

丸山:それは厳しい……。

小椋:そのときに、いろいろな人から言葉をもらって頑張れた。でも結局、2004年アテネオリンピックには出場できなかったんですけど、あまりに悔しくて。ケガをしても痛み止めを飲んだり、打ったりしながら気持ちで戦っている先輩たちの姿を見て、“オリンピックに出場するのって生半可な気持ちで出られる場所じゃないんだ”ということを教えてもらった。

丸山:うん。

小椋:玲ちゃん(潮田玲子さん)と2人でオリンピック出場を狙っていたんですけど、今まで私たちが“オリンピックに出場したい!”と思っていた気持ちって、すごく甘かったなというのを、先輩たちの姿やそのケガから教えてもらった。そのときの悔しさもあって、「4年間、死ぬ気で突っ走ろう」と2人で話しましたね。

丸山:現役引退して10年が経ちましたけど、今後チャレンジしたいことはありますか?

小椋:やっぱり、まずはオリンピックですね。オリンピックでバドミントンを初めて観る方にとっても、バドミントンをずっと続けてきて大好きでいる人たちにとっても、オリンピックの熱だけでなく、競技の魅力もしっかりと伝えていけたらと。

丸山:なるほど。

小椋:選手一人ひとりの思いもしっかり伝えていけたらと思います。オリンピックで伝える立場として頑張りたいです。

次回3月7日(土)の放送は、タレントの武井壮さんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!

そして、JFN PARKでは丸山茂樹のスピンアウト番組「MARUYAMA RADIO」が配信中! 丸山プロがゴルフに関する質問、疑問、人生相談などに答えます。音声は「JFN PARK」アプリで聴くことができます。

丸山プロへの質問・メッセージは、番組Webサイトからぜひお送りください! また、番組Instagramでは、ゲスト写真などをアップしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年3月8日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/
番組Instagram:@ movingsaturday_tfm

Top