TOYKO FM
英語のアルク presents 丸山茂樹のMOVING SATURDAY
personality 丸山茂樹
英語のアルク presents 丸山茂樹のMOVING SATURDAY
日本はもちろん世界で活躍をしているプロゴルファー丸山茂樹氏が、"スポーツ" "ビジネス" "エンターテインメント"など様々な世界の第一線で活躍する方をゲストに迎え、「チャレンジ」「教育」「マネジメント」「ゴルフ」など、幅広いテーマでトークを繰り広げる、ラジオ番組を舞台とした異業種マッチプレーをお届けします。
personality 丸山茂樹
2020.07.08
大黒摩季「復帰したその日から全てが恩返し」音楽活動を振り返る

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。7月4日(土)の放送は、前回に引き続き、シンガーソングライターの大黒摩季さんが登場しました。


大黒摩季さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆大黒摩季、音楽の原点は?

丸山:大黒さんの音楽の原点っていつですか?

大黒:母がアメリカのヴァン・クライバーンというピアニストのコンサートを観て感動して、ほのかな夢だけどいつか娘が生まれたらクラシックピアノを習わせたいって。3歳のとき、リカちゃん人形がほしい頃なのに半強制的にアップライトピアノを誕生日のプレゼントで。

丸山:はい。

大黒:5歳くらいのとき、自分でレコードに針を落とせるようになっていたので、ヴァン・クライバーンやショパンを聴こうと思ったら間違えてレッド・ツェッペリンの盤を置いちゃったの。“なんなのこれっ!?”って(笑)。それこそディープ・パープルとか。

丸山:ハハハハハ!

大黒:そこでクラシックとロックがガッチャンコして。

丸山:なるほど~。路線がフィーチャリングしちゃったんですね。

大黒:そうなの。

丸山:大黒さんといえば“応援ソング”をたくさん歌われていて、僕も元気をいっぱいもらっています。「Make A Wish」という曲は、まさに「メイク・ア・ウイッシュ オブ ジャパン」(公益財団法人のボランティア団体)のために書かれて。

大黒:「メイク・ア・ウイッシュ」はワールドもあって、難病の子たちの夢を叶えるコーディネーションをするチャリティ団体なんです。子どもたちが頑張るところのフォローをするというのが、性格的にすごくぴったんこで。

丸山:なるほど。

大黒:ハワイでイベントに出るときに、その団体の人たちに「摩季ちゃん、曲を書いてもらえない?」と言われて、世界中のみなさんがひとつになればということで。ハワイは人種のるつぼでもあるので、そこの人たちと急遽バンドを作って、ハワイの言葉を入れたり、英語や日本語も入れたりして。

丸山:へぇ、すごい。スポーツ選手もけっこう社会貢献をやるんですけど、特に僕もいたアメリカのPGAツアーは、スポーツ団体ではナンバーワンなくらいいろいろなところにチャリティ活動していました。

大黒:社会貢献という言葉を聞くと、みんなキュッとなるじゃないですか。1回出会った人って別に恋に落ちなくても、好きになったら気になりません?

丸山:確かになりますね。

大黒:それで、困っているなと思ったら「手伝えることはある?」って。そのナチュラルな延長線上の点をつないでいくと、みんなからホスピタリティとかチャリティを「よくやっているよね」って言われているだけで。人類みな親戚みたいな気分でいるから。

◆「復帰したその日から全てが恩返し」

丸山:東京オリンピック・パラリンピックが延期となりましたけど、パラリンピックに対しても応援活動をされているそうで。

大黒:パラリンピックは思い入れが強くて。というのも、うちの母が車いすなんですよね。脳出血でそうなったときから、ご老人の介護という観点だけじゃなくて、障がいを抱えている家族を持っている身内として、社会で過ごしているなかで、“こうなってくれればいいのにな”“なんで気づいてくれないのかな”ということがいっぱいあるんです。

丸山:僕もいろいろなスポーツイベントを見てきていますけど、特にアメリカってハンディキャップの人に対してのレベルがはるかに上でしょ?

大黒:全然レベルが違う。ボーイスカウトとかもあって、不変なる愛情の表現とか、直接お手伝いをするような教育が小さい頃からされているのがうらやましい。

丸山:ボランティア活動を学校の授業の一環のような形でね。(渡米時代)自分の子どもを見ていたら、ボランティア活動が毎年あって。

大黒:多いですもんね、アメリカは。

丸山:それが高校や大学の成績にもつながっていくという。日本も何か考えるべきじゃないかなって。

大黒:ね、9月入学とかも話に挙がったけど、いいものは取り入れて。これはこれである意味チャンスだから。

丸山:この夏、まだイベントとかは難しいですけど……。

大黒:全飛びですよ……全飛び。

丸山:それでも何か活動したいなと思うこととかはありますか?

大黒:それこそ(2016年に)復帰したその日から全てが恩返しなんじゃないかな。だから自我がないの。それってすごく強いんですよ。

丸山:なるほど。

大黒:欲張るものもないし、闘争心もないし。だからみなさんが喜んでいただければというところで、例えば新型コロナウイルスも全リスク回避型のチームと共存型のチームに分かれてきているんですね。感染対策をちゃんとしながら共存していきましょうと、私はそっちのチームの気分なので、何かをやるとなったらフットワークは軽いですから。4ヵ月連続でリリースしてきたので、いけるところまでいってみよう、みたいな(笑)。

丸山:それは素晴らしい。だって、いまは人前でなかなか披露できないですから。

大黒:でも、それはそれなりに人って適応していくから。流れに身を任せながらまた面白いことを見つけて。

次回7月11日(土)の放送は、プロゴルファーの渡邉彩香選手をゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!

そして、JFN PARKでは丸山茂樹のスピンアウト番組「MARUYAMA RADIO」が配信中! 丸山プロがゴルフに関する質問、疑問、人生相談などに答えます。音声は「JFN PARK」アプリで聴くことができます。

丸山プロへの質問・メッセージは、番組Webサイトからぜひお送りください! また、番組Instagramでは、ゲスト写真などをアップしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年7月13日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/
番組Instagram:@ movingsaturday_tfm

2020.07.01
大黒摩季、ZARD坂井泉水とのエピソードとデビュー日への思い明かす

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。6月27日(土)の放送は、シンガーソングライターの大黒摩季さんが登場しました。


大黒摩季さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹


◆大黒「いま人生で一番歌が楽しい」

丸山:大黒さんとは同い年で、もう1つ共通点があって。大黒さんのデビューは1992年で、僕もその年にプロテストに合格したんです。同じ90年代を過ごしてきましたけど、大黒さんにとって90年代ってどうでした?

大黒:一言で言うと“怒涛”。ゆっくり寝たとか、ぼんやりした覚えが1日もないくらいに、全力疾走で走り抜けた感じ。

丸山:そんなに忙しいんですか!? TUBEの前田(亘輝)さんを見ていたら、楽しそうでしたけど。

大黒:作曲のほとんどが春畑(道哉)さんじゃないですか。前田さんは作詞でしょう? 私は1人で両方、PVとかも全部1人でやらないといけないから1年中やっている感じ。いつもバンドはいいな~と思う、分業できて。

丸山:でも、1人で得たものもあるだろうし、喜びとか。

大黒:自分との闘いばっかりじゃない? 特にゴルファーも。

丸山:そうですね。

大黒:メンタルとかもすごく左右するし。歌もそうで、自分をいつもニュートラルに持っていくやり方が人生のテーマみたいなところがありますよね。孤独だなと思いますよ。

丸山:なるほど。僕らは原点や初心に戻るために、例えばスイングを基礎からもう一度やり直そうとか、戻る場所を決めているんですけど、歌手の人ってどこに戻るんですか?

大黒:私は、ホーム(地元)の北海道に帰る(笑)。デビュー前の自分に帰るようにしています。自分の体の老いをカバーする技術も……最近のほうが絶好調だもんね。

丸山:へぇ~。なぜですか?

大黒:いま人生で一番歌が楽しくて。声も出るし、質も良くなっているし、反比例しているみたいな。だから、こういうご褒美がもらえるなら、これまでの人生もあながち無駄じゃないなって思えちゃうよね。

丸山:いまが絶好調で楽しいって、素晴らしいですよ。そんな大黒さんは、3月から4ヵ月連続で配信シングルをリリースされて。

大黒: 3月に、(オリンピックの)代表選考の大事な大会、名古屋ウィメンズマラソンの公式応援ソングとして「Let’s☆Go!!Girls」という曲を書いたんです。緊急事態宣言が発令された少し手前で、本当は盛り上がるはずだったんだけど、ライブもできなくなったし……不憫で、かわいそうになっちゃって、我が子が。

丸山:うん。

大黒:4月には、いじめにあっている子どもたちと、いじめについて考える「IJIME QUEST 415 Stage.02 ~あなたのハート護ります~」という企画があって(※開催中止)。そこでも、曲(「RAINBOW QUEST ~僕らはピース メイト~」)を書いていたんですけど、“415(良い子)”の4月15日(水)に配信することになっていて、「もう1曲いっとく?」って感じで、5月に「OK」を出して。

丸山:すごいですね、その仕事量。

◆ZARD・坂井泉水とのエピソード

丸山:「OK」を配信開始した5月27日(水)は、思い入れのある日なんですか?

大黒:もともとは、1992年の5月27日がデビュー日(「STOP MOTION」)だったんです。そして、私の戦友というか大先輩なんですけど、とてもかわいがってもらっていたZARDの坂井泉水さんの命日でもあるんです。

丸山:そうなんですね……。

大黒:ちょうど私の15周年(2007年)のときに亡くなられて。それからは、自分のデビュー日をみんなでうかれて祝う気持ちになれず……彼女のご冥福を静かにお祈りする日にしていたんだけど、この「OK」という曲を“出そう”となったときに、スタッフのみんなが「泉水ちゃんは気にしていないと思うし、むしろ喜んでくれるだろうから、『OK』はデビュー日に出したら?」って。

丸山:うん。

大黒:最初はこだわりもあって「それはやりません」って言っていたんだけどね。いつも「泉水ちゃん」って呼んでいたんですけど、ものすごくキュートな人で。自分の現場を抜け出してきて、「摩季ちゃん」ってよく忍び込んでくるんですよね。かわいい顔をして「(スタジオに)入ってもいい?」って言ってくるから、「そんなの、社長に聞かなきゃダメに決まってるじゃん!」って。いつも怒られるの、私だから(笑)。

丸山:僕も若いころ何度かお会いしたことありますけど、素敵な人でしたよね。

大黒:この曲の仕上げをしているときに、泉水ちゃんが「入りたい」って言っている気がしたの。たまにお姉ちゃんぶって「(社長には)私が言っておいてあげるから、大丈夫!」って。そう言うんじゃないかなと思ったんですよね。だから、いいのかなと思って“5月27日”にリリースしました。

次回7月4日(土)の放送も、引き続き大黒さんをゲストに迎え、お届けします。お楽しみに!

そして、JFN PARKでは丸山茂樹のスピンアウト番組「MARUYAMA RADIO」が配信中! 丸山プロがゴルフに関する質問、疑問、人生相談などに答えます。音声は「JFN PARK」アプリで聴くことができます。

丸山プロへの質問・メッセージは、番組Webサイトからぜひお送りください! また、番組Instagramでは、ゲスト写真などをアップしていますので、ぜひこちらもチェックしてみてください。

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2020年7月5日(日) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:英語のアルク presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/
番組Instagram:@ movingsaturday_tfm

Top