TOYKO FM
NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹のMOVING SATURDAY
personality 丸山茂樹
NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹のMOVING SATURDAY
日本はもちろん世界で活躍をしているプロゴルファー丸山茂樹氏が、"スポーツ" "ビジネス" "エンターテインメント"など様々な世界の第一線で活躍する方をゲストに迎え、「チャレンジ」「教育」「マネジメント」「ゴルフ」など、幅広いテーマでトークを繰り広げる、ラジオ番組を舞台とした異業種マッチプレーをお届けします。
personality 丸山茂樹
2022.05.14
工藤公康×丸山茂樹、練習での実力を「本番」で発揮するには?

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。5月7日(土)の放送は、前回に引き続き、福岡ソフトバンクホークス前監督の工藤公康(くどう・きみやす)さんをゲストに迎え、お届けしました。


工藤公康さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆娘・工藤遥加はプロゴルファー

丸山:工藤さんの娘さんの工藤遥加(くどう・はるか)ちゃんはプロゴルファーとして頑張っていますけど、最近、工藤さんが遥加ちゃんの監督をやっていると。

工藤:監督はやっていないですよ(笑)。(プロ野球で)現役29年、引退後に解説を3年やったんですけど、すごく忙しくて娘に付き合ってあげることができなかったし、それから7年(福岡ソフトバンクホークスの)監督をやったので。

丸山:はい。

工藤:遥加がちょうどプロになった(2011年)ときから10年、ほぼほぼ関わることができなかったので。

丸山:それは関わりたかったですよね。

工藤:そうですね。それもあって、コーチという名目は付いているんですけど、父親としてね。技術的なアドバイスはできないけど、一緒にいてあげることで少しでも安心もらえたらいいかなというのもあるし。

丸山:絶対に、心強いですよ。僕は、父親が師匠だったので、話し相手がいてくれるのはすごくありがたかった。父親が他界してから余計にそれを感じました。この年齢になってもやっぱりゴルフのことを話したいんですよね。

工藤:そうなんですね。

丸山:最近は、息子が相談してくれるのがうれしくて。つい1時間ぐらい長電話することもあるんですよ。

工藤:いいじゃないですか!

丸山:工藤さんは、遥加ちゃんの一番ゴルファーとしていい時期のときに関われなかったという思いがありますよね?

工藤:そうですね。

丸山:これから全力で見てあげてくださいよ。

工藤:全力といっても仕事もしなきゃいけないので(苦笑)。付けるときには付いてあげて。

丸山:そうですね。

工藤:付いてみたら、プロゴルファーって大変だなぁとつくづく感じて……もうちょっと上手くサポートしてあげられないかなって。

丸山:先日、(富士フイルム・スタジオアリス女子オープンで)優勝した上田桃子ちゃんは35歳ですし、彼女のように長期で活躍する選手もいますから。女子では早くにバッと世に出て“頑張っているな”って思っていたら2~3年でいなくなってしまう選手も多いので。上田桃子ちゃんみたいに息の長い選手を目指して遥加ちゃんも頑張ってほしいなと思います。

工藤:はい。

丸山:アフタープレーでの会話はどんなことを話すんですか?

工藤:スコアの良し悪しで全然変わるので。僕も野球でそうだったけど、自分がダメだったときに「あれもダメ」「これもダメ」と言われると、良くないじゃないですか。

丸山:そうですね。かける言葉が難しいですよね。

工藤:「どうだった?」と聞いて、本人が答えたくなさそうなときはあまり話さないようにしています。その代わり、落ち着いたときに後から見てくれればいいやということで、気づいたことをメモして書き残すようにしています。

◆丸山流・ゴルフの調子を左右する5つの要素とは?

丸山:最近、いろいろな選手を見ていて、ゴルフって5つの要素で見ているんですよ。

工藤:5つの要素!? 教えて!

丸山:まずメンタルがあって、ドライバーショット、アイアンショット、アプローチショット、パターと。この5つの要素でゴルフの組み立てが決まると思うんです。

工藤:はい。

丸山:先日のマスターズを見ていても、スコッティ・シェフラーはそこまで完璧なゴルフをして優勝したわけじゃないと思うんですよ。

工藤:へぇ~。

丸山:ばらついても何かが救って、危機を迎えても何かがあって……そのバランスを見るようにしているんです。活躍しない選手って、(5つの要素のなかの)どこかのバランスがすごく落ちているんですよ。

工藤:はい。

丸山:上位にいる選手って、そのバランスというか、5つの要素がまあまあ安定しているんです。でも、100にはいかないんですね。

工藤:なるほど。

丸山:7~8割の間ぐらいのところで平均値を上手く出している。1日を振り返ってみて、どこのバランスが一番ダメだったかを考えて、そこがウィークポイントなのか、調子が悪いのか。

工藤:はい。

丸山:それがウィークポイントなんだったら徹底的に追求して、ある程度、練習のバランスを変えてみる。例えば、アプローチがダメだったら、アプローチを中心に。パターがダメだったらパターをメインに。練習が10だとしたら、7がパター、2はアプローチ、1は(通常の)練習といった形で分けて、バランスをはかることによって、安定してくるような気がします。

工藤:なるほど。

丸山:いい選手って、常にいいバランスなんですよ。あとは、練習場で出せる能力がいかに本番で出せるかだと思うので、メンタルが大事になってくる。最近の選手は、みんな練習場で抜群に上手いですよ。でも1番ホールに立った瞬間、人が変わったようにミスするみたいな。

工藤:練習場で良くても、本番で悪い。練習場はそこそこだけど、本番になると良いという、見ていてメンタルの違いってどんなところなんですか?

丸山:本人にしかわからないと思うんですけど、本人が正直なことを心からしゃべれるかどうかですね。僕はそれを父親にしゃべっていたのですごく正直にしゃべっていたので。

工藤:なるほど。

丸山:「今日はどうにもならなかった」と。「イライラしてしまって……どうしたらいいかな?」って言ったときには、「じゃあ、次の週に向かって何か自分の思う練習に変えてみろ」と。

工藤:試合でラウンドをしながらも、次のイメージを持ってこういう練習をやってみようとか?

丸山:「こういう状態になっているんだから、本番で試したことがあるだろ? それを思い切ってやってみればいいんだよ」って。

工藤:なるほど。

丸山:(本番で実力を発揮するには)たぶんメンタルの比重ってとても大きいと思う。

工藤:大きいと思いますね。普段、そばにいるだけだけど、なかなかいいアドバイスが頭に浮かんでこないので。

丸山:すごくわかります。親だと余計にそれは感じます。

工藤:職業も違うじゃないですか。だから技術的なことはわからないので、メンタルで少しでも力になれたらと思うんだけど、悪かったときが特にね、どういうふうに声をかけたらいいかなって。悪いとき、父親からはどんな言葉をかけられたんですか?

丸山:僕は、泣き言じゃないけどすごく正直に言える相手が父親しかいなかったので。PGAツアーのとき、父親に国際電話をかけてずっと泣き言を聞いてもらうんです。そうすると、「うん、うん、そうかそうか」と言ってくれるんです。

工藤:なるほどね。

丸山:「まぁ、そういうときもあるよ!」みたいな感じのときと、「そこをそんなふうにばかり言ってもダメだから、もっとこういう気持ちでいったらいいんじゃないか」とか。僕は工藤さんが野球をやっていたときのメンタルの気持ちでいいと思いますよ。

工藤:そうだね。

次回5月14日(土)の放送は、お笑いコンビ・流れ星☆のちゅうえいさんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年5月15日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/

2022.05.07
工藤公康「野茂くんが門戸を開いてくれた」…メジャーリーグが身近ではなかった現役時代を振り返る

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。4月30日(土)の放送は、福岡ソフトバンクホークス前監督の工藤公康(くどう・きみやす)さんをゲストに迎え、お届けしました。


工藤公康さん(右)とパーソナリティの丸山茂樹


◆MLBへの門戸を開いた野茂英雄投手の功績

丸山:今、野球でプロを目指している若い子たちの最終目標は、やはりメジャーリーグなんでしょうか?

工藤:夢を見てそこに向けてというのはすごくいいことだと思います。日本にも速い球を投げるピッチャーはたくさんいるんだけど、そういうピッチャーばかりじゃないじゃないですか。そういう人たちが技術を磨いてメジャーに行くというのも面白いですよね。体が大きくなくてもメジャーで通用するというところも見せてほしいですね。

丸山:工藤さんが若い頃は、メジャーを目指すことはなかったですか?

工藤:僕の時代はメジャーというものが全然身近じゃなくて、かけ離れた存在だったので。野茂(英雄)くんが行ってからですよね。彼がメジャーで活躍する姿を見て、“よし、俺も!”って思いになったんじゃないかな。

丸山:そう思うと、野茂さんはすごいですよね。

工藤:彼が門戸を開いてくれたことが、ピッチャーだけじゃなくてイチローくんも含め、キャッチャーだと城島(健司)くんが行ったり、みんなにチャンスを与えてくれたんじゃないかなと思いますね。

丸山:工藤さんがもしもう一度現役をやり直せるなら、今の時代のピッチャーなのか、昔の時代のピッチャーなのか、どっちがいいですか?

工藤:そりゃあ、今のほうがいいでしょ(笑)。

丸山:今のほうがいいんですか!? あれだけの成績を残しても?
工藤:正直言って、練習量に耐えられるか、耐えられないか。僕は20代の後半で腰が悪くなったんですよ。膝や股関節まわりの怪我はなかったので、練習量に耐えられたというのはあるんですよ。

丸山:なるほど。

工藤:高校のときもそうなんだけど、怪我した子たちもいるし。(現在のように)科学的にちゃんと考えて自分のトレーニングをやるなどを当時からもっと知っていれば、もっと自分のなかで考えていたんじゃないかなと思うので。

丸山:あれだけの成績を残した工藤さんでも今のほうがいいですよね。僕も今のほうがいいです。あの情熱を持ったままもう一度今の時代にジュニアゴルファーからやってみたかった。

工藤:僕が今持っている知識を持ったまま今の野球がやりたい(笑)。

丸山:それは一番ずっちぃ~ですけど(笑)。当時の工藤少年が今の時代だったら、球速があと5キロ速かったりするんですかね?

工藤:5キロ速くなるかどうかはわからないけど、今はいろいろな球種が生まれているのもあるし、客観的に自分の指標としてデータがとれるので、自分の弱点がもっとこうすれば良くなるとかイメージが湧きやすくなるから、そっちのほうがいいですね。

丸山:なるほど。

工藤:昔は「こうしろ」「ああしろ」と言われるばかりで、「はい」としか言えない時代だったから。だから今の自分の知識を持った状態で今の野球がやりたい(笑)。

次回5月7日(土)の放送も、引き続き工藤さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年5月8日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/

2022.05.06
佐々木朗希投手の完全試合…ソフトバンク前監督・工藤公康の目にはどう映った?

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。4月30日(土)の放送は、福岡ソフトバンクホークス前監督の工藤公康(くどう・きみやす)さんをゲストに迎え、お届けしました。


工藤公康さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆28年ぶりの完全試合に沸いたプロ野球界

丸山:最近、プロ野球界はすごい記録が出ましたね。千葉ロッテマリーンズ・佐々木朗希(ささき・ろうき)投手が、28年ぶりの完全試合。20歳5ヵ月での達成で最年少記録ということで、プロ野球界も低年齢化してきているんですか?

工藤:若い選手たちが入団したときに、球団含め、しっかりと育成というか、体作りを先にするようになりましたね。佐々木朗希くんも最初にしっかりと体作りをしたり、1軍で投げるようになっても10日に1回の(先発)登板だったり、そういった形のなかにトレーニングを入れたりしながら体を作っていったのが上手くいっているんじゃないでしょうか。

丸山:なるほど。体作りなんですね。

工藤:調整だけなら1週間でいいんだけど、体作りを目的としてそのなかにしっかりとトレーニングを入れて、(入団から)2、3年後に中6日でローテーションが守れるように、かつ肩や肘を傷めないように。

丸山:はい。

工藤:特にピッチャーはその2つを傷めて苦労する選手が多いので、未然に防いでいく方法がとられているんじゃないですかね。

丸山:選手の将来をしっかり考えて育てていかないと、早くつぶれてしまうと。18歳で出てきてすぐにというのは難しいんですね。

工藤:難しいというか、高校のときよりもプロ野球はシーズンが長いじゃないですか。年間143試合ありますし、それを中6日でずっと回るのはけっこう難しいので。

丸山:なるほど。

工藤:湿気の多い梅雨の時期もあれば、暑い時期もありますから。ドーム球場だと気候がある程度安定していていいんですけど、佐々木朗希くんがいるようなZOZOマリンスタジアム(屋外球場)だと、夏場の暑い時期に長いイニングを投げるのはけっこうしんどいので、それなりに体力をつけておかないと。

丸山:あれだけの人数のバッターを相手にやっていかなければならないから、情報をしっかり取っておかなきゃいけないし、得意・不得意な場所なども全部記憶しておかなきゃいけないじゃないですか。キャッチャーもそういう仕事だと思うんですけど。

工藤:バッテリーでちゃんと意思疎通ができれば。ある程度ミーティングをして、データを収集して、それぞれのバッターの特徴や弱点をとらえて試合に臨むんだけど、(気持ちが)熱くなってくると(頭に)入っているはずのデータが出てこない。

丸山:引き出しが開かなくなるわけですね。

工藤:そういうときにキャッチャーがすごく大事。身振り手振りでピッチャーにそれを教えてあげなきゃいけないし、ときにはマウンドに行って冷静にさせてあげないといけないので。

次回5月7日(土)の放送も、引き続き工藤さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年5月8日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/

Top