TOYKO FM
NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹のMOVING SATURDAY
personality 丸山茂樹
NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹のMOVING SATURDAY
日本はもちろん世界で活躍をしているプロゴルファー丸山茂樹氏が、"スポーツ" "ビジネス" "エンターテインメント"など様々な世界の第一線で活躍する方をゲストに迎え、「チャレンジ」「教育」「マネジメント」「ゴルフ」など、幅広いテーマでトークを繰り広げる、ラジオ番組を舞台とした異業種マッチプレーをお届けします。
personality 丸山茂樹
2021.10.09
丸山茂樹、田中理恵にゴルフの「パットが上手くなるコツ」を伝授!

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。10月2日(土)の放送は、元体操日本代表の田中理恵さんをゲストに迎え、お届けしました。


田中理恵さん(左)とパーソナリティの丸山茂樹



◆スコア100切りにチャレンジ中

丸山:理恵ちゃんは、出産されたときに「全然ゴルフができていない」と言っていましたけど、最近はゴルフ熱が上がってきているみたいで。

田中:本当にこの1年ですね。いまは大変な世の中ですけど、1人でコツコツとできる競技でもあるじゃないですか。

丸山:確かに。

田中:ちょっと家で練習したり、打ちっ放しに行ったりするのがまた好きになって。

丸山:やっぱり1人の世界でずっとやっていたから、1人の世界に入るのが意外と好きなのかもしれないね。

田中:個人競技、大好きなんです。全部自分に返ってくるので。

丸山:そこに魅力を感じる人はハマっちゃうんですよね。そんな理恵ちゃんは、番組で(宮里)聖志とスコア100切りへの道(BSフジ「CROSSOVER ~こころを動かすスポーツ~」の番組企画「ゴルフ宮里流 ~目指せ!100切りゴルファー~」)に挑戦中で。

田中:そう、聖志プロと。

丸山:(コーチが)聖志で大丈夫(笑)?

田中:教えてもらっているときもすごくわかりやすくて。

丸山:確かにね。聖志は言葉が巧みだから。やさしいし、わかりやすく教えてくれると思う。どうですか、100切りは見えてきているの?

田中:光が見えてきています!

丸山:おっ!

田中:楽しみにしていてほしいぐらい。

丸山:スイング(の映像を)観させてもらったけど、スイングスピードにビックリしたんだけど。

田中:本当ですか!?

丸山:感覚を掴んだら飛ばし屋になるんじゃないの?

田中:例えば、古閑美保さんみたいな「本当に振っています?」って言いたくなるぐらい(スイングが)やわらかいじゃないですか。あれが本当は理想なんですよ。

丸山:なるほど。

田中:でも全然違う(苦笑)。

丸山:真逆だよね。ガッツあるのみみたいな(笑)。

田中:そうなんですよ(苦笑)。このスイングでいいのかって……まだ(理想とするスイングに)ハマっていないんですけど。

丸山:スイングスピードがある人は、上体とクラブのバランスが合わなくなる人もいますから。飛ばし屋って(ボールが)曲がりますからね、基本的には。

田中:そっかあ。

丸山:美保ちゃんみたいなタイミングで打てる選手は、ストライカーが多いというか。

田中:確かに。

丸山:でもゴルフをやるからには飛ばし屋になるのは魅力ですよ。曲がっても飛んでいるほうが「すごい!」って言われるから。スコアが良くてすごいか、飛んですごいかだから。

田中:力があるので振っちゃうんだと思います。

丸山:うらやましい。体がやわらかいし。

◆丸山流・パターが上達するコツ

丸山:以前、「パターが苦手」と言っていましたけど、上達しましたか?

田中:変わらず嫌いですね(苦笑)。ダメですね……。

丸山:理恵ちゃんはいつも「性格が大雑把」と言っていますけど、(パットも)大雑把になってしまう?

田中:なってしまいます。

丸山:入れたいと思って打っているの?

田中:やっぱり早く入れたい、数少なく抑えたいというのが出てしまうので、基本強気でいっちゃいますね。だからオーバーしちゃう。

丸山:パターが上手くなるコツは、まずは寄せることが大事。入れたいというよりもカップのまわりに止めるという気持ちを持つの。カップを直径30cmぐらいの円に見立てて、“大体このぐらいに止まればいいや”と思って打つの。

田中:それはわかりやすいです!

丸山:そうすると、距離感が合ってくるんですよ。距離感が合ってくるとラインがわかってくる。そうすると、入れやすくなる。ただ強気で打っているときは、入るか抜けるかなので。

田中:そうですね。

丸山:だからまずは2パットでいくぐらい気持ちで打ってスッとカップに寄せていく感じのほうがいいんですよ。

田中:なるほど~! 早くゴルフしたい(笑)。

丸山:入れるという気持ちは抑えて、とにかく2パットでいこうと常に思ってくるとどんどん(パットが)上手くなってくる。距離感が悪い人は上手くならない。なぜかと言うと、ラインが合わないから。

田中:確かに(苦笑)。

丸山:ラインを合わせるには距離感が大事だから。例えば、ちゃんとジャストインで入れるならこのラインの幅、強気で入れるならちょっと浅めに打たなくちゃいけないでしょ? 強気で入れるということは外れたときにリスクがあるから。

田中:確かに~。

丸山:グリーンが早くなったり重くなったり、常にゴルフ場って自然との闘いなので、そのときの自然の表情をすぐに察知して、その日はどういうふうにするかを考えなくちゃならいけないスポーツだから。女性は特にパターが苦手な人が多いので、まずは2パットでいくという気持ちがすごく大事。

田中:はい。

丸山:カップに入れるのは後回しで上手くなってから。寄せることが得意になったら入れることがちゃんとできるようになるので、ちょっとやってみてくださいよ。

田中:いますぐやりたいですね!

次回10月9日(土)の放送も、引き続き田中さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。

----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月10日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/

2021.10.02
丸山茂樹、松山英樹が「東京五輪」でゴルフと向き合う姿勢に感激「感謝しかなかった」

プロゴルファーの丸山茂樹がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY」。9月25日(土)の放送は、前回に引き続き、恵俊彰さんをゲストに迎え、お届けしました。


恵俊彰さん(右)とパーソナリティの丸山茂樹



◆丸山×恵が振り返る2021年のゴルフ界

丸山:今回は、恵さんと一緒に2021年のゴルフ界を振り返りたいと思います。今年は松山英樹選手のマスターズ制覇や笹生優花選手が全米女子オープンで優勝するなどいろいろなことがありましたけど、一番印象に残っているのは?

恵:まずシニアで圭ちゃん(深堀圭一郎選手「モアサプライズ カップ2021」)が初優勝を飾ったのは本当にうれしい。

丸山:すごいところを言ってくれましたね(笑)。ありがとうございます。

恵:やっぱりシニアも盛り上がってほしいなという思いがありますので。それから池上憲士郎選手。(「フジサンケイクラシック 2021」で)パッと見、引きで観ていると中畑清さんみたいな感じの(笑)。なんだこの立派な体つきの選手はと。29歳だと聞いてね。

丸山:ちょっと(実年齢よりも)上に見えますよね。

恵:それでも堂々としたプレーをしていて、最後のショートをビタッと内につけて。

丸山:16番Hですね。

恵:素晴らしかった~!

丸山:あそこは守りに入るのか勝負に出るのかと思ったら、勝負に出たときに立派だなと思いましたね。

恵:男子プロにもニュースターが出てきているんだなと。とはいえ、1年通してやっぱり圧倒的にマスターズですよ。

丸山:やっぱりね。松山英樹選手のマスターズ優勝は、恵さんの番組(「ひるおび!」TBS系)のキー局でしたからたくさん取り上げてくれて。

恵:あの週の4日間、毎日お昼にゴルフ(の話題)をやったんですよ。まさか日本人が(マスターズで)優勝するなんてって。

丸山:ですよね。僕もあのときは慌てて松山英樹選手にLINEして。返信がきて電話がかかってきたときは震えてしまいましたよ。

恵:「ひるおび!」は(月~金曜の)10:25からなのでギリギリで松山英樹選手が出てくれたんですよ。わざわざ残っていてくれて、夜の帳が下りてきているゴルフ場から。それがうれしくてうれしくて。

丸山:ひとり勝ちの気分ですよね(笑)。

恵:もう夢のようでした。

丸山:そうですよね。自分も含め、(マスターズに)挑戦してきましたけど、スーパースターの大先輩たちが行けども行けども打ちのめされて帰ってくる姿しか見ていなかったので、彼がウィニングパットを入れた瞬間は鳥肌とかのレベルじゃなかったですよ。「すげぇ……勝っちゃった……」みたいな。

恵:そうですよね。

丸山:表彰式で、いつもご飯を食べに行ったり飲みに行ったりしたときのような笑顔を観てさらに感動して。またもう1回LINEを送ったら電話がかかってきたんですよ。焦っちゃいましたよ、後輩なのに(苦笑)。

恵:そうでしょうね~。

◆松山英樹選手の姿勢に「感謝しかなかった」

丸山:そんな優勝があった松山英樹選手が「彼方への挑戦」という本を出しまして、すごく売れているみたいで。生い立ちからマスターズ優勝までが熱く語られていると。

恵:いま僕の目の前にありますけど、ジュニア時代の思い出のところに丸ちゃんのことも書いてありますよ!

丸山:そうなの?

恵:(名前の響きが似ていて)勝手に親近感を覚えていたと。

丸山: 2013年に彼から「丸山さん、一緒に練習ラウンドしてください」って頼まれて、丸山茂樹と松山英樹、B型……似たとこだらけだなって。ショットのクオリティは半端ないぐらいに違うなと思いましたけど(苦笑)。

恵:ハハハハハ! やっぱり丸ちゃんから見ても出てきた当時から違うんですか?

丸山:いやもう、ビックリしました。石川遼選手が出てきたときも、音にビックリしましたけど、松山英樹選手のヘッドの入り方がタイガー・ウッズとそっくりでビックリしましたね。これは只者じゃねぇなと。

恵:へぇ~。あと、本には丸山茂樹さんと出会わなければPGAツアーで1勝もできなかったって書いてありますよ。

丸山:泣いていいですか(笑)。そのひと言はうれしいな~。年に数回しか会わないんですけど、今回の東京2020オリンピックでは10日近く彼と一緒にいて。体調が万全ではないなか現場に入ってきて、「ちょっと休んだら?」って声をかけられないぐらい背負っているもの、しっかりと全うする彼の姿を見て、僕は感激しましたね。感謝しかなかったです。

次回10月2日(土)の放送は、元体操日本代表の田中理恵さんをゲストに迎え、お届けします。どうぞお楽しみに!

「AuDee(オーディー)」では、時間の都合上カットしたトーク部分も盛り込んだ「ディレクターズカット版」がアップされています。音声は「AuDee(オーディー)」アプリで聴くことができますので、ぜひそちらもチェックしてください。


----------------------------------------------------
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2021年10月3日(日) AM 4:59 まで
スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
----------------------------------------------------


<番組概要>
番組名:NECネッツエスアイ presents 丸山茂樹 MOVING SATURDAY
放送日時:毎週土曜 7:00~7:25
パーソナリティ:丸山茂樹
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/moving/

Top